読切小説
[TOP]
におい大好き♥お姉ちゃんっ!!
「暑い……。」

 一体この言葉を何度口にしただろう。まだ春真っ盛りのはずなのに、今日は真夏同然の暑さだ。あいにく空調設備の無い工場勤務なので、こう暑いと汗だくになってしまう。だが、そんな今日の仕事もようやく終わった。俺はほっとした気持ちで自転車を走らせ家路を急いでいる。

 お…信号が赤だ…。慌てて自転車を止めると、まだ暑いぐらいの空気がむわっと体を包んだ。たちまち汗が噴き出て、換えたばかりのTシャツに汗染みが出来る。
 俺はうんざりとしてまだ高い太陽を見上げた。この街はフェーン現象とやらで時々異常な高温になる。まあいつもの事と言えばそうなのだが、季節外れのこの暑さには正直参ってしまう。

 とはいえ今の会社は俺によく合っている。空調以外の労働条件は全く問題ないし、体を動かすのが好きなので現場での作業も楽しい。…とはいえ毎年暑い時期には憂鬱になってしまう訳で…。

 思わずため息をついて夕方の街並みを眺める。時間が時間だけに帰宅を急ぐ人の姿が目立つが、角や尖った耳を持つ者…下半身が蛇や昆虫の姿の者…鳥の翼や獣の様な毛並みを持つ者…。そんな人ならざる異形の者達も少なくない。そう、魔物娘と言われる者たちの姿だ。

 魔王の統べる王国と国交が結ばれて数十年。魔物達との共存は当然の事となり、身の回りにも当たり前の様に存在している。実際俺が勤める会社も魔物娘が経営するものだ。そして…俺の幼馴染のお姉ちゃんでもあり奥さんである人も魔物娘の一人だ……










 



 彼女はガンダルヴァのはるちゃん。先祖は神に仕えていたらしいという由来を持つのだが、今では家族共々市井でごく普通の魔物として暮らしている。近所に住んでいた俺の事は、仲の良い弟分としていつも世話を焼いてくれており、俺も当然の様に「はる姉ちゃん」と呼んで身内同然の付き合いをしていた。

 はる姉は演奏の名手であり、俺がつらい時や落ち込んでいる時はいつも傍にいて音楽を奏でてくれた。美しくも優しい旋律を聞いていると、鬱々とした気持ちなどすぐに吹き飛ぶのだ。はる姉は元気になった俺を見て朗らかに笑うと、優しく抱きしめてくれるのだが、その輝く様な褐色の羽毛に包まれると、心から幸せな気持ちになれるのだった。

 そんな親しい姉弟分の付き合いがずっと続くと思っていたのだが……あれは俺が高校を卒業する少し前の事だ。いつも通り家に遊びに行くと、はる姉が見た事も無いような弦楽器を持ち出してきた。そして卒業祝いに一曲引いてあげると言われ、彼女が奏でるいつも以上に素晴らしい旋律に聞きほれた。だが、なぜか次第に頭がぼんやりとして、体が熱くなったなと思ったのだが、そこから先の記憶は無い……。

 気が付いたら俺とはる姉は裸で抱き合って寝ており、にっこりとほほ笑む彼女に

「これでけいちゃんとお姉ちゃんはコイビト同士なんだよ…。」

 と、甘い声で囁かれた。思わぬ事になって慌てる俺を慰める様に

「あ…でもコイビトになってもお姉ちゃんはお姉ちゃんのままだからね。いくらでも頼ってくれていいんだよ…。」

と見当違いのフォローをされて拍子抜けしてしまった。

 これ以上は多くを言う事も無いだろう…。早い話俺ははる姉の魅了の力によって恋人にされてしまったのだ…。最初は正直困惑したが、独身の魔物の傍に居続ける事がどんな結果をもたらすかは承知していた。それに気心の知れた実姉同然のひとと、こうなる事を心の奥底では望んでいたと思う。

 だからそれが嫌だと言う訳では無い。むしろとても幸せだと言っていい。以前と変わらず優しく世話焼きで、違うと言えばこれまで以上にべたべた甘えてくれるようになったと言うことぐらいだ。そして大好きなお姉ちゃんに甘えられると言う事は、俺にとってもとても嬉しい事なのだ。

 社会に出ると当然の様にはる姉と結婚して夫婦になったが、互いに気兼ねなく甘えて甘えられて、安らぎに満ちた夫婦生活を営んでいるといってよい。誰かに問われれば文句なく幸福だと答えるだろう。だが……たった一つだけ不満と言うか困っている事があって……。














 いつの間にか信号が青に変わっていた。俺は早速自転車をこぎ出す。汗ばんだ背中に風があたって心地よいが、一日の労働での饐えた汗の臭いも鼻に伝わってきて不愉快だ。
銭湯にでも寄って帰宅したいのだが、あいにくこの近辺には一件も無い。仕方なくそのまま帰宅せざるを得ない。

 帰りを待ってくれている嫁さんもさぞかし不快だろう…。と思われるのだが……いや。逆だ。むしろはる姉は汗臭い俺を大喜びで迎えてくれる。
 一体何の事かと思われるが、彼女はガンダルヴァ。そう、匂いや香りを食料にしていると言う特殊な魔物だ。つまり……はる姉にとって汗まみれの俺の臭いは最高のご馳走なのだ…。

 姉と弟の関係であった頃は彼女自身衝動を抑えていたそうなのだが、恋人同士になったころから徐々にエスカレートし始めてきた。風呂に入る前の俺を抱きしめてくんくんと臭いを嗅ぐのは当たり前になり、快楽に溺れる様な表情を見せてはうっとりとするのだ。
 最近では帰宅したところを無理やり抑え込まれて、一日の汗にまみれた体を思うがままにすーはーされてしまう。はる姉は十分に満足すると、

「けいちゃんごちそうさま!とっても美味しかったよっ!」

 と、いつも快活に笑ってくれる。その素敵な笑顔を見ていると、細かい事はどうでもよくなり、何を言う気力も無くしてしまうのだ。

 俺は思わずため息をつく。全く…なんでまたこんな汗臭いのを好むんだ。臭いを漂わせている本人でさえ嫌な物なのに…。どう考えてもはる姉はゲテモノ食いだ。

 はる姉の嗜好をまだ良く分かっていなかった頃の事だ。さすがに汗臭い臭いを嗅がれるのは罪悪感と羞恥心があり、デオドラントスプレーを大量に吹き付けてから帰宅した事があった。そんな俺をいつも通りにこにこして迎えてくれたはる姉だが、急に顔を歪めて目に涙を浮かべて泣き出した。

「なんで……どうして……。けいちゃんひどいよぉ……!!」
「えっ…。ど、どうしたの姉ちゃん。なんで泣くんだよ…。」

 困惑する俺にはる姉はきっとした目を向けると指を突き付けた。

「なんでじゃないのっ!あのね!…けいちゃんはなんであたしのご飯を台無しにするようなことをするのっ?」

 いつも俺に対しては自分の事を、『お姉ちゃん』と言うのが常のはる姉が『あたし』と言う……。これは結構機嫌が悪い事を示している。とにかく謝るしかなかった。

「ごめん姉ちゃん…。」

 涙ぐんだ眼差しでむっとして俺を見つめていたはる姉だが、大げさにため息をついて語りだした。

「ねえ…けいちゃん。あたしは美味しいけいちゃんを食べるのを今か今かと待ち望んでいたんだよ…。それがこんなひどい真似をして…。」

「うん…。悪かったよ…。」

 事情が良く分からない俺は言葉を濁さざるを得なかった。そんな俺の心を敏感に見抜いたはる姉は呆れたような顔をした。

「はぁ〜。けいちゃん何も分かってくれていないんだね…。あのね。なんでそんなスプレーを使ったのかって言っているのっ!」

「えっ?でもこれは…。いつも臭いとはる姉に悪いなって思って…。」

「それは臭いけど…だが、それがいいんじゃない!臭いからこそ美味しいのっ!けいちゃんは上等な料理にハチミツをブチまける様な事をしたんだよっ!全部台無しにしたんだよっ!」

 可愛い顔でまくし立てるはる姉の思いも寄らぬ答えに、俺は半ば呆れて半ばむっとした。俺だって姉ちゃんに悪いと思ってしたんだし、本当は帰宅してすぐにシャワーを使いたい…。それに、いくら褒め言葉で言ってくれているとはいえ、臭いと言われて気分良くは無い。

「きついこと言ってごめんね…。けいちゃんが気を遣ってくれたのはわかっているよ…。それに一日の汗はすぐに流したいよね…。だからシャワーやお風呂に入るのは別にいいんだよ。
 ただせっかく美味しそうなにおいを漂わせているその上から、スプレーを使われるのは我慢できないの…。」

 はる姉は幾分不快感を抱いた俺をなだめる様に穏やかな表情に戻った。そして良く通る優しい声で訴えかけた。その魅惑的な声を聞いていると気持ちも和んだ

「ううん。それはいいんだけど…。本当にこのままでいいの…。」

「もちろん!あたしにとってけいちゃんのにおいは何よりも換え難い素敵で香しいものなんだよ…。だから何にも気にしないで…。」

 俺を抱きしめたはる姉は柔らかい羽毛で包み込んだ。でも、蓼食う虫も好き好きってほんとだな…。何が良いのか良く分からないけど…。そんな事を思いながら、暖かい羽毛の感触に溺れて行った。
 結局その日はにおいの方ではお腹が満たされない、と言う事でいつもより相当余分に精を搾られることになった……。















 ……そんな事を思いだしているうちに家に着いた。ああ、またくんくんされるのか…。でも、今日は違う。ささやかながら抵抗を試みる。いつも黙ってにおいを嗅がれっぱなしという訳にはいかない!
 我ながら馬鹿馬鹿しいとは思うが、これは夫としての沽券にかかわる問題なのだ。いくら幼馴染の大好きなお姉ちゃんとはいえ、自分の奥さんに毎日襲われてにおいを嗅がれまくるのは多少プライドが傷つく。たまには一矢報いたい。

 …とはいっても別にたいしたことをする訳ではない。はる姉に捕まる前に風呂に入ってシャワーを浴びると言うただそれだけの事だ。以前シャワーは浴びていいと言った彼女の言葉ははっきりと覚えていた。言質はとってある。

 だが…正面突破は駄目だ。可愛らしい外見に似合わず膂力は凄まじく、力勝負では全く勝ち目はない。いつもはる姉に抑え込まれると全く身動きできなくなってしまう。
 ひたすら逃げまくってはる姉より早く風呂場に入る事も考えたが、これまた異常なまでの俊敏さで数秒のうちに捕まってしまう。

 どうしようかと色々思案した結果思いついたのがこれ。俺はラジカセに目をやる。ラジカセなんか日頃は使わないが、わざわざこの日の為にだけ用意したのだ。まずは俺の声が録音してあるこれを玄関先で再生して、はる姉をおびき寄せる。その隙に裏口から入って風呂場へダッシュする。うん…。我ながら見事なおとり作戦だ。思わず自画自賛しながらラジカセを玄関にセットする……

 ……よし!いまだ!物陰に隠れて玄関のドアが開くのを見届けてから、俺は物音を立てずに裏口から家に侵入する。そして最短距離で風呂場に向かう。風呂場のドアは開いていたが中には誰もいない。よし…成功だ…。そう思った瞬間だった。
 突然頭の上から黄金色の翼をもつ者ががばさっと降ってきた。それはたちどころに俺を抑え込むと、悪戯っぽい目つきでじっと見つめた。

 その者は健康的な褐色の肌に豊満な姿態。顔立ちは驚くほど整っており、若干吊り目だが優しげな瞳が印象的だ。そして何より特徴的なのは、大きな翼と全身を包む黄金色でふさふさの羽毛。……俺の幼馴染のお姉ちゃんでもあり妻でもある女性。はる姉ちゃんだ。
 え…?はる姉ちゃんがなんで…。驚き声も出ない俺を見て得意そうな笑顔をほころばす。

「けいちゃんおかえり〜。お仕事お疲れさま。今日は暑くて大変だったねえ…。」
「…………………………。」

 なおも黙りこくっている俺を見て、はる姉は少しむっとした顔をしながらも優しく諭す。

「けいちゃん…。お姉ちゃんは挨拶しているんだよ…。お返事は。」
「ご、ごめん…。ただいまお姉ちゃん。」

 昔からの習慣ではる姉に叱られるとどうも逆らえない…。半ば呆然としている頭で慌てて挨拶する俺をみて、はる姉は満足そうにうなずいた。

「……それで、なんで姉ちゃんは…ここに居るのかな…?」

 何度か深呼吸してようやく我に返った俺はおずおずと問いかけた。そんな俺を見てはる姉はますます得意そうな表情を見せる。

「ふっふ〜ん!けいちゃん駄目だよ〜。お姉ちゃんはきみの考える事は何でもお見通しなんだからっ!」

 熟れた果物の様な良い香りをふわっと放ちながら、はる姉は得意そうに胸をそびやかす。獲物を前にした捕食者の眼差し、きらりと光る瞳をみて相変わらず綺麗だな…。と思わず見とれてしまう。

「そんな策でお姉ちゃんをはめようなんて、まだまだ甘いよ〜。あ……そうだよねえ。はめるじゃなくて、これからけいちゃんのおチンチンにはめられるんだよねえ…。」

 はる姉はおバカな下ネタを言うと鈴の様な音色の声で笑った。美しい声と下ネタがなんともアンバランスで妙に興奮する。なおも俺の事をじっと見続けているお姉ちゃん自身も、興奮が抑えきれないような様子だ。濡れた様な声でねっとりとささやく。

「それじゃあけいちゃん……早速いただきます。」












 

 にっこりと笑ったはる姉はたちまち俺を丸裸にして、汗まみれの胸に顔を押し付けると、すうーっとにおいを嗅いだ。そして、何とも言えない様なうっとりとした表情を浮かべると、ギラリとした眼差しを向ける。これは…明らかに男を貪る魔物としての目だ…。

「ヒャッハーッ!!新鮮なオスよーッ!!オスのにおいよーッ!!」

 たちまち言葉にならない絶叫を上げたはる姉は、俺にむしゃぶりつくとくんくんとにおいを嗅ぎまくる。そして、すーはーしては、時折はぁーっと感極まったようなため息をついた。俺はなすすべもなく受け入れるだけだ。体にかかり続ける息がなんとも心地よく、段々と興奮が抑えきれなくなってきた。
 そんな優しく責められるような時間がどれだけ流れた事だろう…。はる姉が顔を上げると妖艶な笑みを見せる。

「ふふっ…。ごめんね。お姉ちゃんだけ愉しんじゃって…。それじゃあけいちゃんも気持ち良くしてあげるね…。」

 ささやいたはる姉は突然つーっと俺の体を舐めてきた。ついている汗を味わうかのように念入りにぺろぺろしてくれる。

「ちょっと…。姉ちゃんっ…。くすぐったいよ…。」

「またまた〜。けいちゃんがぺろぺろされるの大好きなのは知っているんだからねっ…。
 大丈夫!良い感じの塩味だし、煮詰まったような饐えたにおいも最高だよ!」
 
「そんな事いちいち言わないでー!」

 抗議に耳を貸さないはる姉は、なおも存分においを嗅ぎ、体を丁寧に舐めまくる。指を一本一本ちゅうちゅうと吸い、首筋に顔を押し付けては何度もすーはーしてはぺろぺろ舐める。

 そして、俺の顔を見上げてにっこりと笑ったと思った瞬間、唇を奪われた。たちまちぬるぬるした舌が口中に侵入して、俺の舌を絡め取っては念入りに吸う。淫らな遊戯に興奮してはる姉の柔らかい唇をねだると、彼女は嬉しそうにしてさらに念入りに口中を犯してくれた。

 注ぎ込まれるはる姉の唾液を夢中になって飲み干すと、体の中から熱くなってきてますます興奮してしまう。毎回こうなると我を忘れて悦楽の海に溺れるだけだ。はる姉はそんな俺を嬉しそうに、そして満足げに眺める。

「よかった〜。けいちゃんも喜んでくれているみたいだねっ!それじゃあ…美味しい所を頂こうかな…。」

 はる姉はにこにこして俺の両腕を取ると、万歳させるような形を取った。何をしようとしているか察しがついて抵抗しようとしたが、意思に反して全く力が入らない。また…あれをするのか…。本当…恥ずかしいのに…。

「はる姉駄目!そこは汚いから…臭いから駄目だって!駄目〜っ!!」

「んふふっ…。汚くて臭いからおいしいんだよ〜。それじゃあ頂きま〜す。」

 必死になって止めるのも聞かずに、はる姉は俺の……腋の下に顔を埋めてきた。もう幾度となくされている事なのだが、いまだに慣れる事は無い。たちまち顔を真っ赤にする俺に構わずに、すりすりと顔を擦り付け、念入りにすんすんと臭気を吸う。

 何度そんな事を繰り返しただろう。はる姉は喜色満面の笑みを浮かべて俺を見つめて、甘く蕩ける様な声で訴えかける。

「お〜。なんと芳醇で感動的なっ!けいちゃんいいよぉ〜。素晴らしいよ!美味美味!………って事で反対側も頂きま〜す!!」

「だから駄目〜〜〜っ!!」

 今度は反対側の腋に顔を埋めると、同じように何度も吸っては『あ〜〜っ』と愉悦に満ちた声を上げる。そして……事もあろうに腋の下にちゅっと口づけすると、ぺろぺろと舐めだした。柔らかくて少しざらざらしている舌の感触に、むずがゆさと快感が同時に混じった切ないような感覚を味わう。俺はたまらず身もだえしてはる姉に必死に止めるよう哀願する。

「駄目駄目駄目っ!本当にそれは駄目っ!くすぐったいからっ…。」

「いいよぉけいちゃん…。こくてつーんとくるようなニオイもぉ…しおからいあじも、もうしぶんないよぉ…。うん…。やっぱりけいちゃんはとってもおいしいっ…。ほんと…すてきだよぉ。よぉ〜し。もっともっといただいちゃうからねぇ…。」

「だから本当に駄目だって〜〜〜〜っ!!

 あ…駄目だ…。はる姉はもう恍惚状態の呆けた顔をしている。どことなくろれつが回らない夢見がちな口調だ。こうなった彼女は全く人の言う事を聞かなくなる。俺の叫びも空しく、ただひたすら腋の臭いと味を貪られ続けた。









 

 


 俺はただ荒い息をつくだけだ…。あれからひたすら体のにおいを嗅がれ、一部の残しも無いぐらいに念入りに舐められている。体ははる姉の唾液でどろどろになり、てらてらと濡れて光っている。
 そして股間に直立する肉棒。それが今にも張り裂けんばかりの強度と硬さを誇っている。

 ひどい事にはる姉はこの急所だけには触れないようにして淫技を繰り出しているので、もう限界に近い。我慢できずに溢れ出た先汁によって、はる姉に舐められたかのようにてらてらと濡れている。理性のたがはとっくに飛んでいる俺は、恥も外聞も無く姉ちゃんにお願いする。

「頼むから出させて。お願いだから…。もう我慢できないよ…。お願い…。」

「ふぇっ?」

 何度も頼んでいたらようやくはる姉も気が付いて我に返ってくれた様だ。だが…相変らず羽化登仙の心持の表情で、にへらにへらと笑いながら俺の顔に近寄ってきた。

「ああ…。そうだよねぇ…。ごめんねぇ…けいちゃん…。ほんと。お姉ちゃん失格だよぉ…。じゃ…いまからけいちゃんに気持ち良くなってもらいま〜す。」

 笑顔を絶やさないはる姉は俺の顔を見ながら股間の一物にすり寄り、両手でさわさわと撫でるとすうーっとにおいを嗅いだ。形の良い鼻を何度も何度もこすり付けては淫臭を堪能しているようだ。

「う〜ん。やっぱりここのニオイもいいねぇ…。この蒸れ具合がなんとも…。」

 まだとろとろに蕩け切っている様なお姉ちゃんが、うっとりと微笑みを見せたと思った瞬間。だらだらと幹に垂れている先汁をぺろりと舐めた。たちまち『あ゛〜』と狂喜したかのように呻くと何度もぺろぺろと舐め続ける。

 はる姉に舐めてもらって気持ちいけれど、一番敏感な部分は放置されたままだ。…これでは生殺しに等しい。たまらず俺は哀願する。

「ごめんお姉ちゃん…。頼むから…。もっと…もっと気持ち良くして…。」

「ああ…。そうだねぇ〜。これじゃあけいちゃんはつらいよねぇ…。ごめんね…。すぐに気持ち良くしてあげるからね…。」

 慰める様な優しい眼差しを見せたはる姉は、ぱくりと音を立てる様にして亀頭を咥えこんだ。間髪を入れずに頭を上下してピストンするかのように動かして、じゅぽじゅぽと卑猥な音を立てて吸いまくる。顔はずっと俺から離さずに淫らな眼差しを向けている。

 お姉ちゃんであり、お嫁さんでもある大切なひと…。そんなひとのエロ過ぎる姿を見て俺もたちまち高まって行く…。さらにはる姉は陰嚢をそっと爪で掻き、羽先でくすぐり、優しくもんで快感を高めてくれる。もう限界に近かった…。

「姉ちゃん…。もう…駄目っ。」

「ひほひいいほ…。いいんはほ…。いっへいいほ…。」

 じゅるじゅると怒張を吸いながらなので何を言っているか分からなかった。…でも、はる姉は思いやり深い眼差しで何度もうなずいてくれる。もう…いいんだね…。俺は、我慢できずに、溜まりに溜まった欲望を解き放った…。

「ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」

 ああ………いい……出てる……。大量の精が温かいお姉ちゃんの口腔内にぶちまけられる。はる姉は呻きながらも一滴もこぼさない様にごくごくと飲み干してくれる。頭が快楽で埋め尽くされ真っ白になってもう何も考えられない……。











 


 俺は何度も荒い息をついて呼吸を整えた。はる姉はと言うとそんな俺を翼で優しく抱いて、いい子いい子するかのように撫でてくれている。結局柔らかい姉ちゃんのお口の中で、続けて何度も達してしまった。
 すでにインキュバスになっているので性欲は相当のものなのだが、凄まじい快楽を連続して味わって結構な疲労感だ。

「お疲れ様けいちゃん…。よく頑張ったねっ!えらいえらい……」

 はる姉は労わる様な穏やかな笑みを見せると、羽毛の中にぎゅっと包み込むように抱きしめてくれた。いつもこうして子供を扱う様な態度なのだが、彼女に優しく褒められると不思議と温かい気分になってくる。
 温かい羽毛と香しい匂いの中で俺はうっとりと安らいだ。そんな至福の時間がどれだけ続いただろう。インキュバスの無尽蔵の性欲が次の交わりを求めて疼き始めた。はる姉の匂いも熟れたような濃い匂いだ。全然満足していないのだろう。

「ね…。お姉ちゃん…。」

「ん…。わかってるよ。まだまだ気持ち良くなりたいよね…。お姉ちゃんもそうなんだよ…。」

 シたいと目で訴える俺に対して、はる姉も切ないような濡れた眼差しで見返した。思わず聞きほれる美声も欲情で熱く震えている様だ。俺たちは暫くの間、口づけして舌を絡めあっていたが、我慢できなくなったお姉ちゃんはくるりとお尻を向けてきた。

「んーとぉ…。上に乗っかるからぁ…ぺろぺろしてもらっていいかなぁ…?お姉ちゃんけいちゃんのお口でしてもらいたいんだ…。あ…もちろんけいちゃんのココも気持ち良くするから…。」

 哀願するかのような情愛のこもった瞳で、そして強烈な欲望を隠さない蠱惑的な声で、はる姉は快楽を求めてきた。それがとっても嬉しくて俺も満面の笑みで答える。

「もちろん喜んで…。俺もはる姉を舐めるの……大好きだから…。」
「んふふっ…。も〜ぉ。けいちゃんのえっちぃ〜。」

 嬉しそうに笑うはる姉は俺の頭部に尻を向けてまたがり秘部を晒す。そう、シックスナインの形だ。興奮を抑えきれないかのようにすでにぱっくりと淫花を開き、濃いどろどろの液体がたらたら垂れている。

「それじゃあけいちゃん…。お願い…。」

 甘い声で言い終わるか言い終わらないかのうちに、お姉ちゃんのお尻が俺の顔に押し付けられた。ふわふわで温かな両脚の羽毛が触れて心地よい。花弁からは良く熟れた果物の様な香りが漂い鼻を喜ばせる。いつもの事だがとても良い香りだ。そう。比喩では無く本当に花の香りの様にかぐわしいのだ。すっかり気持ちが昂った俺は、はる姉の淫唇をまじまじと見つめる……。

 ……会社内でも町内でも魔物の伴侶を持っている者は多く、自然と嫁自慢の様な話になるのだが、ほぼ全員からうちの奥さんはいい匂いだと言い切られる。だが、はる姉の種族であるガンダルヴァの様な、そんなかぐわしい香りを持つ種族は一体どれだけいるのだろうか…。
 ……まあ、これは親の欲目ならぬ、夫の欲目なのだろう。こんなこと言ったら周囲から猛烈に批判されるのは目に見えている…。

「けいちゃぁん…。お願い…。焦らさないでよぉ…。」

 しまった…。変なこと考えていたらお姉ちゃんから催促されてしまった。泣きそうな声が申し訳なくて俺は早速むしゃぶりつく。濡れた花弁を口に含み優しく吸って濃い秘蜜をすする。……これも本当に美味しい。香りの良さを裏切らずに果汁の様な甘さと酸味がある。

「ああっ…。けいちゃんいいよぉ……。もっと気持ち良く…ちゅうちゅうしてぇ……。」

 お姉ちゃんは腰を振って身もだえしている。喜んでくれているのが嬉しい…。俺は唇をはる姉の淫唇にぴったりと合わせて、ちゅうちゅうとすすり、舌で丁寧に蜜をねぶりとる。魔物の愛液が持つ魔力によるものか、味わっているとますます興奮が抑えきれなくなってくる。
 ……そして、ふと目をやると淫らな肉芽がラヴィアからぴんとはみ出ていた。そうだ。お姉ちゃんはここを可愛がってあげるととっても喜ぶんだ…。

 その敏感な突起にちゅっと吸いつき、ためらうことなく思う存分吸いまくる。以前は優しく舐めていたのだが、はる姉は激しく吸われるのが大好きなので、最近は遠慮せずに吸っている。音を立てて吸っていると、姉ちゃんも淫らな叫び声を上げ続ける。

「うあああああああっ!!それっ!!それいいよおおおおおっ!!けいちゃんもっとっ!!もっと激しくっ!!激しくめちゃくちゃにしてええええっ!!」

 たちまち秘唇がぎゅうっと顔に押し付けられた。俺はそんな嗜虐的な口づけに酔いしれ、夢中になってクリを舐めて吸い続ける。かぐわしい香りの蜜もだらだらと溢れて顔を濡らし続ける。むせ返る様な濃い香りに顔を包まれながら、俺は最後の一押しとばかりに口に含んでぢゅううううっと音を立てて吸った。…お姉ちゃんはもう限界だったようだ。

「あ゛あ゛あ゛っ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」

 はる姉は獣の様な絶叫をするとがくがくと腰を震わせた。秘穴からは潮が大量に吹き出て口に注ぎ込まれる。俺は何もためらわずにこくこくと飲み干す。濃いジュースの様なそれをもっと味わいたくて、舌で秘部を舐めて刺激し続けた。

 ふと気が付くと、はる姉のお尻から力が抜けて俺の顔に覆いかぶさっていた。はあはあと息をついて肩を震わせている。

「ああ…。けいちゃんにイかされちゃったぁ…。とってもよかったよぉ〜。ありがとう…。」

 快楽でとろけ切ったような声で囁くお姉ちゃんが愛おしい。そして…気持ち良くなってくれてすごく嬉しい。俺が満足感に浸ろうとしたその時だった。

「じゃ…。今度はお姉ちゃんがお礼しなければねっ!!けいちゃんをと〜っても気持ち良くしてあげるからっ!!」

 急に力を取り戻したはる姉が俺の肉竿を口に含んだ。そして…信じられない様な動きで刺激し続ける。裏筋や鈴口を丹念に舐め、玉袋を優しく撫でる。魔力がこもった愛液を散々すすって、欲望がはじけそうだった俺は我慢できなかった…。たちまち愛するお姉ちゃんのお口に子種汁を噴出させた。

 ああっ…………いいっ。突然与えられた快楽で頭を焼き尽くされながらも、俺ははる姉の口中を汚す喜びに浸った。だが、姉ちゃんはじゅるじゅると音を立てて精をすすりながら、なおも俺から搾り取ろうとする。続けざまに襲う快楽に耐えきれず、ひたすら精を捧げるしかなかった…。

 気持ち良さしか感じる事が出来なかった俺だが、半ば無意識のうちにはる姉の秘貝を口に含んで夢中で吸っていた。悦楽に悶える甘い声を聞きながら甘い蜜を必死に貪る。
 そうだ…。このままずっといればいい…。互いの体液で互いを満たしあいながらずっと生きて行けばいい…。淫欲で心を埋め尽くされた俺は、そんな妄想を抱きながらはる姉に溺れて行った……。















「ごちそうさま〜。けいちゃん…。においも精もとっても美味しかったよっ!」
「ううん…。俺の方こそとっても気持ち良かった…。」

 はる姉は羽毛で俺を包み込んで、優しく見つめてくれている。十分に満たされたかのような声が心地良い。俺はなにも遠慮せずに温かい体を抱きしめて、ガンダルヴァの甘酸っぱい香りを胸いっぱいに吸い込んだ。交わりが終わった後の至福のひと時だ。

 結局あれからさらに膣内にも精を吸い取られることになった。その後満足したはる姉と一緒に風呂に入り、互いの体液で汚れた体を洗いあった。今はただ疲れ切った体をお姉ちゃんの翼に委ねて憩っている。

 だが…はる姉の羽毛の中はとっても心地よいのだが…今日のこの暑さだ。幾分蒸し暑くて、綺麗にしたはずの体からは汗がじわじわとにじみ出ている。まあ…でも暑苦しいなんて言ったらお姉ちゃんが可哀そうだしな。そう思った俺だが、ふと気が付いた。

 たしか、会社でワーシープや白蛇の奥さんを持っている同僚達が言っていたはずだ。抱きしめられると冬はとっても暖かくて夏は涼しいと…。魔物娘の魔力の作用でそうなるはずだそうだ。とすると…お姉ちゃんのこれも…。俺は思わずため息をついて問いかけた。

「何だか妙に暑いんだけど…。ねえ…。お姉ちゃん。たしか魔物娘って魔力で体温を調整できるんだよね…。」

 じっと見つめる俺の視線に耐えかねたように、はる姉は困った様に笑う。

「あ、あはは…。うん。そうだけど…。こうしたほうが…けいちゃん美味しくなるから…。」

 やっぱりそうか…。はる姉は汗臭いのが本当に好きなんだな…。俺はもう一度ため息をつく。そして、ちょっと困らせたくなり心にもない意地悪を言う。

「あ〜あ…。なんか嫌になったな…。今の会社辞めて空調完備の会社に移ろうかな…。」

 その途端、はる姉が急に真面目な顔になって俺の目を見つめる。心から心配する様な愛情深い眼差しに、思わずはっとなって見つめ返してしまう。

「どうしたのけいちゃん…。何かつらいことあるの。なんでもお姉ちゃんに話して。お姉ちゃんはきみの味方…どんな時でもけいちゃんの力になるんだからね…。」

「姉ちゃん…。ごめん…。冗談だから!冗談!」

 予想外の反応に慌てた俺は笑って何度も否定した。なおも心配そうに見つめるはる姉だったが、どうやら冗談だと納得してくれたらしく、顔をぷーっと膨らせて文句を言う。

「もうっ!そんなこと言っちゃ駄目でしょけいちゃんっ!お姉ちゃん心配しちゃったんだよ…。でも…約束して…。困った時は何でもお姉ちゃんに話すって…。ね。お願い…。」

 切ないような眼差しで優しく諭してくれるお姉ちゃんだ…。そんな姿を見ているとつまらない事を言った後悔の念が襲ってきた。そうだ。いつも何か困った事がある時は全力で助けてくれて…いつも傍にいて力付けてくれたお姉ちゃんじゃないか…。
 馬鹿…。この心優しいはる姉の栄養になるのなら、においを嗅がれるぐらいなんだっていうんだ…。俺は申し訳なさに耐えきれずに頭を下げる。

「ごめん…姉ちゃん。変な事言っちゃって…。心配させてごめんね…。」

「も〜。どうしたのけいちゃん?お姉ちゃん何も怒っていないよ……。ねえ。本当に大丈夫?」

 やっぱり心配だと言わんばかりに不安そうに見つめるはる姉に、俺は慌ててつまらない言い訳をしてしまう。

「いや…ほら。今の仕事現場での作業が多いから…手が荒れちゃって…。ちょっと憂鬱になっただけだよ。」

 実際これは本当の事で、この仕事についてから、手のひらには豆とか傷跡とかが目立つようになってしまった。はる姉はにっこりと笑うと俺の手を取って、優しく口づけしてくれた。唇の柔らかさが心地良い。

「あのね。お姉ちゃんはね…けいちゃんのこの手が大好きっ!立派な手だよ…。働き者の立派な手っ!」

 思いやりを込めて微笑むはる姉の…その優しさに泣きたくなってしまい、俺はつい照れ隠しに笑ってしまう。

「ははっ…。それってどっかで聞いた事がある台詞だね…。でも…ありがとう。お姉ちゃん……。」

 俺はお姉ちゃんに頭をそっと寄せる。はる姉も優しく翼で抱きしめてくれる。心にたとえようもない温かさを感じながら、そんな穏やかな時間が流れて行った……。














 よし…。今日もまた勝負だ!何としてでも一矢報いる……。そんな思いであれから幾度となくはる姉に勝負を挑んでいるのだが…。結果は全敗だ。いつも俺が風呂に入るより先にはる姉に捕まってしまい、くんくんぺろぺろされてしまう。

 まあでも、これはあくまでもゲームだ。はる姉にされるのが本当に嫌だと言う訳では無いし、はる姉も俺が本気で嫌がることはしない。ただ、ちょっとした達成感が欲しくて挑戦しているだけという事に過ぎない。お姉ちゃんもその事は十分承知したうえで楽しんでくれている。

 さて…俺は気配を殺して家に入ったが、その瞬間……。後ろからぎゅっと抱きしめられ、たちまち抑え込まれてしまった。ため息をついて振り返れば、はる姉の優しい笑顔だ。

「ふふっ…。けいちゃんおかえり〜。」

「ただいまお姉ちゃん…。でも…お姉ちゃんって本当に物好きだねえ…。」

 俺のそんな言葉にはる姉は満面の笑顔を見せて、とっても嬉しそうな声で耳元で囁く

「そうだよ!お姉ちゃんはけいちゃんのにおいが…ううん。けいちゃんの事がとっても大好きなんだから!」








17/10/30 21:52更新 / オダギジョ ・ リー

■作者メッセージ
今回もご覧いただきありがとうございます。

本当はまじめで働き者の旦那さんを励ますガンダルヴァさん。という話のつもりでしたが…
書きあがったものを見て思わず頭を抱えました…。

でも全く後悔はしていませんっ!!あとはご覧の皆様の判断にお任せします。
気に入って頂ければ嬉しいですが…。どうかよろしくお願いします。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33