読切小説
[TOP]
Bath Romance
「ふぅ、極楽極楽〜、人間っていいなぁ〜」
「お前、人間じゃないだろう」
風呂場に響く女の声に俺は答える。
むぅ、と彼女は不満げな声を上げるが否定できないだろう。
湯を張った浴槽につかっている俺に対し、彼女は湯面にお椀のような物を浮かべ、それに湯を張ってつかっている。
つまり彼女は俺より遥かに小さい、人ならざるもの……
ピクシー。
悪戯好きな妖精型の、小型の魔物娘だ。
しかし、同じ妖精型のフェアリーとは似て全く異なる種族である。
例えば額から生えている短い二本の角、例えば人間や自身の身体の大きさを変えることができる特殊能力……
ピクシーとフェアリーは全く別の種族なのだ。
もちろん、同じ属のインプとも別の種族である。
そして、俺こと良平はこのピクシーの流美と恋人同士だ。
今は俺のアパートで同棲している。
狭いアパートでもピクシーだからスペースを取らない……ってのは内緒だ。
今日は冬至……一年でもっとも日が出ている時間が短い日である。
裏を返せば、もっとも夜が長い日……魔物娘にとって最高の日なのかもしれない。
さて、ジパングでは冬至の日にはゆず湯に入るという風習がある。
その由来は運を呼び込むための語呂合わせのみならず、血行を促進して体を温めて風邪を予防するとか、ビタミンCの効果を得るだとか、諸説ある。
しかし、細かいことはただの学生である俺には分からない。
ともかく俺と流美は今、ゆず湯につかっている。
彼女が入っているお椀の風呂桶の近くには、柚子がぷかぷかと浮かんでいた。
ちなみに彼女が入っているお椀は妖精種のための風呂桶であり、底に穴が空いていて風呂の湯が中に入り込むようにし、そしてお椀の周囲に浮き袋がついていて沈まないような物になっている。
「ま、人間でも魔物娘でも獣でも、お風呂が素敵なのは変わらないわね」
「猫は嫌がる気もするけど……お風呂が素晴らしいのは同感だ」
うーんと身体を伸ばしながら俺は彼女の言葉に答える。
確かに、お風呂という物は素晴らしい。
全身が温かい湯に包まれ、じわじわと温められ、身体の筋肉の繊維一筋一筋が解されていくような気がする。
また、今日はゆず湯と言うことで息を吸うと柚子の爽やかな香りが鼻腔をくすぐった。
実に快適だ。
ずるずると俺は腰を前にずらし、身体をもう少し深く湯に沈めた。
首まで湯につかり、肩のコリなどもほぐれていく気がする。
その温かさに俺は少しボーッとしてきた。
温かい物に包まれているというのはいいものだ。
母親の温かな子宮の中にいた頃を想起させるのかなんなのか……落ち着いて安らいだ気持ちになれる。
羊水の中に浮き、何一つ煩うことなく、絶対的に幸福だったあのころ……温泉の温かさはそれを思い起させた。
いつまでもこうしていたい、そのまま眠ってしまいたい……そんな願望が頭を支配する……
「ちょっと、良平!」
「おおっと、いけない!」
流美に声をかけられ、俺は慌てて姿勢を立て直した。
いけないとは思ったが、いくらかは寝てしまっていたかもしれない。
水面に口までつかりそうになっていた。
ざばっ
「うわっ!? ちょっとぉ! 危ないってばぁ!」
急に流美が悲鳴を上げ、大慌てでお椀から飛び出した。
俺が動いて湯面が波立ったのだが、それが彼女にとって大問題だったのだ。
風呂の湯の波など人間には全く問題のないことだが、今、湯面に浮かべたお椀にいるピクシーの流美にとってそれはもはや津波にも匹敵する大災害だ。
「もう、ちゃんとあたしのことを気遣ってよね」
ぷんぷんと怒って見せながら流美はお椀から出てひらひらと風呂場を舞う。
慌てて飛び出したため、タオルなどを持っておらず、生まれたままの姿だ。
思わず俺の視線は彼女に釘付けになった。
つるつるで湯を玉状にして弾いているつややかな肌は湯で温まって桜色に染まっている。
さらに、濡れたつややかな髪、かすかに膨らんだ胸、柔らかそうでいて平らな腹、スラリとした足、女の秘密の陰り……それらが全て俺の目を捉えて離さなかった。
「きゃっ!? 何見ているのよぉ!」
「ご、ごめん。あまりに流美が綺麗だったから……」
「……もう、そんな言葉にごまかされないわよ?」
胸と股間を手で覆った流美は顔をさらに赤くしてそっぽを向いた。
しかし、綺麗と褒められて彼女もまんざらではなさそうだ。
気を良くした彼女がサービスを提案してくる。
「お背中お流ししましょうか、お兄さん?」
「ああ、頼むよ」
流美がお椀から出たのを見計らって俺は改めて湯から上がる。
そして洗い場の腰掛けに座った。
すぐに流美が背中に近づいてきて、小さなボディータオルでゴシゴシと俺の背中をこすり始める。
「うーん、いつ見ても大きくてたくましい背中ねぇ……」
「さぁ、自分ではそうは思わないんだけどなぁ……」
シャンプーを手にとり、わしわしと頭を洗いながら俺は答える。
流美に背中を洗ってもらう間に自分は髪を洗ってしまうのだ。
「それは流美がピクシーだからってのもあるんじゃないのか?」
「うぅん。それもあるかもしれないけど、良平の背中は大きくて、頼りがいがある感じがするよ……」
ぴとっ……と背中にタオル以外のものが当たる感触がした。
おそらく、流美の肌だ。
俺の背中に身体を押し当てているのだ。
肌が密着していることに俺の心臓がドキンと脈打つ。
「ほ、ほら。手が止まっているぞ。ちゃんと背中を洗ってくれ」
照れ隠しに俺はガシガシと髪を洗った。
はーい、と返事をして流美が再び背中をゴシゴシこする。
しばらく風呂場には俺が頭を洗う音と、流美がよいしょよいしょと声を出して背中をこする声が響いた。
「はい。背中、洗い終えました〜」
「よーし、では流すぞ〜」
何回も背中を洗ってもらうと同時に髪を洗っていたので、終わるのはだいたい同じタイミングだ。
頭を出来るだけ前に突き出してシャワーの湯が背中の方へ流れて流美にかからないように注意する。
ここまで何回も自分のミスで流美に迷惑かけているから、これ以上減点を喰らうわけには行かない。
さらに背中にもシャワーをかけて、流美が洗って残ったボディーソープを洗い流す。
「これでよし。ありがとうね、流美……あれ?」
振り向いて流美に例を言おうとしたが、彼女はそこにはいなかった。
「まだ、でしょう?」
声が前の方からする。
前方に向き直って見ると、いつの間にか彼女は俺の下腹部のあたりでひらひらとホバリングしていた。
「まだ、前の方を洗ってないじゃない」
そう言って流美は俺のペニスにしがみついた。
まだ勃起してないので持ち上げる必要はあったが。
ぬるり……
ペニスから感じ取られたのは彼女のつやつやでぷるぷるな肌の感触ではなく、ローションのようなぬめった感触であった。
「えへへ、スライム印のローションボディーソープだよっ♪こういうプレイのために開発された、身体も洗えるローションなんだよ」
ペニスに体幹を密着させ、四肢を回して抱え込み、俺を見上げながら流美は嬉しそうに言う。
「うっ……」
自分の性器にしがみついているピクシーと、その性器から感じ取られる彼女の体温、そしてぬるぬるとした感触……
それらに、流美の裸を見た時から鎌首を持ち上げていた男性器に、血流が集まり始める。
「あっ♪ うふふ……良平のおちんちん、おっきくなってきた♥ こーふんしてきた?」
ペニスにしがみついたまま流美は嬉しそうに、そしていたずらっぽく言う。
が、次の瞬間には妖艶でとろけたような声で宣言した。
「背中を流したあとは……前を洗ってあげるね。あたしの身体で……」
そう言って彼女は手足の力を使ってずりずりと身体を上下させた。
彼女のソープにまみれた胸と腹がペニスの裏側にこすれる。
「くっ、流美……」
その刺激に俺の性器はいよいよ本格的に勃起し、文字通り肉棒となる。
「んふふ〜♪ ビンビンだね〜♪ こっちのほうがしごきやすいし、こーふんしてくれて嬉しいなぁ♥ ほら、ずーりずーり♪」
にやにやと笑いながら流美は身体全体を使って俺の肉棒をしごき立てる。
ぬるぬるとした肌も加え、ぽっちりと勃っている彼女の乳首が興奮して敏感になっている性器で感じ取られた。
彼女もまた、興奮しているのだ。
どれくらい濡れているかは分からないが、腰の角度からクリトリスを俺のペニスにこすりつけていることが分かる。
「ん、あっ♥ はうぅ……んん♥」
その証拠に彼女も喘ぎ声を漏らしている。
手のひらサイズの小さな魔物娘による全身を使った愛撫……それだけでも気持ちいいのに、流美はさらなる攻めに出た。
「えへへ、もっと気持ち良くしてあげる〜♥ ん、れろ……」
「うあっ、あ……」
突然、流美が舌を伸ばして俺のペニスを舐めてきた。
しかも、亀頭の裏筋部分の、敏感なところだ。
思わず俺は間抜けな嬌声を漏らしてしまう。
「良平、声出しちゃってる〜♪ 気持ちいいんだ〜♪」
「ああ、すごく……気持ち、いい……」
洗面台の腰掛けに座ったまま、俺は応えた。
両手は膝を握り締め、身体はやや前傾姿勢で、股間への刺激に為すがままになっている。
俺のペニスと流美の身体にまとわりついているボディーソープが白く泡立っており、流美の奉仕の激しさを物語っていた。
「あっ、ガマン汁が出てきたね〜♥ ん、れろ……えへへ〜♪」
流美の指摘通り、鈴口からはシャワーや風呂の湯とも違う、そして彼女が身体に塗りたくっているソープと異なる、透明な粘液が漏れ出てきた。
その先走り汁を小さな手のひらですくい取り、舐めとった後に彼女はいたずらっぽく笑い、亀頭全体に塗り伸ばしていく。
「あ、あ、ああ……」
敏感な部分をぬるぬると撫で回され、俺は身体をぷるぷると震わせた。
そんな俺の様子を見て流美はにぃっと笑う。
「おつゆが出てきたってことは、そろそろ我慢できなくなるころかなぁ? どう、良平。このままあたしにイカせて欲しい?」
「ああ、イキたい……流美にイカせてほしい……」
情けなくも俺は流美に射精したいと懇願する。
それに対して流美はどうしようかなと首を傾げてみせた。
「でもさっきはちょっと怖かったしなぁ……」
風呂から洗い場に上がる前の、あの波立たせたことを言っている。
「そ、それは謝るよ……」
「本当にぃ?」
今度は逆方向に流美は首を傾ける。
俺はこくこくと頷いた。
「ああ、それは本当に……」
「うーん、それじゃあ……」
にやりと流美は笑って言う。
その笑顔は妖精らしい悪戯っぽさに淫魔らしい妖艶さ、そして小悪魔らしい破滅的な危険さを孕んでいた。
彼女の笑顔を見た俺の心臓がどくんと跳ねる。
そんな俺の様子すら見透かしているのか、彼女はニヤニヤ笑いを崩さないまま、俺に要求をした。
「『さっきはごめんなさい、可愛い流美さま。愛してます』って言って〜♪」
「なっ!?」
随分小っ恥ずかしいことを言わせるものだ。
言葉は喉のところで羞恥心によって出ない。
言えない俺を見て流美がぷっと頬を膨らませる。
「あ〜、言えないって事は反省していないんだなぁ〜? それともイキたくない〜? それともあたしのことは嫌い〜? 」
「わ、分かった! 分かったから!」
始めは悪戯っぽい調子だったが最後のほうは若干本気で凹み気味だったので慌てて彼女の言葉を遮った。
どうせこの言葉を聞いているのは彼女だけだ。
少々恥ずかしいいが、俺は要求されたセリフを口にする。
「その……さっきはごめんなさい、か……可愛い流美様……あ、愛して、ます……」
「は〜い、よく言えました〜♪ 可愛いって言ってくれて、愛してるって言ってくれて嬉し〜♥」
肉棒にしがみついたまま流美が満面の笑みを浮かべる。
それを見ると、恥ずかしかったがさっきの言葉を言って良かったと思う。
だがそう思っていられたのもわずかな間だった。
「それじゃあ、イカせてあげるね。ほらほら〜」
ペニスにしがみついたまま、流美が踊るように身体を動かした。
ただ単に体幹をこすりつけるだけだった動きに、じっくりと腰をうねらせるような動きが加わる。
にゅるにゅるとソープまみれの身体がにちゃにちゃと音を立てて擦れる。
また、裏筋をぺろぺろと舐める刺激も止めない。
そして腕は、片方はカリ首に回されてギュッとしがみつき、もう一方は亀頭を撫で回している。
小さな身体のピクシーによる肉棒への刺激が腰から脊髄、脳へと伝わり、射精を促す。
「あっ、おちんちんがぴくっとしたよ〜♪ あんっ、あふっ……イくんだね?」
自分もときどき喘ぎ声を漏らしながら流美は訊ねる。
泡まみれの状態で、潤んだ瞳を上目遣いで俺に向けながら。
「ああ、イク……出ちゃうよ……っ!」
「いいよ〜、ほらほら、イッちゃえ〜♥」
「うああっ!」
流美の言葉が引き金になったかのように、俺の身体が絶頂を迎えた。
びゅくびゅくっと精液が鈴口から噴火のように漏れ出し、ペニスと、それにしがみついている流美の身体を汚す。
あっという間に流美は俺の精液で真っ白に染まった。
「えへへ、イッちゃったね〜。でも、汚れちゃったね〜」
自分の身体にへばりついた精液を拭い取って舐めながら流美は笑う。
俺は答えられない。
腰掛けから転げ落ちないので精一杯だった。
それだと言うのに……身体を軽く清めた流美がこちらに背を向け、俺の肉棒にまたがってきた。
「お、おい流美、何をするんだ……!」
「何って、セックスだよ〜♪」
当然と言った感じで流美はぐりぐりと股間を亀頭に押し当てて言う。
「良平のおちんちんは精液で汚れちゃったから綺麗にしなきゃあ、あたしのおまんこで……♥」
「な、何もセックスで綺麗にしなくたって……」
「それにぃ……良平に身体をこすりつけていたらあたしもこーふんしちゃったしぃ」
俺の言葉は無視して相変わらず股間をぐりぐりと押し付けながら流美は続ける。
その刺激もあるが、なんだかんだ言って俺もその気になっており、ペニスは萎えずに彼女の中に入りたいと主張していた。
「だからぁ、入れちゃうねぇ〜♪ ん、んんんっ!」
ぐぐぐっと流美が腰を下ろし、その小さな膣で俺のペニスを飲み込んでいく。
太さだけで言えば、俺のモノは流美の胴回りと同じくらいもある。
しかしそこはさすがに魔物娘か、お腹をぽっこりとふくらませながらも、俺の肉棒を全て蜜壷の中に収めた。
流美とはもう何度もセックスをしており、その小さな体に何度もこの剛直をねじ込んでいるが、やはり相変わらず不安だ。
「大丈夫か、流美……?」
「うん……大丈夫、だよ……お腹の、中まで……んんっ♥ 良平で一杯で、気持ちいい……ふあぁん!」
「くっ……」
彼女が呼吸をするたびに膣も緩やかに俺の陰茎を締め付け、そして喘ぐたびにぎゅぎゅっと急激に締め付けてくる。
彼女の身体も心配だったが、俺自身も暴発してしまわないか心配だった。
そんな俺の心配はよそに、流美が腰をくねらせ始めた。
「ほらほらほぉら♪ 一緒に気持ちよくなろ〜♪ ん、あっ、あん♥」
流美の肉壷で俺の肉棒が小刻みにしごき抜かれる。
狭い膣内だからこそ彼女の肉壁のヒダやイボが竿やカリ、亀頭を撫でるのが感じ取られた。
「ふあっ、あっ、あ……! 気持ちいいよぉ……! 良平のおちんちんがあたしのおまんこをこすってぇ……! 良平は!? 良平は気持ちいい?」
だらしなく舌を突き出したとろけ切った顔で、振り返って流美は俺に訊ねる。
快感のあまり俺は答えられない。
「あ、ああ……すごい……」
そう答えるので精一杯だった。
だが、それだけでも十分だったようだ。
にへらっと流美の顔に笑顔が浮かぶ。
「えへへ、嬉しい……んあっ、嬉しいから……良平をもっともっと気持ち良くしてあげるねぇ……ん、んんんっ!」
小刻みにしごくような動きから、腰をくねらせるような動きに流美は変える。
ぐりぐりと流美の小さくて硬い子宮口が亀頭を這い回り、ときどき鈴口を擦った。
腰はときどき持ち上げられるので、その時はしごかれる時と同じように、流美の膣肉が俺の敏感な部分をずるずるとなでている。
「うああっ!」
「ひゃんっ! あぁん……いい、いいよぉ……!」
風呂なので二人の声がよく反響く。
そして、二人の結合部からの音も。
俺と流美の嬌声、ぐちゅぐちゅという粘着質な音をバックグラウンドに、流美は俺に背を向けて淫らな踊りを見せつけていた。
艶かしい吐息を漏らしながら流美は背中からお尻までじっくりとひねるように妖しく動く。
それに併せて彼女の中に入っている肉棒も左右に動かされる。
あまりの快感に身体に、特に下腹部に力が入った。
「あんっ! おちんちんがぴくっとしたぁ♥」
「ああ、気持ちいい……気持ち良すぎるよ流美ぃ……うああ、またイキそうぅ……」
馬鹿になってしまったかのような間抜けな声で俺は精一杯返事をする。
少しでも気を抜くと射精しそうだ。
だが幸いにも、流美も限界が近いようだった。
「いいよ、イッて……! あたしも……我慢できないぃ!」
そう言って彼女は小さな身体で激しく身体を動かした。
お尻を振り、足を使って身体を上下させ、肉棒に刺激を与え、そして自らもその肉棒からの快楽を貪る。
狭い肉壷にシェイクされ、しごき抜かれ、締め付けられる感覚に俺はあっさりと降参した。
「あ、ああああっ!」
二度目の射精が始まる。
ピクシーの狭い膣内に収められている肉棒がドクンと脈打ち、そして先端から白濁液をほとばしらせた。
しかも一回では終わらず、二回、三回とペニスは脈打ち、どくどくと流美の子宮に精液を注いでいく。
「ふああぁぁああんっ!」
俺のペニスをくわえ込み、精液を受け止めている流美も小さな身体をのけぞらせる。
射精の勢いに触発されたか、彼女も達した。
それによって膣壁がぎゅうぎゅうと収縮し、俺のペニスから尿道内に残っている精液の分まで搾り取ろうとする。
「あ、あ、ああああ……」
前のめりに倒れてしまったら流美を潰してしまう。
俺は必死に足に力を込め、両膝を握りしめて絶頂の嵐と射精による脱力感に耐えた。
「う、ううぅう……んくうう……」
流美も声を上げてオーガズムの快感を貪っていた。
やがてその快感も収まり、俺は詰めていた息を吐き出す。
流美も満足そうに吐息をついた。
だが……
「んふ、んふふふふ」
突然、妖しげに流美が笑い出した。
「どうしたんだ、流美。何がおかしいんだ?」
「……かかったわね」
「な、何が? うわああああっ!?」






「ほらほら、やっぱりお湯が揺れると怖いでしょう?」
「うわあぁあっ! ごめんなさいぃいい! もう許して……ってか酔う。吐きそう」
エッチが終わった直後、流美は俺が出した精液を素早く魔力に変え、俺を小人化して自身は巨大化した。
今の俺の身長は普段の流美と同じくらいの20cmになっており、流美は女児と同じくらい、100cmになっている。
そして俺は流美が使っていたお椀の風呂に入れられ、そして普通の風呂に入っている流美に湯を揺らされているのだ。
風呂の湯の波など人間には全く問題のないことだが、今、湯面に浮かべたお椀にいる小人サイズの俺にとってそれは大シケの中にいる小舟に乗っている気分だった。
温かく、身体や心をほぐすはずの風呂に入っているのに、俺は恐怖でガチガチに固まっている。
「うん、それじゃあ許してあげよう! あたしも良平をいじめたいわけじゃないし」
そう言って流美はポンと音を立て、普段の小人サイズに戻った。
そして俺がつかっているお椀の風呂の中に入り込み、俺に寄りかかってくる。
「あたしは本当は、こんなふうに良平と一緒にゆっくりお風呂に入っていちゃいちゃしたいだけなんだ」
「流美……」
さっき悪戯したようにちょっと意地悪で、さっきセックスしたようにとてもエッチで、そしてこんなに可愛らしいピクシーへの愛おしさがこみ上げてくる。
さきほどの恐怖は去り、心と身体がほぐれていく。
「上がったらご飯にしようね。買ってきたかぼちゃプリン、楽しみにしているから」
「ああ……」
彼女の手が触れたので、そっとその手を握り返す。
その手は、寄りかかってくる身体は、そこから伝わる心は……今つかっているお湯よりも、他のどんな温泉よりも温かく、心地よかった。

12/12/21 07:57更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
皆さーん!
クリスマスもいいけど、12/21、今週の金曜日は冬至ですよー!
かぼちゃですよー、ゆず湯ですよー!
というわけで、お風呂でエッチSSでした。
これは某所で私が主催を務めさせていただいた、『SS大会 -寒い冬はお風呂でぬくぬく-杯』で出品させていただいたSSに手を加えた物です。
沈黙の天使、安定のピクシーでございますwww
実は他の候補にはメデューサやヴァンパイアもいたのですが……大会ということも考慮してここはあえてのピクシーでした。
いかがだったでしょうか?
お楽しみいただけたのでしたら幸いです。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33