読切小説
[TOP]
エンジェル×パンスト×足コキ=破壊力!!
ハースハートのを街路を、マフラーを巻いた栗色の髪の少年が歩いていた。彼の右腕には、丁寧に包装された箱が抱かれている。

「ただいま―」

やがて集合住宅の一室の前にたどり着いた少年がドアを開く。そこには暖炉の側のソファーに座って本を読む少女……いや、エンジェルがいた。

「お帰りなさい、ユストさん。外は寒かったでしょう?」

ユストという名の少年に気づいたエンジェルが彼の体を抱きしめて、その唇を優しくふれ合わせると、少年の冷えた頬はたちまち熱を帯びていった。

―――――――――――――――――――――――

ユストとシェミリはもともと山奥の小屋でひっそりと暮らしていた。

しかし、この先二人の間に子供が出来ることや、昨今の治安の悪化を考えると、街で暮らした方が安全だという結論に落ち着いたのだ。

肝心の引っ越し先だが、その点についてはユストの仕事上のつながりで親交を深めていた、ペリコという名のハーフエルフが工面してくれた(ユストは故人である父親から特殊な製薬技術を受け継いでいたため、好奇心旺盛なペリコはユストの作った薬を頻繁に購入しては、怪しげな実験に使っていた)。

何でも彼女のお得意様であるハースハートの冒険ギルドの長が、副業として集合住宅を建設したらしい。その一室を安く譲ってくれるかもしれないとのことだ。

かくして、幼い夫婦は新しい愛の巣を手に入れたというわけだが、山奥だろうと街中だろうと、見ているこっちが砂糖を吐き出してしまいそうな程熱くて甘い二人の関係は変わらなかった。

―――――――――――――――――――――――

「あれ、ユストさん何を持っているんですか?」

「ああ、ペリコさんから姉ちゃんへのクリスマスプレゼントだってさ」

ユストはペリコから受け取った箱をシェミリに手渡した。

「わあ、嬉しい! 中身はなんでしょうか……」


箱の中から出てきたのは、暖かそうな黒のパンストだった。

「まあ! これを私に? よかった、冬はどうしても下半身が寒くて!」

それは姉ちゃんが真冬でも下着を履かないのが原因だと思うよ……という突っ込みを、ユストはどうにか飲み込んだ。それどころか、最近になってシェミリは自分のワンピースの裾の高さもギリギリのところまで上げるようになってしまったため、角度によってはプリプリのお尻やらなんやらが丸見えなのだ(以前そのことを注意しても、彼女は『ユストさんのエッチ♪』と言いながら心底嬉しそうな顔をするだけだった)。

ユストは、シェミリがいつ暴漢に襲われても不思議じゃないと、内心冷や冷やしていた。

「ん……しょっと。わあ、とても暖かいです」

ふわりとワンピースの裾をはためかせてパンストのつけ心地を確認するシェミリ。

ユストにしても、年頃の少女が見られていいところではない部分が見えなくなったのは幸いなことだったが、彼女のマシュマロの様な尻と太股が、黒のパンスト越しにマニアックな色気を放っており、いけないと思ってもつい目線が向かっていった。

シェミリはユストの視線に気づくと、クスクス笑いながら少年に近づき、そのままベッドに押し倒した。

「うわ、ね、姉ちゃん?」

「 ふふ……ユストさんがいない間、本棚にあったユストさんの本を見ちゃいました。確かタイトルは『ダークエルフ搾精地獄』でしたっけ? ユストさんああいうのが好きなんですか?」

「あ、あれは、その、ペリコさんがあんまり参考にならなかったからとか言って、かってに置いていったもので……ひゃあっ!?」

ユストは悲鳴をあげた。シェミリが自分の股間に足の裏をグリグリと押し付けていた。しかし、シェミリに怒っているような様子はない。

「最初から言ってくれれば良かったのに……私はユストさんが喜んでくれるなら、どんなプレイも出来ちゃいますよ♥」

シェミリは顔を紅くしながら微笑むと、足の動きを再開した。敏感な先っぽは指の腹で優しく撫で上げ、棹や玉は踵も使ってくにくにと揉み上げる。今まで体験したことの無い刺激にユストの肉棒はたちまち膨らんでいった。

「あっ、だめ……」

背徳的な快楽に思わず少女の手に足を添えて、その先に伸びる天使の少女の脚に目を向ける。


パンスト越しの太股とその先にある具の形まで見えてしまい、恥ずかしさのあまりユストは顔を両手で覆ってしまった。

「もう、どこ見てるんですかユストさん♥ お仕置きしちゃいますよ♥」

シェミリのズボン越しの電気あんまが更に激しさを増す。激しくも優しい天使の愛撫に、ユストはなすすべもなく高められていった。

「あっ、凄く固くなっちゃいましたね。イキそうですか? いっぱいお漏らしして下さいね♥」

シェミリはとどめと言わんばかりに先っぽをコシュコシュと擦りあげた。

「うんっ! くっ、く……ああ……」

ズボンの中でペニスが打ち上げられた魚の様に跳ね上がり、少年の体から力が抜けていく。

ユストは快楽でだらしない表情になりながら、パンツの中に射精してしまっていた。

「あーあ、パンツの中に出しちゃいましたね。お掃除しないと……」

シェミリはユストのズボンに手をかけて白濁液まみれのウインナーを露出させると、そのままぱくりとくわえ込んだ。

「んちゅ……ん……おいひいれふ……」

ユストのペニスは、彼女の上目遣いフェラにどうしても慣れることが出来なかった。一度少女の温かな口内にとらわれて、その愛らしい瞳で見つめられると、頭の中がピンク色に染まって、5分も持たず少女の口内に漏らしてしまうのだ。

今回も例に漏れず、射精直後のペニスはみるみるうちに膨らんでいった。

「ユストさんたら元気いっぱいです……♥ それじゃあ今度は後ろからいじめちゃいますね♪」

そう言うとシェミリは仰向けの少年の下に素早く体を滑り込ませて、
彼の肉棒をパンストを纏った足の裏でしっかりと挟み込んでしまった。

「こういうのは初めてだから……痛かったら言ってくださいね……」

シェミリの心配は杞憂だった。ユストは小さな悲鳴を上げて身悶えしていたが、それは苦痛からではなく、逃げることのできない甘い快楽からくるものだった。

「あう……姉ちゃん……」

物欲しそうな目でシェミリの方に首を向けるユスト。

小動物の様な少年の仕草にぐっと来たのか、シェミリはそのしっとりとした桃色の唇でユストの唇を捕まえると、彼の口内を小さな舌でねっとりと舐め回していった。

更に両手を少年のシャツの中に潜り込ませて、乳首をコリコリと責めあげ、背中には控えめだがふにふにした感触の胸を押し付けている。

暖炉で暖められた部屋で少女に優しく責められ続けるユストは、まるで全身が丁度よい加減のお湯の中に浸かっているような錯覚を覚えていた。

「んああっ、あっ! あはっ、はぁ……」

精液を絞り出そうとする天使の足裏に、少年は悦びの悲鳴を上げて屈服した。

ペニスが元気よく脈を打ち、真っ白な体液を黒のパンストに撒き散らしていく。

シェミリの足コキはユストが精液を出し終えるまで続けられた。




「凄い量……気持ちよかったですか?」

「う、うん……」

ユストは息を切らしながら答えた。黒いパンストとそこから滴り落ちる白いザーメンのコントラストがとてもエロチックだ。

「嬉しいです……それじゃあお昼ご飯を食べて少し休んだら、本番しちゃいましょっか♥ いっぱい中出ししてくださいね♥」

シェミリはユス トのおでこに軽くキスをすると、台所に向かった。

ユストはぼんやりとした頭で、今夜もたっぷりと絞り取られるんだろうなと考えた。




Fin.

12/12/25 01:10更新 / SHARP

■作者メッセージ
ちくしょう! クリスマスだからって皆イチャイチャラブラブしやがって!
ユストとシェミリを見習え! クリスマスだろうと正月だろうと一年中イチャイチャラブラブしてんだぞ! ……って、あれ?

ちなみに二人をフリーモルス人としたのは本編でも出す心づもりがあるからです。どんな形で出すかって? えーと、とりあえず、イチャイチャします(オイ

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33