読切小説
[TOP]
刀と炎拳の邂逅
「そこの男、待ちなサイ!」
 人気のない森のなかをボロのような着物と袴を身にまとい、編み笠をかぶって歩いているのは旅の浪人、真崎禄朗。仕えていた君主を最近失い、新たな仕官先を求めて諸国を歩きつつ、武者修行をしている気ままな浪人である。
 そんな禄朗が森の中を歩いていた時、彼は女の声に呼び止められた。振り向いてみると小柄な女が木の陰からゆっくりと歩み出てきた。なるほどと禄朗は頷いた。武闘家だ。動きやすそうな、布地が少なく切れ込みも入っていて太ももが覗いている武闘装束を身にまとっている。そしてその胸元では悩ましい曲線が描かれている。すらりと伸びる白い太ももが、薄暗い森の中でもイヤに艶めかしく移った。だが、その下では紛れも無く鍛えられた筋肉が脈打っている。
 女ではあるがかなり手練の武人のようだ。今はただひっそりと立っているだけなのに、その姿に隙が見えない。凛とした顔立ちが美しく、矢のように鋭い目がこちらを射抜いていた。
 これだけ見ると跳ねっ返りの村娘か何かに見える。だが、ただの娘ではない。
 その手脚は炎に包まれており、耳は鼠のように丸い物が頭頂部にふたつあり、ひくひくと動いている。
「魔性の者……火鼠か」
 禄朗は目を細める。火鼠は頷いた。
「いかにモ。アタシは霧の大陸から修行のために来た火鼠、ジョウシュウ言ウ。アタシと勝負しなさイ!」
 独特な霧の大陸訛りの言葉でジョウシュウと名乗る火鼠は真崎に勝負を挑んできた。禄朗は眉を寄せた。
 火鼠の生態を禄朗はほとんど知らない。知っていることはひとつ。今目の前にいる彼女のように武人肌の者が多く、同じように武芸に身を置いている男を見たら積極的に手合わせを挑んでくると言うことだ。
 ジョウシュウはどこからともなく木剣を取り出して禄朗に放る。禄朗はそれを受け取った。長さおおよそ三尺(約90cm)。禄朗が腰に差している刀より少々長い。
 ジョウシュウが問答無用で構える。禄朗は眉を寄せた。彼にとっては気が重い勝負だ。相手は決して弱くはないだろう。魔物娘として持っている天性の運動能力や反射神経、加えて彼女は武術の鍛錬も積んでいる。決して弱くはない。武者修行で経験を積むとしては十分な相手だ。だが、事はそう単純ではない。相手は、女なのだ。女に本気になるのは少々気が引ける。それがたとえ、人間より強い魔物娘としても。また、万が一負けた時は……お笑い草だ。
 そして何より……魔物娘の性質だ。絡まれたら一生付きまとわれ、伴侶となる。まだ仕官がかなっていない彼としては、所帯を構えるのには早過ぎる。これらの要素が禄朗をためらわせる。
「さあ、構えなさイ! それとも女のアタシの前から逃げ出すつもリ!?」
 木剣を持ったまま動こうとしない禄朗にジョウシュウは挑発する。禄朗はため息を付いた。残念ながら、勝負を挑まれた時点で彼に選択の余地はないのだ。木剣の刃をジョウシュウに向け、柄を両手で握った。二人の間に緊張が走った。
「行きマス!」
「……来い!」
 二人の声と共に戦いの火蓋が切って落とされた。
「ハイッ!」
 素早くジョウシュウが間合いを詰める。彼女は無手。故に懐に潜り込まないと話にならない。その懐に潜り込む前に禄朗の間合いに入り込まないといけない。だがジョウシュウはためらいなく踏み込んでくる。
『速い……!』
 禄朗は驚き舌を巻きつつも、右脚を引き、脇に剣を構えた。そして機を見て剣を真横に薙いだ。しかし、その薙ぎ払いはあっさりと屈んでかわされてしまう。
「甘イ!」
 ジョウシュウが屈んでから立ち上がる勢いを加えた掌底を放ってくる。これで顎を撃ちぬかれれば立っていられないだろう。禄朗は前に跳んだ。後ろに跳ばなかったのは、すでにジョウシュウがもう一方の手で追撃の準備をしていたからだ。
「意外とやル……!」
 禄朗の判断と行動にジョウシュウも少々驚いたようだ。だがすぐに気持ちを立て直し、彼を強襲する。まだ彼女の間合いだ。
 強力な回し蹴りが彼女から放たれた。炎を纏った右足が禄朗の腹部を蹴りぬこうと迫ってくる。上体を反らして禄朗はそれを躱した。だが、重心を後ろに持っていくと言うことは、それは相手に追撃の機会を与えることだ。
「ハイヤッ!」
 ジョウシュウの身体が一回転し、左足の踵が禄朗の顎を狙ってきた。大胆な開脚によって彼女の艶かしい太ももと、武闘着の切れ目から艶やかな赤色の下着が露わになる。だがそれに鼻を伸ばす禄朗ではない。身体を後ろに投げ出してそれを躱す。少々不格好であったが、そうせざるを得なかった。地面を転がって素早く起き上がる。身体に土がついた彼をジョウシュウは軽く笑った。
「どうしタ? ジパングのサムライは腰が抜けているのカ?」
「……ふぅうう……」
 禄朗は長く息をつく。挑発だ。これに乗って大ぶりな攻撃を見せたら、その隙にあの掌底が飛んでくる。それは避けねばならない。
 だがかと言ってこちらから仕掛けなければ大丈夫かと言うと、そうでもない。あの踏み込みと、攻撃を躱す反射神経を見ると、まったく油断はできない。
『だが今の技、見たぞ……勝機はある!』
 ジョウシュウの戦闘力は目を見張るものがあったが、真崎禄朗とて武芸に身を置いている者。今の二段回し蹴りの甘さに気付いたのだ。
 禄朗は突然、木剣を放り捨てた。ジョウシュウが驚いた表情をし、そして小さなくちびるを歪める。
「本当に腰抜けなのカ? 降参カ?」
「……いや、俺もちょっと本気を出さねばなるまいと思ってな……」
 禄朗の手は腰の剣を叩いていた。ジョウシュウの顔が引きつる。
「ま、待テ! 真剣カ!? それはさすがに……」
「……どうした、貴様の得物はその拳と脚であろう。だが俺の得物はその木剣ではない。それではいささか不公平であろう?」
 剣を禄朗は抜き放つ。鞘から刃が抜け出るごとに彼の胸のうちの炎が燃え上がる。それは、目の前の強敵によってかき立てられた闘志。もっとも、禄朗自身はそれが同時に火鼠の生態によるものでもあることは知らない。
「さあどうした……相手が真剣になったとたんに尻尾を丸めて逃げるか、ネズミ……!」
「……そ、そんなことナイ! 行くゾ!」
 ジョウシュウは声を張り上げ、大地を蹴って禄朗に迫った。だがその勢いは先ほどと比べると弱い。やはりなと禄朗はニヤリと笑う。
 このジョウシュウは確かに強い。だがそれはこのように手合わせで鍛えられたものだ。殺し合いをしたことはないだろう。もっとも、魔物娘は人を好んで殺したりはしないため、彼女の方から殺し合いをしはしなかっただろう……だが、命を狙われたような勝負はしたことがない。
 さきほどの回し蹴りは、禄朗は躱したが、落ち着いていれば刃で受け止めることもできた。するとどうなるか。彼女の脚は斬れてしまう。しかしジョウシュウはためらいなく蹴りを放った。相手が木剣だったからだ。その甘さを禄朗は見抜いていた。
 そして、果たしてそのとおりであった。ジョウシュウは禄朗の間合いから少し離れたところで脚を止めた。それ以上進む勇気は出ない。禄朗の刃が光っている。
「どうした……来い」
「……そっちコソ!」
 禄朗の挑発にジョウシュウは挑発で返す。彼の攻撃を誘い、それに攻撃をかぶせるつもりなのだ。これなら彼女には比較的安全に攻撃ができる。
 その挑発に乗らず、彼女を焦らした上で攻撃をする手も禄朗にはあった。だが、内なる闘志が彼にそうさせなかった。
「……!」
 無言で彼は遠い間合いから剣を振る。切っ先がジョウシュウの髪を幾本か断った。火鼠の顔が引きつる。だがそれでも、武人としての修行が彼女の身体を動かしたらしい。彼女は一度後ろに跳んで仕切り直そうとした。
 それを禄朗は追う。素早く踏み込んで切り上げる。武闘着の飾りが飛んだ。追撃の手を禄朗は休めない。今度は真横に剣をなぎ払う。
 ここでジョウシュウの目に火がともった。真剣も木剣も、対処は同じ。それをようやく悟ったのだ。薙ぎ払いを、上体を反らすことでかわし、素早く前に踏み込んで反撃をしようとする。
 だが、そのことも禄朗は織り込み済みであった。薙ぎ払ったそのままの姿勢で彼は突進し、体当たりをジョウシュウにかました。
「きゃああ!?」
 剣ばかりに注意が行っていたジョウシュウはそれを避けることができない。また、体格からもその体当たりに打ち勝つこともできない。
 ジョウシュウはもんどりを打って倒れた。禄朗は剣を思い切って放り捨て、体当たりの勢いのまま彼女を組み伏せた。
 上から押さえこまれたジョウシュウは何とか反撃しようともがいた。が、その動きがすぐに固まった。編笠の下の彼の顔を見たのだ。
 真崎禄朗の顔には深い刀傷が入っていたのだ。幸い、目には達していない。だがその傷は生々しく、引きつれていた。よく見れば彼の首や胸元にも刀傷が走っている。
「そ、その傷ハ……!?」
「先月、前に仕えていた所で大騒動があってなあ……それで受けた傷よ……!」
 手合わせだけで強くなったジョウシュウと、そのような命のやりとりがあった真崎。その差が勝負とはまた違う形で明らかになった。
「勝負あったな、火鼠……!」
「ウゥ……!」
 禄朗の傷に驚いていたジョウシュウであったが、彼に勝利宣言をされて悔しそうに顔をそむけた。だが、その目が見開かれ、再び禄朗を見据える。
「って、何をやっているんダ、お前ハぁあ!?」
 今度は禄朗が驚く番であった。彼はいつの間にかジョウシュウの武闘着に手をかけ、剥いていたのだ。武闘着とサラシの下に隠されていた、水蜜桃のような胸が露わになる。それは彼女が拳を武器に戦う者でありながら、女であることを主張してぷるぷると揺れていた。
 出会ったばかりの女に、手合わせで勝ったからと行って乱暴を働くのは、浪人しているとはいえジパングの男として許されることではない……禄朗はそう思った。だが彼のその理性を、戦い後の内なる猛りが燃やし尽くす。それが火鼠の魔力によるものだと禄朗は、そしてジョウシュウ自身も知らない。
 禄朗の目が情欲で燃え上がった。ギラつく目で彼は更にジョウシュウの服を剥ぐ。武闘着の前は完全にはだけ、平らな腹、回し蹴りの際に顔を覗かせた下着が露わになる。
「ほ、本当に何をヤッているんダ!?」
「やかましい! このような扇情的な格好をして! 本当は貴様もこのようなことを望んでいたのであろう!」
「そ、そんなこと……はうっ!」
 ジョウシュウが口をつぐんだ。男が欲望のままに、彼女の胸を揉みしだき始めたのだ。鍛えあげられた胸筋の上に乗っている膨らみは柔らかさと共に弾力に富み、禄朗の指を変形して受け入れつつも押し返す。
 独り身の禄朗。仕官もしていないのだから金はないため、遊女を買ったりすることもできない。当然彼は女に飢えていた。その渇きを満たすかのように彼は火鼠の胸にむしゃぶりついた。嫌がる女を辱めることなど男のすべきことではないと、彼の理性が叫んでいるが、かき消される。
「んっ、んん……」
 いつしかジョウシュウは抵抗をやめていた。男の愛撫に身を任せている。武芸に身を置けども彼女は魔物娘。男に触れられると、彼を求める本能がマグマのように膨れ上がる。
 胸を貪っていた禄朗が、次の目標、下を目指す。さすがに彼の手が下着に伸びた時はジョウシュウはかすかな抵抗を示した。だがあっさりとその弱い抵抗は打ち払われ、彼女の女の部分を守っていた布は男の力によって引き裂かれる。
 性欲にギラつく禄朗の目が細められる。
「ほぅ……嫌がりつつも女陰はいやらしく涎を垂らしておるが?」
「い、いヤ……見ないデ……!」
 気丈な女武闘家が顔を真っ赤にし、自らの顔を両手で覆う。そんなことをしても何も意味はないのに。むしろその手を使って男を攻撃し、逃げることもできるのに。だが魔物娘は物欲しそうに秘裂をひくつかせるのであった。
 その花園に禄朗はためらいなく鼻先をこじ入れ、舌を伸ばす。
「ひゃぁああんっ!?」
 伸びやかな嬌声がジョウシュウの口から上った。その声が禄朗の情欲の炎を駆り立てる。女経験はある禄朗だ。どこをどう攻めれば女が鳴くかは知っている。せっせと彼の舌はすでに充血して赤く尖っている陰核を、花弁を、その奥からあふれる蜜を舐めまわす。べちゃべちゃと。その音は風の音だけが虚ろに通り過ぎる森の中、いやらしく響いた。
「そ、そんなイヤらしク……やあっ! そこ! お豆はダメっ……ひぃいい!」
 口では嫌がりつつも魔物娘の身体は正直だ。性器を刺激され、さらに唾液を塗りたくられ、ジョウシュウは下肢から上る快感に身体を震わせる。
「おかしく……おかしくナル……! ひあああああっ!」
 そのまま彼女は達してしまった。腰をガクガクと振り、無意識のうちに股間を禄朗の顔に押し付ける。そして彼女は脱力した。
 ジョウシュウは果てたが禄朗はそうではない。むしろ、禄朗をこうまでに駆り立てた欲は処理されておらず、むしろジョウシュウの痴態を見てより燃え上がっている。
 もどかしそうに彼は服を、そして下帯を脱ぎ捨てた。ジョウシュウに渡された木刀に勝るとも劣らない立派な逸物が現れる。性の極地を極めて目の焦点があっていなかった彼女もそれを見て声を震わせる。
「そ、そんな大きナの……!」
「む、その反応……生娘か」
 情欲の炎に煽られている禄朗の声に戸惑いが漏れる。破瓜の痛みは身を引き裂かれるほどと言う。それを、始めて出会ったばかりのこの娘に与えると言うのか……女に飢えていたとて禄朗は鬼ではない。そのことに戸惑いを覚える。
 だが、火鼠の能力がそれを許さなかった。禄朗は左手でジョウシュウの肩を押さえ、右手を自分の肉刀に添えた。そして亀頭を、一度達してぬかるんだ秘裂に押し当てる。
「すまぬ、抑えが効かぬ……!」
「そ、そんな……ひぎぃい!」
 悲痛な悲鳴が森に響く。浪人の分身が、火鼠の処女地に侵略していた。
「お、おおおお……」
 破瓜の痛みに顔をしかめるジョウシュウに対し、禄朗は先ほどの戦いの時の勇ましさはどこへやらと言った情けない顔を晒している。ジョウシュウの中はそれこそ火のように熱かった。それだけでない。粘液と媚粘膜がじゅるじゅると彼の竿に絡みついてくるのだ。極めつけは締め付けである。処女である上に蹴りなどで鍛えあげられている彼女の下半身。膣肉もしかり。それは受け入れた男を強気な性格のままに男を屈させようと締め付けてくる。並の男であれば挿入した瞬間に果ててしまったであろう。
 そして、女日照りで久方ぶりの交わりである禄朗も、長くは持たなかった。数度、抽送を繰り返しただけで、射精が始まってしまった。
「あああっ! 出てル……! アタシを負かしタ男の精液……どくどくって……!」
 突然の膣内への射精にジョウシュウは声を上げる。自分が挑んで負けたとは言え、男に犯されてあまつさえ膣内に子種を放たれる……普通の女であれば絶望に打ちひしがれることであろう。だが火鼠の彼女は、彼女自身も分からないまま、それを嬉々として受け入れていた。事実、その声には絶望より甘さの方が混ざっている。
 たっぷりと精を注いだ禄朗は、肉刀を火鼠より抜いた。どろどろと、放たれた白濁液が処女孔から漏れだし、尻を伝って下に敷かれている彼女の服を汚す。
 その淫靡な光景に、情欲の炎がまた燃え上がる。股間のモノも力を取り戻していた。
 気づけば彼は自分が打ち負かした魔物娘に命じていた。
「四つん這いになり、尻をこちらに向けろ」
「ハイ……」
 もう彼女は拘束されていない。それなのにジョウシュウはあっさりとそれに従った。はだけた武闘着を袖口から落として産まれたままの姿になり、獣の姿勢を取った。
 蹴りで鍛えあげられている彼女の脚は見事な物であった。それでいて傷やシミは一切見当たらない。その合流点、尻は幅広く、安産型でしっかりとしている。そして尻の割れ目のすぐ下では先ほど禄朗の子種汁を受けた牝性器があった。まだ物欲しそうに、白濁の液を垂らしている。精液混じりの愛液を。
 禄朗はその腰に両手を添えた。逃がさないとばかりにジョウシュウの鼠の尾がそれに絡みついた。
 そのまま禄朗は己の腰を押し進める。肉刀が再び肉壷に納められた。
「ぬお……」
「はぁああああっ♥」
 相変わらずのキツさに禄朗は声を上げる。そしてジョウシュウもまた声を上げる。だがその声は今度は純粋に快感に染まっていた。最初こそ破瓜の痛みに呻いていたが、そこは魔物娘。すでに慣れ、男を受け入れることに、男とのまぐわいに快感を覚えている。
「ふんっ、ふんっ、ふん!」
 武士として鍛え上げられた腰を使い、禄朗は火鼠を後ろから突く。ぱんぱんと、男の太ももと女の尻がぶつかり合う乾いた音が響いた。それを基板に、男と女の嬌声の唄が謳われる。
「あ、あひっ! はっ、はっ! モット! もっと突いテ……!」
「こうか、こうか!? この好き者め……!」
 禄朗の肉刀がジョウシュウの子袋の入り口を叩いた。深い突きに火鼠は背中を弓なりに反らせて嬌声を上げる。
 そして子宮口を刺激されたためか、魔物娘の膣肉がきゅうきゅうと男のモノに絡みついて射精をねだった。達したのだ。
 がくりとジョウシュウの上体が崩れ落ち、乳房が地面についてひしゃげた。はあはあと彼女は荒い息をつく。一方、禄朗もまた荒い息使いだ。しかし一度達したためか、道連れにされることは避けたようだ。
「はあ、はあ……ねえ……」
 四つん這いのまま、ジョウシュウが背後の禄朗を振り返る。その顔は出会った時の、矢のような鋭さはなく、淫靡にとろけきっていた。
「もっト……シテ……アタシを……孕ませテ……♥」
 魔物娘の、獣の本能に忠実な要求。もう今の彼女は武闘家ではない。オスと子を成すことと快楽を望むメスであった。
 それを聞いて黙っていられるオスなどいない。汗を飛び散らせながら再び禄朗は抽送を始めた。この魔物娘を悦ばせるため。そして射精してこの魔物娘を孕ませるため。
「ひぃいん♥ スゴい……スゴいのぉオ♥」
 ジョウシュウもまた、自分を突いている男を射精に導くべく、自ら腰を揺すっていた。再び響く、肉がぶつかり合う音。さらに牡液と牝汁が肉棒と肉壁で混ぜられる、ぐちゃぐちゃと言う音が二人の結合部から淫らに響いた。
 そして終わりの時が近づく。
「もうダメ……イク……イクッ! くぅうううう!」
「俺も……うぉおおおお」
 快感を上り詰めた二つの声が迸る。その二人がつながっている部位では、男根が脈打ってだくだくと子種汁を子袋に注ぎ、歓喜に震える女体はそれを一番大事なところで受け止めていたのであった。





「……申し訳なかった! 面目ない!!」
 時経たずして。火鼠の影響もあった情欲の炎から解放された真崎禄朗は正座をし、額を大地に擦りつけていた。頭を下げている相手はもちろん、ジョウシュウだ。
 恥ずかしそうにジョウシュウは剥がれた武闘着を胸元まで引き上げている。その手には、炎はない。真っ白なふわふわとした毛が代わりにある。手だけでない。足も真崎の前に現れた時、戦いの時は炎に包まれていたのに、同じく白い毛があるだけだ。
 実は、火鼠は本来は臆病な性格も持っている。そう、真崎が真剣を抜いた時にジョウシュウが怯えたように。だが、火鼠が纏う炎は彼女たちの内なる闘争心を駆り立て、同時にそれを表す。
 しかし炎は水をかければ消える。火鼠は大量の水を浴びると元の臆病な性格となり、しおらしくなる。その「水」と言うのは何も真水とは限らない。淫水、すなわち精液でも消える。いや、むしろ精液が本来の、火鼠の炎を鎮める水だ。夫を得た火鼠は水を浴びたくらいでは炎が消えないのだから。
 今、真崎に打ち負かされ、火鼠の炎によって情欲のままに動いた彼に犯され、そして精液をその身に受けたジョウシュウの炎は、収まっていた。同時に禄朗も、落ち着きを取り戻していた。
 そして落ち着いた彼は後悔と言う言葉では言い表せないくらいの念に苛まれていた。魔物娘の影響とは言え、女子に乱暴を働いた。これはもはや自ら腹を切って詫びるべきなのでは……そのように禄朗は感じていた。
「かくなる上は……!」
「まあ待テ待テ……」
 脇差しを取り上げようとした禄朗をジョウシュウは止める。
「確かにもう犯されに犯されタ……今もアタシのお腹の中は精液で一杯ダ……」
 ジョウシュウは服の上から下腹部を撫でる。彼女の言葉どおり、その中では真崎が出した温もりが残っていた。おさまりきらなかった液は彼女の膣壁を伝って外に漏れ出ている。服のせいで見えないが。
「でも途中カラ、アタシもソレを望んだ……強い男の子を孕みタイって……」
「……だがしかし!」
「ソウ、そこでだがしかし、ダ! それでも乱暴ハ乱暴! 責任をとってモラウ! 最後マデ! 死んで責任とか許さナイ!」
 強い口調で言い切ったジョウシュウだが、炎を纏っていないのでかなり精一杯の勢いだったようだ。そして、その頬は乙女のように赤らめている。彼女が言っていることを察して、禄朗も顔を赤くした。
「それは、つまり俺と夫婦に……」
「拒否権はないゾ!」
「……分かった。男、真崎禄朗。覚悟を決める!」
 真崎禄朗は一度、顔を上げた。そしてもう一度、ジョウシュウに頭を下げた。
「ジョウシュウ殿。俺はまだ浪人の身。明日に食う物も困る身……その上、打ち負かしたおなごの貴様を犯すほどの男だ。それでも、一緒になってくれるだろうか?」
「……ハイ、よろしくお願いシマス」
 炎が消えている彼女もまた、正座をし、そっと男にお辞儀をしてその言葉を受けた。


 時が経ち、とある国にて一人の浪人が召し抱えられた。その男は炎の魔剣を操った。
 顔に大きな傷もある上そのような怪しげな剣術も使うため、始めは真の妖かしかと恐れられたが、それは妻である火鼠の助力であった。その夫婦を見て主である佐分利松之助は彼を召抱えたのであった。剣技、その炎を操る技、そして妻を大事にする人柄のその男、真崎禄朗を……
14/11/02 01:26更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
どうも、ご無沙汰しております。あかなめSS書こうとしたら上手く行かずに落ち込み、またそうこうしている間に忙しくてキマイラSSや他のSSを書くことができずにいた沈黙の天使です。
そして火鼠が更新されて、Mな沈黙の天使にしては珍しく「こいつは屈服させたい! そして孕まセックスじゃー!」ってなって筆を取って男性優位のセックスを書き始めたのですが……
だいぶ遅刻じゃねえか、もう大御所が前にいる上に、日付も変わっちまったじゃねえか……
そんな感じで凹んでいます。
……雨に濡れて雨宿りをしてそこからセックスが始まる現代ジパング青春SSもいいかと思ったのですが……まあそれはさておき、こんな感じになりました。
そして、今回も新魔物のSSで自分が課している「イラストと解説文を見なくても、この小説だけで新魔物娘がどんな魔物娘か分かる」「オカズになる」を達成すべく、頑張ったつもりです。いかがでしょうか?

感想などお待ちしております。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33