読切小説
[TOP]
超乳魔物娘物語セカンド ぼくだけのおっぱいドラゴンおねえちゃん
ぼく、タツキには、とっても大好きなお姉ちゃんがいる。
ドラゴンの千房(せんぼう)お姉ちゃんだ。
頭が良くて、ぼくが勉強で分からない所があったら分かりやすく教えてくれ、運動もできて、学校ではバスケ部のエースをやっている。
すごく強くて優しく、ぼくが辛いことがあって泣いている時にすぐに飛んできて慰めて、元気にしてくれる。
良いところが沢山ある自慢のお姉ちゃんだ。
今、昨日言った千房お姉ちゃんと一緒にお姉ちゃんの家で遊ぶ約束の待ち合わせをお姉ちゃんの学校の前でしている。
しばらくして、誰かが走ってくる音が聞こえた。
千房お姉ちゃんだ。
整った顔に、僕よりずっと高い背丈。
女の子に好かれる特徴が多い。
そしてなんといっても、ぼくの頭が二つ入ってしまいそうなくらい大きなおっぱいもたまらない。

「すまない、タツキ。練習で遅れてしまった。」

待ち合わせの時間より5分遅れただけでも、かなり謝られた。

「別にたった5分遅れたくらいでそんなに謝らなくても良いよ。」
「たった5分といってもタツキの大切な時間には変わりないだろう?」
「あはは、お姉ちゃんのそういう几帳面な所好きだよ。」

ぼくにちょっと褒められた程度でお姉ちゃんは顔を赤くした。
こういうのを「ちょろい」って言うらしい。

「さ、さぁ!約束通りお姉ちゃん家に行くぞっ!」

お姉ちゃんはぼくの手を取って、自分の家がある方向に歩きだした。
行きたい場所には大きなドラゴンの姿になれば飛んで行けばすぐ行けるけど、ぼくと一緒に行くときは「ムード」を大切にするためにわざとこの姿で行く。
ちょっぴり面倒だけど可愛いお姉ちゃんの癖だ。
今日学校であったことや、家での出来事。
そんな話をして歩いていると、あっという間にお姉ちゃんの家に着いた。

「お邪魔しま〜す。」
「ただいま。」
「おかえり。今日はタツキくん一緒なのね。さぁ、入って。」

ぼくたちの声に気づいてこっちを向いたのはお姉ちゃんのお母さんだった。
クールなお姉ちゃんとは違って大人しそうな人だ。
同じドラゴンでもこんなに違うのかと思う。
お姉ちゃんのお母さんに家に上げて貰い、リビングに入るとお姉ちゃんのお父さんが出迎えてくれた。
黒い縁のメガネを掛けている真面目そうな人で、気難しそうな人だけど、気さくで友達思いのいい人だ。

「タツキくん。いつもうちのミズチと良くしてくれてありがとう。」
「ううん、ぼくも、お姉ちゃんに宿題を教えて貰ったりしているからこっちがお礼を言いたいよ。」
「そうかそうか。」

お姉ちゃんのお父さんとおしゃべりしていると、お姉ちゃんがぼくの頭をクシャクシャと撫で始めた。
これもお姉ちゃんのクセで、ぼくに「エッチなことをして欲しい」というサインだ。
それに気づいたぼくは、お姉ちゃんのお尻に手を回してムニュムニュと揉んであげる。
それに対してお姉ちゃんも負けじとぼくの頭をさっきより強くクシャクシャなでる。




お姉ちゃんはおっぱいだけじゃなくてお尻も大きい。
柔らかすぎてぼくの小さな指がほぼ全部埋まってしまう程で、いつまでも揉んでいたい。

「タツキくん。そういえば学校の授業でついて行けない所とかはあったりするのかい?」
「そうだね。理科の授業なんだけど、動物のおすとめすについてやっているんだ。カエルの卵の授精とか、精子とか卵子の話が難しかったな。」

学校でついていけない理科の授業の内容について喋りながら、お姉ちゃんのズボン(本当はデニムっていうらしい)の中に後ろから手を突っ込んでおまんこをいじる。
お姉ちゃんのおまんこの温かさとお汁のぬるぬるとした感じが人差し指と中指に伝わってくる。

「・・・・・。」

お姉ちゃんが顔を赤くし始めた。
もうそろそろ「遊ぶ」合図だ。

「お姉ちゃんのお父さん。お姉ちゃんぼくと遊びたさそうにしているから一緒に遊んでくるね。」
「うん、子供は遊ぶのが仕事だからね。行っておいで。」

ぼくとお姉ちゃんは二階のお姉ちゃんの部屋に行き、ぼくとお姉ちゃんの二人だけの「遊び」を始めた。
お姉ちゃんがシャツをグイッとたくしあげると、牛のようなすごく大きいおっぱいがブルンと一個ずつ別々に揺れた。
ブラジャーはつけていない。
エッチなことに詳しい友達が言うにはノーブラっていうらしい。
乳首は多くの人が思い浮かべるような、赤ちゃんが吸うイボのような形は出ていなく、むしろ引っ込んで横線の形に窪んでいる。
ぼくもお姉ちゃんがシャツをたくし上げるのに合わせておいてズボンとパンツを脱いでおいた。
ぼくのおチンチンは周りの友達より大きくて、よく「大人みたい」とからかわれる。
最初は嫌だと思っていたけど、お姉ちゃんが「確かにタツキは嫌かもしれないが、チンチンの大きさで全てが決まる訳じゃない」って言ってくれたお陰で今は最初にからかわれた時ほど嫌じゃなくなっている。

「まずはおっぱいでおチンチンをほぐしてやろう♥」

お姉ちゃんがしゃがんでぼくのおチンチンをおっぱいで挟み、先っぽから根本まで上から下へと動かす。
お姉ちゃんがおっぱいを動かす度に、気持ちよさを感じ、おチンチンがどんどん固く、大きくなっていくのが分かる。

「・・・うっ!」

僕のおチンチンが最高に気持ち良くなったとき、ビュルリと音がしておチンチンから出た白いおしっこのようなものが出た。
精液という子供を作るためのもので、お姉ちゃんの仲間である魔物娘のご飯の一つだ。
ぼくが出した精液で、お姉ちゃんのおっぱいの谷間と顔が白く汚れた。

「流石タツキのおチンチンだ♥見た目も出す精液の量もすごく良いぞ♥」

お姉ちゃんが体に付いた精液を指先ですくいとって舐めて見せた。

「可愛いタツキのおチンチンがこんなにも汚れてしまっている・・・。これは綺麗に掃除してやらないといけないな。」

お姉ちゃんがぼくのおチンチンをくわえ、先っぽに舌を絡めてきた。
さらにすごい勢いでぼくのおチンチンを吸い上げ始めた。
お姉ちゃんのようなドラゴンの魔物は息を吸ったり吐いたりする力がとても強い。
そのため、ぼくのおチンチンはお姉ちゃんの中に勢いよく吸い込まれてしまいそうな気持ち良さを感じている。

「あっ!」

おチンチンからまた精液が出てきた。
お姉ちゃんのおっぱいの中で出した時よりも多い。
お姉ちゃんはぼくのおチンチンから口を離すと、ゴクリと音を立てて口の中と喉に溜まった精液を呑み干した。
さっきから見ていて気づいたが、結局お姉ちゃんばかり美味しい思いをしている。

ーお姉ちゃんばっかりずるいー

そんな感情がこみあげてきた。
目の前で美味しそうにぼくの精液を味わっている姿を見せつけられ続け、もう我慢できなくなった。

「んっ・・・んっ・・・んうううううっ!?」

精液を味わっているお姉ちゃんの隙をつき、目の前にあるおっぱいに飛び付いた。
前に飲ませて貰った、ミルクの甘い味を再び味わいたいという思いがぼくをつき動かしたのだ。
ぼくの頭よりも二つ分大きいであろうそれの重さに負けじとぐいぐいと頭を押し付けて、乳首を強く吸う。

「ひぅううぅんっ!?」

へこんだ乳首の中にあるでっぱりを吸い出すと、舌の先で転がす。

「あっ・・・んぅ・・・」

気がつけばぼくはお姉ちゃんを押し倒してした。
お姉ちゃんは嫌がらずにただ、ぼくの好きなように体を任せている。

「・・・・っ!あぁっ!で、出るうっ!」

ぼくがお姉ちゃんの中に精液を出したように、お姉ちゃんが母乳をぼくの口の中にいっぱい出した。
普通に売られている牛乳とは遥かに違う、甘くて優しい香りのものがぼくの口の中に注ぎ込まれていく。

「おっ♥おっ♥おぉおおお・・・・♥」

お姉ちゃんはおっぱいを吸われただけでもうすごく気持ち良さそうに手足と尻尾をピクピクさせている。

「お姉ちゃん、こんな目に遭うのは、お姉ちゃんがえっちだから悪いんだよ?」

ぼくは両方のおっぱいから母乳を出して仰向けに倒れているお姉ちゃんを見下ろして言う。
そこからズボンとパンツをずり下げ、お汁でびしょ濡れになったおまんこをさらけ出させた。

「やんっ・・・タツキに見られて更にぐしょぐしょになっちゃったよぉ・・・♥」

いつものクールで落ち着いた感じとは違い、ムンムンと体から熱を出してぼくに甘えようとしているお姉ちゃんがそこにはいた。

「欲しいよぉ・・・♥タツキの体が欲しいよお・・・♥」

お姉ちゃんのお願いに答えるべく、ぼくはお姉ちゃんの体の上に乗った。
体の上半分がおっぱいに埋もれているのでやや息苦しいが、お姉ちゃんの温もりに包まれているようで悪くはない。むしろ良い。
この姿勢からおチンチンをお姉ちゃんのおまんこにずらして入れる。
これで、体全体で温もりを受けられるようになった。

「タツキのおチンチン、私に入ってきたぁっ♥」

お姉ちゃんが激しく僕にしがみついてきた。
相変わらずドラゴンだけあってすごい力だ。
今のぼくはお姉ちゃんと「遊んで」いるうちにインキュバスになっているので何とか耐えられるが、昔のぼくなら気を失っていたに違いない。
インキュバスになって体が強くなったおかげで、お姉ちゃんと「遊ぶ」時にお姉ちゃんがぼくを傷つけてしまわないかいつも心配させることが無くなって嬉しかった。(さらに体育の成績も上がって先生に褒められた。)

「んっ!ふっ!うっ!」

強く腰を動かすと、お姉ちゃんのおまんこがキュウキュウのぼくのおチンチンを締め付けてくる。
その締め付けは僕が腰を振る度にどんどん強くなっている。
お姉ちゃんのおまんこの締め付けがかなり強くなった時、ぼくのおチンチンはその刺激に耐えられなくなった。

「お姉ちゃんっ!出すっ!出すよぉぉぉぉっ!」
「だしてぇっ♥タツキのせーえきわたしのなかにおもいきりだしてぇぇぇっ♥ぜんぶ♥ぜんぶうけとめるからぁぁぁぁ♥」

お姉ちゃんのお望み通り、ぼくはおまんこに精液を思いきり出した。
精液を全部出し終わった後におチンチン抜き取ると、ぼくの精液とお姉ちゃんのおまんこのお汁が混ざったものがぼくたち二人を繋いでいた。

「ずーっとずっと、一緒だよ・・・♥」

ぼくは、お姉ちゃんの胸の中で呟いた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

千房の家のリビング。
そこで、千房の父親が固定電話とモールス信号機を合わせたような怪しげな通信機器を使い何者かと通話していた。
通信相手は声からしてやや若い女性のようで、どこか強者の威圧感を感じる厳かさがある。

「どうだ?状況は?」
「「彼」についてだけど、もうインキュバスに成りきっているよ。」
「ふむ。それならミズチのことも安心して任せられるかもしれないな。」

聞いた状況について満足したのか、声の厳かさが少し落ちた。

「インキュバスになったことをミズチから聞かされた時は少し安心したよ。精神面もしっかりしているから、あとは自立できるようになるまで待つだけだ。」
「そうだな。もし二人が式を上げる際には私も是非出席したいものだ。あと、子供が産まれたら何を贈ろうか・・・」
「落ち着いて。義姉さん。嬉しい気持ちは分かるけど先走りすぎるのも良くないと思うよ。」
「我とした事が自我を抑えきれずつい早とちりをしてしまった・・・。それはその時に決めるとしよう。それではここで通信を切るぞ。さらばだ。」
「分かった。義姉さん、旦那さんの方にもよろしく言っておいてくれ。」

相手が通信を切ったのを確認すると、千房の父は受話器を元の位置に戻した。
通信相手の名前の欄に表示されていた「バスティアナ」の緑色のカタカナのドット文字が紫色の液晶の画面に消えた。
18/07/08 22:51更新 / 消毒マンドリル

■作者メッセージ
擬音無しって難しいなぁ〜!
だけど少しレベルアップした気がするぜ!

キャラ紹介

タツキ

どこにでもいるような(って言いながらリアルじゃ案外居ない)小学5年生。
お姉ちゃん大好き。お姉ちゃんと交際しているためか何げに女子の扱いが上手い。(ただし無自覚)

千房ミズチ

タツキの恋人のお姉ちゃんで、文武両道で器量良しの良い女。
おっぱいがヘソまで隠れている程大きい。
可愛い小物が好きで、タツキに買ってもらったドラゴンのマスコットを大切に持っている。

千房の母

穏やかで優しい性格の母性満点のドラゴン。
娘と同じくらいかそれ以上のおっぱいを持っている。

千房の父

気難しそうな雰囲気のメガネを掛けた中年男性。
性格キツそうな見た目に反してフランクで気さく。

バスティアナ

「バカ乳ドラゴン」の主人公のドラゴンで、千房の母の姉。千房からすれば叔母にあたり、千房の父からすれば義理の姉にあたる。
妹と姪より立派な超乳の持ち主。
詳しく知りたい方は俺の記念すべき処女作の「超乳魔物娘物語ファースト バカ乳ドラゴン〜ウシ乳メストカゲの乳腺開発〜」を読んで欲しい。というか読んで下せぇ!お願いですだ!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33