読切小説
[TOP]
Lizard-man’s Heart
「どうなんよ?」
「何がだ?」
とある一軒家にて、男とリザードマンの夫婦がリビングで話していた。
「リザードマンって心臓が右にあるのか? 旧世代のリザードマンや異世界のリザードマンはそうらしいって噂を聞いたんだけど……」
「バカバカしい、旧世代や異世界がそうだからって、私たちがそうとは限らないだろう。どこで聞いたんだ、そんな噂」
夫のゲイリーの言葉を、シーラは鼻で笑った。
だが、ゲイリーは納得しないようで腕を組んで首をかしげる。
「けど……お前は右手に盾を持って、左手に片手剣を持つよな……」
「それはただ単に私が左利きなだけだ!」
「単に……なのか?」
ゲイリーが首を逆方向にかしげる。
リザードマンや亜種のサラマンダーの利き腕の統計などない。
だからシーラが左利きなのは偶然なのか、種族の傾向なのかは分からない。
「だけど……図鑑の挿絵を見ると、リザードマンは剣を両手持ちしているけど……サラマンダーは左手で持っているよな……」
「ああ、そう言えばそうだな……」
夫と同じように腕を組んでシーラが頷く。
どうやら、始めこそ鼻で笑っていたが、ちょっとは考えてもいい気分になったようだ。
二人はしばらく腕を組んで首をひねる。
その仕草は鏡合わせのように一緒だ。
同じ自警団に勤めていて知り合い、決闘をして結婚してからもう少しで1年半……まだ二人に子どもはいないが、それだけ長く過ごしていると癖が似てくるものらしい。
しばらく部屋には二人の考え込む唸り声が支配していたが、ゲイリーが何かを思いついたらしく、パチンと指を鳴らして打ち切った。
「そうだ、試してみればいいじゃないか!」
「バカ! 私の胸を切り裂いて見るつもりか!?」
「はぁ? どうしてそんな直接的な方法に走ろうとするんだよ」
大声で反対したシーラにゲイリーはため息をつく。
「心臓の音がシーラの左から聞こえれば左にある、右から聞こえれば右にある……それで分かるだろ?」
「あ、ああ……そう言えばそうだな」
なんでそんなつまらないことに気付かなかったんだと内心自分に苛立ちながらも、シーラは頷いた。
ゲイリーがシーラに近寄る。
だが顔がなぜかとてもニヤけている。
「と言うわけで、聞かせてもらうぞ〜」
手をワキワキさせるゲイリーにシーラはハッとした。
簡単に賛同した彼女だったが、心臓の音を聞くには上半身の服を脱がなければならないことに今さらながら気付いたのだ。
胸元を押さえながらシーラは後ずさる。
ちなみにその胸を押さえている手は利き腕の左手だ。
「なぁに、夫婦の仲だろう? シーラはもう何度も俺に生乳を見せてくれたじゃないか」
「そ、そう言う問題では……!」
「そうら、失礼しま〜っすと」
ゲイリーの手がシーラのシャツにかかる。
シーラももともと本気で抵抗する気もなかったので、あっという間に脱がせた。
ぷるんと水蜜桃を思わせる胸が露になる。
凛々しい雰囲気の彼女とは裏腹の可愛らしいピンク色のブラによってその胸は寄せられ、深い谷間が双丘の間に刻まれていた。
「あっ……」
自分の物なのに、夫の言うとおり何度も彼に見せているのに、シーラは思わずその淫靡な様子に頬を軽く朱に染めた。
そんな妻に軽く笑いながら、ゲイリーはさらに手を伸ばしてブラを取り去る。
フロントホックタイプだったため、簡単に取り外せた。
ブラによる圧迫が解除され、乳房が綺麗な形を保ちつつも左右にぽよんと広がり、さらにボリュームがあることをアピールする。
女性的で魅力的な彼女の胸だが、戦うときは少々邪魔になってしまう。
だから普段はブラで揺れないように押さえ付けているのだ。
「う、ううう……」
今度は両手でシーラは胸元を覆う。
この胸は自慢で夫も気に入ってくれるが、やはり恥ずかしかったりもする。
「ダメだろシーラ。胸をそんな風に覆われちゃ心臓の音が聞こえないじゃないか」
「う、くぅう……人の恥ずかしさも知らずに……!」
シーラは夫を睨みつけるが顔は恥ずかしさで赤い上に目は潤んでいたので、迫力がない。
そして彼女は夫の言葉のままに、胸からそっと手をどけていた。
ゲイリーがにんまりと笑う。
「では、失礼しま〜す」
今まで谷間に隠されていた胸の中央に耳を押し当てる。
だがそのままでは押し当てにくいので、左右の乳房にそれぞれ手を添えて軽く外におし広げる。
「んっ、あっ! ちょ、誰がおっぱいに触って良いと言った!?」
「ん〜? でもこうしないと聞こえないし〜」
妻の叫び声をどこ吹く風とばかりに聞き流しながら、ゲイリーは妻の胸からの音に耳をすませた。
「ど、どうだ? 分かったか?」
「シッ、しゃべるなっ! 聞こえない……」
「……」
ゲイリーにたしなめられ、シーラは口を噤んだ。
部屋を緊張した沈黙が支配し、二人の息の音だけが響く。
その息なのだが……シーラの息がやけに熱っぽくなっていた。
その理由は、ゲイリーの息だった。
彼は普通に呼吸しているのだが、その息は全てシーラの乳房に吐きかけられている。
その呼吸が二人の意図しないところで、シーラの気持ちをおかしな物にしていた。
『うぅ……ゲイリーの吐息が、温かい……』
シーラの目がとろけていく。
だがゲイリーはそれに気づかず、シーラの心臓の音に神経を集中させていた。
シーラの閉じられていた口がだんだんゆるく開いていき、はぁはぁと荒い吐息が漏れている
時々ゲイリーが聴く位置を変えるために耳を一度離してまた押し当てたり、胸をまたぐいっと左右におし広げたりする動きがさらにシーラの起こりはじめた情欲を掻き立てた。
「ん? なんか鼓動が早くなった気がするんだけど……」
シーラの表情や息遣いには気づいていないようだが、心臓の音でゲイリーは彼女の変化を察したようだ。
彼女の胸に耳を押し当てたまま怪訝そうに眉を寄せる。
「バ、バカっ、気のせいだ! それより、ま……まだ分からないのか?」
「うーん、音は聞き取れるんだけど……右からか左からか分からない……」
ようやくゲイリーはシーラの胸から頭と手を離した。
そして残念そうに首を振る。
結局のところ、リザードマンの心臓が右にあるか左にあるかは分からずじまいとなった。
納得できないのはシーラだ。
「ゲ、ゲイリー貴様! 私にこんな恥ずかしい思いをさせてこんな格好にさせて、そして身体をこんなにして……」
「い、いやだって分からなかったものは分からな……ん?」
シーラの言葉に反論しようとしたゲイリーだったが、その言葉が止まった。
彼女の言葉に引っかかるものがあったのだ。
加えて、さっき急に速くなった鼓動、自分を睨みつけているけど迫力がない少し潤んだ目……これらの事実が素早く夫であるゲイリーの中でつながっていく。
そして、答えを出したゲイリーの口がニヤリと笑みを作った。
「もしかしてシーラ……さっきのだけでムラムラしちゃったの?」
「バ、ばばば、バカッ! そんな訳があるはずが……!」
真っ赤になって否定するシーラだが、その動揺ぶりがゲイリーの推測が的中していることを雄弁に語っていた。
ゲイリーのニヤニヤ笑いがさらに広がる。
「なんだ、それならそうと素直に言ってくれればいいのにさ」
「う、うるさいっ! 気持ちよくなってなんか……んっ!」
シーラの言葉は、ゲイリーの口によって塞がれた。
彼女が驚いている間に、夫の手が胸を這う。
先程は胸をおし広げるために添えられていただけだったが、今度ははっきりとシーラを感じさせようという意思を持って触れてくる。
たちまちのうちにシーラの身体から力が抜け、ゲイリーに鼓動を聞かせていた時から湿っていた性器がいよいよ本格的に濡れてきた。
「んっ、んんっ!」
乳首を弾かれてシーラが嬌声を上げる。
それを見てゲイリーはくちびるを離して満足そうに笑った。
「気持ちよくなってなんかないって言っていたけど……もう気持ちいいでしょう?」
「うぅ……」
ゲイリーの言葉にシーラはくちびるを噛む。
夫に気持ちよくしてもらって嬉しいというのはあるが、それと同時に夫に良いようにされたと言う悔しさのようなものも沸き起こっていた。
次の瞬間、シーラはゲイリーを押し倒していた。
「おおっ!?」
「まったく、お前という奴は……よくもこう私を好き勝手にしてくれたな。ふふふ、ただで済むと思うなよ……」
今度はシーラがにやりと笑う。
そしてゲイリーのズボンを下着ごと下ろした。
なんだかんだ言って、シーラとキスをしている間には、あるいはそれより前からゲイリーも興奮していたのだろう。
通常の状態よりいく回りも大きくなって怒張している男性器が現れた。
「さて、どうしてくれようか……ふふ、先程は散々に胸で私をいじり倒してくれたな」
そう言いながらシーラは身体をゲイリーの足元に持っていき、そこでうずくまる。
両手を使ってきゅっと胸を寄せると、ペニスの先端がその柔らかい谷間の入口に消えた。
「ならば、この胸でお前をよがらせることにしよう……ふふふ」
一度圧迫を緩め、シーラはさらに身をかがめる。
次に胸を寄せたときには、ゲイリーの陰茎は全てシーラの大きな胸で挟み込まれていた。
今は身体を押さえつけられている訳ではないので、その気になればゲイリーはシーラを跳ねのけて攻めに回ることができる。
だがそんなことをしようとする気が失せてしまうほど、シーラの胸は心地よかった。
彼女の胸は柔らかく、それでいながら弾力に満ちている。
男性器を優しく包みこみながら押し返してくるのだ。
その感触をわざわざ突っぱねることが出来るほどゲイリーは意地っ張りでも強靭な精神の持ち主でも何でもなく、快感に弱い男だった。
「あああ……」
「ふふふ、気持ちいいだろう? さっきからずっとお前がベタベタ触っていた、おっぱいだぞ?」
感嘆のような声を漏らすゲイリーに、胸でぎゅうぎゅうと圧迫しながらシーラは笑いかける。
胸に挟まれている男の象徴の硬さと大きさがさらに増したのを感じた。
まさしく棒とか刀などに比喩できるほどだ。
完全に勃起して扱きやすくなったところで、シーラはゆっくりと上下に乳房をゆすり始めた。
膣のような熱さやぬめりはないし、手のように器用ではないが、じんわりと温かくて柔らかいものに包まれて扱かれるその感触……何より女の象徴と言われるものの一つで男の象徴を愛撫されるのは視覚的にも状況的にもかなり興奮を伴う。
「し、シーラ……くっ」
「おや? もう我慢できなくなってきたか? ぬるぬるとしたのが、アソコの先から出ているぞ? 我慢汁か?」
胸の谷間が自分の汗などとは違うものに濡れたのを感じてシーラの笑みがさらに勝ち誇ったかのように広がる。
そしてシーラもまた、興奮していた。
自分の胸でペニスを扱くのは、夫からの愛撫と比べるとやはり物足りない。
だが胸での愛撫による視覚や状況の刺激は男だけではなく、女もまた興奮させる。
シーラのふりふりと機嫌良さそうに揺れる尾のすぐ下の膣からは、ゲイリーの先走り液以上に粘液がぬるぬると分泌され、床にぽたりと滴り落ちていた。
「と言うことは、そろそろイキそうなんだな? いいぞ、遠慮なく私の胸に精を吐き出すといい」
シーラの胸による攻めがラストスパートに入る。
改めて胸でペニスを挟み込むと、上半身ごと上下に動いて肉棒を刺激した。
「うっ!? あ、うあっ! シーラ、それ……激しすぎ……っ! 出てしまう……!」
「ああ、言っただろう? 遠慮なく射精するといい」
ゲイリーが手加減するように頼むも容赦なく、シーラは胸でゲイリーのペニスを扱き立てる。
あっという間に彼に限界が来た。
胸の谷間に挟まれた肉棒がどくんと脈打ち、その動きに乗って外界を目指した精液が尿道を駆け上がっていく。
そのまま精液はびゅるびゅると勢い良く男の身体から飛び出し、女の胸をどろどろに汚していった。
「あっ、あああっ!」
「ふふふ、イッてるな……熱い精液がぬるぬるに出て……んんっ」
絶頂に達して無防備な姿を晒しているゲイリーをシーラは見る。
その顔は勝気そうなものに恍惚とした表情が混じっていた。
魔物は精を膣内や口内で受けるのを一番好むが、身体にかけられるのも嫌いではない。
身体にかけられた精液を自分の肌にすりこみ、匂いをかぎ、身体中で感じることでさらに興奮するのだ。
シーラもまた、胸に出された夫の精の匂いでさらに高まり、より淫らになる。
「お前の肉刀も私の胸もぬるぬるだな……扱きやすくなって良いことだ」
再びシーラは胸を揺すり始め、ゲイリーのペニスをしごき始めた。
彼女の言うとおり、ゲイリーの出されたばかりの精液が潤滑油がわりになり、先程とは異なる快感を生み出している。
何より、シーラの乳房とゲイリーの肉棒が擦れるたびに精液がニチャニチャと音を立てるのが卑猥だ。
「や、やめろシーラっ! 俺はイッたばかりで……くぅっ!」
「ちょっと敏感すぎるかもな。なぁに、すぐに慣れるさ」
ゲイリーの悲鳴を無視し、シーラは胸での攻めを続ける。
もはや押し倒される前までの、飄々としたゲイリーはそこにはいなかった。
今は完全にシーラが優位に立っており、一方的にゲイリーを攻め立てている。
「ひっ、あうっ……!」
敏感すぎるところを刺激され、それから逃げるためか、あるいは逆に男の本能に突き動かされたか、ゲイリーの腰が跳ね上がる。
剛直が胸の谷間から抜け出ないようにシーラは挟み直し、今度は左右の乳房を交互に上下させるように動かしてきた。
まるでペニスを胸肉でかき回されている感触……亀頭も右の乳房から左の乳房からと交互に撫でられている。
亀頭を撫でていない時、乳房は竿の部分をぎゅっと圧迫して刺激を加えていた。
肉棒の竿がむにゅりと柔らかい乳肉に埋まり、だが程よい感触で押し返される。
射精して間もない状態のところにあらゆる刺激を与えられて、ゲイリーの性器は萎えることを許されないまま、再び限界が近づいてきた。
「うあっ、ああああああ!」
がくんとゲイリーが腰を突き上げた瞬間、射精が始まった。
胸の谷間から顔をのぞかせた亀頭から精液が迸る。
勢い良く吐き出された精液はシーラの口元と胸元を汚していく。
少し驚いた表情を見せた彼女だったが、白濁液で汚れた口を笑みの形に歪めた。
「ふふ……二回目だと言うのにたくさん出したな……れろ、んっ……」
舌を伸ばして口元にかかった精液を舐めとる。
甘美な夫の味が口いっぱいに広がり、それが高級なスイーツでもあるかのような恍惚とした表情をシーラは顔に浮かべた。
一度口にすると止まらない。
口元についた精液を指も使って丁寧に舐めとり、胸をどろどろに白く汚しているものも指で掬いとって綺麗に舐め取る。
その様子をゲイリーはボーッと眺めていた。
「そんなにとろけた顔をして……とても私を打ち負かし、ちょっと前までは私の胸を好き放題に触っていた夫とは思えんな。では……」
片脚を上げてシーラはゲイリーにまたがった。
身体を少しずらして自分の腰を、ゲイリーのそれの上に来るように調節する。
彼女の肉壷から湧き出ていた愛液はショーツどころかホットパンツまで濡らしていた。
ゲイリーを片手で押さえつけたまま、シーラは自分が穿いていたホットパンツをショーツごと下ろして生まれたままの姿になる。
シーラの欲望を理解し、ゲイリーは顔をひきつらせた。
「ちょ、待てっ! 二回連続で出したんだからちょっと休ませてく……」
「却下だ」
夫の言葉に耳を貸さず、シーラはそのまま腰を下ろした。
今まで乳房に包まれていた肉棒が、今度は粘液にまみれた女の肉襞に包まれていく。
胸での刺激は視覚的にも興奮をもたらすものであったが、女性器による刺激はやはり強力なものがあった。
脳髄までしびれるかのような快感にゲイリーは身を捩って声を上げる。
「ああっ! は、入ってる……ゲイリーのペニスが、私の中に……!」
シーラも悦楽に満ちた嬌声を上げていた。
胸での奉仕の時より刺激が強いのもあるが、ずっと彼女はおあずけ状態も同然だった分、気持ちよかったようだ。
夢中でシーラは腰を動かし始める。
自警団に勤めているため仕事上、馬に乗ることもある彼女だが、その動きは遥かに淫らな動きで快楽に貪欲だった。
腰を弾ませながら軽く左右にひねって自分と夫を刺激する。
彼女が腰を動かす度にくちゅくちゅと水音が、そして肉と肉がぶつかり合う音が響いた。
「くぅ、あっ! し、シーラ、はげし……す、ぎ……ぬあっ!」
ゲイリーの声がとぎれとぎれなのは、シーラの腰の動きで身体を圧迫されているからだけではない。
表面からでは見えない、シーラの肉鞘内ではゲイリーの肉刀が攻め立てられている。
シーラが腰をくねらせるのにあわせて、ぶつぶつと細かな突起のある膣壁が陰茎に絡みついて扱きぬいていた。
それに加えて亀頭には子宮口が何度も何度もくちづけするかのように密着してくる。
「ひあっ! うぐぅ! ん、んぅ! ふぅっ、ああっ! 凄い……っ! 奥まで……ゴシゴシされて、貫かれて……ひぐぅ! いいっ、いい!」
もちろん、交わっている快楽はシーラにも来ている。
膣壁をずるずるとえぐり抜かれ、亀頭で何度も子宮口ごと身体を突き上げられる快感に彼女は悶えた。
シーラが感じている快楽に同期して彼女の腰使いはより激しく、より淫らな物となり、膣壁もぎゅうぎゅうとペニスを締め付ける。
そのことでゲイリーは追い込まれていき、肉刀が肉鞘の中でビクビクと暴れ始めた。
「あふぁっ! ああっ、ゲイリーのが……中で、暴れてっ……はぁん! ゲイリー、気持ちいいんだねっ? 私の中が……くぅう!」
腰を休めず、シーラが嬉しそうに言う。
「あ、ああ、俺……もう我慢できないっ! またイキそうだ……!」
「んぅ、うんっ! ああっ! いいぞ、イッても……私も、もう……我慢できないっ!」
口では優しく射精の許可を出しているが、腰はむしろ許可というより射精を強制していた。
前後左右に動き、あるいは回転させるかのように動き、ゲイリーの上で暴れまわっている。
もう彼女の腰の動きは馬に乗っているかのような動きではない。
それは貪欲に二人の快楽を、夫の性を貪りたいという欲求がむき出しになった動き……
「シーラっ! 俺、くっ、ううぅ! シーラぁ!」
「うんっ、来てゲイリー! 私も……くうううっ!」
二人の身体が強直する。
シーラの肉壷内ではゲイリーの肉棒がびくびくと脈打ち、どくどくと三度目とは思えないほどの量の精液を吐き出していた。
「あっ、あっ! ゲイリぃ……」
身体を細かく震わせながらシーラは自分の胎内で暴れ狂う白濁液を感じる。
そして、ぐったりとゲイリーの胸の上に崩れ落ちたのだった。


「結局、リザードマンの心臓は右にあるか、左にあるか分からずじまいだな」
身体でシーラを受け止めたままゲイリーがぽつりとつぶやく。
そうだったとシーラは思い出した。
つい勢いで淫らなことを最後までしてしまったが、一番の目的はそれだった。
結論は、真実は闇の中。
だが……
「私の心臓は右にあるか左にあるか分からないが……」
シーラがゲイリーの胸の上にそっと手を這わせる。
その動きは淫らなものではなく、優しく慈しむ動き。
ゲイリーの胸を撫でながら、言葉を続けた。
「私のハートは、お前のハートに一番近いところにあるぞ」
言ってからシーラは頬を軽く赤色に染め、はにかむようにくすりと笑った。
「……何それ、クサっ……」
苦笑したゲイリーの反応に、シーラの頬が今度は軽い怒りに染まる。
「ななななっ! 人がせっかく恥ずかしい思いをして臭い事を言ってみたのに……これはもう一度制裁を加えてやる必要があるな……!」
身体を起してシーラはまた自分の身体にゲイリーの象徴をねじ込もうとする。
ゲイリーが軽く批難の声を上げたが、無視して腰を落とした。
再び、シーラの淫らな腰使いが始まる。
「言葉で分からないなら、あんっ、あぁんっ! 身体で……教えてやるっ! 身体はもちろん、くぅっ! 私のハートはお前だけのものだぞ! ん、はぅ!」
「ああ……それから、なっ!」
三度の射精でさすがに疲労していたが、その分、快感に耐える余裕は出てきていた。
気力を振り絞ってゲイリーは身体を起こす。
そしてシーラの頭を自分の胸に掻き抱いた。
「聞こえるか? 俺の鼓動が……俺のハートも、お前のハートに一番近いところにあるぞ……」
「ゲイリー……」
シーラが愛しい夫を見上げる。
自然と二人のくちびるが重なった。
身体はこのとおり限りなく密着し、心も互いに近いところにあると感じあっている……
その喜びを感じながら二人は愛を確かめる行為を再開し、続けるのだった。
12/07/17 19:56更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
そんなわけでリザ子のパイズリSSでした(殴)
さて……実際のところどうなんでしょう?
(図鑑世界ではない)リザードマンが左利き説は『世界の幻獣危険FILE』(Gakken)より知ったのですが……
両手持ちのリザ子はともかく、サラマンダーは武器を左手に持っている……これはやはり、元々のリザードマンを意識されてのことなのでしょうか?
謎は深まるばかりです♪

まぁ、心臓は人体の中央に位置していますがねw

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33