読切小説
[TOP]
にほひ
「あにじゃーぁ」
 ソファで本を読んでいると、うちのバフォさん、フィオネがもそもそと膝の上に乗ってきた。
「兄者……」
 そして胸にぐりぐりと頭を押し付けてくる。目の前でぶんぶんと振られる角が怖い。
「な、なに? どしたの?」
「うーん……」
 ぐぐっと胸板に顔を押し付けて、
「すんすん……すんすん」
 匂いを嗅がれた。
「待てい」
「兄者はじっとしておるのじゃ」
 ふんふんすんすんと匂いを嗅がれまくる。何なんだ。
 胸や首ならともかくとして、腋に頭を突っ込まれた時は流石に引きはがした。
「やめんかい!」
「うーん」
 何やら不満げな表情。
「なに? 何なの?」
「兄者から何の匂いもせんのは何故じゃ?」
「におい?」
 話を聞けば、サバトの魔女たちとの話で『お兄ちゃんの匂い』が話題に上がったと。彼女らは、にまにまと兄たちの匂いの感想を述べていたが、そう言えば自分は兄者(俺のことだ)の匂いを覚えていない。
 ということだったらしい。
「いやまあ……匂いには気を使ってるから」
「良い匂いがするならともかく、全くの無臭じゃぞ?」
「いやうん、無臭になるように気を使ってるから」
「なんでじゃ!? せっかくの匂いを消すなど言語道断じゃぞ!」
 怒られた。ぽかぽかと胸を叩かれ、シャツをぎゅっと握られる。
「ワシだって兄者のシャツで『えへへ……お兄ちゃんの匂い……』とか『お兄ちゃんに包まれてるみたい……』とか『お兄ちゃんの匂いで我慢できないよぉ……!』とかやりたい!」
「やめてください」
 アンモニアでその鼻潰してやろうか。
「ええとね、残念ながら体臭には敏感だから出ないようにしてるんだよ。臭いのしにくい体質でもあるし」
「どう気を付けたら全く体臭がしなくなるんじゃ……」
 いろいろと方法はあるのです。
 膝の上のフィオネを、正面からがばと抱き締める。
「あ、兄者?」
 急な抱擁にちょっと戸惑うフィオネ。彼女の耳元で、囁くように言う。
「じゃあフィオネはどんな匂いがするんだろうね」
「ふぁっ!?」
 首筋に顔を埋め、大きく息を吸い込む。
「ミルクみたいな甘い匂いがするな」
「あ、や、だめじゃ……恥ずかしい……」
「フィオネだって散々こっちの匂いを嗅ぎまわったんだから、お返しだ」
「あ、あにじゃ……」
 そのまま日が暮れるまでいちゃいちゃしていたのだった。

  +  +  +

 あくる日。
「ただいまなのじゃー」
「おかえりー」
 帰宅したフィオネを出迎えて、先手を取って抱き締める。
「わ、わ、なんじゃ兄者?」
「いや、ちょっと」
 滅多にやらない事なので、フィオネが不思議そうにこちらを見上げる。
 と、こちらの仕掛けに気づいたらしく、胸に顔を埋めて、くんくんと匂いを嗅いできた。
「……甘いにおいがする……」
「ああ、クッキーを焼いたからな」
 ひょいと彼女を抱きあげて、そのままリビングへ。
「体臭を消すのは譲れないけど、まあ、これくらいなら」
「あ、あにじゃああ! 好きじゃああああ!!」
 これからしばらく、彼女は外でこの話しかしなかったらしい。
13/04/13 20:44更新 / お茶くみ魔人

■作者メッセージ
じんぶつしょうかい
フィオネ:バフォメット。サバトの支部長をしている。つよい。すごい。かわいい。
「兄者の匂いが無いなら儂の匂いをつければいい事に気がついた」
「おおっとその発想は無かった」

兄者:フィオネのお兄ちゃん。多芸多才の万能お兄ちゃん。秘密も多い。
「具体的にどうやって匂いを消してるんじゃ?」
「消臭剤を素肌に擦りこむとかそんなん」
「!?」

 匂いフェチ推進。小さい女の子にしがみつかれてすんすんされるとか興奮する。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33