読切小説
[TOP]
暑い日の過ごし方

 彼女と初めて出会ったのは、今年の冬。友人と出かけたスキー場の、無理やり連れて行かれた上級者コースでの事だった。
 決して下手ではないものの上級者というほどでもない僕は、他のスキー客の邪魔にならないように端の方で滑っていたのだが、そこへ迷い出てきた散歩中の彼女を強引に避けようとして転倒。脳振盪を起こして彼女に介抱されたのだ。
 ちゃんとした所で休んだ方がいい、と彼女は意識を取り戻した僕を自宅へ招いてくれようとしたが、家族も心配するし学校もあるからと、僕は申し訳なく思いながらもそれを遠慮した。
 何故か涙目になる彼女に狼狽えながら、慰めるようにその頭を撫でていると、可愛い顔を小難しげに歪めて何事か考え込んでいた彼女は、こう言ってのけたのだ。
『じゃあ、わたしがキミんちに行けばいいんだ!』
 たぶん僕は驚いたはずだし、意味も分からなかったのだろうが、実は当時の事は既に記憶があやふやだった。何というか彼女の思考回路は常人のそれとはズレているらしく、どんなに考えてその思考を辿ろうとも、納得できる気がしないのだ。
 結局なし崩し的に僕の家までついてきた彼女に、初めのうちは両親も驚いていたが、明るく人懐こい上に働き者でもある彼女と接するうちに、今では『いい嫁が見つかって、めでたい』などと言うようになっていた。
 めでたいのは彼らの頭だと思いつつも、それを黙っておく僕は、なかなか大人かも知れない。
 とはいえ僕自身、彼女を全くと言っていいほど負担に思っていないのも事実だった。家に来てから程なくして、近くのパン屋でバイトとは思えない八面六臂の大活躍をしはじめた事もあって、経済的にも負担はない。
 無闇に冷静ぶりたがる性格もあってこんな言い方しか出来ないが、結局、僕も両親同様――そして二人とは違う意味でも、彼女の魅力にやられてしまっているのだ。



 一年を通して頂上付近に雪を冠する山を近くに望むとはいえ、麓にあるこの町では、夏には半袖半ズボンで過ごせるくらいには気温も上がる。ましてや一日のうちで最も暑い時間帯ともなれば、部屋の入口や窓を開け放ってすら割と地獄である。
 つまり僕の部屋は、現在そんな感じなのだ。
 後から後から噴き出てくる汗は、とどまるところを知らない。
 注意すれば生温い風が吹いているような気がしないでもない室内には、先程から『う〜』だの『あ〜』だのという呻き声が響いている。発生源は、ベッドの上。そこには長い銀色の髪と同色の体毛を持つ、綺麗な褐色の肌の少女が横たわっていた。
「あっついよ、ユズル……」
 やや発音しづらそうに僕を呼ぶ少女は、名をキーラという。垂れ気味の目は半分ほど瞼が下りており、薄く開いた唇からは熱を帯びた吐息が洩れていた。
 雪山で出会い、暑さに弱く、高い体温がパン屋で重宝されている彼女は人間ではない。イエティという魔物だ。
 何故ヨーロッパにイエティがと思わないでもないが、たぶん彼女の先祖がフロンティア精神に溢れてでもいたのだろう。いるものはいるのだから、深く考えても仕方がない。異邦人という意味では、僕だってそうなのだし。
「……そりゃ、熱源に密着してれば暑いだろ」
 僕は呆れを隠さず応える。
 実はベッドにはキーラだけではなく、僕も一緒に転がっている。
 念のため言っておくが、決して好きでやっている訳ではない。愛情表現として他人に抱きつくというイエティの習性を発揮した彼女に、ガッチリとホールドされて身動きが取れないのだ。
 いちおう遠回しに互いの体温が不快指数を上げている要因だと伝えてみたが、
「それは、それ」
 と彼女の答えは、にべもない。
「団扇とか扇風機とか使ったら、少しは涼しくなるかな……?」
「どうかな」
 サイドテーブルに置かれた団扇に視線を遣りながら、僕は言葉を濁す。室内の空気自体が生温いのだから、正直あまり効果はないような気がした。何より団扇は扇ぐという行為の結果として僕が暑くなるし、キーラに拘束されているせいで扇風機のスイッチを入れに行く事も出来ない。
「アイス……は、さっきので最後だっけ?」
「うん。後で買ってくるよ」
「お風呂で水浴びしたらどうかな……」
「浴びた直後は涼しいだろうけど、程なく現状回帰だろうね」
 日本には焼け石に水って諺があるんだよ、と僕は虚ろな目で返した。


 それから暫くは、キーラも静かにしていた。
 騒ぐ気力もなかったのかも知れないが、思案げに眉間にシワを寄せていた彼女は突如その目を見開く。
「そうだ、エッチをしよう!」
「……は?」
 聞き間違いだろうかと、僕は胡乱な目を向ける。
 ずっと考えてたんだよ、とキーラはこちらを覗き込み、
「ねえ、ユズル。夏風邪って、どうして引くんだと思う?」
「ええと……馬鹿だから」
 そもそも何故そんな事を考えるに至ったかに疑問を覚えながら僕が答えると、彼女は落胆したように溜息をついた。
「そんな訳ないじゃん。むしろユズルが馬鹿なの?」
 それから気を取り直したように、
「要は掻いた汗を放置する事で、その汗が蒸発する際に気化熱で体温が奪われて身体が冷えて風邪を引くんだよ。つまり見方を変えれば、いっぱい汗を掻けば風邪を引きかねないくらいに涼しくなるの」
「……で?」
「だから、エッチしよう。ほら、脱いで!」
「いやいやいやいや、意味が分からない! どんな理屈だよ、それ!?」
 暑いから気化熱で身体を冷やそうというところまでは分からないでもない。しかし、それならさっき言っていた風呂場で水垢離でもいいはずだ。結果的に汗を掻いて身体は冷えるかも知れないが、その前にする行為で二人の体温が今以上に上がるのは目に見えている。
 というか汗を掻くためにする行為として、真っ先に性行為が出てくるのは何故だ。魔物だからと言われれば僕も黙らざるを得ないが、人様を馬鹿呼ばわりしておいて自分の思考回路はそれか。
 そんな僕の気も知らず、キーラは僕に覆い被さってくる。
「ほらほら、いっぱい気持ち良くしてあげるから〜」
「暑い! むっちりもっちりが暑い!」
 僕は抗議の声を上げるが、それも彼女の艶やかな唇によって封じられてしまった。
「んむ……!」
 啄むような口づけを繰り返すうちに互いの唇が少しずつ濡れていき、やがて深く重ね合わせられた唇の間からヌルリと熱い舌が差し入れられてきた。
 ちゅぷくちゅ、と僅かに粘性を帯びた淫靡な水音を立てながら舌を絡めるキーラに、僕は混ざり合った唾液を飲み込みながら応える。彼女はそれに満足したように目で笑うと、そろりと僕の股間に手を伸ばしてきた。
 巧みな手つきで優しく撫でさすられていると、程なくして僕のモノは硬く鎌首をもたげ始める。
 口で何と言っていようと、所詮は男――刺激されれば反応しないではいられないし、愛らしい少女に求められれば気も変わろうというものだ。
 たとえ半分、自棄っぱちだとしても。
 どうなっても知らないぞ、と僕は胸中で誰かへの脅迫の言葉を呟いた。或いは遠回しに、二人揃ってへたばる事への覚悟を決めたのか。
 僕がキーラの胸に手を伸ばすと、彼女は唇を離して色っぽく喘いだ。ブラのように褐色の胸を覆う獣毛の感触を指の間に感じながら円を描くように揉んでいると、それが少しづつ消えていくのが分かった。
 何度体験しても不思議な感覚だと思いながら、僕は露出した胸へと唇を寄せる。伸ばした舌で乳輪の外周をなぞるように刺激しながら、少しずつ硬くなる乳首を優しく吸い、舌先を尖らせて先端をくすぐる。
「ぁん……!」
 小さく電気でも走ったかのように甘い声を洩らすキーラを抱きしめながら、僕は転がって互いの身体の上下を入れ替えた。彼女の首筋に舌を這わせ、耳たぶを甘噛みする。
「んふふ……。ユズルも、その気になってくれたんだ」
 その嬉しそうな言葉には答えず、首に絡められたキーラの腕に導かれるように、今度はこちらから唇を重ねる。やや荒っぽく舌を吸い出され舐め回されながら、僕もお返しに少しだけ激しく彼女の胸を揉みしだいた。
 鼻に抜けるような嬌声に胸の奥を震わされながら、くびれる腰から下腹部へと手を滑らせる。既にそこを覆っていた獣毛は消え、股間は溢れる愛液でトロトロになっていた。
 ぬるぬるした液体を塗り広げるように秘唇を撫でながら、つぷ、と指を秘裂へと挿入する。
「ふぁっ……!」
 既に準備は出来、感度が高まっていたキーラは、短い悲鳴のような声と共に腰を跳ねさせた。
「あ……んぁぁ……、入ってくる……ユズルの……指ぃ……!」
 中のヒダヒダを時に撫で、時に引っ掻いてやると、キーラは上気した顔で身体を細かく震わせる。それを僕が楽しんでいる事に気づくと、彼女は目元に涙を浮かべながら懇願するように見上げてきた。
「ユ、ズル……いじわるしないでよう……」
「ごめん」
 少し反省しながら謝罪のキスをし、僕は自分のズボンを脱ぐ。
 待ち切れなかったのか、キーラは硬く屹立する僕のモノを幾度か撫でてからパンツを摺り下ろした。露出したそれに御馳走を前にした子供のような笑みを浮かべながら、早く早く、と急かしてくる。
 僕は亀頭で秘裂を数度なぞってから、ゆっくりと彼女の中へと自分のモノを挿し入れていった。
「あはぁ……、入ってきたぁ……」
 キーラは僕の形と感触を味わうように、きつく締めつけながら腰をくねらせる。
 自分のモノを包みこむ熱と快感に腰砕けになりそうになるのを堪えながら、僕は腰を動かし始めた。前後する動きと連動した彼女の吐息が熱を帯び始め、やがて甘い嬌声へと変わっていく。
 伝わる振動によって誘うように揺れる相手の胸が、意図せず激しくなる腰の動きを証明していた。
 一定のリズムで軋みを上げるベッドの上で、キーラはシーツをきつく握りしめている。あまり大きな声を出すと開けっ放しの窓から外を歩く人に聞こえてしまうと思ってか、どうにか喘ぎ声を抑えようとする様が堪らなく扇情的だった。
 そのせいか、僕はいつも以上に興奮していた。彼女が何処まで耐えられるか試してみようという嗜虐心が、胸中に芽生える。
 僕は一旦動きを止めると、キーラを俯せにして、今まで以上のペースで後ろから彼女を突く。顔をうずめた枕を通して聞こえるくぐもった声が、僕のモノがいい所に当たる度に跳ね上がる。
 やがて膝を立ててお尻を突き出している事も出来なくなったのか、キーラが崩れ落ちた。
 僕は彼女を横向きにさせると片脚を肩に担ぎ上げ、前後動を再開する。それまでよりも深いところへ僕の先端が達する度に、あっ……あっ、と悦びに満ちた声が上がった。
「あっ、ゃ……っ、わたし……! もう――」
 限界が近いらしいキーラに、僕はいつの間にか笑みを浮かべていた。限界が近いのは彼女だけではない。僕らは、こんなところでも相性がいいらしい。
「っ……行くよ、キーラ」
「んっ――、いいよ……来て。ナカに来てぇ!」
 僕は一気に動きを速めると、キーラの奥へと欲望を吐き出した。同時に絶頂を迎えた彼女の細かく震える膣は、一滴残らず精液を搾り出そうとしているかのようだった。


 見ろ馬鹿、という言葉は声にはならなかった。
 荒く息をつきながら、僕は虚ろな目で天井を眺めている。キーラはベッドに俯せ、ピクリともしない。
 お互いに身体は汗だくだった。シーツを汚す染みも、大半が汗だ。
 初めから分かり切っていた結果である。
 陽が傾いて風も出てきたというのに、体感温度は殆ど変っていない。つまり、それだけ僕らの体温が上がったという事で、それはキーラには結構な致命傷であったようだ。
 もはや呻いたり暑いと口にする事もなくなった彼女に団扇で風を送ってやるが、焼け石に水だろう。
 僕自身も暑いのは同じなので、たまに自分の事も扇いでいたが、その度に無言でキーラに手を掴まれた。やめるな、という事らしい。
 とりあえず、夏休みになったら絶対にキーラを里帰りさせようと思う。今より更に暑くなる中に彼女を置いておいたら、冗談抜きで身体を壊す。
 僕と離れるのを嫌がるのなら、僕もついていけばいいだけの事だ。
 キーラの家に行くという事は、当然、彼女の両親――特に父親と顔を合わせたりもする訳で、それは僕にある種の緊張を強いたりもするのだけれど、それも遅いか早いかの差でしかないと思う。いずれ通る道だし、そうなる前に気持ちが変わる事もないと確信していた。
 扇ぎ疲れて止まった僕の手に絡められるキーラの手を引き寄せ、その甲に唇を触れさせる。
 ぼんやりした視線を向けてくる彼女と見つめ合いながら、僕らは当たり前のように、どちらからともなく笑みを交わした。
13/02/15 19:39更新 / 柚木 蒼

■作者メッセージ
 ……寒い。夏が恋しい。ぬっくい子とくっついてたい。
 そんな事を考えてたら、暑さでヘバるイエティさんが思いつきました。自分の思考が割と謎。
 現実逃避SSなので中身は特になし。あと夏風邪は二百種類以上いるウィルスの中でも、夏の気温と湿度を好む奴が大暴れするものなのだそうです。ご注意ください(まだ早い)。
 エロは、もう諦めました。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33