読切小説
[TOP]
一限講義一時間前
 ピピピピ! ピピピピ!
「うーん……くっそぉ……もう8時かぁ……」
 唸りながら俺は目覚ましの音を止めようと腕を伸ばした。途端にその腕が寒気に包まれる。
「うわっ、寒すぎだろ……」
 目覚ましを殴りつけ、さらにスヌーズ機能も切る。さらに手近に置いてあるストーブのスイッチを押してオンにした。大学生にしては購入費も維持コストも贅沢過ぎる逸品なのではあるが、今年の冬は寒すぎる。買わざるを得なかった。
「ううう……さぶさぶ……」
 腕を布団に再び引っ込める。部屋が温まるまで俺は布団に潜り込むことにした。講義は9時から。正直、あんまり寝ている余裕はないのだが、この寒さに対して布団のぬくもりは魅力的過ぎた。
 いや、本当に布団のぬくもりと言うのは危険だ。ある意味、魔物娘より恐ろしい魔物と言える。特に今日のような寒い日に布団は牙を剥く。いかに自他共に厳しいリザードマンと言えど、この布団にはそう簡単には抗えないだろう。
そして、この布団は俺一人の体温だけを溜めているのではなかった。もう一人の体温も留めている。それは……
「すぅ、すぅ……」
 俺のとなりで眠っている女の体温だ。背は小さく、150cmくらい。顔も幼い感じで見ただけだと小●生にも見えるかもしれない。一応、俺と同級生なんだけど。
 そしてなんといっても特徴的なのは彼女の頭にある真ん丸な耳、それから布団からちょこんと頭を覗かせている尻尾。そう、彼女はドーマウスという魔物娘だ。ラージマウスに似ているが、性格はだいぶ異なる。ラージマウスはせっかちだが、このドーマウスはのんびりとしており、夢見がちな性格だ。そしてよく寝る。先ほどの目覚まし時計の音にぴくりとも反応しない通り、よく寝る。それがドーマウスだ。この娘が俺の彼女、夢野遥だ。
「すぅすぅ……」
 何にも怯えていない安心しきった無防備な顔で彼女は眠り続けている。この寝顔を俺は壊したくなかった。そっとベッドから抜け出し、朝の準備をしようとする。遥の身体をそっと通り、ベッドから出て……
「だめぇ……」
 不意にスウェットの裾を力強く引かれた。引いたのはもちろん遥だ。振り向いてみると、さっきまで寝息を立てていたのに、彼女は目を覚ましていた。寝ぼけ眼で、それでも俺の目をしっかりと見つめながら、俺をぐいぐいと引っ張る。
「寂しいから出て行っちゃイヤぁ……」
「え、あ、うわ〜……」
 まだ布団から出たくないという欲があったからか、俺はいともたやすく再び布団の中に引きずり込まれる。布団に入った俺にすかさずと言った感じで遥の手足が絡みついた。
「あ、その……おはよう、遥」
「ん〜……おはよう、帆人(かいと)……すぅ……」
 俺のあいさつに返事をした遥だったが、俺が一緒の布団に再び入ったら安心してしまったのか、また眠りだしてしまった。
「……おーい、また寝ちゃったかぁ?」
「すぅ、すぅ……」
「頼むから離してくれよ〜、一限に間に合わなくなっちまうよ……」
「すぅ、すぅ……」
 聞いているのか聞いていないのか、遥は寝息を立て続けている。惰眠を貪っている様はまさに幸福。微かに笑みすら浮かべているその顔は何の影もない天使を思わせる。そんな顔をしているのは彼氏の俺を抱きまくらにしているから、と言うのは少しうぬぼれだろうか?
 彼女の頬を突いてみる。すべすべしていながらしっとりしていて弾力もある。餅と言う言葉がまさに似合う肌だ。その頬から指を滑らせ、可憐な口に這わせてみる。条件反射だろうか。遥は軽く口を開いた。俺の指は彼女の温かい口内へと消える。
「……!?」
「んぅ、んんっ、ちゅぷ……」
 寝ていると言うのに遥の舌は俺の指先に絡みつき、唾液をなすりつけてくる。そして加えた指は離さない。まるで赤ちゃんが母親の乳房を離さないように。
 いつまでも俺はその彼女の様子を見ていたかったが、そんな暇はない。本当に抜けださなければ一限に間に合わない。
「うぅうう……」
 俺は唸る。抜けださなければいけないのだが、彼女の寝顔と、布団と彼女のぬくもりは俺を捕らえて離さない。外出ると寒いし辛いし、このまま一限は自主休講にしてしまおうか。そんな気持ちが沸き起こってくる。遥がデビルだったら間違いなくその考えを積極的に指示しただろう。
 それでも俺は理性を総動員して彼女の手足をひっぺがして外に出ようとする。
「ふぅうん……行かないでよぉ……むにゃむにゃ……」
 本当に起きているのではないかと思うくらい、彼女は俺の行動を察して寝言を言いながら手足に力を込めてきた。そのせいで俺と彼女の身体が密着する。
「うっ……」
 思わず俺は声を上げた。今まで気付かなかったが、俺のスウェットの股間は大きなテントを張っていた。いわゆる朝勃ち。健康な成人男性の生理現象だ。その硬くなっている逸物に遥は柔らかいお腹を擦りつけてくる。
「う〜ん……えへへぇ、帆人ぉ……大好きぃ……」
 にへらと笑顔を作りながら遥は言う。どう考えても起きていて狙って言っているように見えるのだが、彼女の口の端からはよだれが溢れている。しかし彼女はそれを拭おうともしない。これでも寝ているのだ。
「それは反則だろ、くそっ……」
 寝言でこんなこと言われて嬉しくない男などいるはずがない。そしてさらに女の身体が男のモノに密着しているのだ。身体が押し付けられたことによって、生理現象は生殖のための反応へと変化し始める。ペニスの先端からじんわりと快感が広がり、脊髄を通って脳にそれを伝えた。彼女が動いていないのが幸いだった。動いていたら俺はこのまま彼女に腹ずりされてそのまま射精して朝っぱらからトランクスを精液まみれにしてしまったかもしれない。どうせ着替えるからいいんだけど……いや、良くない! 彼女にイカされるまで腹ずりを楽しんで、そうしてからシャワーを浴びたりしていたら遅刻してしまう!
首を捻って時計を見てみる。いつの間にかもう8:15。いかに学校の近くに住んでいると言ってもそろそろヤバイ時間だ。
 それでも……俺は布団の、何より俺に抱きついて穏やかに眠っている彼女のぬくもりに抗えなかった。気づけば、遥を引き剥がそうとしていた手が彼女を抱きしめている始末だ。
「えへへ、ぎゅうぅ……」
 俺に抱きしめられている夢でも見ているのだろうか。遥はそんな寝言を言いながら手足に力を込めた。そして恐ろしいことに、身体を小刻みに揺らし始める。そう、さっきまでされていなかった腹ずりがされていた。
「お、おい……! くそっ、それはやばいって!」
 彼女の腹によって俺のペニスがもみくちゃにされた。何枚もの布を間に挟んでいるが、彼女の腹は的確に俺の亀頭や裏筋を捕らえ、圧迫と摩擦で快感を送り込んでくる。
「はっ、うっ、くうう……」
「ふみゅう……帆人、もっとぎゅっとしてぇ……」
 せっせと身体を無意識に彼女は動かす。その動きに、俺の身体に限界が近づいてきた。このままだと本当に射精してしまう。俺は彼女の肩を掴んで引き剥がそうとした。
「ちょ、はる、か……! 本当に止めてくれ……!」
「や〜だ〜……!」
 だが彼女は俺より強い力で俺にしがみついてきた。ぎゅっと圧迫される俺の肉棒。それがとどめとなってしまったようだ。耐え難い疼きが広がったと同時に、俺の下腹部が不快なぬめりに濡れる。そして生臭い匂いが布団の中から立ち上った。
「あ〜、もう……! マジでイッちゃったし……」
 俺は布団を跳ね除ける。ストーブが効いてきたとは言えまだ寒いが、この際仕方がない。
「うぅううう……寒いよぉ……」
 飛ばされた布団と失われていくぬくもりを追いかけるかのように、彼女が身体を芋虫のように丸めた。その顔が俺の股間に近づいていく。
「えへへぇ……帆人の匂いだぁ……」
 目を閉じたまま、遥は嬉しそうにつぶやく。寝ていても恋人の精液をはっきりと認識できるらしい。さすが魔物娘だ。
そして、遥の顔はちょうど俺の股間の真ん前でとまった。まるで、これからフェラチオをするかのような位置……それを見た瞬間に俺の中で何かが切れた。
 俺はスウェットを汚れたトランクスごと脱ぎ捨てる。ぶるんと、精液にまみれた、一度の射精では収まらなかった牡器が現われた。遥の後頭部を掴み、位置を調節する。
「っとによう……お前が俺をイカせたんだからな。責任とって綺麗にしろよ……!」
「んみゅう……すぅ、すぅ……」
 これから乱暴なことをされようとしていると言うのに遥は眉ひとつ動かさない。寝ているのだ。恐ろしいことに。
 俺は彼女の頭を強引に引き寄せ、自分の肉棒を彼女の口の中にねじ込んだ。ふにゅりと柔らかい感触が亀頭に当たり、すぐに精液とは違うぬめりが先端を包む。下腹部から甘い快感が立ち上った。遥の口の感覚に俺は酔いしれる。
「ああ、やべぇ、気持ちいい……」
「ん、んん……んふぅ、んふぅ……」
 一方、遥は鼻にかかった寝息を立てていた。きっと彼女の口内には、あの青臭い精液の香りと味がいっぱいに広がっているはずだ。さらに彼女はそれを味わうかのように、舌を俺のペニスに這わせている。くるくると舌が動きまわってペニスを撫でる。先ほど、俺の指にしたように。しかし、彼女は寝ていた。
「動かすぞ……!」
「んっ、んっ、んん……」
 俺は遥の頭を両手で乱暴に掴み、動かした。遥の口から声が漏れる。この頭の動きに彼女の意思は一割もない。寝ているから。よって今は、俺が、彼女の口を使って一方的にオナニーをしている。まさにイラマチオの状態だった。
 しかし、驚くべきことに彼女の口は俺を攻めていた。口の中を真空にしてちゅうちゅうと先端を吸い、舌で亀頭から裏筋、幹と撫で回す。さらに、俺のモノに歯が当たらないようにちゃんと口が開かれている。とても寝ているとは思えない。しかし、ちらりと彼女の顔も見てみても、目は閉じられており、手はぐったりとしていて抵抗する様子も、俺に反撃の愛撫をする様子もない。間違いなく寝ていた。
「ああ、ヤバイ……遥の口、気持ちいい……また出そうだ……」
 彼女に後始末をさせるつもりでイラマチオをさせていたのに、また射精感が俺の身体に近づいていた。これでは本末転倒だ。だが俺はこの行為をやめる気はなかった。身体の力を抜いて腰から沸き起こる滾りを抑えこまずに放つ。
 どくっ、どくっ……
 二度目の射精が彼女の口内で行われていた。肉棒が脈打って体液が彼女の口の中に注がれていく。微かに彼女は眉を寄せたが、それでも目は開かなかった。
 しばらく俺は彼女の口にペニスを突っ込んでいたが、もう精液が出ないと判断したところで抜いた。しかし、これが大学生の性欲というものなのだろうか。二度の射精にもかかわらず俺のモノは勃起したままだ。そのことに俺は嘆息する。そして俺は遥を見てみた。
 遥は相変わらず、天使のような顔で目を閉じて眠っている。だが彼女の口の周りは、最初に出した精液がくっついていた。自分がそうさせたのだと考えると、背徳感と共に征服感が俺の心を満たす。
 続けて彼女を見ていると、遥の喉がこくんと小さく鳴って動いた。口内に出された精液を飲み下したのだ。眠っていながらも咽ずに飲むなんて芸当ができるのは、彼女がドーマウスだからであろう。
「んっ、ぷはぁ……ん〜んまぃ! もういっぱい〜……すぅ……」
 どっかのCMを思わせるような一言を呟いて仰向けに寝返りを打った遥だったが、また寝息を立て始めた。しばらく様子を見ていてもそこから何かを言う様子も無ければ、動く様子もない。もちろん、起きる様子なんて皆無だ。
 俺はいらだちのような物に苛まれていた。俺だけ一人アヒらされて一人イッている……それに虚無感を覚えたのだろう。だがもう一つ、苛立つ理由があった。それは、収まらない獣欲。この天使のような寝顔で眠っている恋人を自分の白濁液で汚して征服したいと言う牡の欲望。それは暴れ馬のように俺の心と身体を振り回す。
「ちくしょう、こうなったらとことんやってやる……!」
 俺は遥に覆いかぶさり、そのパジャマに手を伸ばした。パジャマは脱がせやすい服だ。あっという間に彼女はレモン色のショーツ一枚の姿まで俺によって剥かれた。残る一枚の布切れに俺は手をかける。あっさりとそれは取り去られ、とうとう遥は眠ったまま、彼女の知らないうちに生まれたままの姿にされてしまう。
 シミひとつない綺麗な肌、歳の割には薄い胸、その頂点で尖って震えている乳首、そして眠っている間に精を受けたからか愛撫もされていないのにたっぷりと濡れている秘裂、それらが俺の目に飛び込んできた。きっと俺は目をぎらつかせている。俺は何度もこの身体を抱いて、何度も汚した。そして今、またこの身体を抱いて汚そうとしている。
 俺は彼女の脚を掴んで押し広げ、その間に身体を割り入れた。位置を少し調整して、ぬめったアソコに自分のアソコを押し当てる。そしてそのまま腰を進めた。
 眠っている彼女は無抵抗。そして彼女の膣も何の抵抗もなく俺を受け入れた。
「お、おおお……」
 何度も彼女とセックスはしたが、やはり気持ちいい。温かくて、ぬるぬるしていて、まるで肉襞が一枚一枚意思を持っているかのようにペニスにまとわりついてきて、さらにきゅうきゅうと締め付けていて……声を漏らすほど、遥の中は良かった。まるで、ペニスから腰まで溶けてしまったかのようだ。
 遥の膝に手を添えて俺は腰を前後に動かす。ベッドがギシギシと鳴り、俺の太腿と遥の尻がぶつかり合う音が朝のアパートの一室に響いた。
「んっ♥ あっ♥ ふわぁああ♥ 帆人、いいよぉ♥ もっとズンズンしてぇ♥」
 俺に突かれ、喘ぎ声を上げながら遥は寝言を言う。そう、寝言なのだ。俺に剛直をねじ込まれていると言うのに、寝ているのだ。その証拠と言おうか、彼女の首は座っておらず、俺の動きにあわせてぐらんぐらんと揺れている。見ていると少々危なっかしい。
「ああ、もう……!」
 俺は上体を倒して遥に覆いかぶさるような形を取った。両手は遥の横に置き、腕で彼女を包むようにする。こうすれば彼女の頭は動かない。それに、遥の可愛らしい丸耳を撫でることができる。
「ふみゃああ♥ なでなでぇ♥ なでなでしてぇ♥ もっと私をかわいいかわいいしてぇ♥」
「ああ、かわいいかわいい」
 きっと夢の中でも俺とセックスをしているのだろう。遥は寝ながら叫ぶ。その要求に応え、遥の耳を撫でながら俺は耳にささやく。ぴこぴこと嬉しそうに耳が動いた。
 不意に遥の両足が腰に巻き付いた。よく見れば腰も少し浮かせ、自分から動かしている。これが何を意味しているか俺は知っている。これは彼女が寝ていながらもイキそうになっている予兆、そして俺への膣内射精の要求。寝ているくせに……いや、寝ているからこそ彼女は本能をむき出しにして、快感を貪り、同じ快感を相手の男に求める。
「うっ、うううう……!」
 そして俺もまた、そろそろ我慢の限界が近づいてきていた。遥の中にある俺の分身からびりびりと電気のように快感が身体中に広がり、それが爆発しそうになる。すぐにでも射精が始まりそうだ。
 でもその前に、俺はどうしてもしたいことがあった。必ず、これはすると決めていること。彼女は俺との行為中もずっと寝ているけど。寝ているから伝わってないかも知れないけど。それでもやりたいこと。
 俺は遥の可愛らしい丸耳に自分の口を寄せた。そして囁く。
「遥、かわいいよ。愛している」
 俺の言葉が言霊となったかのようだった。遥の膣がきゅーっと収縮する。同時に身体がひくひくと震えた。絶頂を迎えたのだ。
 そして彼女の収縮に耐えかね、俺も爆ぜた。眠っている彼女の身体の中に、俺の白濁液が注がれていく。
「うぅ、ふぅう……」
 さすがに朝っぱらから、朝食抜きで三連発はキツイ。俺は脱力してベッドに顔を埋める。しばらくは動けそうにない。
「すぅ、すぅ……」
 一方、遥は相変わらず寝ていた。ややその寝息は高ぶっているように震えているが、それでも寝ている。
 本当は、セックスの後はいちゃつく後戯をするのがお約束だろう。だが、ドーマウスの遥はいつも寝ているのでそんなことがない。セックスが終わればぐっすり寝る。これが男だったら平手打ち物かもしれない。しかし、遥だったら許せた。彼女がドーマウスだと言うことで諦めていることもある。だがそれ以外もある。
 何にも邪魔されず、笑顔を浮かべて穏やかに眠っている遥。だが身体は冷めやらぬ発情に打ち震えている。そして発情しつつも無防備に眠っているその身体は中も外も俺の牡汁にまみれていた。
 遥が寝ている姿は他の人も見られるかもしれない。講義中に彼女は居眠りするのが日常茶飯事なのだから。だがこのように無防備な裸体で眠り、さらに男の汚液にまみれている姿を見られるのは自分だけ。それもその液は自分の体液。そのことが俺の心を満たしていた。この女は、俺の物。
 これだけだったら俺のひとりよがりかもしれない。だが……
「んんっ、帆人ぉ……」
「ん?」
「好きぃ、私も大好きぃ……」
 眠っているからこその本音の言葉が彼女から紡がれる。この言葉が俺の心を何よりも満たしていた。
「ああ……ありがとうな」
 天使のような寝顔を撫でながら、俺はそっと呟くのであった。
13/12/18 00:15更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
講師「それで、君たちは一限の講義に遅刻したと言うわけだ」
帆人「マジ、スンマセン」
遥「Zzzzz」

はい、もちろん二人は遅刻しましたとさ、ちゃんちゃん。
どうも、沈黙の天使です。
不思議の国自体はもうちょっと待とうと思っていたのですが、この眠りネズミを見たら「彼女と共にフートンで寝ていたい!」って欲求が出て、そしてこんなSSとなりました。
ちくしょう、最近5時に起きたりしたら外はまだ真っ暗なんだじぇ……そしてめっちゃ寒いんだぜ……こんな妄想もしたくなりますって。

さて、そんな訳でいかがだったでしょうか、ドーマウスSS。
楽しんでいただけたのでしたら幸いです。

最後に一言。
ちゃんと講義は出ましょう。単位は落とさないように!

それではまた別のSSでお会いしましょう。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33