『蜜より甘い・・・』

【 ? ? ? 】サイド

「・・・・・・ふぇぇ〜ん! ここどこですかぁ〜!?」
・・・・このかわいい悲鳴を上げる幼さが残る少女・・・・

「リリは・・・・お母様と別れて・・・・・30分で迷子・・・・はぅぁぅ・・・」
名前は『リリ』というらしい・・・どうやら道に迷ったようですな。

「・・・と、とにかく・・・人里まで行けば・・・」
・・・・ふむ、目的地は人里のようですね ?

「よし! そうと決まれば行動あるのみですっ。」
・・・ふむ出るとこが出始めたくらいの体をふんぞり返って「エッヘン! 」してますな・・・

「でわ移動移動♪」

ズリリッ・・・・・・ズリリッ・・・・・

・・・・・正直言うと・・・・亀が歩くより遅いぞ・・・この娘・・・・
まぁ・・・・それもそうか・・・・

どう見ても『アルラウネ』だしな・・・・てかアルラウネって移動できたんだ・・・・

「・・・・やっぱり歩くより・・・コッチのほうが早いです♪」

シュルルルルッ・・・・・・パシッ

・・・ん? 近くの高い木の上の方にツタを絡ませた?

「・・・・せぇの・・・・ヨイショっ♪」

ズズッ・・・・ヒューーーン・・・・・

・・・!? セルフ・ブランコとはっ!! ・・・・驚異の移動手段を垣間見た気がする・・・・ってあれ?

「・・・・へっ!? なっ、コッチ来るな!」
「へっ!? あ、あわわぁぁ!」

ューーーン・・・・・ドスン! ガラガラッ・・・

はい。見事に轢かれました。そしてそのままゴロゴロと慣性の法則よろしく転がって・・・

ドズンッ・・・・・・・・

近くの大木に突っ込みましたとさ・・・・・ぁぐ・・・

「・・・・・っぁ・・・・・頭・・・・イテェ・・・・・」
「・・・・・・きゅ〜・・・・・」
・・・・リリって娘はさっきの衝突で頭でも打ったのか・・・・目を回して気絶している・・・

「・・・・・このまま放って置くのもなぁ・・・・」
「・・・・・」
・・・・しかたない。・・・・家で看病しよう・・・・

しかし・・・まさか・・・・

・・・・一目惚れしてしまったなんてな・・・・//


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【リリ】サイド

「・・・・うぅ・・・う〜ん・・・・はれ? ・・・・ココは?」
「・・・・起きたかい?」
・・・・男前ですぅ♪・・・・はっ!? じゃ無くてっ

「えっと・・・・ここは・・・・」
「・・・・ここは俺の家。・・・ぶつかったの覚えてる?」
・・・・はぅぅ// 確かに誰かとぶつかって倒れちゃいました///

「・・・そのままじゃ可愛そうだから家で看病したんだ。」
「あ、ありがとうございます・・・・」
そういうと彼は私の頭から布を取りました。・・・濡れタオル? ・・・・き、気付かなかったです///
・・・隣にベットがありますが・・・・

「・・・寝かそうとしたんだが・・・体格が合わなかったから・・・すまんな。」
「はぅぅ ・・・・大きすぎてすいません・・・・」
確かに私の下半身だとオーバーサイズですっ///・・・それで壁にもたれ掛けられていたんですね//

「・・・どうして迷子に?」
「はぅぅ! な、何で知ってるんですか?」
そんな・・・心がよめるのですか!?

「・・・いや。大きな声で迷子だ、と叫んでいたから。」
「ぁぅぁぅ・・・・」
恥ずかしいぃぃ////きかれていたぁぁ/////・・・顔があついですぅ///

「えっとですね・・・実は母親から『御父さん以外の人間を自分の目で見てきなさい・・・・・隙あらばヤっちゃえ♪』と言われまして。その為に人里へ移動中だったのですが・・・」
「・・・なんて母親なんだよ・・・あと君。君の進行方向・・・・森の奥に行く方だったぞ?」
・・・・・あぁ〜穴があったら入りたい////・・・・あ! 花弁にかくれればいいんですっ

シュルルル・・・

「・・・・蒼い綺麗な花弁に隠れてどうかした?」
「・・・・・恥ずかしいですぅ・・・」
・・・・でもでも・・・・花弁褒めてくれた・・・・・えへへっ///
・・・・・あっ!

「・・・・そういえば、お名前まだ聞いていませんでした・・・・」
「・・・・ん? 俺か? 俺は『ヴェルグ』という。・・・・ただの樵だ。」
はぅぅ//・・・ステキなお名前ですぅ//・・・・ん?樵?・・・・・!!

ガタガタガタガタ・・・・

「・・・! 急に震えてどうしたんだい!?」
「キラナイデキラナイデ・・・ゴメンナサイゴメンナサイ・・・・」
樵怖い・・・樵怖い・・・樵怖い・・・・・・・・・・・・ガタガタガタ・・・・

「・・・? 何故怯えるか分からんが・・・とりあえず俺はこの森の木木の間引きを担当しているんだが・・・・無暗矢鱈に木は切らん。」
「・・・・そ、そうなんですか・・・・ホッ・・・」
・・・あぅ// 恐怖の余りツタも絡めてしまいました・・・・って、あれ?

「あのぅ・・・・お願いが・・・ありまして・・・」
「・・・ん? なんだい?」

『ツタが絡まったので・・・とっていただけないですか・・・・』

「・・・・・」
はぅぅ!! 呆れられてますね・・・・・花弁で外が見えませんが・・・



・・・・・・・・・5分後・・・・・・・・・


「あ、ありがとうございました・・・」
「・・・一日に何回も貴重な体験をするとは思ってもいなかったよ。」
・・・・・//// もう言葉が出ません・・・///

「あ、あの・・・私・・・リリっていいます!」
「・・・ゴメン。知ってた・・・」
ふぇぇ!?

「・・・森で独り言してるとき聞いちゃった・・・ゴメンね・・・」
「・・・・」
ぁぁ// また穴があっt・・・また花弁に包まりたいですぅぅ///
・・・・ってあれ?

「あのぅ・・・一体いつから聞き耳を?」
「・・・君が愚痴り始めた頃から。」
・・・・・//// も、もうわたし・・・

「お嫁にいけなぃぃですぅぅぅ・・・・」
「・・・・あぁ・・・そのー・・・そしたら・・・」
うぅぅ・・・ふぇっ?・・なんかヴェルグさんが歯切れ悪くなってキョロキョロし始め・・・あっ、赤くなってきたです! ・・・・まさか告白?!・・・・いやいや〜まさか〜・・・

『・・・お、俺が貰ってやるよ』

ヴェイクさんお顔が真っ赤っかになt・・・・・・・・・・・・・・え?
あれ? ・・・・・今のって・・・・・まさか・・・・///

『・・・は、初めて見たときに・・・な・・・・惚れたんだ・・・』

・・・・神m・・・・いやいや・・・・魔王様・・・・生まれて初めてアナタに感謝しますぅ!!///

「・・・えっと・・・・私まだ・・・色々小さいですよ・・・・?」
「・・・君だからいいんだ。」

いけない・・・嬉しさの余り・・・

「・・・アルラウネ・・・なんですよ・・・・ずっと閉じ込めちゃうかもしれません・・・よ・・・?」
「・・・君が望むなら。」

涙が・・・涙が・・・・

「・・・・本当に私で・・・・良いんですか・・・・っ」
「・・・何度でも言うよ・・・」

『君だから・・・・リリだから良いんだ。』

つーーーッ・・・・

む、無理ですぅ・・・・もう堪え切れません・・・・涙が溢れてきちゃいますぅ・・・・///


『・・・私を・・・・・たくさん愛してください・・・ね・・・ヴェルグ・・・さん・・・?』
『・・・・勿論。・・・たくさん愛して・・・幸せにするよ。・・・・リリ。』

チュッ

・・・・・・あぁ・・・その・・・蜜より甘い・・・言葉だけで・・・・幸せですぅ・・・・///


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【俯瞰視点】サイド

そのまま二人はベッドになだれ込み・・・たかったがサイズの関係でベッドで出来ない。
ましてやまだ未熟なリリの大きさではヴェルグを包むことは出来なかった・・・・
苦肉の策として・・・・ベットに腰掛けて始める二人・・・

「あむっ・・・・ハゥン・・・・ピチュッ・・ズズッ・・・」
「くっ、そうだ・・・うまいぞ・・・リリ・・」
ヴェルグの一物を一生懸命に咥え込み愛撫しているリリ。こういった経験が無いとのことでリードしてもらっているようだ。

両手でいきり立った愛しのヴェルグの一物を右手で扱き、左で玉を転がし、口で最上級の蜜を頬張るリリ。・・・・そんなある意味最上級の愛撫を受けるヴェルグは限界も早かった。

「くっ、はぁぁ・・・・だ、だすぞ・・・リリっ!」
「ぷぁっ・・・どうぞぉ・・・私の口にぃ・・・出してくださいぃ・・・・あぷぅ・・・・ズズズズ」
口を離し心意をつたえると再び咥え込みバキュームを開始した。

「う、くっ、・・・・・ぅぁっ」

ビュルルルルルっ! ビュルッ、ビュルッ・・・・

「んぅぅぅぅん♪・・・・ゴクッ・・・・んっ・・・ゴクッ・・・」
愛しい人のモノを一滴も零すまいと咽をならし・・・・本当に一滴残らず吸い取った。

「ぷふぅ・・・・・ハァハァ・・・ヴェルグさん・・・咽・・ハァハァ・・・渇きませんか・・・?」
「ハァハァ・・・?・・・・!!・・ハァハァ・・・あぁ・・・少し・・・渇いた・・・な・・・ハァハァ」

口を離し微笑んだリリからのいきなりの質問に少し疑問をもったヴェイクだがリリが『アルラウネ』と言うことを思い出し、その質問に少しの期待を乗せて微笑みで返した。

「では・・・♪」

スルスル・・・

リリの下半身の部分からツタが一本・・・その先端に花が咲きかけたつぼみのような『蒼い物』がゆっくりとヴェイグの前に差し出された。ソレを迷わずヴェイグは優しく掴み手元に引き寄せて・・・傾けた。

・・・・トロ〜〜〜っ・・・・

その物は液体が詰まっていた・・・黄色い液体・・・・巷で精力剤として出回ることもある『アルラウネの蜜』の原液である。

「ふふ♪ 好きなだけ召し上がってください・・・ヴェルグ専用の蜜ですよ♪」

そう微笑んだリリは・・・・幼いながらもひどく妖艶だった・・・・

「あぁ・・・いただくとしよう・・・・ングッ・・・ングッ・・・」
「・・・・いかかですか? 私の蜜は・・・?」

飲んでいる様子を見ながらリリはヴェルグに問うと・・・

「ぷはぁ・・・・最高だ♪」
「ふふふ、良かった♪」
そして蜜の効果が出始め直ぐに直立した息子を見て・・・

「ではヴェルグさん・・・今度は・・・」
上半身を仰け反るようにしてベッドに寝かせ気味にして下半身の縦スジに左手の指先をツツ・・・と這わしてゆっくりとした動作で・・・・

くぱぁ

左のみの『くぱぁ』をして・・・

『こちらのお口に・・・・ヴェルグさんの甘い蜜をいただいても・・・・いいですか?』

と、恥じらいながら上目遣いでおねだりをした。
・・・・ソコからもトロ〜っと蜜が溢れていた・・・・



プチン



「・・・あぁ、たっぷり飲んでくれっ」
「っはぁん♪ いただき・・・・ぅぁ・・・・ますぅ・・・ハァン・・・♪」
トロトロのソコに一気に刺すヴェルグは理性がもう飛んでしまったようだ。リリを激しくタベはじめた。

・・・プツッ・・ツゥゥーーー・・・・

「はぁぅ・・・・処女膜ぅ・・・ァハン・・・破れ・・・キュン・・・ちゃったぁ・・・ヒュァ!・・・♪」
「はっ、はっ、はっ、はっ・・・・・」
お互い蜜に入り浸ったせいか・・・処女膜が切れたのに一向に痛みのこないリリに、理性が完全にとびソレを気遣うことすらできないヴェルグ。

激しくドツキあう二人。体位を変えている最中ですら・・・
そして後背位・・・バックからリリに突きこみラストスパートをかけるヴェルグ・・・

パァン! パァン! パァン!・・・・

「ヒグッ・・・・そこぉ・・・アゥ・・・だめっ・・・ァン・・・・らめれすぅ・・・・・イギッ・・・」
「っあぁ・・・リリ・・・リリィ・・・リリィィィィ!!」
Gスポットにガンガン当たる一物に耐え切れずアヘ顔になり涎を垂らし・・・蜜を溢れさせ・・・汗が流れ・・・床を汚すリリ。
そして発射が近いのかしきりにリリの名をよぶヴェルグ・・・

「き、きへ〜ウギッ・・・わらひの・・・キャゥン・・・な、なか・・・ァァ・・・にぃぃぃ!!」
「だすぞ・・・だすぞぉぉ・・・うぁぁぁっ!! リリぃぃぃぃぃ!!」

ドビュルルルルルルルっ!!!ドピュッッッッ・・・ドピュッ・・・ドピュ・・

「ヴェルグさぁん・・・ヴェルグさぁぁぁぁぁん!!」

プシャーーーーッ・・・

・・・お互いの名を叫びあうと、ヴェルグは本日最大量を発射し・・・リリはそれに刺激されて凄い量の『潮と蜜』を噴いた・・・・


「・・・ハァハァ・・・これで・・・」
「・・・ハァハァ・・・うぅ・・・なんだい? ・・・リリ・・?」
「これで・・・・身も心も・・・・ヴェルグさんのもの・・・になったんですね・・・・ふふ♪」
「・・・改めて言われると恥ずかしいんだが・・・リリ。」
「はい・・・なんですか? ヴェルグさn」
「・・・それ。『さん』はいらない。」
「・・・っ・・・はい・・・ヴェルグ♪」

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・


ここはとある森に佇む材木加工場。
ここではとても良い材木素材が手に入るということで大陸の中では知る人ぞ知る穴場の場所でもある。
そこの加工場の信念は『森林保護と環境観察』をモットーとしたちょっと変わったとこでもあるが・・・
そこの名物は加工所の工場長の『廃材を加工して作った安価で質の高い家具』と・・・・・・モデルのような体系をしたとても美しい『蒼い花弁のアルラウネ』の婦人と『その婦人と瓜二つの蒼い花弁の小柄なアルラウネ』であろう。

もし安く家具を揃えてみたいのなら一度行ってみるといい・・・
優しい笑顔で溢れた『蒼い花』の親子達が相談に乗ってくれるだろう・・・・

FIN


どうも皆さん!!ヽ(゚∀゚)ノ
アルラウネぇさんもいいかな・・・・っと思ってきたjackryですww

いかがでしたか? 乾燥待っt・・・じゃなかった。感想待っております。
では・・・・ノシ

11/05/04 08:30 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33