『白いということ・・・・・』

ここはジパングのとある山の中腹にある神社・・・
そこで祭られているモノ・・・
それは・・・

『純白に輝くオキツネ様』であった。

その神々しい姿から周りから囃し立てられていつの間にか神になったオキツネ様であった・・・

その日は秋が終わりかけ、冬への足音が近づく木枯らしが吹く中・・・件の神社にて奉納祭を村で一丸となって行っていた。
・・・勿論主役は『オキツネ様』である。

祭りの様子を覗くと・・・


〜社内〜


「・・・いつも有難う御座います。皆様。」
「いやいや、そんな畏まらんでくだせいっ!! それもこれも皆『オキツネ様』のおかげなんですからっ!! 」
と、大げさな態度でワハハと笑う男衆たち・・・


(・・・また・・・『オキツネ様』・・・・)


「さぁさぁ!! 『オキツネ様』っ!! 今年取れた米で作った酒です!! どうか味見をっ!!」
「まぁ・・・有難う御座います。では、おひとつ頂きます。」
と、米酒のビンを傾けて『オキツネ様』の小さめの盃に酒をそそいでいく村長・・・


(・・・・また・・・・お願い・・・言わないで・・・)


「『オキツネ様』っ!! コチラは採れたての野菜ですぞっ!! 『オキツネ様』の願掛けで見事に豊作でしたぞぉ!!」
「まぁ!! ・・・お口がお上手なんですね♪」
と、色とりどりの秋野菜を見せてくる男・・・


(言わないで・・・・私は・・・・私はそんなに偉くないのに・・・)


「・・・・ふぅ。少し酔ってしまったようです。少し涼風に当たってまいります。」
「おぉ!! 左様でございますか!! いってらっしぇいませっ」
「「「いってらっしゃいませぇぇっ、『オキツネ様』!!」」」



(・・・・だって・・・だって私・・・・っ!!)



スッ・・・・トッ・・・トッ・・・トッ・・・トッ・・・

・・・ふむ。どうやらオキツネ様が境内の裏へ行かれたようで・・・
追いかけてみよう・・・


〜境内裏〜

「・・・グスッ・・・ヒクッ・・・・・」
そこでは・・・・オキツネ様・・・『白光(シカリ)』が声を殺して・・・・・泣いていた。

「グスッ・・・いつまで・・・いつまで私は・・・『稲荷』を『演じなければ』・・・いけないの・・・」
・・・・!! すすり泣く白光から信じられない言葉が飛び出したっ・・・

「だって・・・だって・・・・ヒグッ・・・・私・・・・グスッ・・・・」
・・・?










「ただ白いだけの・・・エグッ・・・・『妖狐』なのにっ・・・・ヒゥッ・・・・・」











・・・!! なんと言うことでしょう・・・・白光は白面白眉の妖狐だったのですっ!!

「・・・・・・!」
おや? 誰か聞き耳を立てていたようです。・・・・影の長さからして・・・男のようですが・・・
その男は、しばらく立ち止まっていたが・・・

・・・・・・・スッ・・・・・・

・・・立ち去ったようです。
誰だったのでしょう・・・


〜再び社内〜



「・・・・すいません皆様。お待たせしてしまい・・・」
「いやいや、カマわんですよ。・・・・それよりっ!! さぁさぁ、まずはその冷えたお体を暖めなくてはっ!! ・・・さぁ、どうぞ!!」
・・・・宴は夜通し続いたのだった。



その次の日・・・



「〜〜〜〜〜♪ 〜〜〜〜〜♪」
おやおや、鼻歌を歌いながら神社の境内を巫女服をきて掃除する白光が・・・・ご機嫌みたいですね。

(はぁ〜この自分だけしか居ないときが一番落ち着きます・・・♪)

・・・よほど機嫌がよいのか、4本の尻尾をフリフリとゆったり左右へふり、耳も拍子を刻むようににピクン、ピクンと上下しています。
・・・・しかし・・・・自分の社に誰一人いないというのは・・・なにか寂しさが・・・

「〜♪・・・っ?!・・・・どなたでしょうか?」
急に鼻歌をピタッと止め、辺りを警戒する用に見回し・・・・鳥居から・・・・下から誰かが上がってくる気配を感じた白光。

カツッ・・・カツッ・・・カツッ・・・

やがて姿を現した参拝者は・・・・男の子、いや元服して数年の青年と呼べる男がいた。

「あら、いらっしゃいませ♪」
「はぁ・・・白光、どうかと思うぞ・・・・そのつくり笑顔・・・」
その参拝者に白光はニコッと笑顔で出迎えた。対して青年はあきれて溜息を吐き、白光を指差しながら微笑む。
・・・どうやら親しい間柄のようだが ?

「もう・・・愚痴をいいに来たんですか? 『黒江(クロエ)』。」
「ははっ、まさかぁ。仕事だよ仕事♪」
と、不満の白光に笑いで答え自分の服を指差し答える青年・・・『黒江』。
彼の着ている服・・・それは・・・

『翠袴の神官服』だった。

「んで、今日は何すればいいんだい? オ・ヤ・シ・ロ・サ・マぁ〜 ?」
「むっ?! ちゃんと名前で呼んでくださいっ!!・・・アナタは昔からそうでしたけど・・・・クドクド・・・クドクド・・・・」
おやおや、説教が始まってしまったよ・・・。

「へ〜へ〜」
「もう!! ちゃんと聞いていますっ!?」
「きいてるきいてる・・・・なぁ白光・・・」
サラリと受け流す黒江に、顔を赤くして頬を膨らます白光。・・・・あなた本当にお社様ですか?
・・・・という遣り取りの最中・・・黒江がいきなり真剣な顔で・・・

「・・・?」
行き成りの豹変についていけずキョトンとする白光・・・・だが次の黒江の発言で驚愕に染まった。


『おまえ・・・妖狐だったんだな・・・』
「っ!!」
・・・それは白光にとって『最も知られてはならない秘密』であった・・・

「どこで・・・それを・・・・」
「・・・ゴメン・・・昨日・・・聞いちゃったんだ・・・・」
「 !!!!!!!! 」
・・・・そう、あの時いた男は・・・黒江だった・・・

「・・・みんなに・・・むらの皆に言うの?」
「・・・」
ワナワナと肩を震わせて顔を俯かせる白光・・・
黒江は答えない・・・

「・・・そう・・・なのね・・・」
「・・・」
肩がピタッと止まり・・・下を向きながら何か納得したという表情の白光・・・
黒江は沈黙したままだった・・・

「・・・黙っていてくれるなら・・・私のことを自由n」
「・・・っ! 馬鹿っ! この大馬鹿がっ!!」
「っ!?」
耳が下がり尻尾が垂れた状態の白光から・・・言ってはならない言葉が出ようとしたとき黒江が・・・叫んだ。

「それは言っちゃいけないだろうっがっ!・・・・なんで・・・なんで『夫』である俺にまで・・・黙っているんだよ・・・」
「・・・・ごめんなさい・・・『アナタ』・・・・」
・・・実はこの二人、夫婦の契りを結んだ仲なのである。そんな嫁である白光に対し黒江が声を荒げて・・・・暗くなった・・・・
黒江の声に驚いて顔を上げ・・・そして自分が今言おうとした事の重さを改めて感じ・・・・また俯いた白光。

しばらく気まづい沈黙の後・・・声を出したのは白光だった・・・

「・・・ちょっと縁側にでも座りましょう?」
「・・・あぁ・・・そうしよう・・・」



〜境内の日陰の縁側〜


「・・・」
「・・・」
・・・おもい空気が立ち込めていた。・・・

「・・・わたしね・・・」
「・・・」
徐に話し始めた白光・・・
その話を要約すると・・・

・自分は妖狐の3姉妹の仲で末っ子として生まれたこと。
・母や姉は金毛白面で3尾だったが、自分は全てが白くて・・・しかも妖力がほかの姉妹や同年代より抜きん出ていたこと。
・ゆえに姉たちや、同属の者たちから苛められていたこと。
・苛めに耐えかねて・・・感情が爆発し、回りを見回すと・・・・・苛めていたもの達はみな何かしらの大怪我を負ってしまったこと。
・周りから危険だといわれ・・・殺されそうになったこと・・・
・そんな中に母の仲裁により『追放』の処分に緩和したこと。
・母が「自分の生きたいように生きてみなさい」といって送り出したこと。
・そして追放されてこの村に来たとき・・・・流行病で死にかけの黒江がいてそれを助けたこと。・・・ちなみにもう黒江を意識していたらしい・・・
・それをみた村の人が「神通力っ!? 稲荷様だっ!!」と騒ぎ立てたこと。
・そして数年の間にうわさが広まって神社を建てられたこと。
・今更言い出せず已む無くそこにすんだこと。
・その後助けた黒江に告白されて・・・結婚したこと。
・そして今に至る・・・・・

「・・・ねぇ・・・おかしいでしょ?」
「・・・」
自傷気味に微笑む白光に・・・黒江は何も言わず目を閉じていた。

「・・・こんなあたしが・・・神社のお社様なんて・・・」
「・・・白光・・・」
今にも泣きそうな白光を黒江は・・・



ギュッとやさしく肩を抱き寄せた。



「・・・辛かったな・・・」
「・・・・っ・・・ヒグッ・・・・」
そして呟く。・・・・・白光はもう涙を堪えられず・・・頬を一すじの涙が伝う・・・・


「・・・ごめんな・・・き気付いてやれなくて・・・」

ギュッ

抱く力を少し強めた黒江・・・・

「っ・・・う・・・うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」
・・・白光は今までためていた涙を出しつくす勢いで声を上げて黒江に縋り泣き出した白光・・・


・・・境内は暫く雨が降っていた・・・・・・・


・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「・・・有難う、黒江。」
「・・・よせやい、恥ずかしい。」
そんな言葉を吐く二人だが・・・・どちらも暖かな笑みだった・・・


「・・・・ねぇ、黒江・・・」
「・・・なんだい? 白光・・・」
意を決意した瞳で突如黒江に何かを語りかける白光。

一体何を話したのだろうか?・・・・・・・




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここはジパングのとある山の中腹にある神社。ここでは世にも珍しい『純白に輝く7尾の妖狐』がいた。
この神社自体はただの神社で何の御利益もないが、その妖狐は何でも相談に乗り助言して人々を大いに助けていた。
そしていつしか『白耳の妖狐に相談すれば、自ずと答えが見つかるという』・・・そんな実話が広がり今やそこは有名な場所になった。

アナタも悩みがあるなら行ってみるといい。そこでは『仲のよい夫婦』がお茶と菓子を用意してアナタの相談に快くのってくれるだろう・・・・

FIN

稲荷できた!? ・・・・ならば兄弟っ!! 俺は妖狐で攻める。
・・・とこころで思ったjackryです。

・・・かいてて・・・ちょっとウルッテきたのは内緒・・・

・・・いかがでしょう?('・ω・)

11/05/15 22:24 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33