読切小説
[TOP]
デキる彼女の秘密
「さぁ〜!オマエら〜!今日は稼ぎ時だ〜!しっかり働けよ〜!」

社内に万太郎部長、通称マンドリル専務のひょうきんでやかましい大声が響き渡った。


「相変わらず万太郎専務って本当にうるさいよね〜。声も大きいし、いちいち余計な小言も言ってくるし・・・」
「ホント、それに加えて身なりもハデだしまるでマンドリルよね。」
「だぁけぇどぉ、みんなが協力して大きな仕事終わらせたときはは自分のお金で打ち上げ開いてくれたり、有給だって普通に取らせてくれるから根はいい人なんだろうね〜」

三人の魔物娘の社員の会話を小耳に挟みながら、僕、「大塚昭夫(おおつかあきお)」は自分の仕事を片付けていた。


「やぁ、大塚君。順調なようだね。」

そういって書類の束を持って声を掛けてきたのは僕の先輩のドラゴンの夕凪纏(ゆうなぎ まとい)さんだ。

「君は本当に仕事の呑み込みが早いね。」
「いえいえ、先輩ほど容量は良くありませんよ。」
「そうかそうか、それじゃがんば・・・・」

ここで、不運にもあと少しで例の資料を完成するという所でエラーが発生してしまった。

「お、大塚君・・・」
「大丈夫ですよ先輩!このエラーの対処法はこの間先輩に教えて頂いたばかりなので・・・」

僕はエラーの原因を先輩から教えて貰った解決方法で解決しようとするが、中々できない。

「あ、あれ・・・おかしいな・・・」
「大塚君、ちょっと貸してみてくれないか?」
「は、はい・・・どうぞ・・・」
「ふむ・・・これは・・・これをこうして・・・こうだな・・・」

先輩は僕が解決できなかったエラーをいとも簡単に解決して見せた。

「あ、ありがとうございます・・・・」
「何、また困ったら何時でも声を掛けても良いんだ。」
「は、はい・・・」

こんな風に先輩は、僕がピンチに陥っていると必ず助けに来てくれるため、僕の中では一種のヒーロー的な存在となっている。
一昨日は床に零してしまった課長用のお茶を拭くのを手伝ってくれたり、昨日は飲み会の帰りに逆ナンしようと絡んできた人たちを追い払ってくれたりした。
そして今日もエラーの解決法が分からずに手間取っている僕を助けてくれた。
彼女には本当に感謝してもしきれない。

「大塚君、仕事が終わった後に君に話したいことがあるのだが、良いかな?」
「はい、もちろんです。愚痴とかなら日頃のお礼も兼ねてお聞きしますよ。」
「いやいや、君に話したいのはそんな暗い話じゃないよ。もっと明るく、情熱的な話さ。というわけで仕事終わりにいつもの居酒屋で落ち合おう。」
「はい!喜んで。」

そして、仕事をこなしていくうちに仕事が終わる時間となった。

「ご苦労様だぜぇ〜!ほんといつもありがとうな〜!」

専務がメガホンを片手に感謝の言葉を周囲に放っている。本当に熱心な人だなぁ。そう思いつつ、先輩と約束したいつもの居酒屋で落ち合う準備をした後、会社を出た。

「随分と遅かったね。」
「すいません。どうも支度に手間がかかってしまいまして・・・」
「気にすることは無いさ。逆に考えればそれだけ時間をかけて丁寧に支度をしてきてくれたということだろう?」

そう言って笑って見せた先輩の顔はたまらなくカッコ良かった。

「お、お心遣いありがとうございます。」
「気にすることは無いさ。ほら、早く行かないと席が埋まってしまうぞ。」

先輩に連れられる形で、いつも行く居酒屋に入った。
何年たっても相変わらず渋いレトロな雰囲気を出しているこの店は、僕たちのようなサラリーマンのオアシスだ。
隣の席では、頼りない感じのアマゾネスの社員が娘に嫌われたことを上司らしいオーガの先輩に肩を叩かれて励まされている。
もう一方では、身なりのいい刑部狸が可愛い顔の男の子の店員をナンパしている。
周りの席で起きている様々なドラマに気を取られていると、先輩にツンツンと指で突かれた。
振り返ると、ドヤ顔でメニューを開いている先輩がいた。

「さぁ今日は私のおごりだ。好きなものを注文していいぞ。」
「僕は別に何も頼まなくても良いですよ。ところで先輩、話とは一体何ですか?」
「あぁ、私には好きな人がいて、その人に告白しようと思うんだ。」

あの先輩を惚れさせるとは一体どのような人物なのだろう。
気になった僕は先輩に問い返した。

「へぇ〜いったい誰なんですか?」
「君さ。大塚君。」
「えっ・・・!?な、何故僕なんかを・・・!?」
「簡単さ。君の仕事に真摯に取り組む真面目さと優しさに惹かれたといった所かな。」

こうして、僕と先輩は先輩後輩の関係から恋人同士の関係へと発展した。
お互いを呼ぶ際にも、「先輩」「君」を付けずにそのまま下の名前へと呼び合う関係となったのだ。
デート中もフォローしてくれるし、夜の相手も中々のもので、僕なんかにはもったいない最高の相手だ。
付き合い始めてから半年経ったある日、この間纏のマンションで開いた彼女の誕生パーティで、帰るときにスマホを忘れてしまったことに気づき取りに戻った時のことだった。

「纏〜!ごめ〜ん!スマホ忘れちゃったから取りに戻っていいか〜い?」

スマホを回収するためにまず、すりガラスの貼られたドアの向こうの纏に呼びかけるが返事がない。
心配になった僕はドアを開けてみる。

「纏、一体何をやって・・・・!?」

その先に現れたのは目を疑う光景だった。

「んっ、あああああ・・・・♥」




「!?」


僕の目の前に映っていたのは全裸になってグロテスクな異形の怪物たちに、乳と股間をねぶられ、顔を蕩けさせている纏だった。
乳房に吸い付いているヒレが付いたウジ虫の様な緑色の怪生物と血を吸って膨らんだヒルのような青緑色の怪生物は体をうねらせ、ブチュブチュと音を立てて纏の乳をしゃぶり、赤紫色のシラミとヒキガエルを足して二で割った様な
不気味な生き物は股間に舌を伸ばして愛液をすすっていた。

「・・・ッ!」

醜い異形の怪物に恋人を汚されている様を見て僕は居ても立っても居られなくなった。

「今度はッ!僕が纏を救う番だッ!」

まずは股間をねぶっている怪生物の背後に忍び寄り、上から思い切り体重を乗せて踏みつけた。
ブチュリという嫌な音がして赤紫色怪生物は口から体液を吐いて絶命した。

「離れろ!このゲス共め!」

続いて、乳房に吸い付いている緑色の怪生物を強引に引き剥がし、壁に叩きつけた。
そして、残りの青緑色の怪生物を引き剥がすと地面に放り、思い切り踏み潰した。

「大丈夫か!?纏!しっかりするんだ!」
「・・・・ハッ!?昭夫!?な、何故お前がここに!?」
「落ち着いてくれ纏!怪物に犯されたショックで気が動転して・・・」

僕が介抱しようとすると纏が口をパクパクと動かして僕に何かを伝えようとした。

「お、お前こそ落ち着いてくれ!昭夫!じ、実は・・・その・・・あの怪物たちは皆私の「大人のオモチャ」なんだっ!だから、私は大丈夫だ!別に犯されていたわけではない!安心してくれ!」
「分った!あの怪物は皆纏の大人のオモチャ・・・えっ!?」

僕は、あの怪物たちが纏の大人のオモチャという一体どういうことなのか分からないことを聞かされて尚更気が動転した。 

「私のあのような姿を見た上にとんでもないことを聞かされて困惑してしまうのも無理はないだろう。」
「は、はぁ・・・」
「とにかく、落ち着いて聞いて欲しい。昭夫。もう一度言おう。アレは私の大人のオモチャだ。少し前に買ったモノで、昭夫のことでムラムラして性欲が溜まっている時にはアレで晴らしていたのだ。」


正直、あんな趣味の悪いモノで劣情を晴らしているのには驚いたが、どうしてあのようなモノに興奮するのだろうか。

「実を言うとな・・・私は昔、ファンタジーエロマンガの愛好家で、特に、モンスターに犯される女性というマニアックなジャンルで性的快感をしていたのだ。そしていつしか、昭夫を好きになってからというものの、そのモンスターが、皆昭夫に見えてきてしまって・・・体の至る所に昭夫に纏わりつかれて犯されていると思うと快感が抑えきれなくて病みつきになってしまっていた。それで、さらに強い快感を得るべくあれらを買って更に欲望を満たしていたという訳だ。」
「そうだったんだ・・・・否定はしないけど随分とマニアックな趣味だね・・・ごめん・・・」
「いいんだ。アレらは普通にホームセンターで売っているから幾らでも買えるし、それに性癖を受け入れて貰えて嬉しいよ。・・・・そうだ。昭夫。」

何かを思いついた纏は僕の耳に何やら耳打ちをした。
ふむふむ・・・なるほど・・・これは中々良さそうだな・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

冒険もののアニメやロールプレイングゲームで出てくるような風景の壁紙を貼った広めの部屋の中、コスプレプレイ専門のラブホテルで僕と纏は対当していた。
纏は優雅な装飾の付いたビキニアーマーを身に着けてプラスチック製のオモチャの剣を持ち、僕はハチとクモを足して二で割ったようなグロテスクなクリーチャーの着ぐるみを着ている。

「キラーアントか・・・フンッ、こんな雑魚などこの竜騎士レイアの敵ではない!」
「ギギギシュシュシュシューッ!」

僕は着ぐるみの内部にあるスイッチを押して鳴き声を出す。

「卑しい下等な魔物め!二度と私にその姿を見せるな!」

纏はそう言って剣を構えてぼくに斬りかかる。
だが、僕はそれを避けて、纏の剣を持っている手首を軽く払い、剣を弾いた。
そして、剣が無くなって狼狽え(る演技をし)ている纏の上にのしかかった。

「くっ!離せ!この下等生物が!」

纏は必死に手足をじたばたして振りほどこうとする(演技をしている)が、僕ことには通じなかった。

「ギュチチチチ・・・」

僕は着ぐるみの大アゴでビキニアーマーの胸の部分をむしり取ると露になった肉厚乳首に吸い付いた。

「んっ!?んおおおおおおおっ!?うっ!?嘘だっ!?私が雑魚魔物ごときに押し倒されて犯されているだと!?」

着ぐるみの中の舌でマシュマロのような乳首をコロコロと転がしていると、中から母乳があふれ出した。

「おっ、おぉぉぉぉ、わ、私はち、地上の覇者たるドラゴンだ・・・!こんな虫ケラなどに・・・!」

プライドを挫かれかけている(演技)をしている纏の股間に、着ぐるみの股間の隙間から出した僕のチンポをあてがう。

「ひっ、や、やめろ・・・!そ、そんな汚いモノなど入れられたくない・・・!」


ブチュリッ!

「ん゛おおおおおおおおっ♥」

僕のチンポが纏の中に挿入された。暖かい感触とヌルヌルした感触が伝わってくる。

「ううっ♥嫌なのにっ♥感じちゃうっ♥」

纏を喜ばせるべく僕はさらに腰を振る。

「あ゛あ゛あ゛っあ゛っ♥アリさんチンポ気持ちいいっ♥もっと突いてぇ♥」


突いてという纏の望み通りにチンポでガンガン突いてやるとしよう。
突く速度を早くするたびに、纏の膣がキュウキュウと僕のチンポを締め付けてくる。気持ち良さすぎて、もうナカに出してしまいそうだ。

「ギギギィ〜ッ!」

「出る」と言いかけたところをムードを壊さないために我慢して、代わりに着ぐるみの音声を出す。
ビュルーッ!と派手な音を立てて、纏のナカに僕のザーメンが注ぎ込まれた。

「あああああああああっ♥雑魚モンスターチンポでイグゥゥゥゥゥゥッ♥」

纏は口からだらしなく舌を出して恍惚の表情を浮かべてイった。

「ふう、この着ぐるみも中々熱いなぁ・・・・・」

着ぐるみを脱ぎ、頭だけ人間の姿になると、僕は愛しの纏の額にキスをするのであった。
18/08/02 14:58更新 / 消毒マンドリル

■作者メッセージ
深夜テンションで書き上げたぜぇい!

キャラ・道具紹介

大塚昭夫

某声優さんとは何も関係はありません。
入社当初はコピー一枚取れないダメ社員だったが、先輩社員の纏のサポートにより基本的な動作ができるくらいにに成長を遂げた。

夕凪 纏

大塚の先輩でもあり恋人のドラゴン。
仕事をテキパキとこなし、人付き合いも良く、逆境にも強く頼りになるオフィスの華。
実は学生時代に読んでいたファンタジーモノのエロマンガ、それも異種姦モノ(女性がモンスターに犯されるタイプ)をオカズにオナニーをしていた経験があり、大塚に恋心を抱いた際にはわだいぶ前に買った大人のオモチャを大塚に見立て、彼に犯される妄想をしながらオナニーに励む変態。
おっぱいが超でかい。

万太郎専務

派手な服装とやかましい声が特徴的な大塚達の会社の専務で、義理人情に厚い。
社員たちにマンドリル専務というあだ名を付けられている。
カク猿の奥さんと娘が居る。

クリーチャー型自慰グッズ

グロテスクで生理的嫌悪感をあおる見た目をしたクリーチャーの形をした自慰グッズ。膣や肛門といった穴に挿入する挿入タイプと乳首や男性器に吸い付く搾取タイプの2タイプがあり、さらに細かく分けると、イボイボ触手タイプ、イモムシタイプ、ヒルタイプ等がある。
ファンタジーモノのAVの撮影の際には大活躍する。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33