『こん!! コン?? 混っ!!!!』


ここはジパングに程近いとある親魔物領の町『キスフモー』。
そこにはかなり変な凄腕の大工棟梁がいる。

そんな彼の物語・・・


カンカン・・・ギーコギーコ・・・・シュルルル〜シュルル〜・・・

「よぉし!! 今日の作業はここまでだ!! しっかり大工道具片付けて帰れよ!! 野郎ども!!」

『『『うぃぃ〜〜っす!!!!!!』』』

(ふぅ!! 今日も無事仕事が終わったぜ!! さてと、今日は帰る前にビールを買わなきゃな!!後は・・・おっそうだ!! 新刊の『月刊キツネっ娘』がでてたはず!! 要チェックだな!!)

この取り止めのない思考をしている青年。名を「タツ」といい、一応この『キースフモ』の大工衆棟梁である。数ある職種の中で特に『創作技術』に優れていたためである。
そして重度のキツネスキーでもある。

「この間依頼で建て直しした『ジパングの教会』・・・『神社』か?・・・あれは我ながら自信作だった!! ・・・はぁ〜どっかに稲荷とか妖狐とか・・・・行き倒れていないかな〜」

キツネの為なら恐ろしいことも口に出てしまう。・・・ゆえに『重度の』である。
・・・周りの方々がヒソヒソとタツを指差しながら何か言っているのは気のせいである・・・

と、タツが帰宅路を鼻歌交じりで歩いていると・・・


「・・・ア☆ブ☆ラ☆ア☆ゲ〜!! わたしを〜みたs・・・おや? 誰か倒れている? 」
「あ・・・うぅぅ・・・お腹・・・すい・・・」
「大丈夫でs・・・!!!!!!!」
(この輝くような黄金色、ふわふわしてる2本の尻尾、ピンと立った耳、出るとこでて引っ込んだ体系、気の強そうな目・・・そして露出が激しい服!!たしかこれは・・・『ちゃいなふく』なるものと本に載っていたな・・・と言うことは・・・『妖狐』か!!)
「・・・かみさm、いや魔王様ありがとう!!」
「・・・ぅぁ・・・」

・・・・バタリ

「うぁぁぁぁぁ!!!??? ちょっ!! 大丈夫!?!・・・と、とりあえず診療jy」
「うぅ・・・貴方の・・・精が・・・食べたい・・・」
「よwwしwwまwwかwwせwwろww!!」

(即持ち帰りよゆーでした!!)
お姫様抱っこしているタツ・・・




そして家についた玄関先で・・・



「はむぅ・・・んっ・・・チュパッ・・・ジュル・・・ぅん・・・」
「ぅん・・・レロチュパ・・・ふぅん・・・んん・・・チュパ・・・」

おっぱじめた2人ww
キスで互いをたっぷりと十分かけて弄り合う・・・

「・・・ぷはぁ・・・ねぇ・・・もう・・・アタシ・・・!!」
「あぁ・・・オレも・・・・もう・・・!!」
互いにさっしたのか、タツがズボンをおろし始めた・・・

ガチャガチャ・・・ブルンッ!!

待ってましたと言わんばかりに天を貫く「タツの分身」・・・

「うふふ♪ 反り具合があたし好み♪・・・いただきまぁ〜〜す・・・あむっ♪」
「おぉぉっ!!・・・なんて気持ちィィ・・・」
妖狐(?)の彼女は一気に分身をくわえ込み一気に根元まで飲み込んだ。

「ぅむ・・・ん・・・ぷはぁ・・・レロレロ・・・」
「くぁっ!! 裏スジ・・・がっ!!」
そして徐に口から出し、裏スジから竿にかけて舌先で遊ぶようにチロチロさせて愛撫。

「はむっ・・・ジュル・・・ッチュッパッ・・・ニチュッ・・・」
「はぅぅ!! なんて暖かい!!」
再びモノを口に銜え込みディープスロートが開始される。あまりの気持ちよさに、たつは涎を流しながらされるがままだ。

「・・・んぷ・・・ジュルルルル・・・」
「うほっ・・・バキュームが強烈っ!! ・・・で、でる!! 出ちまう!!」
「ろぅろ!!・・・だふてくらはい・・・ジュルルルルル」(どうぞ!!・・・出してください・・・)
強烈なディープスロートとバキュームフェラのコンボで陥落寸前のモノ!!
そして・・・

「くぁっ!!」

ビュクっ!!ビュクビュクッ!!

「んふぅ♪・・・んっ・・・んっ・・・ゴクッ・・・ん〜♪」

彼女の口の中で爆ぜた。そして口の中で受け止めた彼女はそのまま嬉々として唾下していく・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「いや〜助かったよ!! ありがとうね!! 」
「いえ、気持ちよかったんで・・・」
「むふふ〜♪ 正直者はすきだよ? 」
「・・・///」
玄関先からいどうして今たつ達はリビングにて茶を飲みピロートーク的なことをしていた。ニコニコしながら喋る彼女からは魔性の魅力が自重することなく流れっぱなしで、タツもその魔力に当てられていた。

「・・・あ!! そういえば名乗ってなかったね。順序逆になっちゃったけど・・・あたしは『来夏』。見ての通りの『妖狐』さ♪」
「あ・・・オレはタツっていいます。この街の大工の棟梁してます・・・」
「え?! こんな若いのに!? へぇ〜すごいね!!」
「いえ、タマタマですよ・・・」
「(謙遜するとこがまた私好み♪)・・・ねぇ彼女とかいるの?」

来夏はテーブルに胸を押し付けてグニュッと潰しながらタツに意識して2本の尻尾をフリフリフリながら上目遣いで聞いてきた。

「ぁぅ・・・い、いない・・・です・・・///」
「そぅ♪・・・・ねぇ・・・もっとイイコト・・・し・な・い ?」

今度はさらに耳をちょっとだけクニッと曲げて首を傾げながら聞いてきた。
タツの理性は崩れかけている・・・・

「・・・・はぃ・・・//」
「ふふっ♪・・・じゃぁ早速・・・「コン・・コン・・コン・・・」っ?」
「ん? 誰だ?」

上体をテーブルの上で伸ばしタツとキスをしようとした瞬間、玄関で戸を叩く音が・・・
空かさず来訪者を確認するために玄関に向うタツ。
・・・後ろで残念そうにしている来夏が見えるのは気のせいである・・・

『カチャッ』

「はい? どなたですk・・・!!!!」

扉を開けた瞬間・・・タツは歓喜のあまり時が止まった。なぜなら・・・



「あっ始めまして♪ 私、この前建て直してもらった神社の『稲荷』の『秋菜』です。この節はどうもありがとうございました♪」



もう1人、『和服』を着た『2尾のキツネ』がいたんだから・・・



「・・・」
「物凄く手の込んだ建て直しで、とても感動しまして・・・」
緩やかに尻尾をふる秋菜・・・

「・・・」
「あと作業中の貴方に・・・その・・・一目惚れしてしまいまして・・・//」
と、両手を頬に当て、胸をグニュッと変形させ、耳を垂らせて体をくねくねさせる秋菜・・・

「・・・」
「それで・・・もしその・・・あの・・・タツ様さえ・・・よければ・・ぁぅぁぅ・・・」
もじもじと指を突き合わせ2本の尻尾を勢い良く左右にふる秋菜・・・

「・・・はっ!!?」
「その・・・ですね・・・いっ・・・一緒にくらs」
「ねぇ〜何やってんのよぉ〜はやく続きをやりm」

『『・・・・・・・・・・・・・』』
「あ・・・あぁ〜え〜・・・」

意識が戻ってきたタツに告白する寸前で、待ちきれなくなった来夏が出てきて秋菜と運悪く鉢合わせした・・・
なんだか空気が重いのは・・・気のせい?

「あ〜ら? 『あたしの』タツに何か用かしら? 内気なお嬢さん? ##」
ポンッ、とタツの両肩に手を置く来夏。

「なにを勝手に話してるんです? 『私の』タツさんに気安くふれないでくれません? 売春婦さん? ##」
タツを引き寄せるようにして抱きつく秋菜。

『『・・・・・・・#####』』

(ブルッ?! ・・・なんだ?! 急に気温が?!)
タツの家の周囲にのみ雪が降りそうなほど気温がさがった・・・

「ちょっと!! 何抱きついてんのよ!!」
ムニュッ!!

「貴女こそ離れなさいよ!!」
ギュムッ!!

ギュム!! フニフニフニフニ!!! ギュムギュム!!


「(あぁ〜これが桃源郷か!!・・・じゃねぇ!?)・・ちょ、ちょっと!! 喧嘩はやめてくれ!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「どうしてこうなった・・・」
「はむぅ・・・・チュパッ・・・チュクッ・・・っぱぁ・・・タツ♪・・・ンクッ」
「あむぅ・・・・チュッ・・・ジュルッ・・・っはぁ・・・タツ様ぁ♪・・・・ジュクッ・・・」

今タツ達は・・・『4つのオッパイ』で『棒倒し』を敢行しています・・・
何故? それは・・・

数分前・・・

「ええぃ# もうこのままじゃラチがあかないわ!!」
「正論ですね # 速くあきらめてください!!」
「・・・嬢ちゃん!! タツに決めてもらうのはどう!?」
「・・・いいですね!! 売春婦!! そうしますか!? 」
相変わらずタツを挟んで押し競饅頭状態だったが、この状況を打開すべく来夏が発言したせいでタツに飛び火した。

「え?」

「と言う訳で・・・」
「タツ様・・・」

『『どちらがいいんですか!!!???』』

「どっちも好きだから選べない!!」(キリッ

『『・・・・・・は?』』

ポカーンと口をあけて呆けてる来夏と秋菜。そして・・・

「・・・・っぷ、あははははっ!!」
「・・・・っふ、ふふふふふっ!!」

『なんか・・・毒気抜かれちゃった・・・♪』

「えっと・・・・じゃあ・・・?」

「あははっ。キツネ2人相手にするってのは至難の業だよ?」
「ふふふっ。それでも『私たち』を・・・」

『『愛してくれますか?』』

彼女たちに問われたがタツの答えは決まっている・・・

『もちろんさ!!』

・・・・・・・・
・・・・・
・・・

・・・で今の状況になるわけです。

「あむっ・・・チュパッ・・・!!・・・ねぇ秋菜? 」
「ジュルッ・・・・っぱぁ・・・何? 来夏?」
「あのね・・・・ヒソヒソヒソ・・・」
「・・・それいいわね♪」

なにやらフェラを中断して話し合う来夏と秋菜。
その間生殺しなわけで・・・

「うぁっ・・・セツネェ・・・」
「大丈夫♪ 今もっとイイコトしてあげるから♪」
「ソレまで私がお相手いたします♪・・・・はむっ」
「おぉぉぅ!!・・・・イイ・・・」
と、来夏が立ち上がり台所へ行ったと同時に秋菜がパイズリフェラを継続する。

「んふっ・・・チュッ・・・チュルル・・・ッパ・・・・んふ・・・」
「あぁ!! そんな!! 突く様に攻められたらっ! 乳首擦り付けられたら・・・っ!!」
「はいスト〜ップ♪」
と、発射寸前でお預けされたタツ・・・
戻ってきた来夏が握っていたもの・・・それは・・・

「じゃ〜ん♪ 本醸造『キツネ殺し』発見してきた〜♪」
「あっ!? それとっておき・・・」
「まぁ!! ちょうど良いじゃないですか!!」
「へっ? 何g・・・・っ!!」


きゅぽん!!・・・・とくとくとく・・・・


来夏は徐に開けた酒を・・・・

『寄せ上げたオッパイ』に注ぎ始めた!!

「んふふ〜♪ 今日は秋菜と『棒姉妹』になった記念と、タツと結ばれることを祝して・・・」
また秋菜も同じように・・・


とくとくとく・・・


『寄せ上げたオッパイ』に注ぎ始めた!!

「私たちの縁が重なったことに感謝して・・・」


『『乾杯♪・・・さぁ、私たちを飲み干してぇ♪』』


・・・・・・・・諸兄らに聞きたい。全裸で4本の尻尾をユラユラゆらしながらオッパイ酒×2を前にして理性が崩れないヤツはいるか? オッキしないやつはいるか?・・・いやいまい!!!!!!!

タツは真っ先に来夏の双房に飛びついた!!

「あん♪・・・そんなにガッつかなくても大丈夫よ♪・・・っあぁぁん!!」
「ジュルッ・・・ジュルル・・・・・・・チュパッ・・・ハムハム・・・」
タツは直ぐに飲み干し、寄せ上げた胸を押さえる腕から覗き込んでいる『さくらんぼ』をしゃぶり、甘噛みし堪能していた。

「はっ・・・あぁん♪・・・いやっ・・・・乳首カン・・ジ・・ちゃうぅ♪・・・・」
来夏は余りにも気持ちよすぎて、すでにアヘ顔になりかけている。
と、そこへ・・・

「タツ様ぁ〜♪ 私のサクランボも食べてくださいな♪」
後ろから甘ぁい声で催促してくる秋菜。

「勿論だ!! 紳士なので期待にこたえねばっ!!・・・ズズズッ」
「はぁん♪ 人肌に温まったお酒の味・・・いかがですかぁ〜♪」
「最高だ!!・・・・チュパッ・・・・ハミッ・・・レロレロレロ・・・・」
「はぁぁん♪ やだっ・・・乳首きもひぃぃ・・・はぁん♪」
と、コチラも直ぐに飲み干し『さくらんぼ』を歯で咥えて舌を素早くチロチロし堪能していた。
やはり秋菜もアヘアヘしているが・・・

「それじゃ・・・お次は・・・」

とくとくとく・・・

「っはあん♪・・・ちょっとシミるぅ♪・・・・・」
と来夏が再び酒を注ぐ音がしてタツが振り返るとそこには・・・

「『わかめ酒』・・・・召し上がれ♪」
「うぉぉぉっ!! 」
ジュルルルルルルル!!!!!

獣のような咆哮をあげながらしゃぶりつくタツ。

「ぁん♪・・・ここの・・・お酒・・ヒャン・・・おいしい『蜜』が・・・アクゥ・・・溢れてくりゅ・・・かりゃ・・・クヒィ!!・・・・残しゃず・・・飲んで・・・ね♪」
と、酒が終わったはずなのに未だに水がある秘所を『くぱぁ』と指先で左右に広げながら言う来夏。

「それでは・・・タツ様♪ 仰向けになってくださいな♪」
と秋菜が催促するとすぐさま仰向けになり、それでも来夏の『蜜』を啜り続けるタツ。

「よっと♪・・・それでは・・・っっ・・・っあぁぁっ!!」
「っん!!・・・・」
「あはぁぁん♪ 舌が・・・はいってりゅ〜♪」
秋菜はタツの痛いほどにそそり立った分身を跨ぎ、自分の中へ導く為に手を宛がい・・・一気に刺した!!
それに驚いたタツは反射的に舌を出してしまい、来夏のクリを経由して来夏の中に入ってしまった!!

「っはぁ・・・ハァハァ・・・ンクッ!!」
そしてつなぎ目からは・・・血が・・・

「っ!! ・・・ぷはぁ!! 無理するな秋菜!! 」
「へい・・・き・・・です・・・うご・・い・・・てくだ・・・さい・・・」
「・・・ふぅ。できの悪い妹みたいさね・・・秋菜。」
「なん・・・で・・「チュッ」っんむ!?」
「チュパッ・・・・ンク・・・ンンッ・・・」
タツは来夏の下から秋菜を心配するが、意固地になった秋菜は頑なに動こうとしている。それを見た来夏は溜息一つして秋菜とディープキスを始めた。

「ぁむ・・・チュル・・・ッパァ・・・ンクッ・・・」
「ぁむ・・・ンクッ・・・ッハァ・・・・キュッ!!」
「んむぅ!!??」
お互いの舌を貪りながら来夏は不意に秋菜の乳首を摘んだ。そして口付け中だった為秋菜の驚きの声は来夏に食べられた・・・

「おぉぉ・・・・オレも負けてらん無いな!!・・・ジュルッ」
「んぅぅ!! 」
「ジュル・・・ズズズズズ・・・・」
「んっ〜!! んーーーー!!」
グチュ・・・グチュ・・・
「ん・・・ぷはぁ・・・うごい・・・てくださ・・・い・・・ませ・・・♪」
タツはその様子を見て来夏のクリ周辺を啜り始めた。余りの快楽に来夏が声を上げるが「おかえしです♪」と言わんばかりに口を密着させて声を来夏の声を食った。
それと同時にタツが動き始めたのを察知した秋菜が来夏との口付けを中断し、タツへ懇願する。

ズチュッズチュッズチュッ・・・

「あっ・・はぁっ・・・は「あむっ」ん・・・んくっ・・・んん♪」
「チュルル・・・チロチロ」
「ん♪」
スピードを徐々に上げて慣らして行くタツ。感じ始めた秋菜の口へ自分の口を吸い寄せる来夏。タツにクリをチロチロされ悦の表情の来夏・・・

パァンパァンパァン・・・

「んっ!! んっ!! んっ!! ・・・っあ・・・きもちぃ・・・れすぅ・・・あっ!!あっ!!」
「んっ!! んんっ!!・・・っぷぁ・・・あぁもっと・・・もっとクリをいじめてぇ〜♪」
「はむっ・・・ジュルルルル・・・ハミッ・・・・ハミハミハミ」
スピードがどんどん上がっていき、絶頂が近くなる秋菜。クリをもっと弄ってもらいたい来夏。タツはクリを口に含み、啜り・・・甘噛む!!

そして・・・

「っぱぁ!! で、でるぞ!!」
「っあ!! な、中に!!」
「タツ! いっぱい・・・だして・・・やんな!!」

そしてタツは絶頂寸前のところで・・・・

視界に入ってきた尻尾を2本・・・思い切り・・・ギュッと握った!!

『『『っあ・・あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!』』』

ビュクッ!!ビュクッビュクッ・・・

その刹那、3人同時に上り詰めた・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ふふふっ♪こんなことするのは・・・初めてだよ♪」
「うふふっ♪ えぇ、私も♪」
「あぅ・・・なんかお願いしといて・・・恥ずかしいな///」
「だって・・・♪」
「ねぇ・・・♪」

『『尻尾でチンコ扱いてなんて・・・ね♪』』

サワサワ・・・スルルル

と、軽い摩擦音がした後分身には4本の尻尾が絡まりあって上下運動を開始していた・・・

「ん・・・これはこれで・・・♪」
「中々・・・ん・・・イイかもしれません♪」
「おぉ・・ぉぁ・・・ぁぃぃ・・」

シコシコシコ・・・サワサワ・・・

これは以外にも速くタツの限界がきてしまい・・・
「ぁぁ・・・ぁ・・・でる!!」

ビュクン!! ビュクッビュクッ・・・!!

「あん♪」
「きゃっ♪」

・・・2人のキツネを白く染めた・・・

そのまま来夏と向き合い、タツと来夏は対面座位で。秋菜は右でタツの腕を抱きかかえるようにオッパイで挟んでだいている。

「やっとアタシの番かい♪・・・もう準備はできてるよ♪」

くぱぁ

と、右手の人差指と中指でタツに見せ付けるように広げながら腰をおろしてゆく来夏。
そして・・・

ヌプッ・・・ずぷずぷぷ・・・

「はぁん♪ これ♪ これをまってたのぉ〜♪」
涎をたらしながら満足げに腰を下ろして行く来夏。するとちょっと抵抗が・・・?

「来夏・・・まさか・・・お前も??」
「んふふ♪・・はじめて・・・は・・・・初恋の人にッ・・・てね♪」
「・・・幸せモノだな・・・オレは♪」
心配して声をかけたら意外な返事がきてニコッとする来夏にニコッと返すタツ。

「じゃあ・・・一気にいくぞ・・・」
「うん・・・きてぇ♪」
「・・・もぅ、人のこと言えないじゃない、来夏。」
「ふぇ? 「ちゅっ」んむむ!!」
「・・・!!・・・よしいくぞ♪」

ズン!!

「んっ!?んーーーーーーー!!!」
覚悟を決めたがまだ不安そうな来夏に不意打ちのキスをする秋菜。それを察したタツが一気に貫く!!

「ンッ・・・ぷはぁ・・・ちょっと・・・だけ・・待って・・て・・」
「ンクッ・・・パァッ・・・ふふ2人とも・・・『タツの女』になっちゃったね♪」
「・・・うん♪」

そして少し時間が経ち・・・

「・・・うん、もう大丈夫。」
「じゃあ・・・いくぞ?」
「うん・・・きて♪」

ズム・・・ズム・・・

「んっ!! はぁっ♪」
「うふふ♪ あんなに気持ちよさそうにしt・・・ひゃうん♪」
「見ているだけじゃ・・・つまんないだろう? 」

クリクリ・・・シュッシュッ

ゆっくりと出し入れされる来夏にはもう痛みは無く、快楽で満たされているようで・・・もう涎が垂れ流しの状態であった。
それをみて微笑んでいた秋菜の秘部を右手で弄り始めたタツ。

ズプッズプッズプッ!!

「はぁん♪ あっ♪ あん♪」

シュシュシュシュ・・・クリッ

「きゃうっ♪そんなに・・・クリこすっちゃ・・・らめぇ〜ぇ♪」

ズプッ・・・ズプッズプッスプッ!!

「あっあっ♪ ソコ♪イイぃ!!・・はっ♪」

クリクリ・・・シュシュッ!!

「きゅぅん♪・・・ちゅあ♪・・・」

パァンパァンパァン!!

「はぁ♪ あっ♪ いきゅっ♪ いきゅのーー♪」

クリクリクリクリ・・・!!

「きゃわっ♪ わ、わたひも・・・いっちゃいましゅーー♪」

そして再び・・・

「くっ、も・・・もう・・・」
「にゃか・・・にゃかにぃーー♪ にゃかにきちぇぇぇ♪」
「イキュゥ♪ いっちゃうニョぉぉ♪」

「くっ!! みんな・・・でいっ・・・しょに!!」
タツは今まで弄っていた秋菜のクリをギューッとつまんだ!!

その瞬間!!

ビュクン!!ビュクビュクン!!・・・

「あっぁぁぁぁ!!・・・・・ふぁぁぁ♪ なかに〜にゃかにきちぇるのぉ♪」
・・・パタッ!

「くふぅぅぅぅぅん♪」
プシャーッ!!
・・・クテッ・・・

来夏は力なくタツに倒れこみ、秋菜も盛大に潮を吹いてイった後にタツに倒れこんだ。

「はぁはぁ・・・最高だったよ・・・2人とも・・・」
「はぁはぁ・・・凄いわね・・・タツって・・・」
「はぁはぁ・・・ええ・・・稲荷と妖狐をイかせても・・・まだ元気だなんて・・・」
「ははっ・・・なんだろうな・・・力があふれてくる・・・んだよな・・・」
「・・・あははっ・・・もう・・もしかしたら・・・インキュバスに・・・なっちゃった・・・かもね・・・♪」
「・・・うふふっ・・・それはそれで・・・嬉しいですけどね・・・♪」
「ははは・・・」
苦笑いしているタツに不意にニコッと笑って・・・

「・・・これからも♪」
「・・・よろしくおねがいしますね♪」

『『旦那様♪』』

「・・・それは反則だろう♪」

その日は笑いが絶えなかった・・・・

・・・・・・・
・・・・・
・・・

ジパングに程近いとある新魔領の街『キスフモー』。
そこでは『7尾の稲荷』と『8尾の妖狐』を妻にもつ凄腕の大工棟梁がいる。
もし家を建てるというのならそこに相談しに行くといい。

仲睦まじい夫婦がアナタの相談に乗ってくれることだろう・・・

Fin

8500字・・・・ナンテコッタイ/(^o^)\

書きたいこと詰めまくった結果がこれだよwww

いかがでしたか? 感想お待ちしてます!! では(・∀・)ノシ

11/04/24 00:08 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33