読切小説
[TOP]
これが恋だと気づいたキューピッド
天(そら)から1組のカップルを見下ろす魔物娘がいた。
ゆっくりと "黒い矢" を持ち、男を狙って撃ち抜こうと構える。

「・・・」

そして何の躊躇もなく "黒い矢" を撃ち抜いた。
天からの攻撃その矢は男の心臓に突き刺さった・・・が外傷はなく射抜かれた男もそれに気づいていない。

「次は、あの娘(こ)」

すかさず、矢を持ち撃ちぬく体制をとる。
しかし先ほどの "黒い矢" とは異なった色 "黄金の矢" を持ち今度は女性の方に向けて射抜く。
その黄金の矢も彼女の心臓に突き刺さるが、男と同じように射抜かれたことに気づいていない。


だが、変化はあった。


カップルの男は寄り添うように、女に体をくっつき。
女もまたそれを受け入れてよしよしっと頭を撫でる。
そして二人は、やがて公共の場にもかかわらずキスをすると両者に突き刺さった矢が消滅するように消える。

「次は・・・」

天から矢を放った魔物娘の正体は "キューピッド" という魔物娘。
先程放った2つの矢は恋を成就させる矢である。
黒色の矢は喪失感を高め、黄金の矢は愛情を高める。
この2つの矢を使いこなしキューピッドは文字通り、恋のキューピッドになるのだ。

「・・・彼」

そしてまた、同じように矢を持って1つの恋を叶えさせようとする。
狙いを定めて、矢を放つ。

「・・・え」

しかし異変があった。
普通の人間なら喪失感に襲われる。
だが射抜いた男は平然と、歩き、平然と異性と会話をしている。

「な、なんで・・・効かないの?」

もう1度矢を放って試みる。
1発がだめならまたもう1発。
それを何度も、何度も繰り返すが・・・結果、何も変わらなかった。

「・・・これは・・・一体どういう事?」

今までこんな事がなかったキューピッドは理解できず。
逆にその男に興味を持ち天から、男の後を追いかけた。



「ただいま」

バイトから帰宅して途中コンビニ弁当を温める月野 久良真(つきの くらま)。
コンビニ弁当が温まるまで、飲み物を冷蔵庫から取り出して。
同時に温め終えたコンビニ弁当を出して小テーブルがあるリビングに運ぶ。

「いただきます」

手を合わせて、1人ご飯を食べていく。
1人暮らしの原型ともいえる光景だ。
黙々と・・・ただひたすらコンビニ弁当を食べて終える。

「・・・はぁ、ごちそーさん」

全部食べ終えてゴミとなったプラスチック箱洗って分別し捨て。
コップに飲み物を注ぐ。

「・・・ふぅ」

一息ついてテレビの電源を点ける。
するとちょうどニュースで男女の "カップル成立率が異常" というニュースが流れる。

「・・・っけ、何がカップルだ、何が恋人だ」

っけっと、吐き捨てる久良真。
それは彼が "女に裏切られた" からだ。
1度や2度ならまだましなほうだ。
しかし久良真の場合、その裏切られた数は計り知れない。

「ああ、むしゃくししてきた・・・風呂入って・・・」

テレビを消して、風呂場に行こうとするピンポーンと呼び鈴がなる。
「こんな時間に誰だ?」と風呂場に行くのをやめて玄関へといく。

「へいへい、今出ま・・・す、よ」

玄関を開けて少し硬直する。
何故なら玄関を開けるとコスプレ美女(久良真からすれば)が立っていた。

「・・・こんばん」

久良真は、速攻で玄関を閉める。
それは久良真にとって理解できない状況ゆえの行動だ。

「・・・な、なんだ・・・い、今の、こ、コスプレ女」

だがしかしそれでも呼び鈴が鳴る。
何度も、何度。
流石にこれ以上は近所迷惑になると思い、チェーンロックをした状態で玄関を開ける。

「・・・」

「こんばんわ、やっと出てくれた」

よく彼女を見る。
少し露出がある水着のような服を着て。
背中には "羽のような" 物を付けて見るからに怪しい。

「えっと・・・あんた、何者?」

「私?私はキューピッド、キューピッドのエルヴァ」

「は?キューピッド!?」

頭が痛くなりそうになる。
今どき、電波な女とは・・・溜息を吐いて、相手を見る。

「どうでもいいが、俺はあんたを知らない帰ってくれあと呼び鈴も鳴らさないでくれ、近所迷惑にならからな」

言いたいことだけを言って玄関を閉まる。
締まる直前、エルヴァは「あぁ」っと腕を伸ばそうとするが。
久良真の事を考えて伸ばすのをやめた。



「これでよしっと」

1夜開けて朝。
朝食を食べて服を着替えて大学に行こうとする。

「行ってきま!?」

久良真は驚いた。
何故なら玄関の前に昨日の女が体育座りでいたからだ。

「・・・あ、おはよう」

ゆっくりと立ち上がって。
ジィィッと久良真を見つめる。

「あ、あんた・・・まだ、ここにいたのかよ?」

季節は春だが、夜はまだ肌寒い。
下手をすれば風邪をひくかもしれないのに何故まだここにいる?と思った。

「わ、私は・・・へい、くしゅん!」

平気と言いかけた瞬間くしゃみが出る。
それを見てやれやれと思い少しどうするから考える久良真。

「・・・はぁ、仕方ない入れ」

「え?」

「ここにいてお隣さんに変な誤解をされたくないからだ」

玄関を開けて、手招きをする。
そして中に入った瞬間。
ゆっくりと久良真を後ろから抱きしめる。

「っ!?お、おい」

抱きしめられて焦る久良真。
背中に当たる柔らかく大きなもの。
何故こんな事をと思いながら心臓の鼓動が大きくなる。

「私は貴方が知りたい」

「し、知りたいって?」

「貴方の事、全て」

「す、全て!?」

「そう全て」

より強く抱きしめるエルヴァ。
このままでは自分の理性が保てない、一体どうすればと思った。
その時だ。
深い、深い・・・喪失感に襲われる。

「な・・なんだ・・・」

「あ・・・矢の効果が今になって発動した・・・」

「や、矢の効果!?」

「うん・・・でも安心して」

久良真の背後でカチッとホックを取りパサっと何かが落ちる音がする。
そしてまた抱きしめるエルヴァだが。
水着のような服を脱いで完全に乳首が背中に当たる。

「私が責任もって、貴方の喪失感を癒してあげるから」

「あ・・・あぁ」



「んん、レロレロ」

玄関から移動して、リビング。
2人の唇が合わせって舌が合わさる。

「はぁはぁ・・・もっと、して久良真」

キスをねだって、さらにキスをする。
大胆に、熱く、そしてエロく。
二人は互いを求めるようにキスをする。

「ぷは・・・え、エルヴァ・・・」

「わかってる、触って」

上半身裸でずっと気になっていた胸。
大きくて柔らかそうで魅力的に見える。
そしてゆっくりと手を伸ばし触り揉み始める久良真。
温かく、柔らかい手に収まり切れないその胸は完全に魅了されたことだろう。

「や、柔らかいエルヴァの胸大きくて、柔らかい・・・」

「あぁ、よ、よろ、こんで・・・もらえてう、嬉しいぃ・・・ひゃ、も、もっと私をあじ・・・味わって」

ビクンビクンと体が震えるエルヴァ。
だがそんなことお構いなく、胸を揉みし抱いていく久良真。

「はぁはぁ・・・え、エルヴァ」

胸を揉むのをやめてズボンを脱ぎチンポを見せつける久良真。
ゆっくりと起き上がり久良真のチンポをまじまじ見つめるエルヴァ。

「こ、これが・・・おチンポ?ちょっと・・・小さい??」

「あ、あはは・・・まだ勃起が完全じゃないから、さ・・・」

少し、目が泳ぐ久良真。
それは手でして欲しいのか、口でして欲しいのか、はたまた胸でして欲しいのか少し首をかしげるエルヴァ。

「大丈夫、久良真がして欲しい事言ってほしい・・・」

不覚にも。
モジモジするエルヴァを見て "愛らしい" と思ってしまった久良真。
手を拳にし何かを決意したように生唾を飲み込む。

「じゃ・・・その、ま、まずは手、で・・・してくれ」

「うん、わかった」

片方の手を使って竿の部分を上下に手コキして。
もう片方の手で玉袋を揉見始めるエルヴァ。

「わ、私・・・は、初めてで・・・う、うまくできてる?」

「ああ、っき、気持ちいいから、つ、続けてくれ」

わかったと言って、手コキを続けるエルヴァ。
すると小さかった久良真の一物も雄々しく勃起し始める。

「お、大きくなってきた・・・す、凄い・・・」

顔を近づかせてスンスンと匂いを嗅ぎ、うっとりするエルヴァ。
初めて嗅ぐ香りに自身も下半身を濡らしてしまう。

「はぁはぁ・・・あ、味見」

あ〜んっと口を出して、ゆっくりと口の中にチンポを入れる。
ジョポ、ジョポっと自分ができる範囲でチンポを咥え味わおうとする。

「っっくあぁぁ・・・え、エルヴァの口・・・すごくいい」

「ジュル、ジュルル・・・ん!?ぷは、こ、こほ・・・ま、また大きく、なった?」

口に入れていたチンポがいきなり膨張した事に口を離し驚く。
だがこれほど大きくなったチンポを入れたら・・・私はどうなうんだだろうという期待してしまう。

「く、久良真・・・」

はぁはぁと息を荒げて自分のおまんこを開く。
そして我慢できずに久良真に告げる。

「お、お願い・・・私の発情おまんこに久良真のおチンポ、挿入(い)れてっ!」

「ああ」

ゆっくりと正位置で挿入する久良真。
そのチンポを奥へ奥へと咥えこんでいくエルヴァのおまんこ。

「ん・・・っはぁぁあっお、お・・・おチンポ、はい、って・・・き、きた」

「っうぅ、あ・・・こ、これが・・・エルヴァの、な、膣(なか)・・・」

ゆっくりと奥へ奥へと入り込み。
1番奥まで入り込むと、久良真はピストンを始める。

「すご、突くたびに・・・快感が押し寄せてくる」

「うぅ、っああぁ!き、気持ちいい、く、久良真ぁ久良真っ!」

両腕を伸ばして久良真を抱きしめる。
そして体を密着して唇を合わせ舌を合わせる。
深く、深く舌を絡め・・・両者を熱くさせていく。

「久良真ぁぁ・・・き、気持ちいい、お、おまんこ!おまんこ突いてぇぇ」

「ああ・・・あぁ」

一突き、一突きピストンしつつ、キスをする。
貪って、貪って・・・愛し合う。

「はぁはぁ・・・エルヴァ、エルヴァ・・・そ、そろそろで、出そう・・・」

腰の振りがだんだん早くなる久良真。
それを受け入れるエルヴァ。
するとエルヴァは自分の両足を久良真の腰に絡め当て中に出させようとする。

「中に・・・膣(なか)にだし・・・出して!」

「わ・・・わ、わかった」

おまんこを締め付けピストンをさせようとするエルヴァ。
ピストンをしておまんこの中に射精しようとする久良真だが限界を超えて。
精液をエルヴァの中に解き放ち、そのままエルヴァを覆うように力尽きる。



「・・・これ、本物の・・・なんだな」

Hを終えて、二人は服を着なおしてふと今まで気にしなかったエルヴァの背中に生えた翼を触る。
よく触ると本物で、エルヴァが本物のキューピッドだという事がわかる。

「もしかしてキューピッド・・・見るの初めて?」

「初めてつーか、なんというか・・・だな」

う〜んと考え込む久良真。
Hに集中したせいで大学の事をすっかり忘れてしまうも。
今は改めてエルヴァが本物のキューピッドであることを認めている。

「・・・あの」

「ん、な、なんだ?」

何かを言いたいようにもじもじするエルヴァ。
よく見ると顔もうっすら赤く、まるで言いたいけど、言えないという感じにも見える。

「えっと・・・う、うまく言葉にで、できない・・・こ、この気持ちがなんなのか・・・」

今までは自分が恋の "キューピッド" だった。
しかし久良真とHをして初めて違う感情に芽生えて戸惑うエルヴァ。

「あの、えっと・・・む、胸がドクンドクンって鳴って・・・それで、久良真を見ると・・・もっと緊張する」

1つ1つゆっくりと言いたいことを言う。
顔は真っ赤で何が言いたいのかわからなくなるエルヴァ。

「・・・それって」

不意に小さな声で、喋り出す久良真。
ゆっくりとエルヴァを見て向き合って言うその言葉を言う。

「恋・・・じゃないのか?」

「こ、い・・・」

エルヴァは自分の心臓に手を当てる。
するとそれに応えるように高鳴りが激しく脈動する。
ここで彼女はようやく気付くのだ。


これが・・・私の恋なのだ・・・っと。
15/06/11 05:00更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
仕事をやめました
だからと言って更新速度が上がるわけではありませんよ?

皆さんおはようございます、現在ニートのシャルロット♂です
これを投稿しているは私はゆっくり実況を見ながら、文を修正しつつ
執筆奏上していますw
あと上にも書きましたが仕事辞めましたw
理由は自分は いらない というBBA共言葉が原因
まぁ、前から仕事辞めようとは考えていたので今は久々にモンハンを楽しくプレイ中ですよはっはっは・・・新しく仕事探さないとなぁ・・・
ともあれ、これからどうなるかはわかりませんがSS投稿に支障がない程度には頑張ろうと思います!それでは皆様、また次のSSでお会いしましょう

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33