読切小説
[TOP]
ぱんつ はかせ ない
 ある日、朝、目が覚めるとパンツをはいていなかった。
 それは、まあいい。よくあることだ。
 こんなことをするのは一人だけ。
 うちの嫁キュバス、エルセリス(通称エリス)の仕業だ。
 問題は、
「エリスゥゥゥゥーー!!」
 着替えのパンツが一枚も無くなっていたこと。
「エルセリィィィィィス!」
 腰にタオルを巻いてエリスを探す。家の中を一回り。しかしいない。
 まさか俺のパンツ持って外に出た、なんてことは無いと思うが……。
 替えの分まで持ち出してるということは、単に脱がしたパンツを被って興奮している、で済む話では無さそうな。
 不意に鼻をつく煙の臭い。何かが燃えてる? しかしキッチンには何もなかったし。
 ――まさか、庭?
 庭に面した窓を見やれば、カーテンがかかっていて外の様子は伺えない。最悪に嫌な予感がして、カーテンを開け放った。
 そこには、俺が昨晩はいていたはずのパンツを頭に被って、替えのパンツを燃やしているエリスの姿があった。
「何やってんだお前えええええええええええ!?」
「やべ見つかった!」
 俺に見つかったエリスは、被っていたパンツを即座に火に投入した。
「待てコラあああああああああああああ!!」
 めらめらと燃えるパンツを踏みつけて(※スリッパ履いてます!)火を消す。しかし、焼け落ちたパンツは使い物になる状態ではなかった。
「な、な、な――」
 朝っぱらから突然起きた謎の出来事に、言葉を失う。
 エリスはそんなこちらを見て、へらっと笑った。
「グッモーダーリン」
「ど、ど、ど――」
 そのあまりにもふざけた態度に、やはり言葉は出てこない。
「どうしてこんなことをって? いやちょっと思う所が――」
「ドラゴンアッパー!!」
「ぐぉふっ!」
 取りあえず渾身の一撃を叩きこんでおいた。

  +  +  +

 火の始末をして、家の中に入る。
 エリスを正座させて、事情を聞くことにした。(ノーパン続行中)
「いやね、ほら、はかないのって気持ち良いって話はいつもしてるよね?」
「……おう」
 このバカは、はいてない主義者である。サキュバスの衣装はビキニなので、ビキニではいてない状態だと丸出しになってしまうので、普通にスカートやワンピースを好んで着ている。丸出しにしないだけのモラルはあるらしい。
「でね、私は今朝、気付いてしまったの。ダーリンもはいてないと気持ちがいいって」
「…………?」
 今の話のつながりがわからなかった。なに? 俺がはいてないとエリスが気持ちいい?
「ちょっと意味が分かんないですね」
「私がはかない、ダーリンもはかない。気持ち良い」
「じぇんじぇんわからん」
 あれ? と首を傾げてエリスが黙りこむ。言葉を探しているようだ。
「えーとね。まず私がはかない。はいすーすーして気持ちが良い」
「……おう」
 ここまでは理解できる。同意はしかねるが。
「そしてダーリンがはかない。ダーリンはすーすーで気持ちが良い」
「いや俺は別にはいてないからって気持ち良くは無い」
「まあ、ダーリンが気持ちいい気持ち良くないは別にいいのよ」
 いいんだ?
「私がはいていません、ダーリンもはいていません。おそろいですね!」
「…………」
 いや、どうだろう。
「ぱんつ はかせ ない! はいていないことを共有することで興奮はさらに加速した!」
 加速すんな。
 俺の苦い顔に気付いているのかいないのか、エリスはがばっと立ち上がり、絶叫した。
「はいてない! おそろい! 気持ティーーーーーーーーーーーーーーー!!」
 ……俺、何でこいつと結婚したんだっけ……。
 キラキラと謎のエフェクトを振りまいて、イイ笑顔で万歳しているエルセリスの鼻を摘む。
「ふにっ」
「俺は言ったな? お前がはかないのはいい。許す。我慢するって言ったな? でもそれに俺を巻き込むなって言ったよな? 言ったよな!? 言ったよなあああああああ!!」
「ふににににににに痛いいたいイタイ鼻が千切れるうううううううう!!」
「寝起きのいたずらならともかく! 替えのパンツまで! しかも燃やすってどういうことだおらあああああああ!!」
「手っ取り早くはいてないに目覚めてもらおうとふぎゃあああああああああ痛ああああああああい!!」
「なんか言うことはないんかあああああああああああああああああ!!」
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさああああああああああああ!!」

  +  +  +

「うう……お鼻痛い……」
「エリス」
 鼻をさするエリスに財布を放り投げた。
「俺のパンツ買って来い」
「え?」
「え? じゃねーよ。責任取れ。ノーパンで外に出る気はないぞ」
「えー。なんでよぅ。気持ち良いのにぃ」
 いやんいやんとぶりっこスイング(胸の上で両手を握って左右に振るアレ)をするエリス。
「一回やってみようよぉ」
「バカ言うな。ブラブラと収まりがつかなくて嫌なんだよ」
「それがいいのにー」
 胸の前で手を組んで、夢見る乙女ポーズ。
「頼りない股間、風の抜ける股下、零れる吐息、滴り落ちる――汁」
「汗な」
 汁は滴り落ちたらマズいやつだ。
「気付かれるかもしれない、通りすがる人たちの視線を感じながら――ああっ! 風が! ダメ! 見えちゃう! とか考えたら興奮するでしょ? 気持ち良いでしょ!?」
「じぇんじぇんわからん」
「ぶー」
「とにかく!」
 文句を垂れるエリスをチョップで黙らせて、
「買ってこい。お願いだから。替えの分もだから、十枚くらい」
「うーん、まあ、買ってくるのはいいんだけどぉ」
 まだ何かあるらしい。
「なに?」
「いや、私が買ってきていいのかなぁって」
「……あん?」
「いや、だからね」
 にまぁっと、いやらしい笑みを浮かべるエリス。
「私が好きなおぱんつを買ってきても、いいのかなぁって」
 …………。
「お前いま自分の立場わかってるわけ?」
「あらあらあらぁ? ダーリンは誰にパンツ買ってきてって頼んでるか、わかってるわけぇ?」
 サキュバスである。この手の買い物を絶対に任せてはいけない相手……!
「くっ……いいよ。自分で買ってくる」
「わーい、じゃあ私も行くー☆」
 エリスは買い物に行きたくなかったのではなくて、一緒に買い物に行きたかったんだろう。
 こういう所は可愛いんだけどなぁ。
「嬉しいなっ、ダーリンと一緒に(ノーパンで)お買い物っ☆」
「いま変な括弧挟まなかったか?」
「ソンナコトナイヨー?」
 どうしようもなく下品なんだよなぁ……。

  +  +  +

「楽しいね! ダーリン!」
「ただの買い物なんだが」
「んもう! わかってるく・せ・に☆ やんっ☆」
 うぜぇ。
 というわけで、買い物である。近所の服屋へパンツを買いに。
 というか、まだ服屋への道のりを歩いている最中である。歩いているだけでこのテンション。辛いです。
 さて。実を言うと、ノーパンのまま歩いているわけではない。ちゃんと対策をしてきている。即興で仕込んだものだから非常に頼りないが、無いよりはマシである。
 もちろんそんなことしたらバカ(エリス)が怒るのは目に見えているので、秘密である。
「ん〜? ダーリン今日は大人しいねぇ? どうしたのカナ〜?」
「わかってんだろさっさと行くぞ」
 いちいちノーパンを意識させようとしてくるのがうざい。
「もーう、つまんなーい。私はすぐにでも『ダーリンは今ノーパンなんですーっ』って叫びたいのに」
「最悪だなお前!?」
 この苦行をはやく終わらせよう……。そう思って歩調を上げるのだった。
「…………」
 と、エリスがついてこない。
「どした? 早く行きたいんだけど」
「……ダーリン」
 不審なものを見る目でこちらを――いや、俺の股間を見ているエリス。……アカンかも。
「どこ見てんのよ」
 股間を隠すポーズ。おどけてみる。しかし視線は変わらない。アカン。
「ねぇ、ダーリン」
 仕方ないここは――――
「あれはなんだ!」
 明後日の方向を指差す!
 周りの人が釣られて指差した方向を見る。良し、今の内に――――
「で、逃げるんだよね?」
 ダメだったー! 捕まったーーー!
「ダーリンなんかはいてるの?」
「おいばかやめろ」
 往来のど真ん中で人の股間を触りまくるのはやめてください!!
「やっぱりなんかはいてる! 何これ!」
「待て! 待て! 待とう! 待とう! な! な!?」
 周囲の視線を集めつつ、路地裏へと引きずられていく俺。
 人の目の届かない所まで連れて来られて、ズボンを下ろされた。ぎゃー。
「……なにこれ」
 エリスの冷たい視線が突き刺さる。股間に。もうやだ。
「私は、ダーリンと、ノーパンでおでかけしてるはずなんだけど! これはなに!?」
 俺はノーパンでおでかけするつもりなんて微塵も無かったんですけどね!
「……ふんどしです」
 インスタントふんどし。紐とタオルと安全ピンを数本用意します。タオルの端を、安全ピンで紐に固定します。出来上がり。これが先に言った『ノーパン対策』である。
「…………選んで」
 ぽつりと、エリスが言葉を漏らす。
「……何を?」
「ノーパンになるか、ふんどし一丁になるか――」
 少し溜めをつくって。
「――丸出しになるか」
 ダメだ。ガチの顔だ。紛うことなき魔物の顔だ。
「……ノーパンで、どうか一つ」
 こうして俺はノーパンになった。
「その前に、無駄な体力使っちゃったから、栄養補給ね☆」
「ちょっ、待っ! ぬわーーーーー!!」

  +  +  +

 カランカラン
「いらっしゃ――――おう、随分ヒドイ顔だな」
「ああ……深くは聞くな」
 やっと着いた……。果てしなく遠かった気がする……。
 ここは服屋『ブルースフィア』。知り合いの経営する、洋服の小売店である。……知り合いっつっても、この街で知り合いじゃないのを探す方が難しい気もする。
「はぁい、ラムネちゃん☆ こんにちは」
「エるせりスー」
 看板娘のスライム、ラムネとうちのエリスが抱きあう。仲良し。
「はい、ラムネちゃん。こんにちは」
「コんにちハ」
「ぱんつ、はいて、ない」
「ぱンつ、ハいて、なイ」
「よくできました〜☆ いいこいいこ☆」
「うちの嫁に変な言葉教えんのやめてくれませんかね!?」
 素直なスライムなので、言葉を教えると素直に覚える。それを面白がって、客が色々言葉を教えてくれるらしい。ご覧の有様だが。
「すまん、後でよく言っておくから」
「予防してくれねぇかなぁ……」
「マジですまん」
 さて、本題である。
「すまんついででアレなんだが。パンツ一枚、買うからすぐにはきたいんだが、いいか?」
「どういうことだってばよ」
「いや、実はだな……」
 かくかくしかじかと事情を説明。彼は深いため息とともに同情の念を送ってきた。
「なんつーか……大変だな」
「大変なんだよ……」
 ということで、パンツゲット。試着室で着替えることに。試着室に入る前に、エリスが不満そうに言ってきた。
「えー。もうおしまいー?」
「十分付き合っただろ。もう一度言うけど、お前の趣味に俺を巻き込むなって話!」
「ちぇー」
 カーテンを閉めて、ズボンを脱ぐ。
「覗きに行ったぞー」
「トンファーキック!」
「にょわー!?」

  +  +  +

 パンツをはいてようやく人心地。ただいま、俺のモラル。
 せっかく服屋に来たので、好きな服買っていいよ、とエリスに言っておいた。ただし高すぎず、一着まで。
 ラムネと一緒に店内をうろつくエリスを眺めながら、店主とお話。
「あのはいてない狂。どうしたら治ると思う?」
「治らないだろ、アレは。彼女の生き方そのものだ」
「……ですよねぇ」
 快感に生きるサキュバスが、露出に快感を見出している。それをやめさせるには、露出と対極にあり、なおかつより大きな快感を得られる習慣をつけなければ。
「……無理だな」
「無理だろ」
 無理っぽい。
「……まあいいや。はいてないのは今に始まったことでもないし。俺に飛び火しなけりゃ」
「で、飛び火してご覧の有様なんだろ?」
「次は無い」
 掌に拳を打ち付ける。
「……次は、無い」
 めらっと、黒い炎が燃える。そう、次は無い。次は無いぞ、エルセリス?
「お、おう。ほどほどにな」
 引かれてしまった。
「あー、俺もなんか買おうかな」
「ぜひそうして、うちの売り上げに貢献してくれ。彼女とおそろいの下着でも買うか?」
「はいてないだろ。――いや、待てよ」
 おそろい。おそろい。その言葉が思考の端に引っ掛かった。
『私がはいていません、ダーリンもはいていません。おそろいですね!』
『はいていないことを共有することで興奮はさらに加速した!』
 そうだ、そんなことを、確かエリスは言っていた。……ふむ。
「なんか思いついたみたいだな」
「うん、まあ、ちょっと」
 適当に答えて、女性用下着コーナーへ足を運ぶ。
 サキュバスだからやっぱり黒か。無難ではあるが堅実で、セクシー。流石にアラクネ糸には手が出ないが、高級なシルクのパンティ。やっぱりブラジャーもセットで買った方がいいのかな。
「これください」
「毎度ー」
 と、お金を払った所でエリスに見つかった。
「うわああああー! ダーリンが女性物のパンツを買っているううううー! はくの!? ねえダーリンそれはいちゃうの!?」
「ちがわい!」
 買いたての下着をエリスに手渡す。
「はいこれ」
「……なにこれ」
「プレゼント」
「ぷ、プレゼントって、ダーリン。私、パンツははかない主義で」
「ぱんつはこう、エルセリス」
 そして彼女の眼をまっすぐに見据えて、言った。
「おそろいだぜ」
「――おそろい」
 その言葉に、エリスは止まる。
「パンツをはくことを、共有するんだ」
 我ながら何言ってるんだろう。
 しかし、俺の言葉に、エリスはもじもじと恥じらいながら答えた。
「だ、ダーリンがそんなに言うなら……はいてもいいよ?」
「俺はお前に、はいてほしい」
「…………ちょっと、待っててね」
 そそくさと試着室へ向かうエリス。入る前にチラリとこちらを向いて、
「……ダーリンだったら、覗いてもいいよ?」
「いいからさっさとはいてこいよ」
 しばらくして。
 パンツをはき終えたエリスが、試着室から出てきた。
「…………」
 もじもじとスカートの端を押さえ、ちらちらとこちらの様子を窺っている。
「似合ってるよ」
「見えねーよ!」
 店主の発言は華麗にスルー。
 にっこりと笑みを浮かべて、エリスに言ってやった。
「おそろいだな、エルセリス」
「……っ」
 顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。しおらしくしていれば、本当に可愛いのだ。
「じゃ、帰ろうか」
「う……うん」
 エリスの手を掴んで、『ブルースフィア』を後にする。
「毎度ー」
「まタの、ゴらイてんヲー」
 恥ずかしがったエリスが遅くて、帰るのにはとっても時間がかかった。

  +  +  +

 あれから、エルセリスはたまにはパンツをはいてくれるようになった。
 パンツをはくと、嘘のように大人しくなるのだが、
「……ね、ダーリン……今日は、パンツはいてるよ?」
 スカートを捲って、パンツを見せてくるようになった。
 可愛いからいいや。
13/04/20 12:30更新 / お茶くみ魔人

■作者メッセージ
じんぶつしょうかい
エルセリス:サキュバス。嫁キュバス。通称エリス。バカ、あほ、変態。はいてない教。
「えへへ、パンツはくと、なんか恥ずかしいね」
「そのりくつはおかしい」

ダーリン:インキュバス。旦那キュバス。真面目、ツッコミ、諦め。
「今回パンツを買うまで、エルセリスはサキュバスのビキニ以外にパンツをもっていませんでした」
「ダーリンのパンツをはいていたことは何度かあるよ」
「!?」

店主:服屋『ブルースフィア』の店主。小売店であって、本人が服を作っているわけではない。実は眼鏡。
ラムネ:スライム。『ブルースフィア』の看板娘。素直な良い子。
「ピィチャン、オハヨー!」
「うちの嫁をオウム扱いするのやめてくれませんかね!?」

わああ! 長くなった!
冒頭の錬金術師うんぬんは、某ゲームの女の子のこと。本編とはまったくなんの関係も無い。
はいてない教。私にはわからない教義だが、思いついてしまったので。
文章内で「エリス」と「エルセリス」が混合しているのは仕様です。ダーリンくんの本気度の違いです。
ラムネちゃんは「一人の人物に複数の名前(本名、あだ名)がある」と混乱してしまうので、「エルセリス」で固定です。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33