連載小説
[TOP][目次]
第12話「奈落@」
コレール達はアラークの案内で、色鮮やかな絵画やまるで生きてるかのような躍動感を持つ石像が飾られた、城の大広間を訪れていた。

「なぁ、ボス」

ドミノは暫くの間眺めていた裸婦画から視線を外すと、クリスとエミリアに風景画の着眼点を説明するアラークの様子を伺いながら、小声でコレールに話し掛けた。

「どうした」

「アラークのことなんだけどよ……」

「あぁ、言いたいことは分かってるよ。妙に馴れ馴れしいからな」

精巧に造られたサラマンダーの石像を眺めながら呟くコレール。

「ボス。何か狙われる心当たりでもあるのか? 女王陛下でも欲しがるような宝を持ち歩いているとか」

「ん……まぁ、無きにしもあらずってところだ」

コレールはそう言うとサラマンダーの石像に手を伸ばし、その頬をゆっくりと撫で上げた。

「それにしても、本当に精巧に彫られた石像だな……まるで、生きてるみたいだ……」

石像のすらっとした鼻筋に人差し指を滑らし、横に立っているドミノに視線で合図を送る。その意図を読み取ったドミノはアラークに気が付かれないようにしながら「生命探知」の魔法を発動した。

「くそっ、思い過ごしであってくれよ……」

淡い光を放つ手をサラマンダーの石像にかざす。

「あぁ、何てこった……ボス!」

目の前の石像に宿った魂に反応して、ドミノの右手が赤い光を帯びる。これではっきりした。ここに飾られてある石像は生きているかのように彫られているのではなく、「本当に生きている」のだ。

「『石化の呪い』だ……! クリス、エミィ! そいつから離れろ!」

コレールはすぐさま振り向いてクリス達に警告を発したが、遅きに失した。驚くクリスの背後で銀色の光が閃いたかと思うと、次の瞬間には彼女の首筋から赤色の煙の様なものが噴き出していた。

「クリスさーー」

エミリアが言い終わる前に、アラークは二の太刀で彼女の喉を切り裂いていた。ホブゴブリンの少女が悲鳴をあげて崩れ落ちるのほぼ同時に、広間の扉が開け放たれ、衛兵達が雪崩れ込んでくる。

「私は二振りの剣を持っている。片方は敵を生け捕りにするため、そしてもう片方はーー」

アラークは魔力に傷をつけられ、行動を封じられたクリスの喉元に、鋼鉄製の方の剣を突きつけた。

「敵を殺すためだ。二人とも、動くな」

大勢の衛兵に背後をとられ、加えて人質まで取られたコレールとドミノは、無抵抗のまま縛り上げられるしかなかった。

「くそくそくそ……! やっぱり罠だったんだ……!」

歯軋りするドミノの後頭部に、衛兵の一人が剣の柄で打撃を加える。コレールの方は首筋に何か薬品のようなものを注入され、二人の意識はそのまま闇の底へと堕ちていった。




ーーーーーーーーーーーー


(手早く運べ。途中で目を覚まされたら面倒だ)




(おい、拷問部屋に運ぶのは、リザードマンだけで良いのか?)




(ああ。こいつらは俺たちに任せろ)




(分かった)




(すまない、みんな……)





ーーーーーーーーーーー



「ぶあはぁっ!?」

顔面に冷水をかけられた衝撃で、コレールの意識は無理矢理闇の中から引きずり出された。

「起きろ、魔物」

声の主は、整った顔立ちに嗜虐的な笑みを浮かべた男だった。サンリスタルの衛兵のそれとは明確に異なった、黒を基調とした革の鎧を身に着けている。

息を荒げながら視線を下に向けると、金属製の椅子に縛り付けられた自分の体が目に入った。四肢は拘束具で完全に固定されており、鱗に覆われた手のひらは、手すりの先端、中で小さな稲妻が迸っている水晶玉を握らされている。

視線を周囲に向けると、鉄の処女や血錆びた鎖などの拷問器具がところ狭しと並べられており、今から自分がどのようなことをされるのかということを、一瞬で理解させてくれた。

「さて、コレール=イーラ……納得のいく答えを期待しているからな」

拷問官の男はそう言うと、壁に取り付けられた木製のレバーに手をかける。

「あのケット・シーの持っていた杖に取り付けられた蒼い宝玉……何処で手にいれた?」

「その前に教えろ。クリスたちは何処へやった!」

拷問官がレバーを下に下げると、コレールの全身を雷の直撃を受けたかの様な衝撃と痛みが襲った。

「かはっ……は……!」

「質問に質問で答えるなーーーっ!! 心臓えぐり出されてえのかこのダボがーーーっ!!!」

拷問官はレバーを上に戻すと、側にあった木箱の上にドカッと座ってパイプを吹かし始めた。

「……まぁいいさ。質問に答えてやるよ。どうせお前もすぐにあの広間で、女王陛下の戦利品でもある石像として、一生を送ることになるんだからな」

「……!」

「あんたが言ってるのは、ケット・シーとホブゴブリンと、あの若いのの三人のことだろ? あいつらは地下の商品奴隷用収納施設の中さ」

「商品奴隷……? 奴隷売買は皇帝の勃令によって禁止されたはずだ」

「その通り。だが女王陛下は腹の底では納得していなかった。あのルビーの様な宝玉を手にいれてから、あの人は海と水路で繋がっている城の地下施設で、臆病者の皇帝の眼が届かないように、奴隷売買を再開したのさ」

「……国家ぐるみだったてわけか」

コレールは深いため息をついてから再び口を開いた。

「もう一つ答えろ。アラークは女王が奴隷売買に手を染めていることを知っているのか?」

「さぁな。俺あいつのこと嫌いだし、そこんところは分からねえよ。まっ、どうせ今回の件も女王陛下にこの国のためとか、適当なこと言われて信じこまされてるんだろうよ」

拷問官はパイプをしまうとコレールの顔に鼻先が触れ合う寸前の距離まで近づいた。

「さて、今度はあんたがこっちの質問に答える番だ。あの蒼い宝玉は何処で手に入れた? 他の色の宝玉は持っているのか?」

コレールは少し考えてから拷問官の質問に答えた。

「あんたのお袋から貰ったんだよ」


拷問官は再びレバーを下に引いて、彼女への電気責めを始めた。拷問部屋にコレールの苦悶の叫び声が響きわたる。

「……カーティスとかいうガキがしくじった時はまずいと思ったが、まさかあんたたちの方からサンリスタルまで来てくれるとは思わなかった。アラークも、ルフォンの監視役も、上手くやってくれたよ」

拷問官は一端レバーを上に上げて、コレールが脂汗を滴らせて息を吐いた瞬間に、もう一度レバーを下に下ろした。

「ああぁっっ!!」

「一ついいことを教えてやるよ! この電気椅子の電力はな、何週間ぶっ続けで電気を流しても死なないし、発狂することも出来ないように威力を調整してあるんだ! 俺がその気になりゃレバーを倒したまま飯を食いにいくことだってできるんだぜ!?」

ドンドンドン!

「あっ?」

拷問官はレバーを上に戻すと、肩で息をしているコレールの背中側の扉に目をやった。誰かが拷問室の入り口をノックしているのだ。

「衛兵か……? 後にしろ! 今取り込み中だ!」


ドンドンドンドンドンドン!


「くそっ、うるさいな! 今開けるよ!」

拷問官は憤然とした面持ちでレバーから手を離すと、拷問室の鍵を外して、扉を勢いよく開いた。

「一体何をそんなに急ぐ用があぁぁぁぁっっっ!?」

出入り口の方で拷問官の悲鳴が上がった。コレールは体に力を込めて電気椅子をガタガタ言わせたが、体を固定されているために、自身の背中側で何が起こっているのかを見ることはできなかった。

パタパタパタと何か小さな生き物が自分のもとに駆け寄ってきた。金色の朝日のような金髪に、顔を覆う赤いスカーフ。確かに見覚えのある姿だった。

「パルム……!」

エルフの少年は手早くコレールの四肢を固定している金具のネジを外すと、彼女を電気椅子の拘束から解放した。

「ひ……膝が……!」

コレールはすぐに立ち上がると、膝の皿に矢を打ち込まれて悶絶している拷問官の襟首を掴むと、先程まで自分が座っていた電気椅子に座らせて、拘束具でしっかりと手足を固定した。

「『 何週間ぶっ続けで電気を流しても死なないし、発狂することも出来ないように威力を調整してある 』……だったよな?」

拷問官は今から自身の身に起こる事態を察すると、急に態度を改めて、目の前のリザードマンに媚びるような視線を向けた。

「待て待て、話し合おう。な? あんた魔物娘だろ? 人間をむやみに傷つけたりはしないはずだ。ほら、適当な魔物娘をくっつけてくれりゃあ『改心』するからさ。俺、ウルフ属の魔物がいいな。はは……は……」

「……」

「(あっ、これ許してもらえないパターンだ)」

コレールは木製のレバーを全力で下に下ろし、そのまま持ち手の部分をへし折って破壊した。

「ぎゃぁぁぁぁぁぁあびゃたひびゃびゃびゃびゃ- *€-%% )!!* €--, !!?」

自作の電気椅子の威力を身をもって思い知った拷問官を尻目に、コレールとパルムは拷問部屋を後にした。


ーーーーーーーーーーーー


「悲鳴が聞こえたぞ! 拷問部屋からだ!」

「あのリザードマンか!」

「地下を固めろ! 仲間の元に行かせるな!」








「……くそっ、クリスたちと合流するのは難しそうだな」


コレールはそう言うと窓から一回の廊下に入り直した。パルムを背中にしがみつかせ、窓枠にしがみついて城の外壁にぶら下がることで、廊下から地下への階段に殺到する衛兵をやり過ごしたのだ。

「……!」

「分かってるよ。お前もペリコとはぐれて一人になったときに、奴隷として連れてこられたんだろ?」

パルムはコクコクと首を縦に振った。

「クリスたちの姿は見たか?」

今度はふるふると首を横に振る。

「そうか……例え合流出来ても、アラークに見つかったら一貫の終わりだ。でも、女王を人質に出来たら、何とかなるかもしれない!」

コレールはパルムと一緒に上へと上る階段を探し始める。

「どの道、アラークは足止めしなけりゃならないな。……大丈夫だ。あいつらなら自力で脱出できるさ」

自分自身に言い聞かせるように、呟くコレールの横顔を、パルムは心配そうに見つめていた。


ーーーーーーーーーーー

サンリスタルの城内でも最大の広さを誇る女王の間。深紅の布に、金色の装飾で飾り立てられた玉座で、女王アレクサンドラ3世は、深海を湛えているかの様な色合いで輝く宝玉を、恍惚とした顔で眺めていた。

「美しいわ……」

彼女の手には、熟練の大魔導士が扱うような、荘厳な雰囲気を漂わせる魔杖が握られており、その先端には血のように赤い紅玉が鈍い明かりを放っている。

「これで5つあると言われる『魂の宝玉』の内、2つが私の手の内というわけね。この調子で全ての宝玉が集まれば、いずれ皇帝にも匹敵する力を……」

アレクサンドラは唇の端をニィと歪めると、蒼い宝玉と魔杖を傍らに置いて、自身の足元で跪いている男性に声をかけた。

「アラーク、頭を上げなさい。こちらへ」

アラークは無言で頭を上げると、純白の衣装を身に纏い、優美な色気を醸し出す女王の元へと歩みを進める。

「この宝玉を手に入れることができたのは、貴方のおかげよ。アラーク」

「恐縮です。女王陛下」

アレクサンドラはアラークの手を取ると、そのまま彼の逞しい体を抱き寄せて、体を密着させた。

「浮かない顔をしているのね、アラーク。貴方の望み通り、あの猫娘は石像にはせずに、中央大陸に送り返す手はずになっているわ。それでもまだ不安?」

アラークの銀髪を撫で上げながら、耳元で囁くアレクサンドラ。彼女は自分の美貌に絶対の自信を持っているのだ。

「いいわ。忘れさせてあげる。今夜、私の部屋に来なさい」

「分かりました。女王陛下」

アラークが心此所に在らずといった感じで答えると同時に、女王の間の大扉が、ぶち破られるような勢いで開かれる。

「よぉ、色男! クリスとは遊びだったって訳か?」

全身に怒りをたぎらせ、額に青筋を浮かび上がらせた大柄のリザードマンが、玉座に向かって一直線歩いて来た。

「コレール……!」

アラークは目に驚愕の色を浮かべながらも、背中に背負った鞘からグレートソードを取り出して、ダガーを扱うかのように片手で翻し、戦闘体勢に入る。その手に握られているのは、「殺し用」の方の剣だった。


ーー第13話に続く。

17/03/09 02:19更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
なんだかんだ言って懇切丁寧に状況を説明してあげる拷問官は人間の鑑。

ちなみにベントは余計なことを言って状況を悪化させないために、必死の思いで口を閉じています。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33