連載小説
[TOP][目次]
後編
 海和尚の麻里に連れられ、政寅は再び竜宮城を訪れていた。今日は宴会はないらしく、静かだ。数名の人魚や海和尚、またその夫が夜の庭園の散歩を楽しんでいるくらいだ。
 閑散とした竜宮城の正面庭園を政寅と麻里はつっきり、大広間にたどり着いた。大広間がガランとしており、誰もいない。玉座に座る乙姫と侍女を除いて。
「……」
 乙姫は何も言わない。感情が見えない平坦な目で政寅を見るだけだ。久しぶりのその姿を、幻覚ではないその姿を政寅は見ようと思ったが、その目に射すくめられ小さくなった。
 しばらくの間、大広間は静かであった。誰も何も言わない。どのくらいの時が経っただろうか。実際には数瞬だけだったどうが、とても長く政寅には感じられた。
 ことり、っと小さな音が沈黙を破った。ふと政寅が軽く目を上げると、目の前に足高の盆が置かれていた。その上には握り飯が三個、乗っている。盆を置いたのは、乙姫であった。いつの間に出ていって持ってきたのであろうか。
「お腹も空いていることでしょう、政寅さま。どうぞ召し上がりください」
 政寅は呆けたように乙姫を見上げる。乙姫はニッコリと笑ってみせた。ガバッと政寅は頭を下げ、それと同じ勢いで飯に食らいついた。
 握り飯の中身は味付けこそ違うものの、全て昆布だ。しそ、醤油、高菜……竜宮城らしからぬ、質素な味が昆布にからみついている……だがここ最近、地上での生活が酷かった政寅にはとても美味そうであった。あの時の竜宮城の宴会の食事と同じくらいに。
 涙を流しながら政寅は握り飯を貪り食らう。それを乙姫は玉座から静かに見ているのであった。



「少し歩きましょうか、政寅さま」
 食事を終え、一心地ついた政寅を乙姫は夜の散歩に誘った。政寅は伏して顔を上げない。たった数日とは言え、自分の都合だけで地上の生活に戻り、何度も臥所をともにした乙姫を顧みなかった自分にそのような資格はないと思っているのだ。玉手箱の幻覚を見てここに戻っておきながらだが。
 そんな政寅の手を乙姫は取った。そして、行きましょう、とニッコリと笑う。さすがに政寅も、背中を丸めながらではあるが立ち上がり、彼女に連れられて夜の庭園に出たのであった。
 庭園は相変わらず、人はまばらだ。人魚や海和尚が悠々と泳ぎ、ときに番となっている者が仲睦まじく散歩をしている。その中を堂々と乙姫は泳ぎ、小さくなりながら政寅はやや後ろから手を引かれてついていく。
「ほら、海底柿の実も付き始めました」
「すっかり秋ですね」
「あらあら、あそこにいるのは麻里と弥助ですね。弥助は疲れて眠っているようです」
 庭を泳ぐ乙姫は楽しそうに、政寅に見たことを聞かせる。一方、政寅は小さくなったまま、その方向をちらりと見て生返事をするだけであった。相変わらず乙姫に申し訳ないと思っているのだ。だがその思いはさらに募っていく。別の理由で。
 少し自分の前を行く乙姫……当然、その揺れる尻が政寅の目に入る。少し目を上げれば、緩やかな羽衣ゆえ肩と脇が出ているのが見える。その先にある乳房の膨らみまで。そのような姿を見せられて政寅の牡が徐々に中で膨れ上がっている。数日前の情事のことを思い出してしまう。
「まあ、政寅さま! ちょっとこっちへ、こっちへ!」
 突然、乙姫は興奮したように、だが囁き声で政寅を珊瑚の茂みに誘った。ハッと顔を上げた政寅は彼女の横にかがんだ。ずいっと乙姫が顔を寄せる。
「御覧くださいまし……」
 すっと乙姫が人差し指を向ける。その先には仲睦まじそうな人魚と男がいた。いや、睦まじすぎだ。接吻をしている二人であるが、男が人魚の服を脱がせにかかっていた。人魚の手も男の股間に向かっており、そこを撫でさすっている。
「今日、この龍宮城でめおとの儀式をなさった夫婦です。寝所まで床入れを我慢できなかったみたいですね。ふふっ……」
 政寅は半分ほど聞いていない。真横にいる乙姫の肌と体温を感じ、緊張しているのだ。そして自分の心臓が早鐘をうち、全身に熱い血を巡らせて体温を上げているのを政寅は感じる。
 政寅の変化を知ってか知らずか、乙姫は政寅に身体を寄せて、視線の先の新たな夫婦の交わりを見ている。身体を寄せているため、柔らかな胸が彼の身体に当たり、熱い吐息が彼の耳にかかる。政寅は、全身の熱が股間に集中していくのを感じた。
『これは誘っているのか!? いや、おめおめと帰ってきた俺にこのようなことを……いや、しかしあのように情を交わしたのは事実であるし……』
 悶々と政寅の考えはねずみ花火の如く胸と頭を走り暴れ回る。頭が爆発するのではないかとすら思った。
「どうしました、政寅さま……耳が真っ赤ですが……」
 乙姫の声が政寅の耳をくすぐった。考えを見抜かれたようで思わず政寅は身体を竦める。だが、同時に気づいた。乙姫がくすくすと笑ったことに。さらに、その吐息が熱っぽくなっていることに。
 妖しく笑いながら乙姫は政寅の脇腹をまさぐる。その手は徐々に前、そして下へと伸びていこうとする。確信と同時に我慢の緒が切れた。数日間とは言え、乙姫に味わわされた肉の快感からご無沙汰、地上では飢えていた。加えて、玉手箱の幻影で嫉妬心を抱いていた。政寅は身体をよじり、乙姫の方に向き直る。そのまま彼女を押し倒した。
「ん……!?」
 さしもの深海の姫も男の行動には驚かされたようだ。だがその顔がすぐに楽しそうになる。人を楽しませようようとする際、反応があれば嬉しいものだ。乙姫は政寅をからかい気を引こうと身体を寄せたり胸を押し当てたりした。政寅の反応は少々勢いはありすぎたが、乙姫の望んだものであったのだ。
 肉欲に駆られた政寅は乙姫の薄衣の合せ目を強引に開いた。中からぷるんと白く丸い果実が二つ揺れながら現れる。迷いなく政寅はその果実に齧りつき、頂きを舐め回した。初めて自分から味わいにかかった、乙姫の女ならではの柔らかな感触……それに政寅は夢中になる。
「あん♥ ふふ、そんなに私の胸が良いのですか? うれしいですわ♥」
 自らが楽しむと同時に人を楽しませることが好きな乙姫である。男が自分の身体に夢中になって楽しんでいる……それに嬉しくならないはずがない。乙姫は片手で政寅の背中を抱き寄せ、もう一方の手で政寅を慈しむように撫でた。地上での心労を洗い流すかのように。
 童に返ったかのように政寅は乙姫の乳房を貪る。だがその行動は決して子どものそれではない。彼の手は徐々に下へと伸びていき股布を取り除こうとする。乙姫の手が伸び、それを助けた。あっさりと大事なところを守っていた布は取り去られ、姫割が晒される。そこはほとんど愛撫を加えていないというのに蜜が溢れかえっていた。少し割れ目を撫でるだけで粘液が絡みつくくらいに。
「あっ、あっ……♥」
 びくびくと、政寅の下で乙姫は身体をくねらせる。特に、蜜を吐き出している肉洞の上に位置する突起を擦り上げられたときの反応が顕著だ。気を飛ばさないようにするためか、彼女は政寅の身体にしがみつく。その反応に気をよくした男はますます胸にむしゃぶりつき、指で膣を掻き回した。
 政寅の激しい攻めに乙姫の身体の内で燃え盛っている官能の炎はふいごで吹かれたかのように大きくなる。もう爆発寸前だ。
「ダメッ、政寅さま……そんなにされると……もう……もうっ……!」
 だが政寅に乙姫の嘆願を聞く余裕などない。結果、深海の姫は果てた。庭の中で嬌声を上げ、男に組み敷かれたまま身体を荒海のごとく波打たせる。
 快感の嵐が過ぎ去り落ち着いた乙姫は、潤んだ瞳で政寅を見る。意地悪、とでも言いたげの目だ。だがそれは政寅を申し訳なく思わせたり萎縮させたりすることなく、むしろ劣情を煽るだけであった。
 政寅は少し身体を起こし、自分の服の帯びに手をかけた。さらに下帯も取り去る。中から数日の間使われることのなかった、そして乙姫の痴態を見て臨戦態勢を整えた、肉刀が現れた。抜き身に乙姫は潤んでいた目を期待に輝かせる。彼女もまた、数日の間、彼の身体を求めて飢えていた。
「来てください、政寅さま……」
 下になったまま、乙姫は手を軽く広げて政寅を受け止める姿勢を取った。何も言わず政寅は乙姫に覆いかぶさりなおす。少し腰の位置を調整し、肉刀の先端を花園にあてがう。そのまま彼は腰を沈めた。政寅の分身は、深海の姫の大事なところに招き入れられていった。
「はぁあうう♥ 政寅さまぁ……♥」
 貫かれた乙姫は身体を弓なりに反らせる。あやうく挿入だけで達しそうであった。だがそれは政寅も同じ。歯を食いしばって瞬殺をこらえようとしていた。
 乙姫の中は相変わらず熱く、ぬめっている。そして肉壁にびっしりと備わったイソギンチャクのようなヒダ。まるで政寅の帰還を歓迎するかのように絡みついてくる。
 歯を食いしばっている政寅。しかし、かと言って堪えるだけでは終わらない。数日の溜め込まれた欲をぶつけるように、地上で味わわされた寂の念を忘れようとするかのように、猛然と腰を動かす。乙姫はその抽送を受け止めた。
 庭に水音と身体がぶつかりあう音、そして乙姫の嬌声が響き渡る。だが気にならない。他の海に住まう魔物娘やその番も同じように交わり乱れ声を上げているし、何より……気にする余裕などない。相手しか見ていない。
「ぐぬぬ……」
 政寅が呻く。射精が近い。肉棒は乙姫の中で膨れ上がり、今にも爆発しそうだ。それを政寅は丹田に力を込め、抑えようとする。しかし、政寅はあの時のように乙姫の膣内に精を放つのを避けようとして我慢をしているのではない。むしろ逆だ。彼は溜めに溜め……
「……っ!」
 その我慢を解き放った。数日もの間溜め込まれ、さらに射精を堪えることでさらに溜められた、おびただしい白濁のマグマが、尿道を通って深海の姫の中にぶちまけられた。そこに遠慮も何もない。
 乙姫もまた、浪人の精液を受け止めた。その身体が跳ねる。また絶頂に達したのだ。きゅうきゅうと膣は収縮し、尿道に残る一滴までその精液を魔物娘の身体は貪欲に求める。
 政寅は息をつきながら身体を弛緩させる。たった数日であったがとてもそうとは思えない期間があったかのような渇き……それが満たされた吐息であった。
 身体を弛緩させ、体重を預けてくる政寅を乙姫は苦な顔ひとつせず受け止める。今回、自分は奉仕らしい奉仕をしていない。しかし政寅は自分を求めて竜宮城に戻ってきて、自分の身体を求め、その欲望の果を自分の身体の中に吐き出した……これは乙姫にとって何よりの喜びだ。
 だがこれで終わりではない。これから始まる。宮殿内に戻ればもう一戦交わることになるだろう。一度くらいでは政寅の渇きは癒えないだろうし、自分も癒えない。
 そして今日で終わらない。また明日もある。今日は食事に簡素な握り飯しかなかったが今度は豪盛な食事が用意される。それと同じように交わりもより尽くし尽くされ、淫らな物になる。ずっと、その生活は続く……
「乙姫……」
「政寅さま……」
 それを表すかのように二人は互いを見つめあい熱っぽく囁き、抱きしめ合い、接吻を交わした……





「海桜がつぼみをつけましたね。もうそろそろ咲くでしょうか?」
 自慢の庭を悠々と泳ぐ乙姫はそれを見つけ、顔をほころばせた。そっと手を伸ばしてまだ固い蕾に軽く触れる。これから咲くその花は庭をどのように美しく彩ってくれるか……それを考えるとますます笑みが広がる。
「楽しみですわ」
「ああ、そうだな……」
 乙姫の言葉に応える者がいた。黒岩政寅だ。その身なりはもはやボロボロの小袖ではなく、竜宮城で仕立て上げられた小綺麗な装束で身を包んでいる。そして編笠のようなものをかぶっていた。乙姫や竜宮城でも親しい者は政寅の顔を悪くは言わないが、それでも政寅は気にしてしまう。ゆえに彼はだいたい顔の爛れを隠そうとしていた。
「政寅さま……笠を外してご覧になりませぬか?」
「いや、見るのは咲いた時にしよう」
 政寅が顔の事で気を病んでいることに、乙姫は気にしなくていいのに、と軽く息をつく。だがこれは政寅の気持ちだ。乙姫がどう思っていても彼はいつもこの事を気にしてしまう。その気持ちは迷いとなって口を突いて出る。
「……乙姫、本当に俺で良かったのか? この綺麗な竜宮城や乙姫の隣で俺の顔は……むぐ……!?」
 迷いの声は途切れる。乙姫が政寅の顔を両手で挟み込むようにしてつかみ、接吻していた。目を白黒させている男の顔を、深海の姫は睨みつける。
「政寅さま……たしかに政寅さまのお顔は良く分かっていない者から見たら、さあ確かにそう見えるのかもしれませぬ。ですが私は政寅さまの身も心もすべて美しいと思ったからこうして共に竜宮城いるのです」
 そうだ、美しき乙姫は自分のこの醜い顔も受け入れてくれたのだ。辛かった地上の代わりに、この安らかな海底に、自ら居場所を作ってくり、居場所になってくれたのだ。その優しさに政寅は涙を流す。
「む……何を泣いているのですか政寅さま、ほら……」
 苦笑しながら乙姫は片手で政寅の涙を拭い、もう一方の手で彼の手を取り、その手のひらを己の下腹部に導いた。平らで柔らかな乙姫の腹……だがその奥には
「生まれてくるややこにも笑われてしまいますよ」
 新たな生命が宿っている。地上では一介の浪人だった政寅と、深海の姫の乙姫の子だ。まだ腹の膨らみは目立たないが、やがて大きくなり、その子は産み落とされることだろう。
 相変わらず涙を流す政寅はそっと手を動かし、乙姫の腹を撫でた。母になろうとする乙姫はうっとりと目を閉じてその愛撫に身を任せる。
 やがて政寅の涙は乾いたが……今度は別の問題がおきていた。その問題はすぐに乙姫の知るところとなる。
「あら、政寅さま……大きくなってしまわれましたか?」
 政寅の顔が朱に染まる。乙姫の指摘通り、彼女の身体に触れているうちに、そして乙姫が孕んでいるのは自分が何度も彼女の子袋に肉棒をつぎ込み精を放った結果であることを実感してしまい、下半身が彼女を求めてイキり始めてしまったのだ。
 乙姫は苦笑するがまんざらでもない。好きな男を愉しませることを悦ぶ乙姫にとって、彼が苦しみを忘れ、自分の身体に反応をしてくれることほど嬉しいことはない。むしろ半分くらい、それが目的で撫でさせていた。
「政寅さま……まだ日は少し高いですが……」
「……良いのか、乙姫……腹の子に障るのでは……」
「ふふ、魔物娘がそのようなやわなはずがございませぬ。今宵もたっぷりと"宴"に興じましょう……」
 美しき深海の姫と、醜き浪人は、仲睦まじく竜宮城の庭を泳いでいく。ときどき互いにちょっかいを出しながら。
 海底の温かな流れが二人を撫でる。海桜が咲くのももうすぐだ……
16/10/13 22:24更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
そんな気はしていたのさ、間に合わないと……そして案の定、新魔物娘、ホワイトホーンが更新されてからの投稿となってしまいました。おめおめと申し訳ありません。

という訳で乙姫SS、これにて完結です。もう少し、政寅の顔に関するフラグと言うか要素を強く出せたらいいのになと、自分の力不足を思い知るこの頃です。

さて、次はこのSS中でもフラグを立てた麻里×弥助を書きたいのですが、動画投稿もあるしオリジナルSSもあるし仕事もあるしいつになるのやら……
その時までどうぞよろしくお願いします。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33