読切小説
[TOP]
狐火と夏祭り
夏祭り、それは夏の終わりに行われる行事。
人は普段は着ない浴衣を着たり。
射的や、綿あめ、金魚掬(すく)い等をしてその年最後の夏をかみしめる。



だが・・・それはあくまでも "人間" 界の話である。




夏休みも大詰め。
江藤 涼汰(えとう りょうた)は田舎に住んでいる祖父と祖母の家に遊びに来ていた。
田舎の新鮮な空気を吸いながら残りの宿題を終わらせて、残りの数日を田舎で過ごしていた。

そして今日は田舎で過ごすのは最終日。
祖父と祖母が最後の思い出に夏祭りに行って来たら?と言われて、夜になって外出して夏祭りをしている神社へと向かった。

「やっぱり、田舎だと涼しいなぁ」

村を歩いて神社に向かう。
祭囃子が聴こえる方向へ・・・。



「・・・あ、れ?」

気がつくと涼汰は、神社にいた。
いつの間に?と内心思いながら、周りを見る。
そこには、魔物娘と人間のカップルが目立つ。

「お、俺は確か・・・む、村をあ、歩いていたはず・・・」

いつの間に、祭り会場に?と考える。
すると、1人(?)の魔物娘が涼汰に声を掛ける。

「もし・・・お主、狐ヶ祭(きつねがさい)は初めてかや?」

「え?」

声をした後ろを振り向く。
しかしそこには誰もいなかった。

「きのせ・・・」

後ろには誰もいなかったので前を向こうとした。
だが、自分の目の前に "女の子" がいた。

「にしし♪」

「うわぁっ」

目の前に女の子に驚き、勢いあまって尻もちをついてしまう。

「くかかか、ぬし、面白いのぉ♪わっち、お主を気にいたぞぉ」

女の子が腕を差し伸べる。
その腕を掴もうか悩む涼汰。

「どうした、はよぅ掴まらんか」

何故、悩むか。
それは彼女が "炎" で、触ったらやけどするんじゃという不安があるからだ。

「心配するでないぞ、やけどなどせん」

えっへん!と胸を張る、ただし胸を張るほど大きい胸ではない事を除けば。
やけどをしないと言われて少し安心したか涼汰も腕を伸ばし手を掴みゆっくりと立ち上がる。

「えっと・・・あ、あんたは?」

「あんた、ではないわっちは狐火・・・魔物娘の狐火じゃ」

「狐火・・・」

少し観察するように相手を見る
背中の炎と同化しているのか狐火の体は、浮いている。

「これ、これあまりジロジロ見る出ない・・・欲情するではないか♪」

両手で頬を抑える狐火。
だが涼汰は「え、何言っているんだこの魔物娘・・・」と少し呆れている。

「よし決めたぞ」

狐火は自分の両腕をのばして、手を握る。
そして涼汰を見つめる、情熱的な瞳で。

「お、おい・・・こ、こには人も、ま、魔物娘もい、いるんだぞ・・・」

「構わん・・・この狐ヶ祭はそういう、祭りじゃ♪」

その情熱的な瞳で涼汰を見つめる、しかしゆっくりと顔を近づけさせて。


キスをする。

目をパチパチさせて何が起こったか、わからない涼汰。
ただ唇に柔らかい唇が当たっている・・・それだけしかわからない。

「・・・ふふふ、お主は幸運じゃ♪わっちという、嫁ができたんじゃから」

ほれ、付いてこいと言われて狐火の後について行く。
ただし、涼汰は今の状況に追いつけておらず未だに目をパチパチしているのであった。



涼汰が狐火につられて足を運んだ場所は、神社の中だった。
ただしそこには、布団が敷かれており枕はなぜか2つある。

「・・・」

片手で、顔を覆って溜息を吐く。

「・・・・明らかに初夜の雰囲気だぁアァァっ!!」

ど、どうしてこうなったんだ!?と思いながら、い、今ならに、逃げ出せるとも内心考える。
よし、そうだ逃げようと思ったその時。

「失礼します」

「!?」

さっきの狐火!?が帰って来たと思い逃げれずに焦り始める。
こうなったら強行突破と考えるがそれよりも先に襖(ふすま)が開く。

襖が開くとそこには白無垢を着た狐火がいた。
だが驚くのはそれだけじゃない何故か狐火は頭を下げている。

「今日(こんにち)から主の嫁として嫁ぐ、狐火の朱宮 緋翠(あかみや ひすい)じゃ・・・よろしくお願いします」

ゆっくりと顔を上げるとぼっ!と背中の火をつけて白無垢を燃やし裸になり勢いよく涼汰に飛び掛かる。

「うわぁ!」

いきなり飛び掛かれて驚くが何とか受け止め倒れる。
倒れて少し涼汰の顔を覗きこむ様に少し顔を上げて、キスをする。

「んん・・・ちゅレロレロ」

だが、さっきしたキスよりも情熱的なキスで翻弄されながら。
舌を絡めて互いの舌を味わう。

「ぷは・・・お主、名は何と申す?わっちは名乗った、次はお主の番じゃ」

「はぁはぁ・・・お、俺は江藤・・・江藤涼汰・・・」

「江藤・・・涼汰・・・♪よき名じゃ・・・ますます気に入ったぞ」

腕を伸ばして、涼汰の服のボタンを外し始める。
ボタンを外されて流されながらようやく我に返る涼汰。

「ちょ、あって間もない俺と、こ、こんなことして・・・い、良いのかよ?」

「お主、知らんのか?狐ヶ祭は、狐の婿を探す祭りじゃ・・・♪わっちはお主を一目惚れした・・・有無を言わさずわっちの婿になるのじゃ」

涼汰の服を少し肌蹴て、今度は涼汰の腕を掴み自分の胸に当てる緋翠。
すると胸から伝わる心臓が鳴り響く音が聴こえる。

「涼汰・・・わっちをお主の色に染めてくれぬか?」

もう片方の腕を掴み、自分の秘部に当てる。
すると指に触れただけで秘部は濡れていた。

「も、もっと指を使ってかき回してよいぞ♪なんせ、わっちはお主の嫁なのじゃからぁな」

少し顔が歪み始める緋翠。
涼汰も少しづつ音を立てて、おまんこを弄っていく。

「そ、そうじゃ・・・いい、ぞ・・・そ、その調子じゃ涼汰ぁ」

「・・・ごくっ」

少しずつ激しく指で弄る。
同時に緋翠の乳首を摘まみクリクリと弄っていく。

「ひゃっ・・・く、クリクリ・・・いいぞぉ涼汰ぁ、こ、このままは、激しく責め弄ってくれぇ」

緋翠の目は蕩けきっており快感を求め涼汰を求める。
そんな彼女を見た涼汰も興奮したのか激しくおまんこを弄り、乳首も強く抓る。

「いい、いいぞぉ涼汰、そ、そのままい、イクぞぉぉぉっ!」

ぶしゃぁぁぁっ!と豪快に潮を噴く緋翠。
もちろんその潮は涼汰に掛かり服がべとべとになってしまう。

「はぁはぁ・・・す、すまぬ涼汰・・・ぬしの服・・・べとべとにしてもう・・・た」

息を整えつつ服を汚した事を謝る緋翠。
しかしそれよりも緋翠は涼汰、自分の体で興奮している事に喜ぶ。
何故なら服を着ていても分かるほど涼汰のチンポが勃起していることに気づいて嬉しくなったから。

「涼汰、服を全部脱ぐんじゃ・・・そして夫婦の初夜を迎えようぞ♪」

「あ・・・ああ」

ゆっくりと肌蹴ていた服を脱ぎ始め裸になる。
すると緋翠は突然 "たんたん" と手を叩いた。
その瞬間黒子が部屋に入って、涼汰の脱いだ服を持って部屋を出る。

「あんずるな、服を洗濯するだけじゃ・・・それよりもこっちに来るのじゃ涼汰♪」

ゆっくりと近づき、緋翠を覆う。
そして涼汰に覆われると自らおまんこを広げる緋翠。

「さぁ・・・涼汰・・・お主のまらを、わっちのおまんこに入れてわっちを壊しておくれ♪」

「・・・ああ」

ゆっくりとチンポをおまんこに当てて、ゆっくりと挿入する。
するとおまんこから血が出て、チンポを伝う。

「い・・・り、涼汰のち、チンポ・・・は、入ってきたぞ・・・」

痛みはあるが、それ以上に初恋相手に処女を上げた事の方が嬉しくて涙が出る。
しかし痛いものは痛いので両腕を伸ばして、涼汰を抱きしめる。

「涼汰・・・涼汰、涼汰ぁぁっ」

「ひ、緋翠・・・さん、緋翠さん!」

抱きしめられて、涼汰自身も密着する。
そして快楽を得ようと必死に腰を振るう。


「いいぞ、もっと、もっと腰を振るんじゃ涼汰ぁ」

「わ、わかった!」

腰を振りながら涼汰は、キスをする。
緋翠がやったように、今度は自分から舌を絡めて愛し合う。

「ぷは・・・涼汰、そ、そろそろ出そうかえ?ぴ、ピストンの勢いが激しいぞぉ」

「ああ・・・も、もう・・・そろそろ限界・・・だ」

腰の振るスピードを速めて精液を射精しようとする。
それに合わせて緋翠も幻術で足を作り涼汰の背中に絡める。
まるで逃げ場をなくすように絡めとるように。

「いいぞ、このままわっちの中に・・・おまんこの中に出すんじゃ!!涼汰ぁぁっ!!」

「っつ・・・も、もう・・・もうむ、無理!」

勢いよくチンポを突き上げると同時に、涼汰はおまんこの中に精液を射精する。
その射精と同時に、緋翠の顔もより蕩けた顔になり涼汰の体をずっと抱き占める。

「はぁはぁ・・・ひ、緋翠さんの膣(なか)き、気持ちよかった・・・」

「愚か者・・・さんは、いらん・・・緋翠と呼べ・・・お前はわっちの婿なのだから♪」

幻術で出していた足を消して息を整える2人。
だがおまんこの中に入れたまま、涼汰のチンポは勃起してしまう。

「涼汰・・・まだ出したりぬのか?」

「・・・ごめん」

少し顔が赤くなる、涼汰だったが緋翠は気にするところか「っぷ」と笑ってしまう。

「気にする事ではない、わっちもまだまだおぬしともっと交わりたいと思うとったところじゃ♪」

ゆっくりと涼汰を見つめ愛おしいように抱きしめる。
それに答えるように、涼汰もそれを受け入れて抱きしめられる。

「今日は、朝まで交わって・・・明日もお主の家で交わおうぞ・・・涼汰」

息を整え終えると2回戦が始まる。
ひと夏の甘い思い出と出会いを祝う様に・・・夜が明けるまで2人は愛し合う。
16/09/01 04:00更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
喋り方に頑張って書きました!
皆さんこんにちわ、シャルロット♂です

今回は事前にアンケートをして、投票の結果こんな感じのSSになりました
頑張った私にご褒美が欲しいくらいです

さて、9月はゆっくり実況の方を投稿しますよ♪
サボった分は取り返さないと・・・(と思いながら遠い目をする私であった)
ではまた次回お会いしましょう♪

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33