連載小説
[TOP][目次]
before dawn
「これが研究の成果です」
「うん、ご苦労さま」
玉座に腰掛ける女に跪いた男が恭しく、書類の束を渡す。玉座に座っている者は受け取った資料に目を通していた。結果に満足したのか、玉座に座っている女は満足げに口角を釣り上げる。資料を手近なテーブルに置き、彼女は立ち上がった。すらりとした高い身長を映えさせる、歪みも偏りもない立ち方が、彼女の育ちの良さを伺わせる。
ヴァンパイア。
魔物の中で貴族と称される種族だ。実際のところ彼女、ルナは貴族である。ブラントームという、比較的名が知れ渡った家の令嬢だ。分家ではあるが。本家の屋敷から遠く離れた片田舎にある館に彼女は住んでいる。
「上々の結果よ、クドヴァン。あなたがいてくれるおかげで研究がどんどん捗っているわ」
「もったいなきお言葉でございます」
ルナの言葉に男、クドヴァンは畏まって言う。 このクドヴァンはルナの夫だ。既にインキュバス化しており、ルナとしては自分と同等の立場と考えている。しかし彼は、「ルナの部下」として振舞っている時はこのように堅い態度を崩さない。

本家から離れたこの田舎の屋敷で彼女は何をやっているか。
それは農作物の品種改良の研究である。
もともとブラントーム家が支配している地方は虜の果実や陶酔の果実、夫婦の果実や睦びの野菜を商業の主力としているところだ。この土地で産出される作物はどれも最高級品で、物と販売場所によっては果実一粒で金貨一枚にもなるような代物だ。
ルナはこれらの農作物のより質の良い物、より安定した供給を目指すべく、研究をしている。

今ルナが読んだ研究結果は睦びの野菜、通称魔界いもの品種改良の物だ。従来の物より甘さが増し、蜜もしたたるほどになっている。
「メランアリコ様もお喜びになるでしょう」
「表には出さないでしょうけど、まあ喜ぶでしょうね」
メランアリコと言うのはブラントームの本家の跡取りのヴァンパイアのことだ。ルナの従姉にあたる。本家の跡取りであり、自分以上に貴族然りとしたすまし顔の従姉のことを考え、ルナは苦笑した。
「それはともかく、一仕事終えたからゆっくりしたい気分だわ」
「心得ております。湯浴みの準備はすでに始めております。今日はいかがいたしましょう?」
ヴァンパイアは普通の風呂には入れない。真水に触れるとそこから痺れるような快感が走って何もできなくなってしまうからだ。しかし、ハーブ湯になどにして真水でなければヴァンパイアも湯浴みができる。クドヴァンの問いは今日の湯に何を混ぜるかを訊ねるものだった。
「今日はシンプルに海水風呂がいいわ」
「かしこまいりました」
「それから、貴方が先に入って上がっておくこと」
ルナが付け加えた。クドヴァンがルナの夫であり、すでにインキュバス化していたとしても、ルナがこの館の主である。
その主より先に風呂に入ると言うのは異例のことだ。
つまり、異例であるがゆえに、特別な意味があった。
「かしこまいりました」
クドヴァンは静かに頷いたのであった。




バスローブに身を包んだルナが、侍女のワーバットを連れて寝室に向かっていた。もう数刻もすれば夜が明ける。
ヴァンパイアとしての一日はもうすぐ終わりだ。一日の疲れをルナは海水風呂で落とした。だがこれで終わりではない。
「ここでいいわ。貴女は戻りなさい」
「はい、かしこまいりました。それではおやすみなさいルナ様。よい夜明けを」
一礼してその姿を消す。それを見届けてから、ルナは寝室の扉を開けた。実際のところ、扉を開けてすぐは寝室ではない。ちょっとした部屋だ。寝室に行くにはもう一つ扉を開ける必要がある。その扉をルナは開けた。
小さな家一つ分の広さではないかと思える寝室の中央に、クイーンサイズのベッドが安置されている。ここがこの屋敷の主の寝室だ。その寝室に先に入り込み、ベッドに腰をおろしている者がいた。そのようなことが出来る人物は一人しかいない。
「ごめんなさい。待ったかしら」
「ああ、待った待った」
ルナの言葉に彼女の夫であるクドヴァンが応えた。しかしその口調は先ほどの物とは打って変わり、とても気さくな、それこそ夫が信頼している妻に向ける物であった。人間であったころの名残でクドヴァンは今もルナの部下として研究の仕事をしているが、インキュバスになってから二人きりであればこのように気軽にルナに話しかけることが許されていた。呼び捨ても許されている。むしろ、ルナがそれらを望んだ。
「退屈はしなかったけどね」
「うふふ、いろいろ用意してくれたようね。ありがとう」
同じようにバスローブを身にまとっているクドヴァンの横に腰を下ろし、ルナは目を細める。アロマ・ハーブであるメルティ・ラヴが焚かれており、甘い香りが寝室に漂っていた。近くに座った二人はそっと身体を寄せ合う。クドヴァンの腕がルナの背中に回され、抱き寄せられる。ルナの口から喜びと驚きが混じった声が漏れた。密着した所からバスローブ越しに互いの体温が感じ取られ、二人は互いの存在を認識し、幸せな思いになる。
しかし、それだけで満足するはずがない。
「ん、んんっ……♥」
「うんっ、んちゅ……」
どちらからということもなく、二人のくちびるがつながる。始めはただ押し付け合うだけのくちづけであったが、しばらくするとそれは舌をねっとりと絡め合う、濃厚なくちづけとなった。ルナの手が動き出し、すっとクドヴァンのバスローブの合わせ目に差し込まれる。妻を護衛すると言う仕事も持つクドヴァンは鍛錬を欠かさない。ルナの指が這うその胸板はがっしりとしていた。愛しい者の男らしい身体に、キスをしているルナの顔がとろけた物になっていく。
クドヴァンもただされるがままではない。もう一方の腕を使ってランプを捻り、明かりを消す。部屋が闇に包まれた。明かりを消した腕を動かし、クドヴァンはルナをがっしりと抱きしめる。誇り高きヴァンパイアにこのようなことができるのは、ヴァンパイアが愛しく思う男、ただひとりだ。
「そろそろ、いただこうかしら……」
くちびるを離したルナが妖艶に微笑みながら、要求をする。クドヴァンの答えを聞くより先に彼のバスローブがくつろげられ、上半身が露わになった。
彼も拒否するつもりはもちろんない。足をベッドに上げて、ベッドの上に座りなおした。そのクドヴァンにルナは膝立ちの状態でまたがり、両腕を彼の背中と後頭部に回す。そして首筋に牙を突き立てた。
「くっ……」
クドヴァンが短く声をあげる。その声は苦痛がわずかに混じっていたが、どちらかと言うと快感に耐えるような調子の方が強かった。実際に彼は快感を覚えている。牙を立てられているクドヴァンの顔はまるで湯に使っているかのように緩んでいた。
「ん、んんっ♥ ちゅうぅぅぅ……」
夫の血を吸っているルナもうっとりとしている。まるでキスをしているかのような、あるいは甘い物を舌の上でとろかしているかのような、そんな表情だ。とても人間の生き血を啜ると恐れられている"吸血鬼"とは思えない。
「は、あああ……ルナぁ……」
快感でやや間延びした声でクドヴァンは妻の名を呼び、彼女の背中に腕を回した。彼の仕草にルナは血を吸いながら嬉しそうな声をあげる。部屋にはルナが血を吸い立てる音とクドヴァンの切なげな吐息だけが響いた。
「んちゅうぅう……んふふ」
クドヴァンの首筋に歯を突き立てたまま、ルナが笑う。そろそろ頃合だとルナは、何度も彼の血を吸い、肌を重ねた経験から推測していた。
右手をそっと彼の後頭部から離し、おろしていき、クドヴァンの下腹部を目指す。そしてむぎゅっと彼の逸物を握った。すでにそれは大きく、固く、張り詰めていた。
「血を吸われていると言うのにこんなに大きくしているとは……あなたは人間のころから変わらず変態ね」
「そ、それはヴァンパイアの特性だし、それに……」
吸血の快感に声を切りながらもクドヴァンは言い返す。
「ルナだって、気持ち良くなって……はうっ!」
「ほほほのほ。なんのことを言っているのかしら?」
クドヴァンの亀頭を撫でてルナは彼を黙らせる。だが彼の指摘が図星だったのは確かだ。吸血している間も快感が牙から全身へと広がり、さらに吸った彼の血が強力な毒のように全身を火照らせていた。熱は下腹部へと集中して、その熱を愛液という形で逃がそうとするかのように、膣壁はどろどろと蜜をにじませている。自分の腰が吸血の間も物欲しげに揺れ動いているのもルナは自覚していた。今すぐそのまま彼の象徴をくわえ込みたいと魔物娘の本能と身体が叫んでいる。
だが我慢だ。別にクドヴァンはもうすでにインキュバスだから交わること自体は問題ない。しかし、ここですぐには交わらない。オードブルをうっちゃってメイン・ディッシュに食らいつくことを、貴族である彼女のプライドが良しとしなかった。コース料理を丁寧にいただくのと同様、こう言う行為も「本番」に及ぶのは十分に順序を踏んでから、というのが彼女のこだわりであり、それが高貴な振る舞いであると信じているからである。加えて、我慢すれば、その後が良くなることも、何度も夫と肌を重ねた彼女は良く知っていた。
「んちゅうぅうう! んふぁあ……」
間延びした吐息を上げながらルナは吸血を続ける。その間、彼女の右手はクドヴァンの逸物を掴んでおり、素早くリズミカルに上下していた。時々、人差し指の先で亀頭を撫でたり、カリ首を擦ったりするのも忘れない。
「あ、あああ、ルナぁ……」
普段、理知的に妻の仕事のサポートをするクドヴァンもだらしのない声で彼女を呼ぶ。吸血による快感と下肢を嬲られる快感にすっかり彼は脱力していた。美しき吸血鬼に彼の全てが吸われている。
「で……」
出ると言い切れないうちに、彼の性器が爆ぜた。どぷりと、赤い血とは真逆の、白い精液が彼のペニスから放たれる。泌尿器から溢れた白濁液が、高貴なヴァンパイアの手を汚す。もう何度か手を上下させ、尿道内に残っている精液も搾り取ってからルナは肉棒から手を離し、食らいついている肩からも口を離した。
「ふふふ……一杯出したわね……ん、れる……」
ルナはちろりと手に舌を這わせた。
普段は尿を排泄しているところから出た男の体液を、自分の妻が、それも夜の貴族と言われている種族のヴァンパイアが舐め取っている。その淫らな映像にクドヴァンの性器は萎えずに勃起を保ち続けた。
「ん、れるり……じゅるじゅるじゅる」
熱い吐息をつき、音を立てながらルナは精液を舐めとった。愛しい男の血の味も格別だが、その彼から放たれた精液の味もまた格別だ。その味にもはや夜の貴族は上品ではいられない。行儀の悪い音を立てながら夢中になってルナは精液を綺麗に舐めとった。
「ふふふ、ご馳走様。やはり貴方の血の味と精液の味は何にも勝るご馳走だわ」
暗闇の中、妖艶にルナが微笑む。彼女がすっとクドヴァンの首筋を撫でると、吸血のためにつけられた牙の跡が癒えた。その愛撫にぞくりと身体を震わせながらもクドヴァンは言う。
「お粗末様でした。じゃあ今度は僕から……」
「待って。まだ吸い足りないわ。血の方はもう十分だけど、もう一回くらい、精液が欲しいところだわね」
抱きしめてきたクドヴァンの鼻先に人差し指をちょんとつけながらルナは言う。だがクドヴァンも引かなかった。
「僕だけが気持ち良くなるのも悪い。ちゃんとルナにも気持ちよくなって欲しい」
「……」
ルナは何も言わなかったが、クドヴァンに跨ったまま身体を反転させて背を向けた。彼女と彼の関係が主人と下僕の状態だったら、問答無用でルナは自分の気持ちを優先させただろう。しかし今のクドヴァンは彼女にとって大事な夫であり、ほぼ同格の存在。彼の意思も尊重することにしたようだ。
「……」
彼女の意図を察し、クドヴァンは上体を倒した。クドヴァンが上体を倒していくのに合わせて彼女が腰を後ろに引いていく。彼がぴらっとバスローブの裾をめくった。綺麗に割れ目が入った桃尻や、絶対に他人には見せない秘密の場所までクドヴァンの目に晒される。だがルナは何も言わない。相手は全てを晒すことのできる大事な夫なのだから。
ルナが腰を後ろに引くのを止めた。ちょうど仰向けになったクドヴァンの顔に自分の股間が乗っている。同時に自分の鼻先には夫のいきり立ったペニスが突きつけられていた。ためらいもなく、ルナはその肉棒に口を寄せる。
「んちゅ、んんっ……」
少しくぐもった声を上げてルナはそれを口に咥えた。男のモノが高貴な女性の口に包まれる……包まれるだけではない。クドヴァンの肉棒には舌が這わせられており、ルナがゆっくりと頭を揺らすたびにねっとりと撫で上げた。その動きは繊細でありながら大胆で、貪欲……魔物娘の生来備わっている腕前と、それにあぐらをかくことなく磨かれた技……それにクドヴァンは声を上げて翻弄される。
「ん、れる、んちゅ……」
「ひゃぁん! い、いきなり……くぅ! ん、じゅぷ、じゅぷ……」
クドヴァンも負けていられない。首を曲げて妻の赤く尖っている女の核を舌で転がし、そのまま吸い上げた。不意打ちを食らって声をあげたルナだったが、すぐに口淫を再開する。
「ぴちゃ、れる……んん……」
妻の股間に顔を埋めて舌を伸ばしていたクドヴァンだったが、ふと目を左右に向けてみた。白くてまるでゆで卵のようにつるりとした丸い尻と、そしてそこから伸びるすべすべとした脚が目に入る。
普段、彼女は裾の長いドレスを着るし、そうでない場合はストッキングを穿く。
ヴァンパイアの花園など自分でももちろんこのような時しか見ることができないが、彼女の脚だってなかなかお目にかかれない。その脚にクドヴァンはそっと手を這わせた。
「ん、んんっ! んふっ、んううっ!」
性器への刺激と比べれば弱い。だが得も言われぬ快感がぞくぞくとルナの肌を粟立たせる。とろりと秘裂から蜜がこぼれ、クドヴァンの顔を汚した。
ルナも負けてはいない。口だけではなく、手を彼のペニスの根元に添え、小刻みにしごきだした。ただでさえルナのフェラチオは目もくらむほど気持ちいいのに、そんなことをされてはたまったものではない。ぷくりとクドヴァンの肉傘が膨れ上がる。それを察知したルナは頬をいやらしくすぼめ、ちゅっとペニスをストローのように吸い上げた。
「くっ……」
耐えられなかった。妻をオーガズムに導くより先に、自分が射精させられてしまった。どぷどぷと精液が貴族の口内へと注がれていく。ルナはその白濁液を吐き出すことなく、むしろ目を細めて受け止めた。
「ちゅぷ……んふふ……」
口を離したルナはクドヴァンから降りて彼に向き直る。そして口を開けてみせた。彼女の可憐な舌の上には彼が先ほど吐き出した精液がたっぷりと乗っている。
「……」
男として、自分が出した汚液を見せ付けられるのは、心理的には正直、抵抗がある。しかし、その自分が妻の、それも高貴なヴァンパイアの口を汚したと言う事実は、背徳感と征服感と興奮を彼にもたらした。それだけでも十分なのに、さらに彼女は行動に出る。
「ん、こく……ふふふ、飲んでしまったわ」
再び口を開けた彼女の口内には白濁液はまったく残っていなかった。それを妻が飲み下してしまったとなったらもうたまらない。さきほどの背徳感などの気持ちがさらに膨れ上がる。
だが一方で、クドヴァンは少々残念な気持ちもあった。
「ちゃんと……ルナをイカせたかったのに……」
「ふふふ……今からとりかえせばいいだけよ……」
そう言ってルナは再びクドヴァンに背を向け、手を前についた。つまり、四つん這いの状態……獣の体勢でヴァンパイアは夫を誘う。少し前までクンニリングスされていたヴァギナからとろーっと蜜がこぼれ、ベッドに滴り落ちた。
「イカせてくれるわね?」
「善処させていただきます」
言いながらクドヴァンはルナの安産型の腰に手を添え、二度も射精してなお萎えていないペニスをヴァギナに押し当てる。そのまま一息に妻の身体を貫いた。
「あっ、くはぁ!」
短い悲鳴を上げ、ガクンとルナの身体が反る。ガクガクと何度か身体を震わせ、そしてルナの上半身がベッドの上に崩れ落ちた。しかし尻は高く持ち上がったままでクドヴァンのモノを咥えて離さない。
ルナの動きだけでも何が彼女の身に起きたか一目瞭然であったが、あえてクドヴァンは訊ねる。
「ルナ、もしかして……イッた?」
「うぅぅううう……」
否定の言葉はなく、悔しげな、しかしはっきりと快楽に染まった声をルナはあげる。彼の指摘通り、達していた。挿入されて、たった一突きされただけで。
クンニリングスで十分高まっていたとは言え、自分でも思いもよらないくらい早い絶頂にルナは恥ずかしさや悔しさ、そして歓喜の唸り声をあげる。そんなルナの背中をクドヴァンは愛おしげに撫でた。
「ルナがイッてくれて嬉しいよ」
「……バカ者ぉ……それに、イッても満足はまだしていないわ……」
ぽつりとルナがつぶやいて尻を振る。その動きは緩やかであったが、彼に呻き声を上げさせるには十分だった。
彼女の動けと言うサインにクドヴァンは応える。獣がそうするように、彼は妻を背後から犯した。たが、最初はゆっくり、押し付けるように抉る。
「んっ! んんん〜〜っ!」
子宮口を圧迫され、ぞくぞくとした快感が広がり、ルナは押し殺した声をあげる。クドヴァンの動きはそれだけではない。
のの字を書くように腰を回す。くちゅっ、くちゅっと秘裂が音を立て、広がった隙間からとろりと蜜がこぼれ落ちた。そうして十分に互いの結合部を馴染ませてから、抽送に移る。
「あっ、あっ、あああああっ!」
背後からズンズンと突かれる快感にルナはイヤイヤをするように頭を振って嬌声をあげる。速度自体はそんなに速くはない。しかし一突き一突きに妻を喜ばせようとする熱意が見え、そして妻の柔肉を味わいつくそうという欲が見える。
一方、ルナの肉壷も貪欲に夫のモノをくわえ込んでしゃぶり尽くし、またそれによって夫を喜ばせようとしていた。
「も、もっと……」
少しかすれた声でルナがつぶやく。背後にいては分からないだろうがクドヴァンは頷き、尻に添えていた手を前に回す。そして自身が後ろに倒れこんであぐらをかいた。抱え込まれていたルナの身体はそれと同時に持ち上げられ、彼と結合したまま座り込む形となる。
「いやぁあっ! 深いっ! 深いのぉ!」
より結合が深くなった。自分の全体重がクドヴァンのペニスにかけられ、そしてそれがペニスに接している子宮口に返ってくる。それだけでは終わらない。妻の両腕を掴み、下からクドヴァンは妻を突き上げる。ぷるんぷるんと美乳を揺らしながらルナは喘いだ。自身も腰を左右にひねりながら落として夫を刺激する。踊るようなその扇情的な動きにクドヴァンの情欲の炎がさらに燃え上がった。
「も、もう……」
とぎれとぎれに妻が訴える。ああ、と短く応えてクドヴァンは一度ベッドに倒れ込んだ。小さな動きでルナがくるりと結合したまま夫の方に向き直る。
彼女と向かい合わせになったところでクドヴァンは身体を起こし、妻を抱きしめた。すぐにルナの方もそのすらりとした四肢をクドヴァンに絡みつける。
そして、クドヴァンの首筋に噛み付いた。
「ん、んちゅうう♥」
性行為中の吸血……性行為がメイン・ディッシュの肉料理であれば、吸う血は極上の赤ワイン。それにルナは酔う。もうお上品な夜の貴族ではいられない。脚を広げた状態でルナは腰を叩きつける。彼女の中を男のモノが出たり入ったりを繰り返した。
いつまでもこのような味を、このような快楽を味わっていたい。ルナはそう願い、またクドヴァンも同じ思いだ。だが料理は食べていればなくなるのと同様、この行為も最後の甘美な時へと向かっていく。
「んふうぅううう!」
クドヴァンの首筋に牙を立てたまま、ルナが達した。上の口も下の口もぎゅうっと夫に食らいつき、離すまいとする。夫の血の一滴、精液の一滴も漏らすまいと貴族らしからぬ、貪欲な締め付けだった。
その締め付けに耐え切れず、クドヴァンは彼女の思いに応える。三度目とは思えぬ量の精液が輸精管から尿道を駆け上がり、陰茎から放たれる。男の欲望の証はあっという間に夜の貴族の桃色の花園を白く染めた。
「ん、んふぁああ……♥」
自分の身体の全てが夫に染められる……そのにルナは口を少し開けて幸せそうな吐息を漏らすのだった。


「……良かったわ」
夫の腕の中でルナはつぶやく。ぽつりとした、独り言のようなつぶやきであったが、その一言にはいろんな思いがこもっていた。それが分かっているクドヴァンは黙って微笑み、ルナの背中を撫でる。
激しいことは何もない、甘くゆったりとした時間。メイン・ディッシュのあとのデザートタイム。
「朝、来たわね……」
目を閉じてルナがポツリとつぶやく。確かに、窓を覆っているカーテンが明るくなっている。日の光は注ぎ込んではいないし、直接それを浴びてはいないが、それでもルナの力を多少は奪ったようだ。急激にルナの身体に疲労感が、毛布をかけられたように広がり、眠りの世界へと誘う。
彼女が眠りそうなのを感じ取りクドヴァンは腕を調節して、ルナの頭が自分の腕に乗るように調節する。彼の気遣いに、まどろみの中でも気付いたルナの口角がきゅっとつり上がった。
「……ありがとう。おやす……クドヴァ……」
「おやすみ……」
もうルナは聞いていなかった。クドヴァンの中で、彼の腕を枕にして寝息を立てている。その寝顔は、普段の凛々しくも優雅な貴族や、少し前まで自分と交わって乱れていた雌とは思えないほど、繊細で無防備で美しかった。
「おやすみ、ルナ……」
もう一度クドヴァンは言い、目を閉じた。
13/04/02 20:40更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
そんなわけで始まりました、ヴァンパイアSS。プライドの高いヴァンパイアはどこへやら、基本的にデレデレです(苦笑)

私はどちらかというと(新魔物娘を除き)現代モノSSを書く印象が強いようです。なので、今回は中世SSを、腰を据えてじっくりと始めようと思った次第であります。
いかがだったでしょうか? お楽しみいただけると幸いです。
また、感想をくださるとしっぽを振って喜びます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33