『ひなまつり』


みなさん こんにちわ !!
ひな の なまえ は こりせ ひな って いいます !!
えっと ようこ って しゅぞく です  !!
しっぽ とか おみみ とか すごく ふかふか しているのです !! えっへん !!
えっと しっぽ の かず は に……じゃないです !! さん なのです !!
あうあう かずのかぞえかた を ようちえん で あぬびす せんせい から おしえてもらったのになぁ…… もっと おべんきょう しなくちゃ !!

「こんにちは〜雛、遊びに来たわよ♪ 」
あっ おばあちゃん だ !!
りか おばあちゃあん えいっ ♪

(ぽふっ)

「おっとと!? もう雛は甘えん坊なんだから〜そんな娘は尻尾でくるくるしちゃうぞぉ♪ それそれそれ〜、ぐるぐるぐる〜♪ 」
きゃわ〜 ♪ えっとえっと いち にぃ さん ……きゅー !! きゅーほん の ふさふさ の しっぽ に くるくる まきまき されちゃいました ♪
えへへ ♪ おばあちゃん の しっぽ は とってもあったかい から だいすき です !!
ひな うれしくて おみみ も ぴこぴこ うごいちゃいます ♪ えへへ ♪

「こんにち……あらら、二人とも幸せそうな顔して♪ 」
「あ、かをる? 居間にいるんじゃなかったの? 」
「梨花姉さんに作った雛人形、今どうなっているか見たくてね」
えあ あう !? まっしろ な はね の ひと が きたです !!
おばあちゃん や ひな と おなじ きいろい おけけ なのに まっくろけっけ な かみのけ が トラさん みたいに まざった へんてこ な あたま です !!
だれ なのですか ?

「あ、雛は初めてよね? お婆ちゃんの義妹でエンジェル、天使のかをるよ」
「初めまして雛ちゃん♪ 私は【古里瀬 かをる】って言ってね、そのお人形さんを作ったんだよ」
ふええ !? おにんぎょうさんたち を つくったの おねえちゃん なのですか !?
すごいのです !! しっぽ ぶんぶん しちゃうくらい びっくりなのです !!

「お姉ちゃんじゃなくてお婆ちゃんでいいよ。今日は雛ちゃんの初めての雛祭りだからお祝いしに来たんだけど……ちょっとお人形さん、触ってもいいかな? 」
 うん !! いいですよ かぉる おね おね お、おばあ……

「ぁー…うん、お姉ちゃんでもいいよ? じゃあ、ちょっと失礼するね♪」
はいなのです ♪
かおるおねえちゃん の おにんぎょうさん だから ぜんぜん いいのです ♪

「あぁ、すっごくいい笑顔っ!! かわいいなぁ、梨花姉さんのお孫ちゃんはっ!!」
(だきっ♪)
きゃわっ !?

「梨花姉さんのミニチュアみたいっっ!! 」
(すりすりすりすり!! )
きゃわぁ ♪ おねえちゃん の ほっぺた ひな の おみみ ずりずり してるです ♪

「ねぇねぇ梨花姉さん、デジカメに残して後でフィギュアにしてもいい? いい? 」
(パシャッパシャッ!! パシャッパシャッ!! )
あたま なでなで きもちい ですぅ ♪ ふにゃぁん ♪



「―――はぁ〜(すっかり現代知識を身に着けて……とても云百年お空の上にいたエド時代の元人間とは思えないわぁ……) 」



「え、なんか言った梨花姉さん? 」
「いいえ、なんでもないわ。それより雛ちゃんがトロトロにふやけちゃってるから、もうそろそろ撫でるの止めて人形見た方が良いんじゃない? 」
「あっ、ついつい可愛くて……それじゃあ雛ちゃん、ちょっと失礼するね? 」
あいっ ♪ おねえちゃん の なでなて は とってもとっても あったかかった です !!
かおるおねえちゃん おにんぎょさん もって なにしてるのですか ?

「ん? うーんとね、お仕事だよ♪ あぁ、えっと……こう言う所の解れとか、あと髪の毛の乱れとか、お顔のお化粧直しとか色々とね♪ 」
「はー、相変わらず人形に関しては仕事が早いわね」
「ふっふっふー、梨花姉さんと別れた後でも向こうで再三人形は作っていましたからね♪ 」
わわわっ めがね を かけた かおるおねえちゃん かっこいいです !!
こし に あった ふくろ から はり とか いと とか 
……とにかく いっぱい いっぱい たくさん おどうぐ が でてきました !!
あう !?  す すごく おてて が はやく うごいています !! 
ひゅんひゅん うごいています !!
ううっ ひな の しっぽ も いっしょ に ひゅんひゅん うごいちゃいますっ !!

「ふむふむ、五人囃子は大きな異常なし。右大臣左大臣は弓矢の交換に衣替えをして、雪洞の柄は新しいのを巻いときますか。仕丁の三人は小物がもうボロボロ、これも交換で化粧をし直し。三人官女は……ありゃ? やけにボロボロだね? 」
「それ、長女の愛(あい)が【わたしのなまえのおにんぎょさんっ!! 】とか言って矢鱈と気に入っててね。雛祭りじゃなくても何処からかひっぱり出してきて遊んでいたのよ……以下次女三女も同意」
「あぁ、だから……ふふ、作った側としてはすごく嬉しいわ♪ 」
へうう おにんぎょさん を みないで おかお かきかき してるですぅ !!
りかおばあちゃん と おはなし しながら おふく の きせかえ してるのです !!
すごい すごい かおるおねえちゃん すごいです !!
ひな おみみ が ぴくんぴくん しちゃいますぅ !!

「あら? ふふふ、雛も興奮するくらいの腕前だしね♪ 」
「えっ? あ、あらら。雛ちゃんもうちょっとで終わるからあとちょっとだけ待ってね? 」
ええ !? もっとみていたいですぅ !!
かおるおねえちゃん の おしごと もっと みたい ですぅぅ !!
(ゴロゴロゴロ!!)


「あらあら、床に転がって駄々捏ねて」
「普通はもう終わらせて、じゃないの? 」
「まぁまぁ……それじゃあ雛ちゃん? これが修復、いやお仕事終わったら私の家に来る? たくさんお人形あるわよ♪」

(ピタッ)

いくです !! いきたい です !!

「あらら、それじゃあ……はい、おしまいっ♪ 」
「んじゃ途中で安芸のお店よって葛きり食べていきましょうか」
「賛成♪ 」
さんせー ♪
どんな おにんぎょさん が あるのでしょうか わくわく しちゃいます ♪



「あれ? かをる、この男雛」
「ふふっ、どう? そっくりでしょ? ……今さらだけど、おめでとう梨花姉さん♪ 」
「っ……ぅぅ……っぐ……ふ、ぅぅ……」
はわわわわ !? りかおばあちゃん どうしたのですか !?
ポンポン いたいいたい ですか !? えっとえっと いたいのいたいのとんでいけぇ !!

「だ、大丈夫よ雛ちゃん。嬉しくて、嬉しくて泣いちゃっただけ、だか、ら」
「ふふっ♪ ささ、はやく葛きり食べに行かないと無くなっちゃうぞぉ」
「ふ、ふふ、そう、ね……そうね! じゃあ雛ちゃん、狐路まで競争よー! 」
はわぁ !? りかおばあちゃん に かおるおねえちゃん まってですぅぅ !!






―――凡そ四百年、顔の無かった男雛に顔が入れられた。
―――またそれに伴って他の人形たちもちょっとした手直しが加えられ……

―――みなが優しい笑顔の人形になった、とさ。
―――まるで古里瀬家の生き写しのように。


【完】

遅刻しました(ドヤァ
ちっちゃい娘、ってどういう風に思っているのかなぁ等と考えていたらこのざまだよっ!

お気づきかと存じますが……「つないでゆくおもい…」(ttp://kurobine.sakura.ne.jp/mamonogirllover/sscgi/mtsg.cgi?mode=view&no=125&id=jackry)で戻ってきた天使かをるちゃんと看板娘の梨花の掛け合いはこちらから来ています。
同じ名前? 顔が無い? は? どういう事? と思われるかもしれませんが…どうかこちらも合わせてご覧くださいお願いしますよろしくおねがいします(宣伝

平仮名ばかりのスペース区切りで読みにくかったかもしれませぬが…ここまで読んでいただいてありがとうございますっ!!
感想や「妖狐かわいい」などの御言葉、お待ち申しております…!!

14/03/04 10:03 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33