読切小説
[TOP]
秋虫
夜風が涼しく、晴れた秋の土曜の夜……
大百足の木下晶子と恋人の吉田浩介は浩介の家の近くにある大きな公園、菖蒲田(あやめだ)緑地を散歩していた。
名前に緑地とついているとおり二人が歩くすぐ横からは腰ほどの高さまで草が生い茂っている。
そしてその草むらからは、秋虫の鳴き声が響いていた。
「いやぁ、秋だねぇ」
明るくのんびりとした調子で、浩介は手をつないで横にいる晶子に話しかけた。
そうね、とぽつりと晶子は答える。
声だけを聞くとぼそぼそとしていてそっけない印象があるが、つまらないわけではない。
むしろ逆だ。
晶子の口元には、恋人と過ごせる喜びを噛み締めていることで現れる笑みが、ほんのりと浮かんでいた。
リーンリーン…… ルルルルル…… コロコロコロコロ……チッチロリチッチロリ……
あらゆる秋の虫の鳴き声があちこちから響いている。
つないだ手にそっと力を込めて歩きながら、二人はそれらに耳を傾けた。
「あんまり虫には詳しくないけど……うーんと、スズムシとコオロギとクツワムシかな?」
「……とりあえず知っている秋の虫の名前を挙げていない?」
晶子のツッコミにバレたかと浩介は苦笑する。
「外れだったか?」
「……クツワムシ以外は合っている。あと、マツムシとカンタンの声が聞こえる……」
大百足の触覚をピコピコと動かしながら晶子は答える。
へぇ、と浩介はスラスラと答えた晶子に感心した。
「アキは詳しいんだな」
「……虫の大百足だし。ちなみに、コオロギはムカデの好物……」
「そ、その情報はいいからっ! 雰囲気が壊れる!」
苦笑して浩介は晶子の解説をそこで止めさせる。
晶子は沈黙し、代わりにつないだ手をギュッと強く握った。
しばらく二人は虫の鳴き声に耳を傾けた。
軽い夜風によって草原が軽くざわめき、その音に混じって虫の鳴き声が聞こえる。
「虫の鳴き声って……オスからメスの求愛の声よね……」
唐突にぽつりと晶子がつぶやいた。
急に何を言い出すんだと言った感じで浩介が片眉を掲げる。
「ああ、そうだな」
「つまりは交尾したいと言う、欲望の……んぷっ!?」
「やめろっ! それもまた雰囲気が壊れる!」
魔物らしい発言ではあるが、それを言ってしまってはせっかくの涼やかな虫の鳴き声も台無しである。
慌てて晶子の口を手で塞ぎ、浩介は苦笑した。
だがその顔が、一瞬だがすぐに苦痛に歪む。
彼女の尾にある顎肢が、浩介の首筋に刺さっていた。
どくどくとそこから毒液が注入されていく。
たちまちのうちに浩介の身体が脱力し、晶子に委ねられた。
「……そんなことない。虫たちは求愛し、恋をし、交尾し、子作りして、その子たちもまた求愛して、恋をし、交尾して子どもを作る……自然で、大事なこと……」
浩介の身体を抱きとめ、ムカデの肢でしっかりと拘束しながら晶子は囁いた。
他の肢でがさごそと這い、草むらを掻き分けて横道に逸れて入っていく。
そしてそっと浩介の身体を下ろして囁いた。
「聞こえるでしょう? 虫たちの求愛の声と……魔物たちの交尾の声が……」
耳を澄ましてみると……なるほど、虫たちの鳴き声に混じって、魔物と男の啼き声が混じって聞こえる。
晶子を見てみると、彼女の顔は羞恥と情欲で少し赤らんでいた。
それ以上は何も言わず、晶子は浩介のズボンと下着を剥ぎ下ろしていく。
彼女の毒液の影響で、浩介のペニスは交尾の準備を整えていた。
「あ、アキ……こんなところで……くっ!」
抗議しようとした浩介の声が、下腹部から沸き起こってきた快感によって遮られる。
晶子の口が浩介のペニスをくわえ込んでいた。
外から見たらスローモーなフェラチオで、彼女の口内でも舌の動きはゆったりとしている。
だがその舌は浩介の感じるポイントを敏感に捉えており、ねっとりと執拗にそこを責め立てていた。
「はぐっ、あ、ああ……アキ……!」
「んふふ……浩介も、良く鳴く……」
浩介の反応に晶子が笑う。
純粋に恋人が感じていることに喜んでいるのもあるが、その笑顔と目は肉食のムカデらしい、捕食者の素顔も見せていた。
再び肉棒が晶子の口内に消える。
ちゅっちゅと控えめな音を立てて晶子は浩介のペニスを吸い上げ、舌をねっとりと肉棒にからみつけて刺激した。
毒液と恋人による刺激で、あっという間に浩介の身体に限界が迫る。
「や、やめ……アキ、出るから……」
「ん、んちゅ……んん……んっ、んっ……」
浩介の懇願を無視し、それどころか晶子は頭を動かし始める。
舌での愛撫に加えて、くちびるでの刺激まで加えられた。
亀頭をレロレロと舌の腹が這い回り、舌の先端が裏筋や亀頭の淵をつついたり撫でたりし、そして竿がくちびるでしごき抜かれる。
彼女が頭を動かす度にくぷくぷと小さな破裂音が立ち、晶子がくぐもった声を上げた。
「くっ、ああっ……!」
耐えられるはずがなかった。
短く声を上げ、ガクンと浩介の腰が跳ね上がる。
その動きに同期するかのように、彼の生殖器から精液がドクドクと放たれた。
目を細めて晶子はそれを口で受け止める。
彼女の細い喉が動き、こくんこくんとそれを飲み下しているのを生々しく示していた。
自分の子種が恋人に飲まれている……そのどこか背徳的な映像と、毒液の影響で浩介の肉棒は萎えることなく晶子の口内で存在を主張する。
「まだまだ、よね……虫だって、何回も交尾するんだから……」
もぞもぞと身体を動かして顔を浩介の顔に近づけながら、晶子は囁く。
彼女のスカートと下着はいつの間にか取り去られており、濡れた生殖器が浩介のそれを受け入れようとしていた。
「虫の鳴き声がしていたときから、ずっと濡れっぱなしだったんだよ? 浩介と交尾がしたくて……」
くちゅくちゅと指でいじって濡れ具合を浩介に聞かせてみせながら、晶子は淫らに、恥ずかしそうに笑う
そしてぐっと秘裂に先端をあてがった。
晶子の腰が進められ、ずぶずぶと牡の生殖器が牝のそれに飲み込まれていく。
「あ、あ、アキ……」
「あ、ふあ……あは、私と浩介、セックスしてる……虫たちのように、交尾しているのぉ」
星空を見上げながら身体を震わせ、あられもない淫語を口にしながら晶子は喘ぐ。
一番下まで埋まったところで感じきったように息を吐き、とろけきった顔で浩介を見下ろした。
「……もっとも……」
にやりと晶子が笑った。
その顔には捕食者としての優位のようなものが漂っている。
「虫の交尾は、牡が牝にのしかかって後ろから犯すのに……浩介は私にのしかかられて犯されているね……」
「くっ、仕方ないだろう……」
晶子の言葉に、バツが悪そうにそっぽを向く。
恋人のそんな様子に晶子は笑いながら、腰を揺すり始めた。
二人の大事なところが擦れ合い、それを快感として脊髄から脳へと伝える。
「ん……んぁんっ、ん、んん……」
控えめなボリュームで晶子は喘ぐ。
いやらしくも浩介にだけ喘ぎ声を聴かせるつもりだ。
自分の淫らな声を他の人に聞かれたくないと言うのもあるのかもしれない。
それは浩介も同じだった。
必死にくちびるを噛んで声を押し殺している。
くちゅ、ずちゅ、ぐちゅぐちゅ……
虫たちの鳴き声に混じって二人の吐息のような喘ぎ声と結合部からの粘着音が二人の耳をうつ。
晶子が腰を動かす度に立つ草の音は風のせいにすることができるかもしれないが、喘ぎ声と水音はごまかしようがなく、二人が交尾をしているという事実を二人に突きつけていた。
「んんっ……浩介? なんで……うっ、声出さないの? 気持ち良く、ない……?」
「……こんなところで声出すなんて、恥ずかし……ううっ……」
「なんで? んんっ、他の人も……交尾しているから……恥ずかしくないよ……?」
そうは言いながら晶子も羞恥に喘ぎ声が漏れ出るのを抑えようとしていた。
片手は浩介を押さえつけているが、声が漏れ出ないようにもう一方の手の甲で口元を軽く覆っている。
羞恥と情欲に赤く染まった頬と、目に軽く浮かんでいる歓喜の涙がより彼女の色気を引き立てていた。
「うくっ……」
浩介が短く声を上げる。
晶子が下腹部に力を入れて膣で浩介の物を締め上げていた。
さらに晶子の腰の動きが一段階ほど早くなる。
魅力的な彼女の姿に興奮していたところにさらにその刺激を加えられて、浩介の快感のボルテージがまた一段階上がった。
晶子が浩介に顔を寄せて囁く。
「ほらほら、気持ちいいでしょう? 私は……んんっ、気持ちいいよ……」
「う、くう……そんなに激しく動いて締め付けるな……! 気持ちよすぎて……んんっ……」
「……いいよ、喘いでも……んふぅ、虫が交尾で鳴くのは……オスだけだから、あっ、あっ……浩介は声出して良いよ……」
淫らに顔をとろけさせながらも意地悪そうに晶子は笑ってみせる。
その笑顔と言葉に屈しても浩介は良かったのだが……なんとなく、それも癪だった。
晶子の下から腕を伸ばす。
催淫毒は残っていたが、麻痺はすでに解けていた。
「……!?」
油断していたのだろう、晶子は目を驚愕に見開いて上体を反らして逃げようとしたが、それより先に浩介の腕が晶子の背中と後頭部に絡みついた。
そのまま晶子の顔が浩介のそれに引き寄せられ、そして二人のくちびるがつながる。
「んっ!? んんんん!?」
晶子が悲鳴にも近い嬌声を上げるが、それは全てくちびるを奪っている浩介の口内へと消えていった。
びくんびくんと晶子が身体を波打たせる。
浩介の舌が晶子の口内に侵入し、蹂躙していた。
恋人の唾液が口内に塗りたくられ、大百足の毒と魔力的に反応し、自身の身体の中で快感の嵐を引き起こす。
襲い来る激しい快感に耐えるかのように、晶子は浩介にしがみつくが、同時に彼のキスから逃れようともがいた。
だが彼の腕はしっかりと晶子の身体に回され、逃れられない。
おかげで晶子は浩介のキスを、彼の唾液をたっぷりと数分は味わうこととなった。
「んふああ……そんな、こうすけぇ……んあ、あ、ああああっ!」
しばらくしてようやく口を離してもらったが、抗議の声が言葉にならない。
毒液が彼女の体内で爆発して快感を撒き散らしており、さらに浩介が自らの身体をゆさゆさと揺すって結合部に振動を送ってくる。
彼にしがみついたまま、晶子は嬌声を上げ続けた。
彼女への仕返しが成功し、してやったりとばかりに笑いながら浩介はからかう。
「どうしたアキ……んく、そんなに声出すと……周りにバレるぞ……」
「ば、バカぁ……! 私が……んくぅう! こ、浩介の……う、あ……唾に弱いって……ふぅう……し、知っているくせにぃ……ん、はぁう! ん、んむぅうんっ!」
お返しとばかりに晶子は浩介の首筋に歯を突き立てた。
恋人の唾液と反応して本人ですら制御できなくなった大百足の毒が浩介の身体に注入される。
一瞬顔を歪めた浩介だったが、晶子の頭を抱えて目を閉じ、時々身体を震わせながらその毒液を受け入れた。
晶子にも仕返しができたので、あとは一緒に気持ちよくなって果てるだけだ。
催淫作用の影響で浩介の身体がいっきに追い詰められる。
肉棒が晶子の蜜壷の中で膨れ上がって暴れまわり、今にも精を吐き出そうと暴れ狂う。
そして、キスされるまでは多少の余裕があった晶子ももう限界が近い。
「浩介ぇ……! 一緒に、一緒にぃ!」
がっちりと腕と大百足の肢で浩介を抱きしめ、彼を射精に導こうと腰を動かしながら晶子は叫ぶ。
先程まで、彼だけを啼かせようとし、周囲をはばかっていた晶子の姿はもうない。
すでに彼女は恋人を求めて鳴く、一匹のメスであった。
そんなメスになった恋人に、浩介はオスとしての本懐を果たす。
「アキ……くっ、ううううっ!」
「こうす、け……あ、ああああああっ!」
二人が達するのはほぼ同時だった。
どくんと生殖器が脈打ち、晶子の体内に牡汁が吐き出される。
震える身体で晶子は子種をたっぷり含んだ体液を受け止めたのだった……


「うぅ、浩介……ひどいよ……絶対近くの人に聞こえちゃったよ……」
羞恥に顔を真っ赤に染めながら晶子が浩介を見下ろしながら頬をふくらませてつぶやく。
だが目が快楽で潤んでいるので迫力は全くない。
「まぁ……聞こえちゃったかもな……なんか喘ぎ声がすっごく近くで聞こえるし……」
苦笑して浩介は静かな声で返す。
彼の言葉通り、他人の情事の声がすぐ近くで聞こえていた。
おそらく2メートルも離れていない。
二人はその声に耳をすませた。
「出して……私の中にいっぱい……」
「あっ、く……あああ……!」
どうやら近くの二人も終わりが近いらしい。
晶子は興味津々といった様子で耳を傾け、触覚もそちらの方に向ける。
だが浩介はなぜかがっかりしたように肩を落とし、ため息をついた。
「どうしたの?」
「いや、この声……」
浩介が答える前に二人が声を上げ、浩介の声が遮られる。
「イクっ……! 吉田……私も……むぐっ!?」
「ちょ、みどりさん! となりに弟いますからっ……!」
女性の声が途中で途切れる。
男がおそらく、手で口を塞いだのだろう。
だが声を止めることは出来ても快感までは止まらなかったようだ。
「ん、ん、んんんんんん!!」
「うっ……!」
口を塞がれたままらしい女性がくぐもった声を上げ、続いて男も短い声を上げる。
そしてとなりは静かになり、秋虫の鳴き声と遠くのほかの魔物娘の嬌声だけがあたりの音を支配した。
「……二人ともイッちゃったね。でも今……」
悪戯をした子どものようにクスクスと笑っていた晶子だったが、すぐにその表情を抑えて浩介に確認するかのように首を傾げる。
浩介はまたため息をつき、そして肯いた。
「ああ……兄貴だな……」
はっきりと名前も「弟」という単語も言っていたので間違いない。
すぐ横で自分たちと同じようにセックスをしていたのは浩介の兄、吉田晋介とその恋人の梅軒みどりだ。
しかも向こうはこちらの存在を認識している……
「聞いてた……?」
ひゅんと風を斬る音がし、遅れてがさがさと草が鳴った。
撫で斬りにされた葉が地に向かって落ちると同時に、草に隠れていた人物の姿が現れる。
果たしてそのとおりであった。
姿を見せたのはマンティスのみどりだ。
浩介も晶子も何回か顔を合わせたことがあるから知っている。
情事後をアピールするかのように髪が乱れ、目がとろけて頬は上気しているが、晶子と浩介が聞き耳を立てていたことに驚いている様子はない。
「あ〜……バレちまったか……まぁしょうがないよな……」
遅れて上体を起こしたのか、続けて晋介も姿を現した。
Tシャツがボロボロに切り裂かれている。
バツが悪そうに苦笑しているが、やはり二人がいることに驚いた様子はない。
というのも……
「二人で散歩していたら、虫の鳴き声は交尾の合図だとかみどりさんが言い出してさぁ……しかもそれを言っているすぐ横でお前たちがセックスしているもんだからさぁ、みどりさんに襲われちゃって……」
「二人とも気持ちよさそうだったし……我慢できなかった」
つまり、自分たちが野外で交尾していたことはバッチリと見られていたということだ。
浩介は耳から煙が出るほど顔を熱くし、赤くした。
晶子も恥ずかしそうに頬を染めていたが、一方で我が意を得たりとばかりに軽く微笑んでいた。
「そうですよね、みどりさん……この虫の鳴き声って求愛の声……交わり、交尾の鳴き声ですよね……」
「……間違いない」
晶子の言葉に短く、しかしはっきりとみどりは答え、頷く。
それだけ言葉を交わしたら、二人はそれぞれの恋人に向き直った。
今のところ挨拶はこれだけで十分。
それより今は自分たちの恋人と交わることが大事だ。
周りの秋虫のように、一心不乱につがいのオスと交尾をすることが今一番すべきこと……
魔物娘である二人は口に出さずとも、互の目を見ただけでそう言葉を交わしていた。
「浩介……」
「吉田……」
晶子とみどりが自分の恋人の名前を呼んだ。
言葉はそれだけだったが、二人の情欲に潤んだ目、上気した頬、吐き出される熱い息が、彼女たちの望みを雄弁に語っている。
それぞれの虫系の魔物娘の恋人が言わんとすることを察し、晋介と浩介が顔を見合わせて苦笑した。
「浩介……お前、苦労しているんだな……」
「兄貴もな……」
その交わした言葉はそこで終わった。
秋虫の鳴き声に混じって嬌声が響き、風もないのに草がざわめく。
二組のメスとオスはそれぞれの愛の行為に、交尾に戻っていった。





つがいを求めて虫は鳴き、恋に落ち、愛を求め、愛を交わし、子を成し、命は受け継がれていく。
規模こそ違えど、人と魔物も同じ……つがいを求めて鳴き、恋に落ち、愛を求め、愛を交わし、子を成し、命は受け継がれていく……
秋の夜の草原……虫たちと人と魔物の愛の声は止まなかった。
12/10/04 19:07更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
すっかり秋らしくなりましたね。
皆さん、如何お過ごしでしょうか?
虫はまだ鳴いていますかね〜?
そろそろ勢いが衰えてくるころかもしれません(;_;)
という訳で、虫系魔物娘の大百足の木下晶子さんと彼氏の吉田浩介の、秋虫の鳴き声にかこつけた交尾SSでしたぁ、もげやがれ
別にマンティスの梅軒みどりさんSSでも良かったのですが、ここは作品数が少n……こほん、拙著の現代SSでもまだ作品数の少ない大百足さんを選択させていただきました。
これで彼女が出た作品も二品目です。
そしてSSですが……うーん、らしくもなく、ちょっとカッコつけた文章になっちゃったかなぁ……
楽しんで頂けたのでしたら、幸いです。

これからも頑張って投稿していきますので、どうぞよろしくお願いします。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33