連載小説
[TOP]
真夜中に吸血鬼と出会ってしまったのですが
ヴァンパイアや魔物が伝説や物語の中でしか存在しない現代。
平凡なサラリーマン、カネダ氏は毎日を無為に生きていた。

そんな彼は会社の健康診断に肥満で引っかかってしまう。

「そんなバカな……ってまぁ、こんな食生活じゃあそうなるか……」

彼は汚い四畳半に胡坐をかき、診断書とにらめっこしていた。
右手にはチップスが握られ、指先は油でべとべとである。

「ううむ、さすがにこれはみっともないしなぁ」

ぽむぽむと左手で腹を押さえる。
マシュマロが如き柔らかさが感じられる弾力が辺りを包み込み、少し目を細めたカネダ氏は思った。

「……ランニングでもするかぁ」

一念発起した彼はポテチを放置し、ランニングをするため安アパートを後にするのであった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一方そのころ、日本の某所。

人知れずとある異変が起きていた。
次元に開いた断層がとある異世界と繋がってしまったのである。
そしてそこから一つの存在が降り立った。


「ここが例の異世界とやらか……クク、オスの匂いがようしよるわ」

尖った犬歯を輝かせ、暗闇の中で赤い目がギラリと怪しく蠢いていた。

「おっと、お邪魔ムシが来る前に行くとしようかのう。まだ会うには早い」

そういうと一息にソイツは跳躍し、その場を去るのであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それからしばらくして、同じ場所にて。

一人の男が地面に屈みこんでいた。
その場所はほんの二時間前まで謎の存在が居た場所である。

「ふぅむ、ヤツはとっくの昔にこちら側に来ている様ですね……教会の面倒な手続きさえ無ければ、この場所で終わらせられたでしょうに」

男は立ち上がり、周囲を探っている様である。
その動きは熟練されたものであるようで、体からは何処からともなく威圧感が発生している。

「私から逃げられると思わないことですねぇ、ヴァンパイア……!!」

そう呟いた男はおもむろに歩き出すのであった。

果たして彼らは何者なのだろうか?
そしてカネダ氏は今度こそダイエットに成功するのであろうか?
乞うご期待


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前中後編の三話分を予定しています。
久方ぶりに書いたので拙い面も有るかと思われますが、どうか生暖かい目でよろしくお願いいたします。

ヴァンパイアについて若干の独自設定が有ります。
苦手な方はご注意ください。

後編は九月末になりそうです。
よろしくお願いします。



前編18/09/18 23:20
中編18/09/12 23:20

TOP | 感想 | メール登録 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33