読切小説
[TOP]
セックスもオナニーも自重しません!
 ふう……今日も1日仕事で疲れた。残業はしたくなかったが、そうもいかない。お陰で夕飯は住んでいるアパートで食べることができなかった。
 そして悲しいかな、俺の"仕事"は終わっていない。いや、会社の仕事はとりあえず終わった。だが、俺にはまだやることがあるのだ。たぶん。いや、きっと。むしろ絶対。
「……」
 あえて「ただいま」を言わず、そっと扉を開けてアパートに入る。途端に予想通りの音が聞こえて来て俺は嘆息する。この音は俺の"仕事"がまだあることを示している。
 そっと廊下を忍び足で抜け、1LDKのリビングの扉を覗いてみる。そこで俺が目にしたのは……
「ちんぽ! ちんぽ! 足りない、足りないよぉ!」
 自宅で全裸と言うのは何も言うまい。そんな人も多くいるのは俺も知っている。だが、これはいけない。大声で隠語を喚き散らしながら自慰をしているのはいただけない。
「ここっ! おまんこぉ! おまんこを俊彦のおちんちんで掻いて! 掻いて欲しいのぉお!」
 俺の名前を呼びながら大股を開いてその中心にある性器にずぼずぼと尻尾を突っ込んでいる女性……ここまで俺のことを意識しながら淫らなことに耽ってくれているのは男として嬉しいが、まあ……ちょっと恥ずかしい。
 さて、俺は今「尻尾」と言ったか?
 そう、先ほどから残念なくらいに激しく一人乱れている女は人間じゃない。カク猿という猿系の魔物娘だ。名前は寧々。俺の彼女である。
「くひぃいい! 寧々のぐちゅぐちゅおまんこぉお! もっと掻き回してほしいいの、としひこぉおお!」
 茶色の毛に包まれた両手で豊満なバストを荒々しく鷲掴みにして揉みしだきながら、アソコが壊れるんじゃないかと思うくらい、寧々は尻尾を出し入れしたり捏ね回したりしている。カク猿の尻尾はかなり丈夫だ。これを使って枝からぶら下がって自分の体重を支えることなど朝飯前。鞭のように使って格闘に生かす者もいる。なのだが……寧々はその尻尾を触手オナニーに使ってしまっている。
 寧々のアソコから尻尾が引き抜かれてはまた押し込まれ、さらに蛇のようにうねる。そのたびにぐちゃぐちゃといやらしい音が、4メートルくらい離れているはずの俺にも聞こえてきた。引きぬかれた時は彼女の愛液で濡れているのが見えた。ふさふさの尻尾はべとべとになって寝ており、色も濃くなっているから分かる。
 おっ、そろそろイキそうなようだ。その尻尾の動きがさらに早くなる。 ……俺、あんなに激しく腰を動かしていたっけ?
「ああっ、あああ! イクっ! イクイクイクイク……うあああああっ!」
 本当に彼女はクライマックスを迎えてしまった。雷に打たれたかのように寧々は身体を弓なりに反らせてイッた。ちょうど、股間がコチラを向いているため、深々と尻尾をくわえ込んだおまんこが丸見えだ。その尻尾はきっとぎゅうぎゅうと膣肉に締め付けられていることだろう。何度も経験しているから俺は知っている。
 そのまま彼女はリビングの床にぐったりと伸びる。その目はとろんととろけきっている……が、こっちを見ている!
「……帰ったなら『ただいま』くらい言いなよ」
「悪い悪い。寧々がどうしているかと思ってね……はい、ただいま」
 俺はリビングの戸を開けながら部屋に入る。どんだけオナニーしていたんだろう。部屋には淫臭が漂っている。
 イッたばかりでまだ動ける様子がない彼女を尻目に俺はかばんを置き、手早くネクタイを外し、そうしながら寧々に訊ねる。
「で、何回イッたの?」
「……そんなもの数えているはずがない」
「やっぱり……それだけ我慢できなかったみたいだね」
 概して、カク猿と言うものは我慢ができない。目の前に美味しいものがあればすぐに飛びつく。遊びたければ遊ぶ。そして気持ちいいことも我慢ができない。ムラムラした時に男がいなければ、それは先ほどの通り。ひたすらオナニーをしまくる。もうバカみたいに、他にすることがないかのように。
 いや、実際何もしていなかっただろう。今朝、俺が洗濯機から取り出してハンガーにかけて部屋干しにしたシャツ類は畳まれていない。全部うっちゃってオナニーしていたのだろう。食器棚とか見ても、いじった様子がない。下手したらコイツ、昼飯も夕飯も忘れてオナっていたようだ。
「う、うるさい! 俊彦のおちんちんとセックスが忘れられないくらいに気持ちよかったのがいけないんだ! おまけにアタシに見せつけオナニーなんか教えこんで……」
「はいはい、俺が悪ぅござんした」
「うぅう……!」
 あんだけはしたない格好でオナニーしていたと言うのに、寧々は顔を紅くしながら叫んだ。こういうふうに言われるのは恥ずかしいらしい。
 さて、今「男がいない時」の話をした。では、男がいる場合は?
「いいや、許さない! 俊彦には責任とってもらう!」
 叫ぶや否や、電光石火の早業で寧々は俺の首に愛液にまみれた尻尾を巻きつけた。さらに足を使って俺の軸足を刈る。どうと俺はアパートの床の上に尻もちをついた。その俺の脚の上に寧々は馬乗りになる。
 男がいる場合、それはもちろんセックスだ。男のちんこを使ってオナニーをし、さらに男に動いてもらって満足するまでよがる。
「あの、俺は仕事で疲れているんだけど……」
「うっさい! アタシのオナニー見てココをこんなにしてるくせに!」
 目をギラギラさせ、はあはあと荒い呼吸をしながら、寧々は俺のベルトを解いてスーツのパンツを下のトランクスごと下ろした。
 下着の抑えがとれた俺の肉棒がぶるんと勢い良く露出する。俺のソコは寧々が言うとおりカチカチに張り詰めていた。無理もない。あんまりにもあけすけなオナニーだったけど、でもエロかった。その場で俺も寧々のオナニーをオカズにオナりたかったくらいに。
「んむぅう!」
 飛び出た俺のペニスに、間髪入れずと言った感じで寧々はむしゃぶりついた。そのままじゅぽじゅぽと頭を揺らしてくちびるでしごく。まずは一杯ならぬ、一発ヌイて精液を飲むつもりらしい。
「むぐ、んむっ、じゅぷじゅぷ……れる……んふぁあ……おちんちん……♥ 俊彦の勃起ちんちんん……♥ はむぅう、ん、じゅるじゅる……♥」
 精液の放出を急かすかのように吸引され、くちびるでしごかれ、べちゃべちゃと味わうかのように舌が肉棒を這いまわる……イグニスもかくやと言わんばかりの熱のこもったフェラチオ……その熱に浮かされたかのように寧々はささやく。その言葉が俺をさらに興奮させる。
 寧々のフェラチオに、俺を気持ちよくしてやるという気持ちはもちろんあるが、それより自分が精液を飲みたいという気持ちの方が強い。その証拠に、彼女は自分が気持よくなるのも忘れていない。
 桃を思わせるような丸くて綺麗な割れ目が入っていて、ほんのりと発情で赤くなっている寧々の尻……その尻越しに、尻尾がまた彼女の蜜壺の中に潜り込んでいるのが見えた。そしてぐちゅぐちゅと音を立てながら抽送している。それだけではない。寧々の左手は俺のペニスの根本に添えられて細かく上下に動かしてしごいているが、利き手の右手は身体の下を通って股間に行っている。自分でクリトリスを弄っているのだ。
「んんん! んむっ、んぐ……んふううう! ん、じゅる……んんん……!」
 自分の尻尾と指がもたらす快楽に悶えながらも寧々は俺のちんぽを咥えて離さない。舌の動きが乱れるが、そのくらいがちょうどいい。彼女が本気を出したら俺は瞬殺されていただろう。
「んふぁ……出して……出して♥ んくぅう! 俊彦のちんぽ汁……アタシのお口にちょうだぁい……♥ はむっ! んんん!」
 フェラチオを中断し、自慰の快楽に言葉を途切らせながら寧々は射精のおねだりを俺にする。その言葉が引き金となったかのように、俺の身体は寧々のおねだりにほいほいと従った。
 甘い疼きが俺の腰のあたりに広がる。そして精液が輸精管を、尿道を通り、寧々の口の中に放出された。
「んんんっ! んんんんんん!」
 精液を口腔粘膜に受けたからか、ちょうど自慰で自分も張り詰めていたのか、寧々も達した。びくびくと背中が凹んだり盛り上がったりと波形を描く。それでも俺のペニスは咥えて離さない。口を開くのは俺の精液をすべて受け止め、さらにちんぽをストローのように吸って尿道内に残っている精液まで吸い上げてからだ。
「うぅうう!」
 射精直後の敏感なペニスに吸引の刺激を加えられ、俺はびくびくと震えながらリビングの床に仰向けに倒れこんだ。その俺を、寧々が立ったまま跨いだ。猿の尻尾が寧々の股間に深々と潜り込んでいる。
「オナニーなんかじゃ足りないよ……気持よくても足りないよ……俊彦のおちんちん、アタシにちょうだい……♥ アタシのこと気持ちよくして……♥」
 ずるりと、オナニーに使われていた尻尾が、陰唇をまくりながら外に出されていく。すべてが出た時、ぽっかりと開いた膣穴が俺の目に飛び込んできた。あれだけ尻尾の毛に吸われたと言うのに、その肉壷は物欲しそうにひくつきながらよだれをたっぷりと溜め込んでいた。ぽたりとその白い本気汁が女陰から滴り落ち、俺の肉棒にかかる。その淫靡な光景に、愛液を浴びた俺のペニスは瞬く間に勃立した。
 剛直を取り戻した俺のちんぽをむんずと寧々は掴む。そうして固定して狙いを定め、腰を落としていく。ためらいも焦らしもない。すぐに、ぬぷりと俺のモノは寧々のソコに咥え込まれた。
「んふぉおお♥ これっ、これじゃないと満足できないのぉお♥ 俊彦のぉ♥ 俊彦のおちんちん♥ これが気持ち良いのぉお♥」
 あられもないことを口走りながら、寧々は腰を弾ませ始めた。一日中ウォームアップに努めていたようなものだ。その動きは最初からトップギアだ。釘を打つハンマーのように、寧々は腰を持ち上げては落とし、持ち上げては落としを繰り返す。
「はふっ、ぐっ……!」
 その激しい動きに俺は歯を食いしばる。動きだけではない。さんざん尻尾を咥え込んでかき回していたと言うのにその膣はゆるくなってなどいない。むしろ締まりに磨きがかかっているかのようだった。寧々のヴァギナは愛液をぬらぬらと塗りたくりながら、ぎゅうぎゅうと俺のペニスを締め付けてくる。ちょっとでも油断するとまた射精してしまいそうだった。
 幸い、寧々は俺の弱点を攻めているわけではない。自分の弱点を攻めている。自分が気持ちよくなるために。ガンガンと腰を振り、子宮口に亀頭が当たるように仕向けている。
「んぉ♥ 奥っ♥ 奥まで届いてる♥ 赤ちゃんの部屋に……♥ 俊彦のちんちんが……♥」
「……っ、寧々……そんなに激しく動いていると……またお前が先にイクぞ?」
 自分の射精感を紛らわせようと、またちょっと寧々をからかおうとして俺は意地悪く言ってみる。だが寧々はほとんど聞いていない。
「いいのぉお! 我慢できないのぉお♥ 気持ち、いいっ♥ 気持ち良くて腰止まらない……あっ、ああっ♥」
 上下の腰の動きに、前後の動きが加わる。子宮口を突くだけでなく、その周辺の肉も押し広げるかのような動き……イキそうなときに寧々はこの動きをする。隠すつもりもなく無意識にやるからバレバレだ。
「も、もダメ、イクゥ♥ イッちゃうぅ♥ おまんこ、おまんこ気持ち良いっ♥ いい、いい♥ イクイクイクイクイクぅ♥」
 あられもない言葉をまき散らしながら寧々は俺の上でびくびくと痙攣した。今日何度目のアクメだろう? だが残念ながら、寧々はこれしきで満足しない。すぐにまた俺を求めて腰を動かすことだろう。ならば、それを待つと言うのは良い手ではない。寧々とのセックスは確かに気持ち良いし俺も好きなのだが、いかんせん俺は疲れているし、明日も仕事がある。事後の快感に包まれながら早く寝るべきだ。
 先手を打つべく、俺は下から寧々を突き上げた。
「んひぃい!?」
 不意打ちを食らった寧々は食いしばった歯から嬌声を漏らす。だが俺は手を……いや、腰を休めない。今の突き上げで床と俺の尻の間にスペースができたので、高速ピストンを繰り出す。
「やっ、だめ♥ 速すぎぃ♥ おまんこ、おまんここすれる、こすれちゃうぅう♥」
「何がダメだ、これが好きなんだろっ!」
 仕事と二度の射精で疲労した身体に鞭打って俺はピストンを続ける。首をぐいっと下に向けると、ひっきりなしに、俺のペニスが寧々のヴァギナを出入りしているのが見えた。かなり速い動きなので、寧々の愛液が泡立ってさらに白くなってしまっている。結合部から上に目を向けると激しく揺れる寧々の胸が、さらにその上では舌を突き出して喘いでいる寧々のだらしない顔が見えた。
「ま、またイク、イッちゃう、んほっ、あはあ♥」
「挿れてから俺はまだイッてないぞっ……! 少しは……我慢したらどうだ……!?」
 かく言う俺の方も、我慢は我慢でもやせ我慢だ。だが寧々の方はそれすらできない。
「ムリ、ムリムリムリぃ♥ がまん、できないぃい♥ イクイク、イッちゃ……んああああっ♥」
 絶頂直後にさらにもう一発絶頂。ついに寧々は身体を支える力を失って俺の上に倒れこむ。だが、これも一時的。すぐに復活してしまう。そうなる前にまた満足させなければ。
 男の力を使って俺は強引に起き上がった。その力に押されて寧々は獣の姿勢を取らされる。形勢は完全に逆転。寧々の桃尻に手を添えて俺は腰を激しく打ち付ける。
「んはぁああっ♥ ダメっ♥ それダメぇ♥ バック弱いからダメぇえ♥」
「何言ってんだこのエロ猿! 自分から腰振っているクセに!」
 上半身は完全に崩れ落ちているのに、下半身の方は未だに貪欲だ。俺が腰を前後に動かしているのに合わせて、寧々の腰も左右に揺れている。おかげで俺のペニスは激しく膣内で撹拌されていた。これでは一回射精したというのに持ちそうにない。少し休むべきか……俺は寧々の膣内から抜けだそうとしたが……
「もっと、もっとぉお♥」
 さっき「ダメ」とか言っていたくせに、寧々の本音はコレだ。その本音は腰だけではなく、尻尾でも表してきた。しゅるりと尻尾が俺の腰にまとわりついてきた。逃げられないように。そしてぐいぐいと腰を押し付けてくる。ぐにゅぐにゅと、子宮口が敏感な亀頭に擦り付けられた。
「ぐっ、うっ……!」
 寧々の二回の絶頂に道連れにされなかったのが不思議なくらい、我慢していたのだ。耐え切れずに俺は寧々の蜜壺にどくどくと精液を注ぎ込む。
「んあっ♥ 出てる……♥ 俊彦のせーえき……♥」
 獣のように喘いでいた先ほどとは打って代わり、とろけた声でカク猿は膣内射精の感覚を楽しむ。魔物娘の女性器は、男性器で抽送される感覚も好むが、男の精液を受け止めるのも至高の快感だ。
 さて、ではアソコをほじられ、精液だけ受けていればそれで満足か……そうではない。少なくとも俺の彼女、寧々はそうではなかった。自分の後ろで、二度目の射精でぐったりしかけている俺に首を向け、甘えた寧々はねだる。
「ね……もう一回、シテ♥ アタシ……最後は俊彦の顔見ながらイキたい♥」
 ……その声で振り返りの仕草でそのおねだりは反則ではなかろうか。寧々の膣内で、力を失いかけた肉棒がまたこの猿型魔物娘に種付けをしようと獣性をみなぎらせる。そうまでなっていながら、何もしないのはお互いに……俺にも、寧々にも良くない。
 俺は寧々を仰向けに転がし、覆いかぶさる。そして再び挿入した。
「んはあああ♥ 入ってくる♥ 俊彦のおちんちん♥ アタシのおまんこにぃい♥」
 インサートの快感に寧々は思わずと言った感じで俺の腕にしがみついた。メス獣が自分の虜になっているその様子に満足しながら、俺は獣欲に任せて腰を猛然と動かし始めた。寧々が一日溜め込み、さらにこの時間から俺が放った淫臭と湿気が篭もるこのアパートの一室に、ぐちゅぐちゅという水音と肉がぶつかり合う野性味溢れる音が響く。
「おお゛っ、ああっ♥ ナカ♥ ナカぐちゅぐちゅされてる♥ んぁああ♥」
「気持ち良いか、寧々!?」
 淫語を口走る寧々に俺は訊ねる。答えはすぐに返ってきた。
「気持ちっ♥ 気持ちいい♥ おまんこ気持ちいい♥ 俊彦のおちんちんでおまんこ気持ちいぃい♥」
 たまらないと言った様子で首を激しく左右に振る寧々。何度か寧々のオナニーは観察させてもらったが、こんなふうにまで乱れるのは、実はセックスだけだ。彼女曰く、オナニーはオナニーで気持ち良いが、セックスの方がやっぱり上、らしい。「そりゃ自分の指とか尻尾とかより、俊彦のおちんちんの方が気持ちいいもん♥」と寧々は言う。そう言ってくれ、そしてここまで乱れてくれた男として嬉しいものだ。
 いつまでもそうしてよがらせたいところだが、俺にも、そして彼女にも絶頂と言う終わりが見えてくる。先に我慢できなくなったのは寧々だ。
「イクっ、またイッちゃう♥ おっきいの、きちゃうっ♥ としひこっ、としひこも一緒にぃいい♥」
 そう言って寧々は木から落ちそうになった猿が枝にしがみつくかのように、俺にしがみついた。そしてアクメに達した。今、彼女の頭は真っ白になっているはずだ。俺もそうなのだから。
 オーガズムに達した寧々の膣が俺のペニスをぎゅうぎゅうと締め付ける。射精をせがむかのように、乳搾りをするかのように。寧々の締め付けに耐えかね、俺の肉棒からどくどくと粘液が漏れ出て行く。それを感じながら、俺の意識は現実と混沌の間を漂い始めたのであった。

「気持ち良かった……今も、気持ち良い……」
 熱気と熱い吐息が残るアパートの部屋にて。寧々の声がぽつんと響く。「今も気持ち良い」と言う寧々。その膣には相変わらず俺のモノが刺さっている。もっとも、三度の射精でさすがに力を失いかけているのだが。
「すごく、気持ち良い……」
「……動いていないのに?」
「……分かるでしょう?」
 少し不満そうに彼女が頬をふくらませる。照れくさくなって俺は顔を横に向けた。その俺に寧々は俺の身体に回していた手足と尻尾に力を更に込めた。
 オナニーもセックスもどちらも気持ち良い。だが、寧々はオナニーよりセックスをしたがる。理由の一つは先ほどの通り。だがもう一つある。理由がある。
 このぬくもりが好きなのだと寧々は言う。そしてこのぬくもりはどんなに自分を慰めても、どんなにそれを思い出そうとしても味わうことができず、虚しいのだと言う。
「……あー、でも俊彦にそう言われるとまたちょっと激しくおまんこしたくなってきた」
「ちょっと待て」
 突然の不穏な発言に俺は声を上げる。だがもう遅い。仕事疲れと夜のお務めに疲れた俺は、精液を受けて身も心も上々の魔物娘に転がされる。
「大丈夫。あと一発、俊彦のおちんちんでオナニーしてスッキリしてから寝るから」
「いや、何が大丈夫かさっぱり分からない。俺明日仕事あるし、寧々がヤッている間寝られないし」
「問答無用っ!」
 そう言いながら寧々は腹筋に力を込めて俺のモノを締め付ける。悲しきは男の性かな、その刺激で俺のモノはまた力を取り戻し始める。さすがに先ほどのようにカチカチとまではいかないが、それでも寧々が満足する程度には勃起したようだ。
「アタシがシたいからヤる。それ以上何がある? ん、あはぁ……♥」
 欲望のまま俺の上でまた腰を振り始める寧々。その彼女に俺は嘆息する。
 彼女の辞書に「我慢」の二文字はない。セックスもオナニーも自重しやしない。
 傍若無人で奔放な、可愛い猿の魔物娘の彼女に苦笑いする。そんな彼女の嬌声を子守唄にしながら、俺は目を閉じた。
15/04/04 02:26更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
という訳で、欲望を解き放って書いてみました、沈黙の天使です。
淫語喚き散らしセックス&オナニーはあんまり得意ではないのですが、でもこのカク猿にはそれが似合いそうだったので積極的に使っていきました。いかがだったでしょうか? お口に合えば、そしてオカズになれば幸いです。

リアルが忙しくなりそうなので投稿頻度ががくっと落ちそうですが(すでに書かれている非公開SSを公開する『TANAGOKORO』は除く)、この沈黙の天使を忘れないでやってくださいませ。何卒よろしくお願いします。
それでは、またどこか、次のSSで、ごきげんよう。

もう2時過ぎているやないが……何しとるん……

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33