『子供が寝たら…♪』


「…どうだい? リトナは?」
「ふふっ♪ 私たちの思い出話聞いてすぐ寝ちゃった♪」
「そっか…」
リビングでソファにくつろいでコーヒーを啜る彼に妻である女性が目を細めてさも嬉しそうに答えるとつられて彼まで笑顔になる。
彼が視線を窓へ移せば、月明かりがふんわり落ちてくるという表現がひときわ似合う星のない満月の夜であった。

「ねぇ…アナタ」
「ん? どうした? カトナ?」
「そのぉ…昔の話しているとき…にね…」
急に彼女に呼ばれて彼が振り返れば、両腕の翼と手が一体になったそれの中ほどについている爪を糸を巻くような動作でもじもじとさせる彼女が…
心なしか目も少しだけ潤み、何かを期待する眼差しで彼のことを上目づかいで見ているではないか。
しかし彼は彼女がこの時何を求めているか、など全て把握している。
でなければ彼女、ワイバーンを妻に持つものなど務まらないからである。
『しかたないな』と心で呟き席を立ち振り返れば、それが何の合図かわかっている彼女がもう眼前にまで飛んできていた。

「えへへ…♪」
「全く。体はこんなにいい女になったのに中身はまだあの時の甘えん坊なままなんだな?」
「うん♪ アナタに一目ぼれしたあの日のままだもん♪」
がしっ、と彼の肩に逆肩車の状態で飛び込んだ彼女はそのまま彼の首と頭をホールドし、上体を猫背にして翼を彼に被せて尻尾を彼の体に回した。
彼女の体全体を使った可愛い愛情表現に、彼は毎度のことながら鼻の下を伸ばしているのだが彼女には見えるわけもないので直す気は更々無いようで。

「だから…あの日、初夜の時と…」
「同じように犯してくれ、だろ?」
「〜っ♪ 大好きぃ♪」
更に締め付ける力を増すも、彼にとってはご褒美でしかない。
猫背を更にまげて彼の頭のてっぺん、旋毛に顔を引っ付けて頬ずりする彼女は本当にかわいらしい。
ただし、その甘える猫的な動作もそんなには続かなかった。

「よぅし、まずは初夜の時と同じ今の状況なら…ペロッ」
「ひぅぅ♪ もっとぉ、もっとペロペロしてぇ〜♪」
「よっし! ちゃんと掴まっていろよ?」
彼女の健康的な、しかし数年前に比べて肉付きよくなった尻を彼はしっかりと掴んで、彼の眼前にある彼女の秘裂を守る一枚の布の上から舌を這わせて愛撫をしだした。
ゆっくりと大陰唇があるであろうところを外の輪郭をなぞる様に往復していき、続いて徐々に縦筋に近づくよう往復路を狭めていく。
しかしある程度狭まったところでそれ以上の往復はせず、かわりにピンと自己主張を強める小さな突起へとチョンチョンとつつくようにして舐めて続けざまに舌全体で包み込むように、時折叩きつけるように愛撫をする。

「きゃぅ♪ くひぃ、ぃん♪ いぃ、イィィ♪」
「ッパァ! …ははっ、可愛い声を出して…そそられるだろう?」
「う、うん♪ もっと、もっとシてぇ〜♪」
それをされる度にもれる彼女の鈴音のような声に彼は終始ご満悦。
しかも彼女からはやめて、ではなくもっとと催促…彼のペースが上がるのは仕方のないことである。
そのことにより今まで裂けていたルート、俗にいう渓谷ラインを彼は激しく攻めたて始めだす。
舌先を左右に振りながら愛撫をすれば、布越しにあふれ出る蜜、蜜、蜜。
ふと彼は自分の頬肉がプルプル震えていることに気づいて一度愛撫を止めようと…

「ふ、ふわぁぁ♪ や、やめないれぇ♪ もうすこしでぇいき…そうなのぉ♪」
「よしきたっ! まかせろっ!」
「ふぁぁ♪ あ、ああ、あっ♪ くる、くるぅぅぅ♪」
彼女のお願いにより更に激しく攻める彼だったが、溢れ出てくる愛液の量が多くてとても啜りきれない。
彼の口を零れた愛液の量とは顎を濡らしてなお滴を作って、それを憚りもなくフローリングの床にちょっとした水たまりができるくらいに。
体への締め付けがよりきつくなったのを感じ取った彼は止めに彼女のクリトリスを布ごと甘噛みした。

「っっっっ!! ふぁぁぁ♪」
「おっぷ!? …んくっ、んくっ…」
「あぅぅ…おしっこ…ごめん…なひゃい…のまにゃいでぇ…」
あまりの気持ちよさに全身の筋肉が弛緩したのか、彼女がイッた瞬間に彼の顔に暖かでしょっぱい液がしみ出した。
その液をすぐさま理解した彼は彼女の尻をより強く自分に押し付けて、その勢いよく漏れだす聖水をヴィンテージワインを飲むようにおいしそうな音を立てて唾下していくではないか。
その彼の漢ともいえる行為に、彼女はだらしなく開いた口から謝罪を漏らすとともに真っ赤になってしまうが弛緩し過ぎで力が入らず、翼で顔を隠すことはできなかったようだ。
…そんな力が抜けきった彼女を最後まで両手のみで支えた彼の腎力はやはり騎士である、というべきか。

「ぷはぁ! ごちそう様♪」
「あぅあぅ…ばかぁ…♪」
「んじゃあ…ほいっ、と!」
すっかり緩みきった彼女から両手の支えを外して彼女をしっかりと抱き留める彼はそのまま器用にお姫様抱っこにすると、足をゆっくりとある場所へと向かうために歩を進め出した。
その場所へと向かう間彼女はこれからする行為に胸をときめかせて、数年前に比べはるかに大きく彼好みに育った胸へと両翼を畳んで、移動の際の上下動に身をゆだね熱い視線で彼を見上げている。

そして彼らが向かう先、それは勿論…『寝室』。

扉を面倒臭そうに足で開け、扉のすぐ目の前にあるキングサイズのベットへ彼女を優しく寝かせた。
彼女へ目を向ければ、移動の際に彼女が気を利かせたのか胸と秘所を覆っていた布がなくなっているものの…胸の前に翼を交差させ、太ももを上下に交じらわせて秘裂を隠し、然も扇情的に彼へと劣情にまみれた視線を送っているではないか。

「…ごくっ」
「うふふ…♪ 目がちょっとこわぁい…♪」
「こんな極上の女がいるのにガマンできると思うかい?」
彼は優しく寝かせたはずの彼女の上にダイブすれば、すぐさま彼女の足の上に跨ってその閉じられて翼をベッドに両翼を張り付ける勢いで開く。
すると露わになるのは…

「ぁ…♪」
「おしいそうなサクランボが二つもあるな…」
「ふふ…どうぞ、めしあがr…はぁぁん♪」
彼女が身じろぎするたびに一拍遅れて動く双丘、その頂についた淡いピンクの突起に彼はしゃぶりついた。
…彼女の翼から手を離して、それらに抱き着くようにして。
左は優しく舌だけを使って小さめの乳輪から徐々に内側へ円を描くようにすぼめていき、途中で不意に止めて代わりに左の乳房へと場を移す。
左の乳房では乳首だけを舌で鞭打つように上下、左右、円を描くように転がし、挙句には軽く歯を立ててコリコリとした感触を楽しむ。
一通り楽しんだときはまた左の乳房で右と同じことをしては右へと移り、右の乳房で再び左と同じ動作をする。
勿論愛撫の最中は片方の乳房を留守にすることはない。
空いている乳房へは片手で下から撫で上げては脇側をさすり、中指ですぅっと乳輪の外縁をなぞっては乳首を摘まんだり引っ張ったり…彼女に対して快楽の欠落が発生しない絶妙な愛撫を行っているのは流石夫婦、というところである。

「い、いくぅぅ…おっぱいでぇ…いくぅぅ♪」
「っぷはぁ! よぉし、イッてしまえ♪」
彼はそう言うや彼女の乳房から顔を離してしまい、かわりに両手の平を彼女のマシマロの上に置く。

沈み込むのが体感できるほどのそれの上、乳首をそれぞれの人差し指と親指で挟んで引っ張り上げて…




【一気に、痛いくらいに捻り上げるっ!】




「きゅぅぅぅぅぅ〜〜ん♪♪」
背骨がぐっと弓なりに反り上がり、彼女は大きく目を見開きながら全身を小刻みに痙攣させる。
するとどうだ、リビングにて彼が舐めていた割れ目から透明でなく黄色でもない…白濁としたまるで、そう…精液のような液体を噴水の像よろしくすごい勢いで吐き出した。
それは放物線を描きながら不定期に、且つ断続的に射出されつづけ…時間にして10秒だろうか。
その吐き出された彼女の絶頂の証、本気汁はベッドと上に跨っていた彼にたっぷりとシャワーのように浴びせて止まった。

「おぉ!? 盛大にイッたか…」
「はぁ…はぁ…♪」
絶頂の余韻の為かリビングの時以上に脱力してしまい、視線すら定まらない彼女。
ぼやっとしたその目の代わりに彼女の尻尾は満足げに彼のことをペチペチと叩いてはいるが…






でも…





「うぅ〜ん…僕はまだ満足できない…」
「はぁ…はぁ…ぁへ?」
「…あ、そうだ! …よいしょっ、と♪」
そう、彼はまだ射精をしていない。
…彼女への愛撫を優先したので当然と言えば当然だが。

そんな彼はどうしたものかと顎に手を当て、脱力しきってベットに万歳をする嫁を見下ろしていたのだがふと【ある一点】に視線を止める。
するとよし来たと言わんばかりに彼女の両手を掴んで水平に…いや、この場合は垂直にという表現が正しいか…伸ばしてゴツゴツしたドラゴン種特有の手と手を合わせさせた。
そうなると手がピンと伸びるわけだが…

ワイバーンの場合は腕の下にあるそれがちょうどよく合わさって閉じるわけだ。
…そう、【翼膜】である。

「これ…一回してみたかったんだ♪」
「ぁぅ? ぅぇぁ?」
「いいから、いいから♪ そのままにシててよ♪」
そういうと彼女の腹上に移動し、彼は合わせた翼膜の間にできる隙間に怒張を宛がい丹念にカウパーを刷り込んでいく。
その行為の副産物か、彼女の乳房の真上に位置するために彼女の乳首が時折彼の陰嚢に擦れるわけだが…これはこれで気持ちよさそうな彼女と彼である。
ある程度のぬめり家が出てきたところで彼は万歳させていた彼女の手から自分の息子が通るであろう翼膜の部分に横から軽く挟み込むように宛がい、息子のほうを翼膜との間に宛て…


「お、おぉぉ…これは…中々…」
「あぅぅ♪ うぃぁ♪ ひもひぃぃ♪」
ズブズブとゆっくり深く刺していく…。
彼の一物が入り切り竿の根元に翼膜がぴたりと付くころ、それはちょうど彼女の翼膜の半分ほどを膨らませた位置で止まった。
サキュバスのように一枚の薄い翼膜ではなく段々がついた独特の翼、それは彼にとって想像以上に快感を刺激するものである。
抜き際にはコココココッと連続で段差を引きずるような刺激、入れ際にはギュムギュムギュムと圧縮と解放を繰り返す…まさに未知の刺激であった。
ただ彼だけが感じているのかと言われればそういうことはなくて、彼女にもその振動が伝わり多少なりは気持ちよくなっているようだ。
しかし、その快楽は先ほどとはまた違ってはいるが。
…先ほどまでの愛撫に比べたら外的刺激は劣るものの、彼の匂いを刷り込まれているという精神的快楽の方が強いからだ。

…そんな彼の想像以上に刺激を与える彼女の翼膜はいとも容易く彼を絶頂へと導いてしまうのは致し方ないことである。

「はぁ、や、べっ…で、でるぅ!?」
「あひぃん♪ ちゅばしゃ…べちょべちょぉ…♪」
彼女と結ばれて数年の後インキュバスになった彼から放たれる白濁の甘露は彼女の翼膜を白く塗らすに飽き足らず、更には合わせた翼膜の隙間から彼女の顔面へと滴り落ちた。
急に受ける甘い刺激に彼女は息吹を吹き替えし、呂律が回らないにも関わらず彼からの贈り物に大変満足げに顔をほころばせて応える。
そして彼女は力を取り戻したようで、彼の腰に自慢の太くてしなやかに動く尻尾を瞬く間に巻きつけて一度自分から彼を離してしまったではないか。

「うぉ!?」
「…ねぇ…次は…ここ、に…ね♪」
「ぁ…ははっ、ゴメンね? よし…いれるよ?」
彼に向けて足を大きく広げて翼も伸ばす彼女、それはまるで彼に向かって抱っこを強請る愛娘の幼い頃の行動と瓜二つであった。
流石は母、と妙に納得する彼は彼女の卑劣へと視線を向けなおす。

彼女の胸が上下するのとリンクするように真っ白な本気汁を垂れ流す割れ目。
その呼吸と合わせて開いては閉じ、閉じては開いて…まるでそこだけが意思をもった生物であるかのように蠢いて彼の来訪を今か今かと待ちわびているようだ。
そんな扇情的な光景を見て生唾を呑み込むのは雄として当然のことである。

「うん…あ♪」
「ん?」
「うん♪ 『私の初めて』…貰ってぇ♪」
「…っ! なるほど、そう来たか! …よし、いくよ?」
一度言いかけた彼女は何かを思い出したかのように言葉を止めて一拍。
彼は不思議そうな瞳で、でもあと少し力を入れるだけで彼女のナカに呑み込まれる直前で行動を止めて彼女の言葉を待っていた。
そして出てきた言葉は…彼と彼女が結ばれた初夜、その時の貫通前に彼女が言った言葉そのままであった。
これには彼も驚くと同時に尚のこと剛直を滾らせ、彼女の頷きを確認し、腰を落として…一気に貫いたっ!

「あひぃぃ♪ きたぁぁ♪ おちんぽきたぁぁ♪」
「ぉぉ! あ、あいかわ、らずの…っ…締り…具合…っ…」
「だってぇ〜♪ ココはぁ〜♪ アナタせんようのアナだものぉ♪」
彼自身も翼膜コキの一度だけの射精だった為、彼女から快楽を貪り食おうと腰の挿入速度が最初からハイになっている。
しかし彼女とて欲しくて欲しくて堪らなかった一物がやってきたわけだから、キュッキュッといつも以上に彼を愛したくて仕方なかった様子。

「んぁぁっっっ♪ あっついのきてりゅぅぅ♪」
「まだまだ…もっと注ぐよっ!!」
「あっ、らっ、らめぇ♪ イッたばかりぃぃにゃのにぃぃ♪」
互いの気持ち良い所を思う存分愛する夫婦は膣で射精をされてなお止まる気配がなく、子供が水遊びで出すような音が二人の寝室から聞こえなくなったのは結局のところ、次の日の朝日が正午を伝えるころであった…。

「はぁはぁ…うふふ♪ もう二人目できたかも♪」
「ははっ、それはいい♪ 次の子ができたらまたつくろうな♪」
「…喜んで♪」
すっかり全身を体液だらけにした二人。
差し込む日の光を全身に受けてこのまままったりと昼寝をしようかという時の会話である。
嬉しそうにそういう彼女は喋りながら自身の腹に、ちょうどたっぷりと精液が詰まった子宮のあたりを撫でてはにかんだ笑顔を見せた。
対して彼も対面で寝そべる彼女のその手に自分を重ねて再びの子づくり宣言…。


「じゃあ確実にはらむために…」
「ひゃぁ♪ も、もぅ…♪」
「ふふふっ♪ ほぅら…もう一戦っ♪」
そのまま彼女の手から離れ、彼は彼女の大きく育った乳房を鷲掴んでムニムニといじり始めると再び彼女に火がともったようで…何回目かわからない、最低でも十戦目がはじまったのであった。
きっと数十年もあればこの町に竜騎士部隊が配置されるだろうて…



【完…ん?】





















最中の二人の声に触発されたのか、扉の隙間から伺い見る様な視線が…

「…しゅ、しゅごぃ…パパとママ…はげしぃ…♪」
朝方の起床時間にもするとこうなりますので、どうか夫婦の共同作業は子供が起きる前にお願いいたします!!

【完】

「ちょっと、jackryよ…」
「はい、なんですか? 堕落神様??」
「エロなしとはどういうことですか!!」
「は、はぁ…」
「エロを書きなさい! エロをっ!! でなければ…妖狐さん達をボッシュートしますよ?」
「ヨロコンデカカセテイタダキマス^q^」

…というわけで!!
エロ95%で書いてきました後日談!w

…いかがだったでしょうか?(´・ω・)
感想おまちもうしておりまする…

12/09/07 21:00 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33