読切小説
[TOP]
優しいショタの堕・と・し・方♪
その少年は傷だらけだった。
防具はほぼ壊されており、体もボロボロで出血も多くフラフラと歩いている。

「・・・ぁ」

ばたりと倒れて起き上がろうとしても起き上がろうとするが・・・出血量が多いせいで体に力が入らないでいた
やがて雨が降り始め体も冷たく、意識もなくなっていく。
しかし少年は薄れゆく意識の中・・・人の声が聞こえた。

「・・・あらあら、可哀想に体が冷たくなって・・・」

誰だろう?声からして大人の女性、という事だけはわかる。
だがこんな雨の日に誰が好き好んで出歩くのかが理解できないでいる。

「しか・・・こん・・・ひどい傷・・・か・・・も・・・」

薄れていく意識の中で少年は・・・。
ほんの少しだけ、ぬくもりを感じた。



「・・・う、ん?」

少年が目を覚ます。
辺りを見渡すと見覚えのない天井。
見たことのない家具とかが置いてあった。

「・・・ここは、どこ?」

辺りを見渡しながら考える。
自分は怪我をしていた、しかもかなり深手のはず。

「・・・」

よくよく体を触ると包帯で止血されている。
それに部屋をよく見ると家具から部屋の大きさまでも広い。

「・・・い、一体ここは・・・」

どこ?と思いながら部屋の周りを見る。
すると部屋の扉がゆっくりと開き、1人の女性が入ってくる。

「あ、目が覚めまして?」

「あ、あ、あぁ」

少年は恐怖した。
何故ならその女性は魔物娘だからだ。
見た目はただの「人間」だが顔に "針で縫ったような後" があった。
さらによく見ると体の色が "少し青い" のが特徴だった。

「う、うわぁぁ」

逃げようとして勢いよく体を動かす。
しかし体を動かした瞬間、少年の体に激痛が走りその場で膝をついてしまう。

「あ、がぁぁっ」

激痛にその場でのたうち回る。
それを見た魔物娘が慌てて少年に近づく。

「だ、大丈夫ですかいきなり起き上がってはいけません、まだ傷が癒えてないのですから」

ゆっくりと自分の肩を貸して立たせてようとする。
しかしそれよりも先に「触るな!」と敵意をむき出して睨み付ける。

「あ、ご、ごめんなさい・・・で、ですが」

「触るな!魔物めっ・・・ぐ、うぅ・・・」

完全に "反魔国家" 出身ということがわかる。
だがそんなもの関係なかった。
ゆっくりと自身の肩を貸し、ゆっくりと少年を立たせる。

「な、何をする!は、離せ!」

「落ち着いてください・・・っと言っても無理だとはわかっています」

立ち上がらせてゆっくり、ゆっくりとベッドに座らせる。
そして少年の体に手を当て目を閉じる。

「な、何をする」

「動かないで!すぐに終わりますから」

少し怒った声をだして少年を静止させると体に当てた手が光りはじめ。
光は温かく、また優しいという印象を少年に与える。

「・・・ふぅ、どうですか?痛みが和らいだと思うのですが?」

「え・・・あ」

まだ体が痛いもののそれでも起きて体を動かした時よりもずっと楽で痛みが引いていた。
少年はこれは "癒し" の魔法を使ったんだとすぐに理解する。

「うふふ、あ、お夕食!」

少しドタバタと部屋を開けた時に置いた夕食を取りにいく。
だが少年からすれば "自分はおいしそうな餌" という認識だ。

「貴方お名前・・・あ、まずは自分からかしら?」

少し息を吸ってゆっくりと少年に笑顔を向ける。
その笑顔に少しだけ、ドキッとしてしまう。

「私はイリア、イリア・ワイトエイド・・・見てわかるかもしれませんけど、私は魔物娘、ワイトです」

少し苦笑して自分の正体をうち明かす。
そして「貴方の、お名前は?」とイリアは聞く。

「・・・ルッシ」

小さく、1言だけ名前を言う。
そっぽを向き顔を見ないようにするルッシ。

「ルッシ君ね、それで・・・言えないことかもしれないけど聞いていいかしら」

真面目な顔でルッシを見る。
声からも分かるがイリアは真剣な表情をしていた。

「ルッシ君貴方、ここら辺の街道で倒れていたの・・・何であんなところで倒れていたの?」

「・・・それを聞いてどうするの?」

「どうするのって聞かれても・・・仮にご家族がいるなら、ご家族の元に帰すつもりだけど・・・?」

嘘か真か信用できない。
その言葉が例え本当だとしても。
ルッシにとっては "魔物は嘘つきで信用してはいけない" と言い聞かされているからだ。

「・・・親はいない・・・あんた達がまだ本物 "化物" だった頃に殺されたから!」

憎い、憎い。
魔物娘が・・・今にも殺してやりたい、殺意が芽生える。
そしてその殺意を目の前にいる魔物娘にぶつける。

「・・・そう、だったの」

ぎゅっと抱きしめる。
死体のはずなのに、温かい。
そしてイリスの目から・・・何故か "涙" が溢れぽろぽろと流れ落ちる。

「そう・・・だったのね、ごめんなさい、ごめんなさい」

ルッシは理解できなかった。
何故この魔物は涙を出しているのか。
わからなく、本当に理解できず・・・だが。
1つわかった事があったこの魔物娘は "人間と同じ感情" を持っているという事がわかったルッシだった。



あれから数日が経った。
体の傷は順調に回復していた。
だがルッシの心はいまだに閉ざしたままだった。

「・・・はぁ、ルッシ君はどうすれば・・・私達魔物娘の誤解が解けるのかしら」

食器を洗いながら考える。
食事もあまり食べず少し困っている。

「料理には自信があるのですが・・・どうすれば、どうすればいいの・・・」

何時しか、ネガティブにどんよりな表情で溜息を吐く。

「何を思い悩んでいるの?」

「!?」

不意に声が聞こえ、声がした方を振り返るイリア。
振り返った先、台所の入り口の扉にもたれている同族の魔物娘がいた。

「マドレア・・・貴女いつからそこに?」

「警戒心が解けるのかしら・・・ってところからかしら」

喋るときにチラチラと見える "牙" 彼女マドレアは由緒正しい "ヴァンパイア" である。
同じアンデッドとして心配できたかただヒマで来たか不明だが。

「あんた、好きな男ができたんでしょ?だったら押し倒すくらいしなきゃ」

「え、わ、私はただ・・・る、ルッシ君の誤解を・・・と、解きたいだけで・・・」

本音とは裏腹に顔が赤くなり頭から湯気が出てしまう。
顔を赤くしたイリアを見たマドレアは「好きなんじゃない」と心の中で突っ込みを入れる。

「あんたね好きなら告白して自分のものにしなきゃ!」

「え、ええ〜」

あたふた、あたふた考え悩むイリア。
その姿を見たマドレアはイライラと苛立ち始める。

「いらないならそのルッシって子共、私の "もの" にしちゃおうかしら♪」

「え!?」

「だって、手を出す気がないんでしょう?だったら私が "もらって" も文句ないでしょ?」

「う・・・で、でも・・・」

本当はルッシとしたいしかしまだ自分を警戒している。
ここで "本能" でルッシに嫌われたくはない。
だが・・・だがマドレアが本気でルッシを狙うなら話は別、ルッシを守らなければと思い始める。

「・・・わ、私・・・私やるわ!」

「そう、じゃあいいものあげるわ、イリアにとって役に立つアイテムを♪」



ルッシは迷っていた。
魔物が自分を "喰らおう" としないことに。
何が目的で、何故生かすのかわからない・・・理解できない。

「・・・いっそ喰らって、死にたいのに・・・」

死ぬ覚悟はできている。
それは、自分の親が死んだ後からずっと覚悟していたことだ。
しかし殺そうとしない、むしろ生かされている・・・これだけはわかった。


だが何故生かす?
       何故生かそうとする?
                何故生かす必要がある?


三つの理由がわからないままルッシの頭の中がグルグル回る。

「ルッシ君・・・ご飯の時間ですよ」

ノック音がしてゆっくりと部屋の扉が開く。
開いた扉から、美味しそうな料理の香りが漂ってきてルッシの食欲をそそらせる。
しかし同時に違和感も感じた。

「ルッシ君どうかしまして?」

料理はおいしそうだが。
それは警告を "鈍らせる" ような感覚。
部屋に入った時に気づいたはずのルッシ。
だがもう手遅れでだった。

「う、つ、ついに・・・本性をあ、現したな!」

「うふふ、大丈夫です殺しはしませんから♪」

思考が追い付けない。
まるで "10杯ほどお酒を飲まされて酔ぱらってる" 状態で死を覚悟するルッシ。

「ルッシくぅ〜ん・・・大好きです♪」

服を肌蹴ると大さと形のいい丸い胸が "プルン" と露出させる。
そして露出した胸をルッシの顔に押し当て始める。

「ほら、ルッシ君おっぱいですよぉ〜舐めていいですよ〜赤ちゃんみたいに、チュウチュウ吸ってもいいんですよ〜」

「ん、ん!?」

顔に柔らかい物が当たる。
柔らかくていい香りがしてより思考を鈍らせる。

「ん・・・ん、あ、あむ」

そしてとうとう考えるのをやめて、胸を舐め始めるルッシ。
最初は乳首の周りペロペロと舐めて、だんだんと胸を吸始める。

「んぁ、ああ、い、いい・・・ルッシ君、その調子でおっぱい舐め吸って♪」

胸を押し付けて、胸に快感を求めるイリア。
そしてそれに答えるように胸を吸っていくルッシ。

「っ・・・あ、も、もう、もうで、出そう・・・ルッシ君、飲んで!私の母乳!!」

胸を責めていると突然ビュビュル!ビュルビュルっと白くて甘い何かが飛び出る。
それは紛れもない "母乳" だった。

「ん・・・んん、ゴク、ゴク・・・」

死んだアンデッドが母乳が出るとは思わなかったが、思考が鈍って快楽を味わいたいルッシは。
胸を揉んでさらに母乳を求めて胸を揉み母乳を飲んでいく。

「あ、ああ、んぁぁお、おっぱい、おっぱいぃ・・・気持ちいいわぁもっとチュウチュウ絞ってぇ」

ワイトの母乳を望むように絞り飲んでいく。
するとだんだんとチンポの方も勃起していく。
それに気づいたイリアは優しく手コキを始める。

「ん、あ・・・あぁ」

手コキをされて痺れるような感覚に襲われて戸惑うルッシ。

「うふふ、ルッシ君もここ、硬いわぁ・・・今ほぐしてあげるわね?」

ゆっくりとルッシの穿いているハーフパンツを脱がす。
するとガチガチに勃起したチンポが露出する。

「あぁあ・・・これがルッシ君の・・・おちんちん♡」

優しく手で触って唾を作ってそのまま垂れ流す。
唾が混ざったことでチンポの滑りがさらに良くなる。

「は、あ・・・っぁあ」

快感に何をされているかわからないルッシ。
しかしこの快感はまるで天に昇るような気分でとても心地いい。

「うふふ、もっと、もっと気持ちよくしてあげる♪」

手で触るのをやめてゆっくりとしゃがみ込む。
するとそのまま胸の谷間にチンポを挟む。
それはまさにパイズリだが母乳のおかげか滑りがいい。

「っっぁあああ、こ、これ・・・き、気持ちいい!!」

「すごいわ、おちんちん熱いぃ・・・逞しくてす・て・き」

上下に動かしたり時折胸を押し付けて圧迫させるイリア。

「ルッシ君、我慢なんてしなくていいの私のおっぱいの中に思い切りドッピュ!ドッピュしてぇ!!」

「うぁぁあああ」

一気に擦って射精を促すイリア。
そして我慢の限界だったか、ルッシもまた胸の谷間から勢いよく精液を射精する。

「ああ、んぁぁああ!あ、熱い・・・熱いのが私のた、谷間に・・・で、出てる」

「く、ぅ・・・ぁあ」

両者少し疲れたのか息を整える。
息を整えながらイリアは気づく、作った料理が冷めている事を。

「あ、い、いけない・・・お料理が・・・ルッシ君お口を開けて」

「はぁはぁ・・・」

ゆっくりと言われた通りにあーんっと口を開けるルッシ。
するとイリアは作った料理を自分の口の中に入れて、そのまま口移しで料理を食べさせる。

「ん・・・んん」

「ん、レロォ・・・ゴク、ゴク」

口移しで料理を食べさせていくと、あっという間に綺麗になくなる。

「はぁはぁ・・・ご、ごちそうさまでした」

「うふふお粗末様でした・・・それじゃあ今度は」

イリアは体勢を替えて四つん這いでルッシにお尻を見せる。
お尻を見せながら下着を脱いでいくと愛液が糸を引いているのがわかる。

「今度は私のここをた・べ・て♡」

「・・・あ、ああ」

もはや、死ぬことも相手が魔物でもどうでもよくなったルッシ。
今はただ目の前にあるおまんこにチンポを入れたいという欲に負けて挿入する。

「ぅぅうう、あああ・・・ル、ルッシ君のお、おちんちんキタァァっ」

奥へ奥へと入っていくチンポはイリアが想像していたよりもずっと気持ちいいと思った。

「ああ、こ、これぇい、いい、もっとルッシ君のおちんちん頂戴ぃ!」

奥へ奥へと挿入して、やがてルッシのチンポが1番奥に当たりそのままピストンを始める。
おまんこの中はトロトロでヌルヌルしておりルッシの顔もふにゃけて快感を求める。

「き、きも・・・気持ちいい、もっと、もっと」

野生に目覚めたルッシは本能のままピストンをする。
そして空いた両手で胸を鷲掴みにして揉みし抱く。

「ひゃぁぁああ、ああ、そんなにおっぱい揉んじゃまた・・・ぼ、母乳ふ、噴いちゃうぅぅっ」

ビュル、ビュルビュルと母乳を噴く。
まるで牛の乳を絞るように、揉み絞るとベッドが母乳で濡れていく。

「はぁはぁ・・・も、もう・・・限界・・・」

「うふふルッシ君、出したいの?でも出したいなら・・・お義母(かあ)さんって呼ばなきゃダ〜メっ」

自分の事を母として認めるまでは射精させないように魔力で射精しないように抑え込む。
だが抑え込むだけでは面白くない、なので射精したくなるようにおまんこは射精したくなるように締め付ける。

「お、お・・・お義母さん、お義母さん!」

言われたことを復唱してイリアはゾクゾクと興奮する。
そしてイリアは確信する "この子は私の息子になった" という確信を。

「うふふ、良く、い、言えましたぁご褒美にお義母さんの中でた〜っぷり、精液ドッピュしてぇぇ!」

「う、うんだ、出すお義母さんの膣(なか)に精液出すぅぅっ!」

腰を一気に振りそしてそのまま果てるように精液を射精する。
その量は2発目の射精とは思えない程の量でチンポで栓ををしても溢れてしまう。

「あぁ・・・ああせ、精液ぃ・・・精液が・・・わ、私を・・・私を満たしている・・・」

トロけ顔になって少し痙攣をするイリア。
ゆっくりとチンポを抜いてベッドに横になるルッシ。

「はぁはぁ・・・お、お義母さん・・・」

ゆっくりと義母に寄り添おうとする。

「うふふなぁにルッシ君?おっぱいが欲しいの??」

寄り添ってきた息子の頭を撫でて可愛がる。
それは他人が見れば "異常" といえる行為だろう。

「うん、おっぱい・・・飲みたい」

「いい子ね、じゃあルッシ君いっぱいチュウチュウし・て・ね」

口に含んで母乳を吸い始めるルッシ。
その姿を見てこの子は私が守ろうと。

     イリアは決意するのであった。
15/05/16 14:44更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
正直すまんかったと思っていますw
これを執筆している時「ああ、母乳を噴くワイトさん・・・誰か描いてくれないかなぁ」ってリアルで呟きました・・・本当にすまんかった

皆さんこんにちはシャルロット♂です
今日はここで重要なお知らせがあります
それは現在連載している現代系修羅場〜妖怪編〜の変更点です
1ハーレムエンドにします
2連載の方は1部完結として次に短編として二人のソロルートを書こうと思います、なお名前は変更しません、かわりに連載とは少し異なるストーリーにしようと考えております
3そこで修羅場@の変更点として先にどちらのストーリーが読みたいかを連載の方にてコメントを書いてほしいです

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33