読切小説
[TOP]
母性的なお姉さん
7月下旬、心乃 驟雨(こころの しゅうう)は同じクラスメイトの男子達と海へ来ていた。
ただし、驟雨本人は死んだ魚のような目をしている。

「海だぁぁ」

「「「「海だぁぁっ!!」」」」

「・・・うみだー(棒)」

驟雨は目を細めて周りを見る。
人、人、魔物娘、魔物娘、魔物娘と若干人よりも魔物娘が多い。

「いよっしゃ〜〜行くぞ」

「「「「おぉぉぉぉぉぉぉぉっ」」」」

「・・・いってら〜」

欠伸をしながら驟雨は1人海の家へと行く。
まるで、自分は放っておいて欲しいかのように。

「テンション高すぎだろ・・・」

欠伸をしながら海の家に入る。
中は、人はいなかったが代わりに綺麗な女性がいた。

「あら、いらっしゃい人はいないから、自由に座ってちょうだい」

「・・・」

適当に椅子に座ってふぁぁっと欠伸をする驟雨。
すると、そこに氷水が入ったコップとメニューを持った女性・・・否。


魔物娘 "クラーケン" がこちらに近づき。
メニューと水を置く。

「注文が決まったら、呼んでね?」

烏賊足をニュルニュルと動かして移動する姿に。
驟雨は口を("゚д゚)と開けて相手を見る。

「?私の顔に何かついてる?」

視線に気づいたか、ゆっくり近づくクラーケン。
そして、驟雨が座っている場所の向かい側にしゃがみ驟雨を見る。

「あ、あんた・・・ま、魔物娘なんだな」

「あら、魔物娘が海の家をしちゃいけないなんて誰も決めてないでしょ?」

「そ、そうだな・・・と、とりあえず・・・ラムネ1本」

「ラムネ1本ね♪」

ちょっと待っててねと言って、冷蔵庫からラムネを1本ともう1本持って。
驟雨が座っている場所に近づき「はい、ラムネ♪」と言って1本のラムネを渡す。

「・・・」

「・・・?どうしたの開けないの?」

「え・・・い、いやみ、店のラムネ・・・あ、開けて良かったのかとお、思って・・・」

「あ〜いいの、いいのここ、私の店じゃないし私ただの留守番だから」

ラムネ瓶を開けて中身がこぼれる前に口に入れて。
中身が出た分を口の中で受け止める。

「いや、ダメだろ勝手に開けて飲んだら!?」

ラムネを飲むクラーケンをありえない目で見て突っ込みを入れる。
しかし、意気揚々とラムネを飲むクラーケン。

「うふふ、ひょっとして私の心配してくれてるの?」

ありがと、と1言お礼を言うクラーケン。

「でも、ちゃんとここの店主には許可はもらってるから安心して♪」

「だ、大丈夫かこの店・・・」と思いながらラムネを開けて、驟雨も飲み始める。
しかし、何故かクラーケンは驟雨をじ〜っと見つめている。

「あ、あの・・・なんですか?」

「ん〜?お姉さんみたいな年上は嫌いなの?」

「いや、そうじゃねぇよ」と内心思いながら言うべきか、否か考える。
そして仕方がないと思い少し咳き込む。

「・・・お、俺みたいなのと話してもつ、つまらないと・・・お、思う」

相手を見ない様に目を背けながら、ラムネを開けて飲み始める。
まだクラーケンは驟雨を見つめているを気にせずに。

「・・・貴方、お名前は?」

「え・・こ、心乃驟雨」

「驟雨君・・・中々かっこいい名前ね♪」

内心溜息を吐きながら、もう帰ろうかとも考える驟雨。
するとラブラブな2人のカップルが海の家に入ってくる。
1人は、男性でもう1人は魔物娘 "マインドフレイア" が腕を組んでいる。

「未歩(みほ)さんごめんなさいね〜私の旦那様が朝からしたいって、いうものだから♪」

「あはは、未歩さんいつも店番を頼んで悪いね〜」

男性の1人が笑いながら照れている。
なおマインドフレイアもぎゅうっと抱きしめている。

「・・・ご馳走様」

お代を置いて、海の家を出る。
ただ、口に手を押えて走っていく。

その姿を見た、クラーケンの麗戸 未歩(れいと みほ)は。
驟雨の事が気になったのであった。



少し歩き砂浜を少し歩き。
1人になれるまで歩き。
数時間掛けて、1人になれる海岸に着き、体育座りをして空を見る。

「・・・」

ゆっくりと立ち上がり腕を伸ばす驟雨。
そして腕を伸ばした脱力する。

「・・・帰るか」

海岸を歩き、更衣室へと向かう驟雨。
するとどこからか声が聞こえてくる。

「もう帰るの?」

「!?」

ふと声がしたところを振り向く。
振り向いた先は海。
だが突然海からドッパーーンっと "何か" 飛び出てくる。
少し驚きながらその "何か" がこちらに近づく。
しかし、冷静に落ち着いて "何か" を見ると、その正体は先ほど海の家にいたクラーケンだった。

「もう帰るの?」

ゆっくりと海の方から驟雨に近づく未歩。
そして自慢の烏賊足を伸ばし、驟雨を捕らえ自分の元へと引きずり込む。

「うわぁっ!?」

そして、引きずり込んだ先はクラーケンの体があり。
さらに驟雨の両腕、両足首にも烏賊足に絡みつかせて自分の体と密着する。

「うふふ・・・シュウ君ゲットだぜ♪」

ニュルニュルと器用に烏賊足を使って抱き寄せて頭を撫でる。
まるでいい子、いい子をするように。

「な、は、離せって!」

「い・や♪」

密着して抱きしめる。

「ねえ、なんで死んだ魚のような目をしているの?」

「っ・・・それは、俺が・・・海は少し、苦手なだけ・・・」

「ふ〜ん・・・ねぇ・・・私といい事、してみない?」

「い、いい事?」

「そう、いい事♪」

さらに締め付けるように、烏賊足を絡める。
まるで自分の事を気に入ってもらうと自分の柔らかい部分に驟雨を包み込む。

「ねぇ知ってる?クラーケンってね、相手の体に密着して放さないように交尾するのよ?」

ゆっくりと水着越しにチンポを弄る。
そして、器用に烏賊足を使い、驟雨が水着を脱がす。
すると水着を脱がし未歩は驚く。

「あら・・・あらあら、まぁまぁ・・・可愛らしいおチンポね♪」

「っお、おい人が1番気にしている事を!」

烏賊足を使って、驟雨のチンポを触り勃起させる。
ニュルニュルとチンポ弄(まさぐ)るうちに、驟雨のチンポが勃起していく。

「っくぁ、ああぁぁっ!!」

しかし快感に負けた驟雨は勢いよく。
チンポから精液を射精してしまう。

「あ、あらあら・・・い、烏賊足・・・き、気持ちよかったの?」

足に付いた精液をペロっと舐める未歩。
ただし驟雨本人は、プルプル震えている。

「うぅぅ・・・あ、ああ・・・」

そしてそのまま涙をポロポロと瞳から溢れ出て泣き始める。
唐突に涙を出る驟雨を見て、流石に未歩自信驚きを隠せずにいる。

「ちょ、な、なんでな、泣いているの!?」

宥めるように頭を撫でつつ、自分の胸の谷間に顔を埋める。
こ、これは何かわけがあると思いながら必死に落ち着かせる未歩。

「な、泣かないでよ!?な、何があったかお、お姉さんには、話して?」

「う、うぅう・・・じ、実は」

息を整えながら何故涙の訳を話す。
それは夏休みに入る前のことで驟雨には、彼女がいた。
しかし、彼女とHをしようとして自分の裸を彼女に見せたら。

笑われ、バカにされ、挙句の果てには別れ話も出た。

あまりの出来事で、その日以降自分自身、自信が持てず。
また女性の事が少し嫌いになったのを包み隠さずに未歩に話す。

「か、可愛そうに・・・そんなことがあったのね・・・」

ゆっくりと頭を撫でる。
まるでつらい事を忘れさせる母性本能が働いた女性の様に。

「大丈夫よ!シュウ君、貴方には私がいるわ♪」

ゆっくりと密着するのをやめる。
そして優しく腕を掴む。

「シュウ君、私が貴方を1人前の男にしてあ・げ・る♪」

「・・・え!?」



驟雨と未歩がいた海岸から歩いた洞窟があった。
その洞窟は、未歩が暮らしている場所でもある。

「うふふ・・・ようこそ、私の家へ♪」

洞窟の中にはベッドと、クローゼットくらいしかない。
花も何もないと思いながら洞窟の中を見渡す。

「ああ、そうそう私は麗戸、麗戸 未歩(れいと みほ)よ、よろしくね♪」

「は、はぁ・・・!?]

洞窟の中をみていて気づかなかったが、ようやく気付く。
未歩がいつの間にか "水着" を脱ぎ、裸になっている。

「うふふ、どう?お姉さんの・・・は・だ・か、は?」

水着でもわかっていた生の巨乳を見てつい生唾を "ゴクッ" と飲み込んでしまう驟雨。
そして未歩は両手で胸を掴んで自分の巨乳をアピールする。

「・・・ほら、ほらシュウ君、お姉さんのおっぱいよ〜♪」

ゆっくりと驟雨に近づく未歩。
そして驟雨の腕を掴み自分の胸を触らせる。

「や、やらかい」

胸を触る動作から少しずつ胸を揉み始める驟雨。
すると驟雨の腕を掴んでいた未歩だったか、今度は驟雨の水着を脱がし。
再度驟雨のチンポを触って驟雨を興奮させる。

「うふふ・・・そろそろお姉さんの中に入れてみない?」

烏賊足を使い、驟雨の腕を掴みベッドへ誘い。
そのまま仰向けになる未歩。

「シュウ君、私のおまんこは・・・こ・こ♪」

烏賊足を使い自分の秘部を広げて見せる。
その姿はとても "妖艶" で驟雨も体が熱くなるほど興奮してしまう。

「・・・い、入れるぞ?」

「うふふ、緊張しちゃダ〜メ、力を抜いて、リラックス、リラックス♪」

「私のおまんこはここよ」と言って優しくリードする。
そのリードに任せるように驟雨は未歩のおまんこにチンポを挿入する。
すると挿入したチンポの先から "出血" している事に気づく驟雨。

「や、やった・・・シュウ君の童貞・・・ゲットよぉぉ♪」

少し涙目になりながらも嬉しいのを表現するように烏賊足を伸ばし、驟雨を体に巻き付ける。
それはまるで驟雨を自分の物にするために密着しているように見える。

「ね、ねぇ、ど、どう?私のおまんこ・・・気持ちいい?」

「あ、ああ・・・す、凄くき、気持ちいい、こ、このままじゃま、また・・・で、出そう・・・」

「あ、あぁぁ、いいのよ、しゅ、シュウく、君の好きな時にだ、出してぇ!」

一気に腰を振って、そのまま勢いよく2発目の精液を射精する。
射精後、そのまま体を倒し未歩の体に密着する驟雨。

「はぁはぁ・・・み、未歩さん・・・お、俺な、何かで・・・ま、満足した?」

顔だけ上げて、未歩を見る驟雨。
すると息を整え終えた未歩はゆっくりと腕を伸ばして背中抱きしめる。

「もちろんよ、シュウ君♪だって好きじゃなかったらこんなことしないわ♪」

片手で頭を優しく撫でる。
その行動に慣れたか、気に入ったのかわからないが。
撫でられるのを素直に受け入れ、やがて未歩を見つめてゆっくりと唇を合わせるのであった。
16/08/11 23:00更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
今回はテーマとして"短小"と"早漏" を意識しました

皆さんこんばんわシャルロット♂です
8月ですね、私はこの夏が1番嫌いです
さて、ツイッターをしてる人ならわかっていると思いますが、仕事を始めました
まぁ、投稿が遅れたのはこれだけの理由ではありませんけどねW

取りあえず、今月もう1作SSを投稿する予定です
もちろん、夏をテーマにしたSSを執筆します楽しみにしててください!
あ、今月は ゆっくり実況の方は投稿をお休みします、楽しみにしている方、申し訳ありません!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33