読切小説
[TOP]
オッペケ十二世の華麗なる晩餐
*********

「退屈じゃのう」
 ここは親魔物派であるペー王国……そこの王、オッペケ十二世はいつもの口癖を玉座でつぶやいていた。齢はすでに五十を行っているがとっても女好き。正妻はバイコーンで、さらに側室が六人もいる。政治は適当にやって、それ以外は嫁とセックスばかりしている、とても良君とは言えない王だ。
 こんな男が王なら臣下や民は反乱を起こしそうなのだが、この国は先々代から親魔物派になってより農作物は毎年豊作、お陰で税は安価、気候は気まぐれだが大災害が起きたこともない。せいぜいマジメに働いているのは、反魔物派が攻めてきた時に防衛をする兵士たちくらいだろうか。それ以外は民も臣下もセックス三昧。
 ペー国はそんなどうしようもない王国であり、外国からは『酒池肉林の王国』などと呼ばれている。親魔物派の国からは淫らさの賛美として、反魔物派の国からは堕落にたいする侮蔑として。
 しかし、変化がないと飽きがきてしまう。暇は無味無臭の劇薬、というようなことを誰かが言った。とある魔物娘は、短小なペニスより単調な攻めの方がはるかにはるかにヒドイと言った。実際、その通りだ。オッペケ十二世は今、退屈という無味無臭の毒薬に蝕まれていた。
 ここで、夫の苦しみを和らげるのが妻の役割である。好色な魔物娘はセックスばかりしているのではない。男に気に入られるべく、こういう心配りもできるのだ。
「我が君、こんなこともあろうかと私、準備いたしましたわ」
 正妻のバイコーン、ミアルカが申し出た。興味を惹かれたとばかりにオッペケ十二世は身を乗り出す。
「ほほう、ワシを喜ばせると申すか、それは感心感心……じゃが、確かにワシは退屈じゃがそろそろディナーの時間じゃ。そなたが用意したものはその後のお楽しみとしようかの?」
「ふふふ……まあ王様♥ ディナーの後のお楽しみと言うことは、何を想像していらっしゃるのですか?」
「むぅ、ディナーの後、ベッドで斬新なセックスをするのではないのか?」
「まあ、我が君もお好きですこと♥」
 口元を覆ってミアルカは笑う。淫らなバイコーンでも、王の后だ。その仕草は上品であった。
「お楽しみは今からですわ。期待に胸と股間を膨らませながら、前菜からお召し上がりください」
 ミアルカは立ち上がって手を打ち鳴らした。晩餐の時間だ。わらわらとラージマウスやワーラビット、ワーキャットなどが準備を始める。形ばかりの会議用の長卓が吹き飛ばされるように片付けられた。そして晩餐用の円卓が置かれ、テーブルクロスが敷かれ燭台が置かれて火が灯された。王はそのテーブルに就く。就くやいなや一人のラージマウスが彼の膝にナプキンをかけ、さらにいつの間にかやってきたクノイチが弓のような速度と正確さで王の前にフォークとナイフを並べた。
 たちまちにうちに晩餐の用意が整う。ミアルカ他三人の妻も円卓に就いた。だが、三人ほど同じテーブルについていない。王が訝しげに眉を寄せた。
「ミアルカよ……アゴーニとフアルとレイテの姿が見えないが……」
「まあ、ご安心あそばせ、我が君。彼女たちもすぐにこのテーブルに参りますわ」
 涼しい調子でミアルカはいい、二本指を立てた手を上げてメイドを呼んだ。
 晩餐の一品目が運ばれてくる。オードブルの盛り合わせだ。召使いのラージマウスたちが厳選に厳選したチーズ、ハニービーが仕込みに仕込んだはちみつ、ブラントーム領で採れて干された陶酔の果実が盛られている。どれも王族クラスの人間でないと手に入らない一級品だ。今ここにいない三人の妻は食べられているのだろうかと気にかけながらオッペケ十二世はそのオードブルに舌鼓を打つ。
 二品目は魔界豚とまといの野菜の外葉のスープだ。中に混ぜられているスパイスが豚独特の臭みを消しているところがポイントだ。スープの表面に脂が浮いているというのにさっぱりとしており、それでいながらその脂の旨味を消すこと無くまろやかに仕立てあげた、王が食べるにふさわしい一品となっている。まといの野菜も外側の葉なら肌が敏感になることもなく、美しさを引き立たせる効果が得られる。

 そしていよいよ三品目、魚料理が出てくることになったのだが、ここで動きが出た。ミアルカがメイドに訊ねる。
「さあ、準備はいい?」
「はい、大丈夫です!」
 メイドの言葉に満足そうに頷いたミアルカは手を上げた。しかし何も起こらない。
「……ミアルカ、どうしたのだ?」
 オッペケ十二世が尋ねるが、ミアルカや他の妻は笑うだけだ。焦れったくなってもう一度尋ねようとした王だったが、口をつぐむ。何かが聞こえる。ガチャガチャと。音は上からする。そちらを見上げたオッペケ十二世の目が見開かれた。
 シャンデリアから何者かがゆっくりと糸で降ろされている。降ろされているのは……オッペケ十二世の妻の一人、グラキエスのフアルだ!
「フ、フアル!? これは一体!?」
 退屈だとぼやいていた王もこれには驚いた。その王の前で、フアルはそっとテーブルの上に横たえられる。彼女を下ろした、シャンデリアに潜んでいたアラクネは素早く糸を回収した。
 王の驚きは彼女の登場だけで終わらない。フアルは全裸であった。だがこれは、何度も彼女と身体を重ねたため驚きのうちに入らない。フアルは衣服はまとっていなかったが、いろんな物が身体に乗せられていた。乗せられているのは……生魚の切り身だ!
「いかがでしょう、我が君? これが霧の大陸やジパングの遊び接待でされる"女体盛り"でございます♥」
 得意そうにミアルカは言った。
 恥ずかしそうに身体をすくめ、青白い肌を頬の部分だけ赤く染めながらフアルはミアルカとオッペケ十二世を睨む。淫らな魔物娘でもこれは恥ずかしいらしい。
 しかし、刺し身の女体盛りに関しては、グラキエスのフアルはうってつけと言えた。氷の妖精であるグラキエスは当然、体温を低くすることができる。それこそ、氷と同じくらいかそれ以上に。刺し身は半分凍っているルイベ状態か、それより少し高い温度が美味しいとされているが、そこは好みだろう。少なくとも常温まで温かくなった刺し身は美味しいとは一般的には言われない。その面で、グラキエスは女体盛りをする魔物娘にうってつけと言えた。
「は、早く食べなさいよ! 私だって恥ずかしいんだから!」
 羞恥心で理性が飛んでしまっているのか、王を相手にしているとは思えない口調でフアルは叫ぶ。だがオッペケ十二世は寛大だ。その程度で怒ったりするような器ではない。もっとも彼が怒らなかった理由は、他にもあったのだが。
 オッペケ十二世の目はフアルの身体と格好に釘付けであった。乳首や股間、鼠径部、へその横……あらゆるところにマグロ、エビ、タイ、イワシ、サケなどの刺し身が盛られていた。大事なところが隠されている、だが隠しているものは服ではなく、食べ物。退けて食べてしまえば、その下にある淫らな身体が見えてしまう。その事が王の欲を煽った。膝にかかったナプキンが王の逸物によって押し上げられ、テントを作っている。
 なお、フアルの身体に破廉恥に盛られている刺し身だが、魚を生で食べるというのは極めて難しい。油断するとすぐ腐敗するし、寄生虫が潜んでいる可能性だってある。ここに出てくる刺し身はそれらのチェックが厳重に行われて出てきた物なのだ。当然、一般人が軽々しく口にできる物ではない。
「ではさっそくいただくとするかの」
 オッペケ十二世はフォークではなく箸を手にとった。扱いはやや慣れないが、これでフアルの肌を傷つける事はないだろう。胸の山の頂点に乗っているマグロのトロをつまみ取り、大豆を醸造させて作られたソースにつけて口に運ぶ。とろける脂身の味、それでいながら感じられるマグロの重厚な肉感……王は唸った。
 他の妻たちも笑いあい、談笑しながらめいめい、刺し身をつまみとり、魚料理に合うやや辛口な白ワインを合間に呑む。その間、フアルは恥ずかしそうに身体を縮こまらせたままであった。

 フアルの身体には刺し身以外の物が盛られていた。虜の果実で作られたシャーベットだ。甘みがありながら酸味も強く、口をさっぱりとさせる爽やかな味わいだ。デザートの段階でもないのにこのシャーベットがあるのは、ただ単にフアルがシャーベットを盛るのにふさわしい魔物娘だから、という以外に理由がある。
「お口直しもされましたか?」
 自身もシャーベットを食べ、ナプキンで口を拭いたミアルカはオッペケ十二世に尋ねた。
「刺し身の温度も冷たすぎて歯が痛くなったりすることなく、実にいい塩梅、魚やエビ独特の味わいもとろけていて絶品、用意されたショウユも刺し身の味を損なわず引き立てている……誠にあっぱれな味だ。何より、それを身体に乗せたフアルの姿、実にみだらで素晴らしかった!」
 感激した王は叫ぶ。当の刺し身を乗せられ、今はそれらが全て除かれて今度こそ生まれたままの姿になったフアルは羞恥で顔をそむけたが、それでもその顔は嬉しそうに笑みを作っていた。
 テーブルごとフアルは運ばれていった。これで晩餐は終わりか……いや、そうではない。突如、五人が囲む床にぽかりと穴が開いた。ペー国宮廷に仕えている魔術師による演出だ。その開いた穴を通って下の階から次のメニューが運ばれてきた。何やら音が立っている。
「アゴーニか!?」
 予想はある程度していたが、またもや王は驚きに声を上げ、立ち上がった。
下の階から上がってきたのは、やはりテーブルに横たわっている、ラーヴァゴーレムのアゴーニだ。フアルと同じく衣服は身にまとっておらず……代わりに食べ物で身体を覆っている。乗っているのは……肉だ。それも、大地で濾過されかつ魔力も含んだウンディーネの良質な水、さらにそれで育った牧草、肉を美味しくする条件である寒暖差……それらがそろった上級な魔界牛の希少部位の肉である。その肉がラーヴァゴーレムの腹の上に乗せられてじゅうじゅうと音を立てていた。溢れでた肉汁はアゴーニの脇腹を伝ってテーブルクロスに落ちていく。
「なあ王様、どうだ? あたしの身体を使った『高級魔界牛の溶岩焼きステーキ』は?」
 乱暴な言葉でありながら、王に見られていることに悦びを隠せない調子でアゴーニは訊ねる。やはり少し恥ずかしそうだが、それ以上に愛する男にこのみだらな姿を見て欲しいという欲求が強いようだ。惜しげも無く、肉を盛った裸身を披露する。
 アゴーニの身体の上に乗っているのはそれだけではない。胸の谷間には太いソーセージが挟まれていた。こちらも高級な魔界豚と魔界羊の肉を使って燻製にした贅沢な一品である。わざとそこに挟むことによって王にこの後することを暗示させるかのようだ。その暗示にオッペケ十二世は見事にかかる。ソーセージを己の肉棒に重ねあわせ、アゴーニに胸で愛撫されることを想像し、食事中であるにもかかわらずペニスを再びいきり立たせた。
 付け合せにマタンゴもどきやネバリタケがステーキの横に添えられている。下腹部にはヘアをイメージしているのか、魔界産ほうれん草のソテーが添えられている。なんでも魔物娘はこれを食べて力をつけ、丈夫な子どもを産むことができるとして庶民から貴族まで流行っている野菜らしい。
「さあ、王様……しっかり食いやがれ♥」
 ウインクをして白い歯を見せながらの一言。もう王は我慢できなかった。手づかみで食べないように理性を総動員するので精一杯だった。もっとも、フォークでアゴーニの身体を傷つけたりはしない。どんなに肉欲などに溺れようとも相手のことを気遣う……その点ではオッペケ十二世は王として、人としてできていると言えるかもしれない。
 すでに切り分けられているステーキの一切れを王は口に入れる。口の中で溢れ出る肉汁、それを引き立てている塩味とスパイス、肉ならではの噛みごたえと、さっと溶けてくどさはない脂身……まさに最高級の名にふさわしい魔界牛のステーキだ。
 本来、夫の精以外は草食であるはずのバイコーンのミアルカや、海の出であるシービショップのアダラナもその肉には夢中になっている。ピクシーのタニアに至ってはフォークもナイフも放り捨ててかぶりついている。
 胸に挟まれていたソーセージも忘れられない。外はパリっとしていて中はジューシー、さらに芳醇な燻製の香りが食欲を誘う。すでに魚を食べ、さらにステーキも食べて満腹なはずだが、もっともっとと欲しくなる。
 あっという間にアゴーニの上から肉はなくなった。残った肉汁や溶けた脂でアゴーニの身体はてらてらと妖しげな光を放っている。
「どうだったよ、王様♥」
「そもそもの肉の上質さ、それを見事に引き出している味付けはまさに究極の一品! ソーセージも脇役などではない、見事な仕立てあげであった。そしてなにより、それを絶妙な温度加減で焼き上げつつ、女を忘れなかったアゴーニ、実に素晴らしい!」
 感激した王はまた叫んだ。アゴーニは破顔一笑であった。

 アゴーニもテーブルごと運ばれ、新たなテーブルがデザートと共に運ばれてくる。デザートはケーキの盛り合わせだ。……それらがやはり、魔物娘の上に乗っていた。そのケーキを衣服の代わりに乗せているのは、ホルスタウロスのレイテだ。
「うっほほほ! これはまた眼福眼福!」
「ああ、陛下にそんなに言われるなんて、嬉しいですぅ♥」
 やはりレイテも恥ずかしそうではあるが、そう言われて嬉しいようだった。身体を軽くゆする。彼女の乳房と、みぞおちの上に乗せられたプディングがぷるぷると揺れた。
 他にもレイテの身体にはあらゆるスイーツが乗せられている。たっぷりの生クリームや南国でとられたココアの豆を使ったケーキ、宝石のように散りばめられたクラッシュキャンディー、ブラントーム領でとられた紅玉のようなフルーツのタルト……それらがホルスタウロスの身体を彩っている。
 親魔物派になってからはちみつや砂糖も簡単に手に入るようになったが、それでも魔物娘の身体にふんだんに盛り五人で食べるだけの分を用意するとなったら相当な量が必要だ。それを用意できるのはやはりオッペケ十二世が王であるからだ。贅が凝らされている。
 オッペケ十二世はスプーンでレイテの胸の頂点にある雪のように白いホイップクリームと虜の果実を掬い取った。
「あん♥」
 冷たいスプーンに敏感なところを触れられ、レイテは短く嬌声を上げた。その様子に目が釘付けになりながらもおっぺけ十二世はスプーンを口に含んだ。口に広がる濃厚なクリームの味と、まろやかな虜の果実の味……どちらも甘いのだがその甘さは喧嘩せずに共存しあい、王の舌を楽しませる。レイテを始めとする妻たちが喧嘩せずにオッペケ十二世を楽しませるように。それを思わせる味に王は涙すら流した。
「皆とこのような食事ができてワシは幸せじゃぁああああ!」
 歓喜の声を上げながらオッペケ十二世はデザートを貪りくらい、またそれぞれのデザートをより味わうために合間合間に紅茶を飲む。大げさだと笑いながらも、ミアルカを始めとする妻たちもめいめいスプーンを手に取り、スイーツを味わう。自分たちの王を悦ばせることができたことにたいする喜びと一緒に……

*********

「……ふぅ」
 ため息をつきながら私、ナーラ・シュティムは本を閉じた。時間は日の勢いが弱まり始めた昼下がり。そろそろケーキと紅茶でも……と思う頃だ。その時、ふと目に入った小さな本屋で料理のレシピ本やグルメ旅行の本を探していた。その時たまたま目についた『華麗なる晩餐』と書いてあった本を思わず手に取ったんだけど……うん、確かに華麗ね。間違いないわ。
 この上ないくらいに贅が凝らされた食材、それを生かした調理……ちょっと書き手の文章は稚拙だけど、それを伝えようとしているのは分かる。たしかに美味しいでしょうね。
 でもこの女体盛りと言うのは……
 知識はないわけじゃない。デルフィニウムのハンスが『霧の大陸の接待法』とか言っていた。そう言えば以前、店のサプライズでそれをやろうとして全力でランちゃんに止められていたわね。サフィも全魔王時代にもやったことがあるみたい。もっとも前魔王時代だったらグロが入ったらしいけどね。他にも、知り合いのリョナ……リャナンシーが食材を使ったエロスを目指してそれに近いことに挑戦していたこともあった。
 ええ、魔物らしいと言えば魔物らしいわね。淫らであることを良しとする魔物娘としては彼女らの試みやしたことは魔物娘の鏡だとは思うわ。でも、私はやらないわね。セックスの一環でやるのは勝手だけど、私は興味ない。
 それが"セックスの一環"ではなく"食事"であればなおさら。やりたくもないしやって欲しくもないわ。食事は食事として楽しみたいの。それが料理人に対して、そして食材を生産している人、それを運んだ人、食べられる物の命……その料理に関わった者にたいする義務ですらあると思うわ。
 まあ、それが私のスタンスだ。私のスタンスだから、他の魔物娘が何を考えようとやろうと勝手だけどね……あ、許せない例もあったけどね……あのガテン系な豚肉定食のブーモーって店、今はちゃんとやっているかな? 風の便りで、客の入りは徐々に良くなっていると聞いているけど……
 そんなことを考えながら私は手にとった本『オッペケ十二世の華麗なる晩餐』を本棚に戻した。
16/11/28 00:33更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
朝、だるいなぁと思いながらスマホで掲示板とか見ている時、ふとネタを思いついたのです。そしてつぶやきました。
ラーヴァゴーレム「……私の胸の谷間で石焼ビビンバ作るのやめてくれない?」
それをつぶやいて少ししてから気付いたのです
そういえば、グラキエスさんは刺し身の女体盛りができるよな、と。
そう考えてこのSSのコンセプトが出来上がりました。
ええ、我ながらバカなSS書いていると思いますよ。しょーもない代物ですよ、全く。
でもちょっと他のSSで詰まり気味だったので久しぶりに頭空っぽにしてバカなSSを書いて楽しかったです。
こんなSSにお付き合いくださいましてありがとうございます。
そして何より、こんなバカなSSなのにキャラを貸してくださいました初ヶ瀬マキナ様、本当にありがとうございます!(きりもみ土下座)
いや、キャラを貸してくださったばかりか打ち合わせに時間もとって下さり……感謝しきれません。
皆様、初ヶ瀬マキナ様のSS、特にこのナーラ・シュティム様が出ている『孤独のレシピ〜とある淫魔(リリム)の食事録(レシピリスト)』をどうぞよろしくお願いします(宣伝)

では寒いシーズンのうちに、もう一つSSを書き上げたいと思います。それまでごきげんよう!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33