読切小説
[TOP]
あま〜い誘惑
「遊くん!」

「ゆー君!」

「「どっちのおっぱいがすきなの!?」」

突然でいきなり聖 遊理(ひじり ゆうり)の部屋に2人の魔物娘が入ってくる。
そしてバフっと、1人の魔物娘がその豊満なおっぱいで遊理の顔を包み込こむ。

「遊くんはお姉ちゃんのおっぱい大好きって言ったでしょう?」

最初にパフパフをしてきたのは年上で姉的存在の幼馴染 "アプサラス" の神戸 さやか(かんべ さやか)。
だがそれを見たもう1人の魔物娘が今度は自分のおっぱいに遊理の顔を埋めさせる。

「ううん、ゆー君は私のマシュマロおっぱいの方が好きだよね?」

もう1人は遊理と同い年でさやかと同じ幼馴染 "ホルスタウロス" の望月 由衣(もちづき ゆい)。
なお当の本人はふくよかな巨乳に顔を押し付けられて、恥ずかしく顔は赤くなっている。

「ちょ、ちょっと、ま、っまって、い、いきなりそんなこと言われても・・・」

何とか2人の胸から脱出して焦る遊理。
いきなり胸を押し付けてきた理由は遊も薄々わかっていた。
それは単純2人に "告白" されたからだ。

「遊くんは私のおっぱいが1番だよね?」

遊理の顔を持って再度自分の胸へと抱き寄せるさやか。
するとそれを見た由衣が「ああ!」と声を上げこちらも奪うように自分の方へと引っ張る由衣。

「ちょっと由衣ちゃん、邪魔しないでくれる?」

「いやです!」

奪い合いが始まる。
右片方の顔にさやかのおっぱいが、左片方に由衣のおっぱいが。
4つおっぱいが遊理を悩ませる。

「ちょ、2人とも・・・ま、待って・・・」

流石に2人のおっぱい責めに流石にこれはまずいと思い2人を止める。
そして自力でパフパフから脱出して息を整える遊理。

「ま、まず・・・さ、僕・・・2人の気持ちにこ、応えられない・・・と思う・・・」

「「な、なんで!?」」

「だ、だって・・・2人のあ、アプローチがす、凄いし、そ、それに・・・」

「「そ、それに?」」

2人をチラチラと見て生唾を飲み込む遊。
息を吸い意を決して、真面目な顔になる。

「2人が胸を使うから、僕はまるで胸と結婚するみたいでいや・・・なんだ」

少し俯いて、2人を見ないようにする。
だが自分の意思は言った。
これでよかったんだと思いながらゆっくりと顔を上げて2人を見る。

「遊くん・・・」

「ゆーくん」

二人は互いに顔を合わせて遊理に向き合う。
そして2人は同時に声を出す。

「「そんなことで悩んでいたの?」」


「え、そ、そんなことって!?」

遊理からすれば "不純" で最低な理由だと思い悩んでいた。
だが彼女達 "魔物娘" からすればそんなことは "些細な事" である。

「もう、遊くんってば可愛いんだからぁ・・・じゃあお姉ちゃんがおっぱいでメロメロにしてあげなきゃ♪」

服をゆっくりと脱ぎ始めるさやか。
その行動に「っな!?」と驚く由衣。

「あ、さやちゃんぬ、抜け駆けなんてずるい!」

負けたくない一心で由衣も服を脱ぎ始める。
その行動に服を脱いでいく遊理は戸惑う。
だが遊理の戸惑うなか何時しか下着姿になって。


裸になる。




「うふふ遊く〜んお姉ちゃんのおっぱいですよ〜♪」

遊理の顔に、おっぱいを押し付けてパフパフを始めるさやか。
それを見た由衣も「わ、私も!」と言って、遊理の後ろに立ちさやかと同じようにパフパフをする。

「うふふ、遊くんどう?生おっぱいは?」

「も、もが・・・」

「わ、私のおっぱいに顔を埋めてもいいからね?」

4つのおっぱいが顔に後頭部に当たる。
柔らかい、おっぱいの感触がだんだんチンポの方も勃起する遊理。

「あらぁ?遊くん、私のお臍(へそ)あたりに硬い物が当たってるよ?」

「あぁ、ゆうく−んおちんちん・・・勃起してる」

後ろから覗き込むように遊理のチンポを覗き込む由衣。
そして由衣ゆっくりとズボンを脱がし始め、チンポを握り手コキして勃起させようとする。

「ゆー君のおちんちん、おちんちん♪」

「うぁぁ、ち、チンポ、き、気持ちいい・・・」

手コキのスピードが少しづつ、少しづつスピードを上げていく。
それはまるで "本能" に任せて手コキをしている様にも見える。

「遊く〜ん、そろそろお姉ちゃんのおっぱい触りたくなったんじゃない?」

ゆっくりとパフパフをやめるさやか。
そして両手を作っておっぱいの谷間を作って遊理に見せつける。

「由衣ちゃんみたいに母乳は出ないけど・・・ほらおねえちゃんのおっぱい触って?」

「あ、ああ・・・」

生唾を「ごくっ」っと飲み込み両手で胸を触り揉み始める。
両手で包み込むように優しく揉み始める。

「ふぁぁ、ゆ、遊くん・・・ど、どう?私のおっぱいの触り心地はどう?」

「う、うん・・・さ、さやかお姉ちゃんの胸・・・や、柔らかい・・・」

だんだん歯止めが効かなくなるほど胸を揉んでいく。
そして胸を揉まれて、顔がほぐれいくさやかを見て焦る由衣。

「はぁはぁ・・・わ、私もま、負けられない」

幼馴染であるさやかに負けられず手コキスピードを一気に上げる。

「ゆー君、ゆー君の精子、精子!射精して!私の顔に掛けて!!」

「うぅあぁぁっ!ゆ、由衣、そ、それだ、ダメ!で、出る!!」

由衣の手コキに我慢の限界に達し精液が出てしまい由衣の顔に掛けてしまう。
そして顔に掛かった精液を手でかき集めてペロっと舐める由衣。

「はぁはぁ・・・あぁ・・・こ、これがゆー君の精液の味ぃ」

ペロペロと手に付いた精液も舐め始め、遊理の精液を味わう由衣。

「ゆ、由衣ちゃんが遊くんの精液に夢中になってる・・・」

精液をおいしそうに舐め、味わう姿をマジマジ見つめてしまうさやか。
その姿を見て我慢できずに由衣が精液に気を取られているうちに遊理を独占しようとするさやか。

「遊く〜ん、今度はお姉ちゃんのお・ま・ん・こに入れて見ない?」

遊理の腕を引っ張ってベッドに誘導する。
そしてベッドに誘導して自分のおまんこを広げるさやか。

「いい、遊くん・・・お姉ちゃんのここ・・・ここに入れるんだよ?」

「う・・・うん・・・さやかお姉ちゃん」

広げたおまんこの中にチンポをゆっくりと挿入する遊理。
すると挿入したおまんこから血が出る。

「ん、んんっ・・・!!」

「さ、さやかお、お姉ちゃん・・・しょ、処女・・・だったの?」

「そ、そうだよ・・・お、お姉ちゃんの処女は、遊くんのだから・・・お姉ちゃんは遊くんの物だから」

「さ、さやか・・・さやかお姉ちゃん!」

なんとか痛みを出さないように、チンポを奥へ奥へと入れていく遊理。
その優しさがさやかにも伝わったのか両腕を伸ばし遊理を抱きしめる。

「あ、ありがとう遊くん・・・でも、もっと無茶苦茶にピストンしていいんだよ?」

「う、うん・・・」

チンポが根元まで入り、さやかに言われたとおりにピストンをする。
無茶苦茶に、ただひたすらピストンする。

「あ、ああ・・・い、いいなぁ」

ようやく我に返った由衣は立ち上がる。
そして自分のおまんこをさやかに向ける。

「あはぁぁっ由衣ちゃんのお、おまんこ」

「ゆー君、おっぱい、おっぱい吸って♪」

「・・・ゆ、由衣・・・」

おっぱいを見て、あむっと口に含む遊理。
そして舌回し由衣のおっぱいを舐め、チュウ、チュウと吸い始める。

「ふあぁぁぁ、お、おっぱいき、気持ちいいぃっ」

「由衣ちゃんのおまんこ・・・あむ」

ビリビリっと電流が走る由衣。
クンニをされて、胸を舐められて2つの刺激が由衣を襲う。

「あああ、ら、らめぇ、おっぱいもおまんこも、き、気持ちいい、き、気持ちよくってお、おっぱいでりゅう!!」

ぴゅる、ぴゅるとおっぱいから "母乳" が吹き出る。
「んぅ!」っと母乳に驚きながらもゴク、ゴクっと母乳を吸い飲んでいく。

「んぁぁぁ、お、おっぱいで、出ちゃってぇ私気持ちいいぃ」

「ゴクゴク・・・チュウチュウ」

ピストンをして、母乳を吸っていく遊理。
おまんこをピストンされながら由衣のおまんこを舐めるさやか。
母乳を吸われてクンニをされてよがる由衣。
3人のその姿はいやらしく、美しく見え始める。

「ぷは、さ、さやかお姉ちゃん・・・ぼ、僕そ、そろそろ」

ピストンの勢いが一気に加速する。
勢いよく、激しくピストンする。

「ああ、ああん、い、いいよ!遊くん!私のおまんこに、おまんこに頂戴」

言われたまま、この快楽をもっと味わいたいと思い始める遊理。
そして射精感を煽り、そのままさやかの中に精液を "どっぷり" と精液を射精する。

「ああぁぁ・・・ああ、っあ、ああは、入ってる・・・ゆ、遊くんのぉ・・・せ、精液」

「はぁはぁ・・・」

ゆっくりと引き抜くと "どっぷり" と精液が垂れ出る。
だが遊理の勃起まだは収まっておらずむしろ収まるどころかさらに膨張している。

「ゆ、ゆー君」

さやかに跨っていた由衣が跨るのをやめて、さやかの隣で横になる。
そしてゆっくりっと足をMに開く。

「ゆ、ゆー君・・・わ、私にも・・・頂戴・・・」

はぁはぁっと息を切らしながら、ゆっくりと正常位で素股を始める。
ゆっくりと挿入しようとする。

「い、いくよ・・・由衣」

そして今度は由衣のおまんこの中にチンポを挿入する。
ゆっくりと挿入するとさやかと同じようにおまんこから血が出る。
どうやら由衣も "処女" だ。

「ゆ、由衣・・・由衣もしょ、処女?」

「そ、そうだよぉ・・・私もゆー君のために取っておいたんだよぉ」

「ゆ、由衣・・・」

奥へ奥へと挿入する。
そして1番奥にチンポが入る。

「んん、んん〜・・・ああ、ゆ、ゆー君う、動いてぇ・・・」

動いてと言われてピストンをする。
そしてピストンをしながらゆっくりと由衣の体を覆う遊理。

「はぁ、はぁ・・・由衣、由衣ぃっ」

ゆっくりと顔を胸に埋める遊理。
するとそこに遊理を挟むようにさやかが遊理の体を覆う。

「うふふ、ゆう君どう?私達のおっぱい気持ちいいでしょう?」

「ちょ、さやかお姉ちゃん・・・」

上下に伝わるおっぱいの感触。
顔と顔の後頭部に4つのおっぱいが当たって、何時しか遊理は4つのおっぱいに顔に頬ずりする。

「ふぁあぁ、は、初めてなのに・・・き、気持ちいい、きもちいいよぉ」

ピストンされならがらゆいのおっぱいから母乳がぴゅる、ぴゅるっと噴き出る。
すると由衣のおっぱいを両手で寄せて、「チュウチュウ」と吸っていく。

「んんはぁぁ、ああ、またおっぱい吸われてぇき、気持ちいい」

顔が蕩けてしまい、両腕を伸ばしてさやかごと抱きしめる。
そして、遊理もまた射精感が近づいていく。

「はぁはぁ・・・で、出そう」

「ん、んぅ!うん、私にも頂戴、膣(なか)に!膣に!!」

両足を閉じて、中に出させようとする。
だがそんなことどうでもよく、遊理は勢いよくピストンして。
そのまま "膣内に精液" を射精する。

「あ、ああ・・・あ、あひゃま・・・あひゃま・・・まっひろぉぉ」

"どっぷり" と精液が全部で終えるまで膣内でチンポを留める。

「はぁはぁ・・・ゆー君・・・き、気持ちよかった・・・?」

「う・・・うん・・・」

ゆっくりとチンポを引き抜いて、1人専用のベッドに横になる遊理。
息を切らし瞼を閉じ、遊理は眠ってしまう。
4つのおっぱいを枕にして、甘えるように・・・。
15/07/26 23:10更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
これを書いている時の私は「ああ、俺完全におっぱい星人だわ」って思いながら執筆してました・・・

皆さんこんばんわ、シャルロット♂です
暑い日が続きますが何とか8月になる前に掛け終えましたw
なお今回は魔物娘のリスペクト作品でしたが・・・いかがでしたか?
もし楽しんでくださったのであれば幸いです
では次回またお会いしましょう!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33