読切小説
[TOP]
万魔殿(パンデモニウム)の告解室
『父と子と聖霊のみなによってあなたの罪を許します』
「ありがとうございます」

 罪の告白をした少年はゆるしの言葉を受け、神への感謝の言葉を述べた。
 
 ここは万魔殿(パンデモニウム)の告解室。
 ヴァルキリーである私は、ここで罪を犯した信徒の罪を救う仕事を任されていた。

 囚われの身となってしまったが、私には神のためになすべきことがある。
 ここで一人でも多くの者を正道に戻すことこそ、今の私にできる唯一の行いなのだろう。

『これで貴方の罪は許されました。しかし今の気持ちを忘れぬように、これからも祈りを続けるのですよ』
「はい」

 告解はこれで終わり。
 格子戸の向こうの少年は告解室から出ていくものだと思ったのだが、彼は椅子に座ったままだった。

「ヴァルキリーさん、僕の悩みを聞いてもらってもいいでしょうか」
『構いませんよ。私に話すことで解決するかは分かりませんが、話すことで楽になれることもありますから』

 罪を告白し、新たな思いで生活に戻るためには大切なことだ。
 そのためにここで心の曇りを払う必要があるのならば、私はその力になりたい。

「実は僕の……その、えっと……」

 少年は顔を伏せ、言いづらそうに言葉尻を濁している。
 こういう時は急かしてはならない。あくまで信徒が自らの力で告白する、ということが重要なのだ。誰かの力を借りて引き出すことでも解決にはなるのだが、目の前の少年は自分の力で前に進もうとしている。その努力を無に帰してはいけない。

「ぼ、僕のえ……いや、違うな……えっと……」

 余程告げにくい悩みなのだろうか。
 しばらくの間少年は迷っていたが、やがて決心したようで目をつぶりながらもはっきりと、

「ぼ、僕の武器に不安があるんです!」

 己の悩みを告げるのだった。

 武器。
 それは戦う者が持つ物だ。目の前の少年は幼くとも立派な男性だ。詳しい事情は聞いていないのだが、彼にも守るべきものがあるのだろうか。

――だとしたら、立派なことだ。

 魔物は快楽にふけるばかりで堕落の道を辿っている。それに与する人間も同じだと思っていたが、どうやらこの少年は違うようだった。

『顔を上げなさい』

 私の言葉を受け、少年はこちらをおずおずと見つめた。幼い顔は真っ赤に染まっている。

『恥じることはありません。誰かのために剣を取るということは誰にでもできることではありません。しかし貴方は幼いながらもその覚悟があった。それは誇るべきことなのです』
「あ、ありがとうございます!」

 彼にとっては思いもよらぬ言葉だったのだろう。少年は顔を輝かせて嬉しそうにしていた。

『しかし、その悩みを解決するには詳しいことを聞かねばなりませんね。まずは貴方の武器がどのようなものか教えてくれませんか』
「え? 武器って、その……例えばどういったことを話せばよいのでしょうか?」
『例えば長さや重さです。自らの体に合ったものでなければ使いこなすことはできないでしょう』
「な、長さって……」

 少年は再び顔を伏せ、ある一点を見つめた。

「だ、だいたい12~13センチくらい……です……」
『……はい?』
「ですから12~13センチです!」
『随分と短い武器ですね……ナイフでしょうか』

 少年は衝撃を受けたらしく、がっくりと肩を落とした。顔を手で覆い、ぶつぶつと何かを呟いている。
 これはいけない。つい武人としての言葉が先行してしまった。あくまで相手の主張を受け入れた上でどうすればよいか共に考えることが私の仕事なのだ。

『ごめんなさい。大切なのは長さではありませんでした。そう気を落とさないでください』
「……は、はい……」

 少年の声は今にも消え入りそうだ。余程ショックだったのか、手で覆われた顔からは表情は窺えない。

『同じ戦う者として失言をしてしまいました。どうか許してください』
「同じ……? もしかしてヴァルキリーさんも武器を持っているんですか?」
『ええ、持っていますよ』
「え゛!?」

 少年は叫ぶと顔を上げてこちらを見つめた。

――やはり、武器を持っていると警戒されるのだろうか。

『とはいえ、今は囚われの身。武器は取り上げられてしまいました』
「取り上げって……取り外しできちゃうんですか!?」
『はい。ですが戦う者としては、常に身につけていないと落ち着かないですね』
「そうなんですか……」

 少年の様子がおかしい。
 警戒を解くために話した言葉によって、さらに警戒が強まったようだ。
 こちらを見る目が異質なものを見るようなものへ変わったような気さえする。

「ち、ちなみにヴァルキリーさんの武器はどのくらいなのでしょうか?」
『そうですね……、確か刃渡が81.3センチでした』
「は……はちじゅ――!?」

 少年は目を丸くして驚いた。口をパクパクと開け閉めして、

『なにもそこまで驚くことはないでしょう。女性でもそのくらいのものを振り回すことはできますよ。私の同僚にも身の丈ほどの長物を扱う者もいたのですから』
「身の丈!?」
『ええ、私たちは神の使徒なのですから。神のために刃を振るうために生まれたのです』
「……。神様って凄いんですね……」

 よく分からないが、少年の視線から畏怖のようなものが混じり始めた。
 神を恐れられてしまうのは心外だ、何とかしてその怯えを除かなければ。

『貴方も日々の努力を怠らなければ、それだけの力を得ることができますよ。大切なのは信じることです』
「本当、ですか?」
『ええ。神を信じ、そして己を信じなさい。それらは決して裏切ることはないのですから』

 少年は私の言葉に耳を傾けて頷いていたが、やがて真っ直ぐな視線を向けた。
 その瞳からは迷いが消え去り、彼の心を映し出したかのように澄んでいた。

「ありがとうございます。おかげで、もっと成長できるような気がします」
『はい、その意気です。どうか日々の努力を忘れぬように頑張ってください』
「はい! 僕もヴァルキリーさんのようになれるよう頑張ります!」

 彼はこちらに頭を下げると、扉を開けて去っていった。



 告解室から出てきた少年は、彼の伴侶であるダークヴァルキリーに迎えられた。

「お疲れ様、私の勇者様♡ どうだった? あの堅物のヴァルキリーは?」
「す、凄かったです……。い、いつか僕もダークヴァルキリーさんを満足できるように頑張ろうって思えました」
「あら、凄い気合の入りようね♡ それじゃあ今日も頑張りましょうね♡」
「はい!! ……ところで、ダークヴァルキリーさん」
「どうしたの?」
「ダークヴァルキリーさんも、その……ついているんですか?」
「……何が???」



 告解を終えたヴァルキリーは、一人息を吐いていた。 

『ふう、随分と実直な子だったな。惜しむべくはもっと早く出会いたかったものだ』

 ふと彼女の横にある扉が開く。そこには顔色を真っ青にしたダークプリーストが立っていた。

『む? ダークプリースト、どうしたのだそんな顔をして』
「……神の使徒ともあろう者がそのような穢れたことをよくもまあ臆面もなく話せるものですね」
『穢れ……? 何を言っている、私は――』
「とぼけないでくださいこの淫乱天使!! 今まで何人斬ってきたんですか!?」
『なんだその見下げ果てた目は!! 私だって斬りたくて斬った訳ではないのだぞ! 神の意思に背き、抵抗しようとするから――』
「何が神の意思ですか! ただ自分の欲望を満たしているだけじゃないですか! 無理矢理そんなことをするなんて最低です! 今度から種馬って呼びますよ!?」
『たね――!? 何という侮辱だ! その言葉、今すぐ取り消せ!』



 その後、少年とダークヴァルキリーの夫婦はお互いを高め合い、神に勝るとも劣らない力を得たという。
 一方、万魔殿では捕らえられたヴァルキリーについてあらぬ噂が飛び交うのだが、それはまた別のお話。
18/02/24 07:08更新 / ナナシ

■作者メッセージ
勘違いコントって面白いですよね。



『万魔殿(パンデモニウム)告解室』
万魔殿では迷い子たちを救うべく、ダークプリーストを始めとする
信徒たちによる告解(またはゆるしの秘跡)が行われています。
自らの罪を告白し、思いを新たに生活を送れるよう応援しています。
悩み事相談等も受け付けていますので、是非お気軽にお問い合わせください。

担当者
ダークプリースト:親身になって相談に乗ってくれます。(常識担当)
エンジェル:多彩な経験を生かしたアドバイスをしてくれます。(エロ担当その一、毒舌ドS)
ダークエンジェル:誰でも罪を犯すこと、それと向き合うことの大切さを教えてくれます。(耳年増担当)
ヴァルキリー:信徒の立場となり、悩み事に実直に向き合ってくれます。(勘違いコント担当)
ダークヴァルキリー:生きることの素晴らしさを再確認させてくれます。(エロ担当その二、慈愛ドM)

……嘘予告です。
でもネタがある程度浮かんだら書いてみたいなあ。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33