『おはよう♪ 』


「ぅ」
 朝は誰でも起きるのがつらい。特に冬の寒い季節になると本当につらい。約2年前、ちょうど他界した母さんが死んで10年たったあの日、一度に結婚したバイコーンの義母らと乳繰り合ってる父から逃げるように来たその日からジパングの寒さには未だ慣れない。

「……さむ」
 しかし僕ももう15であり、2年も経てば一人暮らしはお手の物。受験も見事志望校に合格して先行きも安定、父からの仕送りはむしろ過剰で2か月我慢すれば自転車のロードバイクのミドルグレードが買えるくらいだし、そこそこ新しいアパートであるココの隣部屋の妖狐(古里瀬)のお姉さんとか逆隣りのホルタウルスのお姉さんとかその他の住民の皆さんともいいお付き合いだし、本当に何も問題ない。

 そう、問題ないはずだった。合格の知らせを父にしたその日までは。そうだ、あの日だ。どんなことがあったかというとこんな会話だったな、確か。
『何、志望校に合格っ?! おめでとうっ!』
『わー! おめでとうっ!』
『おめでとう!』
『これはめでたいっ!』
『おめでとうなっ!』
『おぉ、おめでとう!』
 開口一番に父が、続いて声から察するにバイコーンの母に続きホルタウロスの母、ワーウルフの母、ワイバーンの母、刑部狸の母、最後にもっとも聞き覚えがある母の声。昔、父に聞いてみたらなんでも【ガンダルヴァ】というハーピーなのだそうだ。勿論、人間は僕と父だけなので皆義母だ。
「あ、ありがとうござ―――」
『よし、めでたいっ! そうだ、コチラから』
『お、そうだなっ! 姉であるあの子に祝いの品を持って行って貰おう』
「え、あ、はぁ…… 」
『ははっ、そらええな! 』
『うんうん、いいとおもいますぅ』
『ということでだ』
 矢継ぎ早にワイバーンの母、ワーウルフの母、刑部狸の母、ホルタウロスの母とかわるがわるトントン拍子で話が進んであれよあれよと言う間にガンダルヴァの母の言葉でこう締めくくられてしまった。


『お姉ちゃんをそっち行かせるね』


 という会話が2日前。それも夜にしたわけで、向こうの時間帯的に朝だったと思うが、後ろから艶のある声が響いていたからまぁそのアレだ。シていたんじゃなかろうか。報告の時に呆れ半分で聞いていたけど、やはり褒められ祝福されて嫌な気持ちにはならないものだと改めて思った。
 そんなことを未だ布団から出れずに思い出していると不意に玄関から呼び鈴の音が聞こえた。このアパートは各部屋で少し違う音がするチャイムになっていてどこの部屋がなったのか間違わないよう親切設計されている。そう、今のチャイムは間違いなく僕の部屋のチャイムだ。眠たい目を擦りながら泣く泣く温もりを引きはがし、鉛のように重い足を引き摺って扉の前へ。眠い。

「はい、どちらです? 」
『あ、ミッ君の声だ♪ 久しぶり♪ 』
 名を名乗らない来訪者は高く芯が通った声をしていてすぐに若い女性というのはわかった。というよりも、僕のあだ名であるミッ君と呼ぶのは家族でさえも一人しかいないからすぐさま誰だかわかったのでドアロックを全て外してそっと扉をあけた。
 開かれた扉の先ではすごく良く目立つ橙色の羽根のハーピーが『やっぱり』などと僕を見て嬉しそうにしているんだけど、特徴がそのまんま母親と同じなんだよな。つまり目の前にいる【あい ❤(らぶ) ぶらざー】と胸がぱっつんぱっつんのティーシャツを着てグレーのデニム生地のホットポンツを穿いた彼女は僕の姉で間違いないってことだ。

「姉ちゃん、見てるコッチが寒い。色んな意味で」
「えっ、うそっ? コッチの国の字が入ったシャツ着てるけどコレ、このシャツが変なの? 」
「あー、えっと、うん」
 玄関先でそんな自分の姿をくるりくるりと見下ろして今にも破れそうなシャツを翼の爪で指さす姉は可愛いかった。むしろそれだけスタイルが良くなっても昔と寸分も変わっていないのにびっくりした。ましてや家を出る2年前なんて普通のハーピーにしか見えなかったしね。
 そんな自分が悶死しそうなほど愛らしい姉にこれ以上踊ってもらうのもアレなので「とりあえず入りなよ」ってすすめておいた。

「え、あ、ごめん。それじゃあミッ君の匂い部屋に……お邪魔します♪ 」
 なんか恥ずかしい。匂い部屋って、においべやって何さっ。あ、でもこの頃受験の疲れが抜けなくて風呂がおざなりになってはいるけど、その、く、臭くないよね。多分大丈夫、と思いたいな。あぁでもお姉ちゃんガンダルヴァだから匂いに超が付くほど敏感なんだよなぁ。……大丈夫だよな、多分。そんな僕の心配をよそにワイバーンの母お手製の革鞄のリュックだろうものと自慢のきめ細かい尾翼をリズミカルに振りながらお姉ちゃんは僕の脇をすり抜けて一目散に奥の部屋に―――って、え!?

「あぁん♪ ミッ君の匂いぃ♪」
 良くお布団にダァイブなんてする人がいるけど、お姉ちゃんは駆けるというより狭い廊下を器用に1回羽ばたいて言葉の意味通り綺麗に布団にダイブした。僕が抜け出た折り目そのままにボフッと着地したお姉ちゃんはそのままスンスンと顔を埋めて【食事】をしだした。最初は自分も驚いたが、お姉ちゃんの種族は【香り】がご飯という変わった種族というのを母親から教わったのでお姉ちゃんのこの行為を今では普通になってる僕がいるわけで。よっぽどなのか大きく羽を広げて大の字になっていたお姉ちゃんはすぐにぎゅっと布団を抱きしめて「ん〜〜〜♪」などとご満悦な様子。正直、くっそ恥ずかしい。ごろんごろんと転がりながら「ミッ君♪ 久々の香りっ♪ たまらなぁい♪」とリズミカルに小言を言うもんだから恥ずかしいではなくて顔から火が出そうだ。僕はそんなお姉ちゃんの仕草にほくほくしながら布団の近くへと戻っていった。

「ね、ねぇ、お姉ちゃん」
「ぇぁ!? ごごごごめん! ミッ君と2年ぶりに会えたからつい」
 可愛い、ものすごく可愛い。寝っ転がりながらお姉ちゃんが僕の方に気付いて下から上目づかいでコッチをじーって申し訳なさそうに赤面して見てくる様、何度でもいうが可愛いっ。わが義姉ながら激カワである。というかこういうお姉ちゃんのせいで僕の性癖がハーピーに目覚めちゃったんだよ。どうしてくれる、と問い詰めたい。しかしここは悟られないように話題を変えてこの可愛いお姉ちゃんから視線をそらさなければ。

「お、お姉ちゃんはどうしてココに? 」
「あ、えっとね実は私、明後日くらいからこの宵ノ宮の教会で働くことになってたの。堕落神とエロス様と両方進行しているね。あと母さんたちから一緒にって時期が重なってミッ君にお祝いを届けに来たの」
「ぇ、あの違う方面で堕落したダークプリーストさんの? 」
「そう、そこ」
 おぅ、確かに教会はあるけどよりによってあそこか。いや、口悪いけどいい人たちだけどさ。それよりも、だ。お祝いって言葉を発した辺りでお姉ちゃんがなんだかもじもじし始めたんだが、いやいやまさか、そんなことは―――

「お、お祝いってリュックの中にあるの? 」
「ううん、お祝いのモノはね―――」




『わ、私の処女、なの……っ♪』




おぉぉぅジーザァァァス!! これなんてエロゲだよぉぉぉ!! GJ!!


「えっとお義父さんがね、好きならヤッちゃえって」
 父さん何考えてやがるありがとうございます。今、僕は、父の偉大さを最も感じている。最大級の敬意を払うよ、父さんっっ。とというか僕が悶々としている間にお姉ちゃんは抱きしめてた布団からいつの間にか離れて目の前にいるんです。身長がすこし高いお姉ちゃんにやや低めの僕って組み合わせ、大体わかると思いますが目の前が山脈です。凄いです、半球の上にそれぞれポッチが一つずつあります。

「ミッ君、いいよね? 私、ミッ君になら……ううん、ミッ君にあげたいの♪ 義姉弟だけど、私はミッ君が好き♪ とっても好き♪ 大好き♪」
「うぷぁ!? お姉ちゃ!? 」
 育ち過ぎのおっぱいで僕をぎゅむっと包み込んだお姉ちゃんは逃がさないとばかりに大きな翼でさらに僕を締めつけ、あげく筋肉質なのにふかふかの羽毛が生えている両足でがっちりホールドしてきた。自慢じゃないけど筋力にはまったく自信が無い僕は姉に抱き着かれたままの体制に耐え切れず前のめりに倒れてしまうのだけど、ちょうどそこは僕の布団の上なんだよな。向かい合った僕ら、お姉ちゃんが下で僕が上。
 
「……きてっ♪ ミッ君の匂い食べてたらヌルヌルになっちゃった♪ 」
 据え膳食わぬは男のなんとやら、とジパングのコトワザにものっていたなぁなんて思いながら僕はパツパツのシャツをグイッと上に押しのけた。と、同時になんか僕の腰辺りからカリカリと音がするのでちょっとだけ視線をおっぱいからずれてチラ見してみた。なるほど、お姉ちゃんの足の鉤爪が翼の爪で解いたパジャマを下へと下着ごとずり下ろしている音だった。
 鋭いかぎ爪で服を破かないよう器用にするするとあっというまにさげおわり、お姉ちゃんに抱き着かれたころからやたらと元気になった僕がお姉ちゃんのビチャビチャにシミを作ったホットパンツにパチンと挨拶をした。パチンではないか、ぺちっか。そんな余裕を辛うじて見せていると首をぐいっと引き戻されて濃厚なキスをしてくるお姉ちゃん。その間にも片方の翼で今度はお姉ちゃん自身のホットパンツをずりさげ、いやもう引きちぎっていた。しかもその引きちぎりの動作の間も唇は離さないし、その上全身を細かく前後左右に揺らしておっぱいやいい感じに絞られた腹をしきりに僕に擦り付けて全身で僕にマーキングしているようにもみえる。けっして僕から口を離させてくれないお姉ちゃん。というよりお姉ちゃんの匂いを嗅いでいるとなんだか頭がクラクラしてくるし、やっぱりいつもより固く大きくなってる気がする。いや、している。我慢しきれないのか僕の先っぽからは普段絶対に見る事がない透明な高粘度の液をたらぁっと垂らし、心なしか嬉しそうなお姉ちゃんがそれを「もっと♪」とお姉ちゃんの体あたる部分すべてにくちゅくちゅと塗り付けていく。いや、塗らされている。僕の意思じゃないから。
 相変わらずの拘束のままだけどもうギンギンになった僕の棒をその密着状態から器用にお姉ちゃんは自分の腹、左足、鼠蹊部、蟻渡り、とするりとずらしていく。勿論、最後にたどりつくのはぴったりと年合わさったアノ部分のはずだ。僕からは見えないけど、明らかに熱をもった液体にあたり、張りがあった肉質からスライムのような埋まってしまう感じの肉質になったからきっとそういう事なんだと思う。

「っぷぁ、い、いぃ、いぃぃのぉ♪ ミッ君、ミッ君んんんっ♪」
「おねえちゃんのなか、す、すご、いぃ。ああ、あ、お姉ちゃんっ、首をまた下げてまた僕とキスをするの? 」
「する♪」
 僕はこの頃オナホールを使って自慰をしていたけどあの穴にはいる瞬間のうにゅぅっと言う感じ、あれが今僕の僕が感じ取った。なんというかぎゅぅって握られてる感じと中に吸い上げられるような感じが一緒にやってきていて、なにか途中でぐぐっと抵抗があったけどすぐにプツッてなにかが切れたような感覚のすぐ後にさっきまでの数倍の吸い込みがきた感じ。というか、もう、言葉で言い表せられないっ。いいよ、お姉ちゃんっ。キスしよ、しよっ。窒息しちゃうほどの濃厚なキス、おねえちゃんの甘い唾液と僕の唾液を飲ませあいながら、お互いの息を奪い合うようなキスをしよっ。すごく気持ちいい。でもお姉ちゃんばっかりにさせちゃうのも、ん。あ、そうだおっぱい、おっぱいクリクリしよ。あ、すごい、おねえちゃんのおっぱい。すごくふかふかしてる。指が埋まるくらいやわらかいけどココ、赤くなってるココ、コリコリしてる。ぎゅってしていい、していい、いや、するよ。

「あ、ふわぁ♪ こ、こりこり、だめぇ♪」
 うっ、僕の僕がぎゅぅぅって締めつけられた。でもすぐにぎゅっぎゅっぎゅって優しいリズムになって危うくでそうになっちゃった。お姉ちゃんはどうやらおっぱいが弱いんだね、じゃあいっぱい気持ちよくなってね。コリコリって摘まんだり、ぎゅむって押しつぶしたり、ぎゅぅって引っ張ったり、摘まんだままぎゅぅぎゅぅって色々な方向へ左右の乳首をバラバラに動かしてみたり。その度にお姉ちゃんから甘い匂いと甘い吐息と甘い刺激がくるんだ。あ、お姉ちゃんそんなに締めつけちゃうとっ。

「ミッ君、おっきくなって、い、いきたい、のね♪ い、いいよっ、ナカにっねナカにっっっ♪」
 僕の腰の奥の方にある塊が僕の先っぽに徐々に昇っていき、お姉ちゃんが両足でぐっと僕を引き寄せてぴったりとくっついた。いや、引き寄せてなんてものじゃなく僕の玉袋ごと潰しそうな位強く密着させ、僕から打ち出され続ける塊をお姉ちゃんは背を仰け反らせて体を小刻みに痙攣させつつ受け止めていた。あぁ、なんて気持ちいいんだ。多分今までの自慰5回分を一気に出したほどの量と快感だった。でもそれだけ気持ちいいってことはその分体力もそれなりに使うのだ。
いくらお姉ちゃんがほとんど動いていても元々体力がない僕なので、ギュムギュムと僕の塊を吸い続けるお姉ちゃんの中に僕を埋めたまま僕は静かに意識を失ったのだった。


「はぁぁ♪ ミッ君でいっぱぁい♪ ……これからは夫婦だね、ミッ君♪」





―――その次の日、宵ノ宮市役所に『転居届』と『婚姻届』が提出されたのだった。

【完】

やあ皆さん初めまして! ジャックリーっといいます!
まだまだ若輩者ですが…よろしくお願いします!(殴



さて、しばらく書いていなかったのでちょっとアレかもしれませんが…
い、如何だったでしょうか?
感想いただけるとすごく頑張れます!

p.s.【異世界からSS】(ドラゴン)はもうちょっと時間を下さい……(涙
期待されてる方ごめんなさいっ!

15/02/04 22:36 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33