読切小説
[TOP]
サイクロプスと……
私の名前はミーシャ。種族はサイクロプスです。

今日は女性が気になる男性にチョコレートを送って告白する日ーーバレンタインデーなのですが、想い人のいない私には関係ありません。

それならどうして街中をブラブラしているのかと言うと、私を産んだ母が初めて父と出会ったのが、バレンタインデーの日に街中を同じようにブラブラしている時だったと聞いたからです。

要するに験担ぎというわけですが、内気で恋愛にも消極的な私の目の前に、突然運命の人が姿を現すなど、そうそうあるわけがありません。柳の木の下に、いつもドジョウがいるわけではないですよね。

「あー、一つ目の姉ちゃん! 暇ならオレと遊んでよ!」

そんなことを考えながら歩いていると、茶髪に半ズボンの小柄な男の子が話しかけてきました。家の近所に住んでいて、たまに遊んであげてる仲の子です。

「いいですよ。何をして遊びますか?」

「鬼ごっこ! オレが鬼ね!」

私は、男の子の遊びに付き合ってあげることにしました。あのままあてもなくぶらつくよりは有意義な時間の使い方だと思います。



「どりゃ、捕まえた!」

「あぁん、捕まっちゃいました♪」

常日頃、母の手伝いで鍛冶道具を運んだりする私は、腕力には自信があります。しかし、足の速さには正直言って自信がありません。

五分も経たない内に、男の子に背後からしがみつかれてしまいます。


モニュモニュッ♪

「きゃっ!」

「へへっ、引っ掛かったな!」

背中にしがみついた男の子が、いきなり私のおっぱいを揉みしだいてきました。

もしかして鬼ごっこというのは建前で、本当の目的は……。

「こら! 待ちなさい!」

「わー逃げろー!」

こんな真っ昼間から堂々とあんな悪戯をされて、黙っているわけにはいきません。私は男の子を取っ捕まえて、お仕置きすることにしました。


ーーーーーーーーー

「離せよー! 減るもんじゃないんだし、ちょっと揉むくらい良いだろー!」

「減りますよ! 女の子にとって大事な何かが!」

私はやっとの思いで男の子を捕まえると、自宅の二階にある自分の部屋に連れ込みました。

どうしてやろうかと考えていると、突然、頭の中に誰かの声が入り込んできたのです。

「(なにお嬢さん? 男の子がおっぱいを揉んでくるのを止めさせたいって? それはね、おっぱいを揉ませまいとするからだよ)」

「(えっ!? 脳内に直接……誰ですか!?)」

「(逆に考えるんだ。思う存分味わわせてあげればいいさと考えるんだ)」

「(成る程……! アドバイスをありがとうございます! 知らない人!)」

私は頭の中の声に従い男の子をベッドに放り投げると、上着を脱いで、ブラジャー越しのおっぱいをあらわにしました。


「なっ……!? いきなり何してんだよ姉ちゃん!」

男の子は顔を真っ赤にして目を塞いでますが、指の隙間からチラチラ見ているのが丸分かりです。

私は男の子をベッドに押し倒して体に覆い被さると、彼の顔におっぱいをむぎゅっと押し付けました。

そのまま逃げられないようにするために両腕を背中に回して、上から押し潰すように体重をかけていきます。

「そんなに私のおっぱいが好きなら、たっぷりと味わわせてあげます! ほらほら、どうですか……?」

私の胸は母ほど大きくはありませんが、それでも同年代の他の魔物娘達と比べたら、それなりの大きさはあると自覚しています。男の子の顔を膨らみで覆うくらいは、造作もありません。

「むぐっ……! んん……!」


最初はジタバタもがいていた男の子でしたが、その内体から力が抜けていき、無抵抗になっていくのを感じました。一瞬窒息させてしまったのかと焦りましたが、すかさず両手でおっぱいを鷲掴みにしてきたので、すぐに全く堪えていないことが分かりました。

「こら、揉んでいいなんていってませんよ!」

私はそう言うと、男の子の首筋にチュッと唇を這わせます。こうすれば背筋がびくっとなってーー。

「あぁっ……!」

その瞬間、彼の股間に触れている太股に、ビクビクと何かが跳ねる感触を感じました。同時に、男の子が切ない声をあげて、おっぱいを握りしめる手の力が抜けていくのも感じます。

「えっ、まさか……」

恐る恐る彼のズボンに手をかけて下半身を露出させると、どろどろの白い液体にまみれて縮んでいるおちんちんが姿を現しました。
これが何を意味するのかは学校で習いましたが、実際に目にするのは初めてです。

そして、肝心の男の子の反応はというとーー。

「あぅ……でちゃったぁ……」


口の端から涎を垂らして幸せそうな顔をしてました。全然恥ずかしがってもおらず、これではお仕置きの意味がありません。

「こうなったら……!」

私はブラジャーを外して胸を露にすると、男の子を無理矢理抱き抱えて、その口の中に乳首を含ませました。

「ふふ……赤ちゃんみたいに扱われる気分はどうですか♥」

いわゆる授乳プレイというやつです。こうすることによって生意気な彼も恥ずかしさやらなんやがこう、色々良い方向になって、私の言うことをちゃんと聞くようになるという寸法です。

「あっ、ちょっ、何を吸って……!」

そういう風に考えていたのに、彼は構うもんかと言わんばかりに、私の乳首をちゅうちゅうと吸い始めました。

「んんっ……! そんなに吸ったって、母乳なんて出るわけ……!」

右のおっぱいを揉みしだいて吸いつつ、左の乳首を空いた手で弄んで、まるで本物の赤ちゃんです。

そうこうしているうちに萎えていたはずのおちんちんが少しずつ膨らみ始めました。……そういう私も、少し濡れてきちゃっています。

……こうしてよく見ると、この子、なかなか可愛くて、私の好みのタイプです。生意気なのに、こんな感じで意外と甘えん坊なところとか。かくなるうえは……。

「……ぷあっ」

口から乳首を離させたら、凄く名残惜しそうな上目遣いでこちらを見てきました。マジで赤ちゃんですか。全く。

私の方も下半身の衣服を全て脱いで、靴下以外は生まれたままの姿になりました。男の子の体を仰向けに寝かせ、元気よく勃ちあがっているおちんちんに狙いを定めます。

「言っておくけど、これはお仕置きですからね! 貴方のおちんちんから精子を全て絞り出して、スケベな真似をさせないようにしてあげます!」

彼の耳に聞こえているとは思えませんでした。と言うのも、彼の目は愛液が滴る私のアソコに釘付けになっているからです。でも、ここまで来て止めるのもどうかと思います。やるしか、なさそうです。

「んっ、くぅ……!」

こうして、私の初めては彼に奪われることとなってしまいました。いや、端から見ればどう考えても私がこの子を誘惑して、彼の童貞を奪ったという構図なのかもしれませんが。

「うぅ……! あ、貴方は別に腰を動かす必要はありませんからね! このまま私に全部任せていなさい!」

男の子は泣きながら笑ってるようなおかしな表情で小さく頷きます。

……正直言って、性交がここまで気持ちの良いものだとは予想していませんでした。自分でするのとは全然違います。

「んっ、んっ、んっ……くふぅっ……!」

腰を振る度に、おちんちんが私の内側をきゅんきゅんと擦りあげ、頭の中で白い火花が弾けるような感覚がします。おまけに彼が暴発しまいと必死に歯を食い縛って切ない表情をするものですから、胸の奥まできゅんきゅんしてしまいます。

「きゃっ! ちょっと勝手に……!」

暫くすると彼の方に少し余裕が出てきたのか、目の前でプルプルと揺れる私のおっぱいに手を出して、揉みしだいてきました。同時に下からも、小さな動きですが、腰を突き上げて私を責め立てようとしています。

「私の方が年上なんですから、大人しくリードされて……あんっ♥」

強がりから絞り出そうとした声も、私の中の柔らかくて弱いところを擦られた衝撃で、中断されてしまいます。

「あぁっ……一つ目の姉ちゃん……! オレ、また出そう……!」

でも、ここに来て下手に自分から動いたのが仇になったのか、男の子の喘ぎ方が変わり、おちんちんの先っぽがぷくっと膨らんできました。多分、射精の前兆です。

「えっ! 待って、今出されたら変になっちゃーー」

「ご、ごめん! 出るっ! ああぁっ!」

結局、許可を待たずに彼は私の奥で子種をぶちまけてしまいました。その温かい感覚に、私もゆっくりと崩れていくような絶頂を迎えてしまいます。

「はうぅ……もう、中にこんなに出して……」

最後の力を振り絞って何とかおちんちんを引き抜き、彼の横に寝転びます。自分の下半身に目をやると、男の子の白い元気の証が、とろりとアソコから垂れていました。


「(……結局、最後までしちゃいました……)」

自信の計画性の無さに呆れつつ、顔の前に差し出された、白濁に濡れたおちんちんを口でしゃぶってあげます。おちんちんは再び固さを取り戻していき、男の子は再び媚びるような、そして甘えるような目でこちらを見つめてきました。

この子の押しと自分の性欲に理性を打ち崩された私は、最終的に陽が暮れるまで彼と交わり続けることになってしまいました……。


ーーーーーーー

「良いですか? 今日私にしたことは、他の女の子には絶対にしてはいけませんよ!」

陽の沈んだ街中を、彼の家まで一緒に歩きながら、私は彼に対して説教をしていました。尤も、何度もいいようにされたせいで半分腰砕けになった私の説教に説得力があるかどうかは、微妙なところです。

「分かってるよ。姉ちゃん以外の女のおっぱいに興味なんかあるもんか。オレは姉ちゃん一筋だし……

思っていたより、彼の反応は大人しいもので……ていうか、最後の方、私にプロポーズしてませんでしたか?

「全く、その年で私みたいな単眼の女に欲情するなんて、良い趣味してます……!」

そう言うと彼は不服そうな表情でこちらを見てきました。……あぁ、怒ってる顔もよく見ると、すごく可愛い。

「まぁ、もし貴方がこれからちゃんと良い子でいるなら……また今度、今日みたいなことをしてあげてもいいかもしれません」

「本当!? 約束だよ!?」

「ええ、約束です。そしてこれが、指切りげんまんの代わりです♥」

そう言って、彼の唇に軽くキスをすると、彼の顔は真っ赤な色に染まっていきました。何だか、やっと年上のお姉さんらしい降るまいが出来たような気がします。


こうして、私にも毎年チョコレートをあげる相手が出来たのでした。


--fin.






おまけ

マーシャ「ねえミーシャ、知ってる? 貴女がよく一緒に遊んであげてるあの茶髪の子、最近ずいぶん大人しくなって、悪戯とかもやらなくなったみたい」

ミーシャ「そ、そうですか……多分、彼も大人になったということですよ、お母様……」
17/05/06 23:58更新 / SHARP

■作者メッセージ
はい。恒例のバレンタインデーサイクロプスネタですが、流石にマーシャとリオの絡みはネタが尽きてしまったので、世代交代してみました。

ミーシャとわんぱくショタの絡みに関してはまだネタを詰め込めきれてないので、今作の評判が良ければ、来年のバレンタインデーより前に続編が出たり出なかったりするかもしれません。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33