読切小説
[TOP]
結婚契約
大きくなったら麻尋(まひろ)お姉ちゃんと結婚するー。

あら、嬉しい事を言ってくれますね。

だって麻尋お姉ちゃん優しいし、美人だし翼とかかっこいいし!

あ、ありがとうございます・・・では小指を出してください。

小指?何するの?

こうして指切りをして互いの約束を厳守するのです。

約束・・・うん、指切りする!

・・・指切りついでに契約もしておきましょう♪

???



バタっと、1人の男の子がベットから落ちる。
そこでパチパチと目を瞬(まばた)きをしてゆっくりと体を起こす、早原 出鶴(さはら いづる)。
ゆっくりと時計の時間を確認をする。

「・・・まだ5時・・・」

ふぁぁっと欠伸をしながら腕を伸ばしていると。
スマフォの着メロが鳴る。
突然鳴ったスマフォに驚き慌ててスマフォを取って、電話を出る。

「は、はい!も、もしもし」

『グッドモーニングいー君』

ピクリと顔が引きつってしまう出鶴。
その理由は声の主が夫婦で海外へ行った出鶴の母親、早原 李々音(さはら りりね)の声だった。

『いー君、元気ー?こんな朝早くてごめんねー?』

「あー・・・うん、いいよ・・・ちょうど起きたところだし」

『あら〜そうなの?じゃあ、いー君お誕生日おめでとう♪』

「誕生日・・・ああ、今日誕生日だったっけ?」

そうこの日6月5日は出鶴の誕生日。
この日で出鶴は16歳になる。

『いー君、今月に仕送りするからね、そ・れ・と妹欲しいよね?』

「・・・あ〜・・・うん、無理しなくていいよ・・・」

苦笑いをしながら適当に受け答えする。
そして会話を終え通話を終える。

「・・・なんだろう、今日・・・何か忘れているような・・・」

う〜んっと考えるが、自分の誕生日以外何かあったかを思い出そうとする。
しかし何も思い浮かばずにいる。

「・・・っま、いっか」

取りあえず腕を伸ばして、服を脱ぎ学校指定の制服に着替えようとクローゼットから制服を出す。
1つ1つ服を脱いで学校指定の制服に着替え終えて自室を出て、眠気を覚まそうと洗面台へと移動する。

「顔を洗って、眠気を覚まさないと」

欠伸をしながら洗面台に向かうと、ピンポーンと呼び鈴が鳴る。
こんな朝から誰だろうと思いながら玄関へと向かう。

「まったくこんな朝早くに・・・」

サンダルを履き玄関の鍵を開けて、扉を開ける。

「はいはい、どちらさ・・・ま」

扉を開けて、訪問者を見る。
頭に角があり背中には黒く、黒い尻尾も生えている。
ただし服装はバリバリのスーツ姿で。
黒い球体に座って浮遊している。

それでも訪問者が "悪魔" という事に間違いはない。

「おはようございます、あと2分39秒の遅刻です」

ぷかぷかと、黒い球体に乗ったまま「お邪魔します」と言って、靴を脱ぎ家の中に入る。
唐突で「え、え!?」っと訳も分からずに何とか止めようとする。
しかし悪魔はまるで自分の家の様に上がりリビングに行く。

「ちょ、ちょっとな、なんですか!か、勝手に家に入ってけ、警察呼びますよ!」

「・・・はぁ」

溜息を吐き、黒い球体から跳ね降り。
ゆっくりと出鶴に近づき、そしてじっと出鶴の目を見る。

「な・・・なんですか」

ジト目で出鶴を見つめる。
だが少しづつ、悪魔の方から顔が赤くなってやがって真っ赤になってしまう。

「はぁぁい、いけません!いけませんよつーくん、私を見つめないでください」

「・・・つーくん?」

聞き覚えのある呼び方に少しだけあれ?っと思いう〜んっと考える。
そしてようやく、彼女が何者かを思い出す。

「ひょ、ひょっとして麻尋お姉ちゃん!?」

「!ようやく思い出しましたねつーくん、私を思い出すのに4分50秒遅いです」

ようやく自分の事を思い出した、出鶴の頭を撫でる多座 麻尋(おおざ まひろ)。
彼女は悪魔の中でも上位に君臨する "リリム" である。



黒い球体に乗ったまま、リビングで優雅にコーヒー(インスタント)を飲み。
その一方で出鶴は台所で朝食を作る

「それにしても驚いたよ麻尋お姉ちゃん、凄く美人になって最初誰だか見分けられなかったよ」

「うふふ、つーくんはお世辞が上手ですね」

「お世辞って、本当のことを言っただけだって・・・それで、どうしたのこんな朝早くから」

「うふふ・・・決まってるじゃない、つーくんとHをして子作りするために来たに決まってるじゃない♪」

ざくっと出鶴は指を切ってしまう。
「痛っ!」直ぐに切った指を口の中に入れて血を吸う。
すると、だっと麻尋は立ち上がり出鶴に近づく。

「大丈夫ですか!つーくん」

駆け寄って、出鶴を心配する。
「大丈夫、大丈夫」と言って気にしないでと言う。

「ダメよ、ちゃんと見せてください!」

「え・・・う、うん」

口に入れていた指を出し麻尋に切った指見せる。
すると出鶴の指を口咥えて舐める。

「ま、麻尋お姉ちゃん!?」

「んん・・・レロレロ♪」

丁寧に指を舐めるが少しずついやらしく。
指を舐めて、切った指に少し魔力を注ぐ。

「レロレロ・・・ぷは・・・これで傷は大丈夫だと思います」

「あ、ありがとう、麻尋お姉ちゃん・・・」

「・・・ああ、もう我慢できません」

バッと勢いよく出鶴を押し倒して恍惚な顔で出鶴を見つめる。
そして、ぶちゅっとキスをして舌を絡める。

「ん・・・んん!?」

何が起きているのかわからない。
ただ分かるのはキスをしているという事だけは分かっている。

「んん・・・ぷは」

はぁはぁ息を整えて出鶴見つめる。
そしてゆっくりと自分の服のボタンを外していく。

「ま、ま・・・麻尋お姉ちゃん」

「つーくんH・・・しましょう?」

上から目線で、お願いする麻尋。
そのお願いに答えるように小さくうなずく出鶴。



「・・・あ、あんまりじ、じろじろ・・・み、見ないでください」

出鶴の部屋で麻尋は服を脱ぎ裸姿になる。
ただ、少し恥ずかしいのか片腕で胸を隠して出鶴に胸を見せない様にする。

「・・・ごく・・・さ、触ってもいい?」

生唾を飲み、胸を触っていいか聞く出鶴。
そしてそれを答えるように小さくこくりと頷く。
ゆっくりと胸を隠していた腕どけると、胸の大きさはD以上の大きいさがある。

「・・・じゃあ、さ、触るね」

ゆっくりと片方の胸を触る。
胸は大きく、想像以上に柔らかく触るだけでは物足りず。
触る動作から胸を揉む動作に切り替える。

「い、いい・・・どうですか?つーくん私の胸は?」

「す、凄く・・・柔らかいよ、麻尋お姉ちゃんのむ、胸」

「つーくんにそう言ってもらえて私も嬉しいです」

「もっと揉んでください、つーくん」と言って、出鶴も「うん」と答える。
するとゆっくり腕を伸ばして出鶴を抱きしめて。
そのまま抱きしめた出鶴を優しく押し倒す。

「ああ、き、気持ちいいですよぉ・・・つーくんの手、いやらしくて私も発情します」

「麻尋お姉ちゃん・・・麻尋お姉ちゃん!」

出鶴は麻尋を、貪(むさぼ)り。
同じように麻尋も出鶴を貪る。
ただ、ただ野獣の様に愛し合う。

「んん・・・あぁ・・・あ、つーくぅんのチンポが勃起して私の股にあったっていますわぁ」

胸を揉んで興奮したのか、股に当たる勃起したチンポに気づく。
嬉しくなったのかチンポを太ももで挟み、シュッシュッっとしごき始める。

「ま、麻尋お、お姉ちゃん・・・ふ、太もも・・・も、もちもちでき、気持ちいいよ」

シュッシュッっと少しずつチンポをしごくスピードが速くなる。
すると、胸を揉んでいた出鶴の手も止まってしまう。

「ま、麻尋お、お姉ちゃん・・・も、もう!もう限界・・・」

「あ、ま、待ってくださいつーくん!!」

太ももでしごくのをやめて、息を整いさせる。
そして、そのまま密着するのをやめて今度は自分が横になる。

「つーくん、精液を出すのであれば私のここ・・・おまんこに射精してください」

ゆっくりと自身のおまんこを広げる麻尋。
その姿にドキっと心臓が跳ね上がると同時に出鶴は生唾を飲み込む。


「・・・ごく」

ゆっくりと正常位で素股をして挿入する準備をして「い、入れるよ」と言って。
出鶴は麻尋のおまんこにチンポを挿入する。

「く・・・くぁぁ、き、来ました・・・つ、つーくんのチンポが、わ、私のおまんこに」

「ま、ま・・・麻尋お、お姉ちゃんのお、おまんこ・・・す、すごいき、気持ちいい」

ゆっくり挿入し、チンポを奥へ奥へと入れていき。
根元までチンポが入り、そのままピストンを始める。

「あぁぁ、つーくんのち、チンポ私のおまんこを犯してぇき、気持ちいいですわ♡」

「ま、麻尋お、お姉ちゃんのお、おまんこ・・・き、気持ちいい」

ピストンをして麻尋のおまんこで気持ちよくなる出鶴。
また出鶴のチンポで快感を得ようとおまんこを締め付ける麻尋。

「つーくん、つーくぅぅんも、もっと、もっと私をお、犯してくださいぃっ」

「ま、麻尋お、お姉ちゃん・・・う、うん・・・わ、わかった」

体を密着してそのまま出鶴からキスをする。
キスをして舌をねじ込みピストンの勢いを速める。

「ぷは!ま、麻尋お、お姉ちゃん・・・ぼ、ボク・・・も、もう!」

「で、出るんですね!い、いいですよ、わ、私のお、おまんこの中にだ、出してください♡」

一気に腰を振り射精しようとする。
そして射精を受け入れようと両足で腰を抑えて、引き抜かない様にする。

「ま、麻尋・・・お、お姉ちゃん・・・で、出る!出るぅ!」

ドピュドピュ、ドピュドピュ!と精液を射精する。
射精されて麻尋の顔が緩み歪んでいる。

「はぁはぁ・・・ま、麻尋お、お姉ちゃん・・・き、気持ちよかった」

「わ、私もつーくんの射精・・・とっても気持ちよかったです」

ゆっくりと腕を伸ばして抱きしめる麻尋。
まだ快感が残るなかまるで膣(おまんこ)からチンポを抜かないようにしているようにも見える。

「つーくん・・・今日からよろしくお願いしますね♡」

「・・・うん」

まるでこの快感をずっと味わいたい様に・・・。
彼女に体を委ねるように目を閉じてしまう出鶴であった。
16/06/09 19:09更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
ふと気づけばもう25作品・・・もうこんなに投稿してるんだ〜っと思いました

やべー次の、連載するSS・・・全くのノープラン・・・

皆さんこんにちは、シャルロット♂です
中々動画の投稿と短編SSを1ヶ月投稿は難しいですねw
まぁ好きでやっているので後悔はしてません!
もし動画を見ていない方はプロフィールから検索してください!
では次のSSまで、皆さん待っていてください♪

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33