読切小説
[TOP]
闇色の誘惑
それは4月の事。
下駄箱に1枚のラブレターが始まりだ。
最初は、悪戯(いたずら)だと思って気にしていなかったが。
奏 照和(かなで てるかず)は自分みたいな男にラブレターを書く物好きな女性に興味を持って会いに行く。

「・・・あんたか?俺の下駄箱にラブレターを置いたのは?」

待ち合わせ場所は、放課後の屋上というべたな場所で彼女・・・否。

魔物娘 "カラステング" がいた。

「いかにも・・・儂(わし)が貴方様、否・・・奏照和様に恋文を書き、下駄箱に投書しました」

ゆっくりとこちらに振り向く、古風な喋り方の魔物娘。
見た目は美人で "人間" ならまず告白する男子がいるだろうと内心思った照和。

「奏照和様・・・いえ、照和様・・・今ここで契りの接吻をかわしましょう♪」

ゆっくりと、照和に近づくカラステング。
だが照和は少し目線を逸らし申し訳ない顔をしている。

「わりぃ、俺、あんたと・・・き、キスはできない」

ガラスが割れる音がし、カラステングはガーンっとショックを受けている。

「な・・・何故じゃ!?わ、儂・・・のど、どこがい、いけないんじゃ!?」

「胸ですか!?尻ですか!?」と色々と尋ねるカラステング。
だが、何も答えない照和が一度大きく息を吸い、真剣な瞳でカラステングを見る。(この時、照和の真剣な瞳に思わずドキッとしたのは内緒)

「俺さ、医者になるのが夢でさ・・・今恋愛とかしたら、成績下がると思うんだ・・・」

「だから、悪い」と言って頭を深々と下ろす照和。
その真剣な姿、真剣な瞳で言葉を失ってしまうカラステング。

「も、もうい、いいか?俺、この後塾があるから」

「じゃっ」と、言って屋上を出る照和。
そして屋上で1人になってしまうカラステング。
少し腕を組み唸るように考える。

「・・・っは、これは・・・わ、儂の愛がた、足りない、ということかしら・・・」

勝手に納得し、勝手な判断をするカラステング。
そして中二病風な高笑いをする。



ただ、瞳はドス黒くなっているを除いては。





ガチャ、ガチャと腕と足首に鎖で繋がれ大の字になっている照和。
どうしてこうなった、と思いつつ必死に思い出そうとする。

「え、えっと・・・確か・・・」

朝、学校に向かおうとしていたら。
いきなり何者かが自分(照和)の肩を掴まれて、空中へ。
そしていつしか何処かの山へと移動して高い高度から落とされ、気絶してした事を思い出す。

「こ、ここは一体ど、どこ・・・だ」

暗い部屋だが、眼も慣れて周りを見ると・・・。


部屋には自分の写真ばかりだった。

「な・・・なんだよ・・・こ、これ・・・」

自分の写真を見て恐怖を感じて冷や汗が出てしまう。
すると、どこからかバサバサと鳥が羽ばたく音が聴こえる。
何だろうと思い顔を動かし、その羽ばたく音が何かを確認する照和。

「あ、照和様目を覚められたのですね♪」

「!?あ、あんたは・・・」

顔は覚えている、顔は覚えているが。
名前は聞いていなかったので「え〜っと」と考えてしまう。

「黒烏 宮穂(くろからす みやほ)です・・・照和様」

「あ・・・えっと、黒烏さ」

「宮穂」

突然ずいっ!と顔を寄られて、目と目が合う。
だが宮穂の目はドス黒くその目を見るだけで吸い込まれそうな感覚に襲われる。

「・・・み、宮穂さん」

「はい♪」

名前を呼ばれてゆっくりと離れる宮穂。
少しホッとして本題に入ろうとする照和。

「こ、これはい、一体な、何だ?こ、このあ、悪・・・」

「悪趣味ではありません!!」

照和が "悪趣味" と言う前に宮穂が否定する。
そして再度照和に近づいて、顔を近づかせ照和を見つめる。

「この部屋は儂の部屋で、照和様を思い作った部屋です」

いやこれは度が過ぎるだろう・・・と内心思いつつ。
少し目を逸らす照和。

「嗚呼・・・今、目の前に・・・照和様が、照和様が♡」

はぁはぁと息を荒げつつ照和の体に跨って匂いを嗅ぐ。
首筋から顔へ、顔から体へと匂いを嗅ぐ。

「ちょ・・・や、やめ・・・」

「スンスン・・・この香り、この香りが儂を興奮させる・・・が、いささかメス豚臭いですが」

自慢の脚で照和の服を破り、引き裂く。
当然両腕、両足を縛られているせいで身動き取れない照和。
そして上半身を裸にさせた後、再度匂いを嗅ぐ。

「すんすん・・・メス豚の香りがする、儂の照和様なのに・・・」

どうすればこの臭いにおいを除去できるか考える宮穂。
するといいことを思いつく。

「そうじゃ、儂の体の匂いでいっぱいにすればいい♪」

「はぁ!?」

するすると、服を脱ぎ始める宮穂。
その光景に咄嗟に目を閉じて見ない様にする照和。
そして何も音がしなくなると、今度は密着して自分の匂いを照和の体に擦り付ける。

「はぁはぁ・・・い、今儂は愛おしい照和様の体を擦って・・・はぁはぁ、こ、興奮してきます♪」

照和を抱き占めて自分の乳首と照和の乳首を当てて、キスをする。

「照和様・・・儂のちっぱいと照和様の乳首がキスをしていますぅ♡」

「く、くぁ」

目を閉じているせいか宮穂の行動に。
いつしかチンポが勃起してしまう。

「あ、下半身に硬いものが♪」

今度は馬乗りになって下半身の方に体を向け、少し慣れない手つきでズボンを脱がす宮穂。
そして勢いよく照和が穿いているトランクスのパンツをずらすと、大きく剃り立っているチンポが現れる。

「こ、これが・・・これが、照和様のお、おチンポ様」

興奮して目がハートの形をして見つめ。
ゆっくりと腕を伸ばし羽根を使って触りはじめる。

「っつ・・・も、もう・・や、やめてく、くれ」

気持ちよくなり始めて、顔が少しずつ歪み始める。
だが宮穂やめることなく精液を出そうと羽根コキを続ける。

「はぁはぁ・・・照和様、儂は知っているんじゃぞ・・・5年前に、幼馴染を事故に合わせたことを」

ぞくっと悪寒を感じた。
何故それを知っているのか!?
わからずに恐れ、震える照和。

「ふふふ儂は全て知っておるぞ・・・5年前」

ペラペラと、自分を助けた幼馴染の事を喋る。
1つ1つあの時の事がよみがえり汗を掻き、震え始める照和。

「・・・のう、照和様や」

不意に羽根コキをやめて馬乗りもやめ、優しく密着し自分の胸に顔を当てる。

「意識不明で・・・もう5年も眠っている幼馴染など、忘れて・・・儂と交わろう」

悪魔の囁きとはこのことだろうか。
気持ちくなりたい、今までの事を忘れたい興奮している自分と。
医者になって苦しんでいる幼馴染や病気で苦しんでいる人を助けたいという夢を叶えたいとする自分。
しかし宮穂の言葉に心が揺れ動いてしまう。

「もし、忘れるなら儂が、照和様を愛し照和様の欲望を・・・すべて、儂が受け止めます・・・」

耳元で囁かれ、耳たぶを甘噛む宮穂。
もう訳が分からなくなる。

「照和様・・・そろそろおまんこに、おチンポ様を気持ちよくさせますね♪」

抱きしめるのをやめ、ゆっくりと素股を始める。
ただ素股を始めると股はすでに濡れており、擦られる度に気持ちよくなってしまう。

「うふふ、照和様・・・挿入して欲しいですか?」

最初は優しくチンポを擦り、時折激しく擦る。

「っ・・・くぁぁ」

激しく擦られて、い、入れてほしいという "欲望" が照和の中で生まれた。

「はぁはぁ・・・照和様・・・挿入して欲しいですか?入れてほしいなら大きな声で叫んでください」

ゆっくりと体を倒し耳元で囁く。

「宮穂、おまんこにチンポを入れてください・・・っと♪」

それだけ囁くと体を起こして素股を続ける。
しかし、宮穂の瞳はドス黒く恍惚な笑顔で照和を見つめている。

「み、宮穂のお、おまんこに・・・おまんこにい、入れてください!」

快感に負け、叫びお願いする照和。
すると待っていましたと言わんばかりに、チンポを挿入する宮穂。
なおチンポを挿入されるとチンポから血が伝う。

「あぁぁん、こ、これが・・・照和様の、お、おチンポ様ぁぁっ!」

腰を激しく振るう。
考えなしに、ただ・・・ただ快感を得る事しか考えていない。

「ああ・・・こ、これです・・・照和様の、照和様のおチンポ様・・・儂はお、おチンポ様が欲しかったのぉぉっ!」

「き、気持ち・・・気持ちいい・・・は、激しくて、こ、このままじゃ・・・」

締め付けるおまんこに我慢限界が近づく。
そしてそれを受け止めるようにおまんこも気持ちよくさせる宮穂。

「い、良いですよぉ!い、いつでもす、好きな時にぃっ!だ、出してくださいぃっ!あぁぁ照和のす、全て・・・う、受け止めまひゅからぁ」

腰を振って、快楽に溺れ始める宮穂。
同時におまんこの締め付け、精液を射精させようとする。

「あぁぁっ・・・も、もう・・・も、もうで、出るっ!」

腰を激しく振られ勢いよく精液をドッピュ!ドピュドッピュ!!と精液を射精する。

「ああ、あぁぁぁっ!で、でてましゅ・・・き、きもひぃぃっ」

射精されて完全に表情が蕩け、表情が快楽で歪む。

「はぁはぁ・・・はぁはぁ」

射精後全部出し切った照和も、流石に息を整える。
しかしそれもつかの間、息を整える途中いきなり宮穂が腰を振り始めた。

「っつ!?ま、まて!い、今び、敏感!」

「何を言っているんですか」

恍惚な笑みで、腰を振りつつ笑顔で言い放つ。

「まだまだ、儂も、照和様も満足していないでしょう?それなら満足するまで・・・」

交わいましょう♪
その言葉を聞いた照和は。
           精が枯れるまで精液を射精させられて・・・輝和は自分の言った言葉に後悔するのであった

16/10/18 21:00更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
モンスター娘のいる日常オンラインが11/22にサービス終了で・・・ショックで立ち直れません・・・

皆さんこんにちわ、シャルロット♂です
遅くなりましたが28作目の短編SSです!
さて、最近の私の悩みは、時間が足りないのが悩みです
アニメ見たい 動画の編集時間がほしい ゲームする時間が欲しい!・・・圧倒的に、時間が足りないorzと感じます・・・
ですが、次はゆっくり実況の方を投稿しますので楽しみにしててください!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33