読切小説
[TOP]
ドキッ! 逆痴漢列車の罠! 〜やめてアヌビスお姉さん、僕もうでないよっ〜
毎日毎日単調な授業、そして窮屈で不快な満員電車……そろそろこんな高校生活にうんざりしていた。
ゴールデンウィークも終わったと言うことが、倦怠感をさらに掻き立てる。
僕こと新治 翔太(にいはり しょうた)は朝の満員電車に突撃しながら顔をしかめていた。
だが、そんな俺でも通学電車はちょっとだけ楽しみにしている。
良く同じ時間に電車に乗るアヌビス……
サラサラしてそうな長い髪、すべすべしてそうな色黒の肌、仕事ができそうなキリリと引き締まった顔、パンツスーツが似合うスレンダーなルックス、そしてほのかに漂う香水……そんな彼女を見るのが俺の通学時間の楽しみなのだ。
見ることができたらちょっと高いテンションで授業に望むことができる。
もっとも毎日同じ電車に乗れる訳じゃないし、電車はいつも満員だから状況によっては同じ車両でも見ることができなかったりするけど……
そして今日は彼女が見えなかった。
『今日はいないのか……』
電車のドアが閉まる音がする。
これで今日はあの人がいないのは決定的だ……いや、待った。
僕の鼻腔を何かがくすぐる。
この香りは……
「私を探しているかしら?」
低く柔らかい声が後ろから僕の耳をくすぐった。
声は初めて聞いたけど、この香りは、この雰囲気は……
「あっ……」
名前を呼ぼうとしたけど、何も言えなかった。
彼女の名前を知らないのだから……
だが、彼女が続けた言葉が、僕が思っていた人であることを裏付けた。
「いつも私のことをチラチラと見ていたわね?」
「す、すみません……」
「ふふふ、まぁ見られて悪い気分ではなかったわ」
僕の耳元で彼女はくすくすと笑う。
「菅谷奏よ、よろしく」
耳元でアヌビスのお姉さんは名乗った。
そうか、菅谷さんって言ったのか……
憧れの女性の名前を聞くことができ、僕の心は踊る。
だが、それを邪魔する者が現れた。
お尻が何かむずむずする……
くすぐったい感じが僕の尻を包んでいた。
それが何か確認しようにもこの混雑では振り向く事も不可能だ。 
電車は寿司詰めで振り返ることは愚か、腕を動かすこともままならない。 
振り払おうと、なんとか手を尻の方へ持っていかせようとしてもダメだった。
そうしている間にそのむずむずした感じに動きが加わった。
僕の尻の膨らみの上で円を描くような動きだ。
『え、えええっ!?』
さすがにこれは何か偶然で起きるはずがない。
間違いなく、誰かが、私の尻を、意志をもって、触っている。
冗談じゃない、僕は男だぞ!?
男の尻なんか触って何が楽しいんだ!? 
触り方からして、僕がスカートを穿いていないことだって分かるはずだ。
なのにその手は僕の尻を撫で回し続けている。 
『やめろ! やめてくれ!』
そう叫びたかったが、こんな大勢の人(魔物娘もいるけど)が乗っている電車の中でいざ叫ぼうにも、声が出しづらい。
痴漢されている女性の気持ちが少しわかった気がした。
だが、嫌なものは嫌だ。
僕は自分のお尻を触っている手から少しでも逃げようと身体を捻った。 
「おや? どうかした?」
菅谷さんが声をかけてくる。
最悪だ。
痴漢されているところを憧れの人に見られたくない!
「い、いやぁ……ちょっと痒くて……」
「おしりが?」
「え? ええ、まぁ……えっ?」
急に具体的に尻のことを言った菅谷さんに僕は違和感を覚えた。
どうして僕が今、尻がむずむずしていることが分かる?
そう言えば、菅谷さんの声はどこか楽しそうだ。
『も、もしかして……!?』
あんまり気は進まなかったが、僕は触られている尻に意識を集中させる。
すると、尻を触っている手が、人間の手じゃないことが分かった。
何かぷにぷにしたものが中央にある。
感覚が鈍い尻だが、そのくらいは分かった。
『これは、肉球? だとすると……!?』
立ち位置的に導かれる答えは一つしかない。
「ちょ、菅谷さんっ! 何しているんですか?」
「あらら? バレちゃったかしら?」
くすくすと菅谷さんは笑う。
後ろに立つ彼女の動きに注意してみると、僕の尻を触るためにもぞもぞと肩を動かしているのが分かった。
もう疑いようがない。
僕の尻を触っているのは菅谷さんだった。
「や、やめてください! こんなところで……」
「ふふふ。なら『こんなところ』じゃなかったらいいのかしら?」
僕のヒソヒソ声の抗議も、菅谷さんは笑って聞き入れてくれない。
それどころか、手の動きをさらに大胆にする。
肉球で器用に尻の膨らみを撫でながら、一本の指で僕の尻の割れ目を撫で出した。
時々その撫でている指にクイッと力が込められる。
「うっ……」
その指先は確実に僕の尻穴を捉えていた。
なんとも言えない快感に僕は声を漏らす。
ぐぐぐ〜……
電車がカーブを曲がり、重心が移動する。
その拍子に、僕と菅谷さんの身体がより密着した。
僕の背中に菅谷さんの胸が押し当てられる。
菅谷さんの胸は小ぶりだがそれでも柔らかく、女経験がない僕をぞくぞくと興奮させた。
尻からの快感と背中からの胸の感触に、僕のモノが学生ズボンの中でむくむくと大きくなりはじめる。
がたん……
カーブを曲がりきった電車が揺れた。
それと同時に尻への愛撫がなくなる。
『あ、あれ? 菅谷さん、止めてくれたのかな?』
少し物足りなさを感じつつも、恥ずかしい状況から逃れられたことに僕は心の中で安堵の息をつく。
だが、実際はそうではなかった。
「あら、大きくなりはじめているじゃない」
いつの間にか、菅谷さんの手が前に回っていた。
どうやら今、揺れたときに前に持っていったらしい。
菅谷さんの手は僕の膨らみ始めた股間を這い回る。
ぷにぷにとした肉球が僕のペニスを撫で回してきた。
それだけではない。
もう一方の手も前に回っており、僕の制服(僕の学校はブレザーだ)の合わせ目に突っ込まれていた。
菅谷さんはそのままワイシャツの上から僕の乳首を、爪の先でカリカリと優しく掻いてくる。
「は、はぅ……」
それらの刺激に僕のモノはどんどん大きくなっていき、手による刺激にも敏感になる。
肉棒が硬くなったところで、菅谷さんは新たな攻めを加えてきた。
肉球で撫でるだけでなく、乳首と同じように爪の先でカリカリと掻いたり擦ったりする。
その爪の愛撫はズボンの上からでも的確にペニスの裏筋を捉えていた。
「ほぅら♪ 元気元気♪」
嬉しそうに菅谷さんは僕の耳元で言いながら手で愛撫し続ける。
そしてとうとう、僕のペニスは学生ズボンのなかでカチカチに勃起してしまった。
「すっごく大きくなっている」
耳元でうっとりと菅谷さんが言う。
「我慢汁も出て来ちゃったかなぁ? 魔物娘は男の臭いに敏感だし、とりわけ私は犬系の魔物だから、よく分かるわよ」
ハッハッとやや荒くなっている熱い吐息で僕の耳をくすぐりながら菅谷さんが言う。
菅谷さんもこの状況に興奮しているみたいだ。
吐息だけではない。
にちゃ、じゅる……と粘液質な音が聞こえる。
菅谷さんの涎の音だ。
いやにエロチックなその音に僕は身体を震わせた。
「ふふふ、震えちゃって可愛い。れろ、んちゅ……」
突然、耳を唾液にまみれた舌で舐められた。
ぞくぞくっと快感が耳から脳へ、そして全身へと回る。
「は……っ! ふわああ……」
思わず僕は声を漏らしてしまった。
耳を撫でられるだけでもどうかしてしまいそうだ。
だが、菅谷さんの動きはさらに大胆なものになる。
股間への愛撫が突然止んだ。
どうしたのかと思ったら、ペニスへの圧迫感が急に解けていった。
『こ、これはもしや……!?』
そのもしやだった。
菅谷さんは僕の学生ズボンのチャックを下ろしたのだ。
チャックを下ろしたらさらにそこに手を突っ込み、トランクスを引きずり下ろした。
満員電車の中で、僕のペニスが露わになってしまう。
菅谷さんに舐められている耳がカッと熱くなる。
「す、すすす、菅谷さん! 何やっているんですか!?」
「何って、オチンチンを直接扱いているのよ」
言葉のとおり、菅谷さんのぷにぷにした肉球が僕の肉棒を包み、シュッシュッとリズミカルに扱きあげていた。
「あのままじゃ苦しかっただろうし、射精したときにパンツが精液まみれになっちゃうでしょう?」
「で、でも……!」
「大丈夫。射精しても周囲の人にかからないように、ちゃんと手で受け止めてあげるから」
そういう問題じゃないと言いたかった。
でも菅谷さんの手コキはとても巧みで、僕は抗議の声をあげられず、代わりに喘ぎ声を口から漏らしてしまう。
いや、抗議の声を上げることができても、あげられないのが現状だ。
今、僕の恥ずかしいところは剥き出し……
声を上げたら、みんなにこの恥ずかしい姿を見られてしまう。
故に僕は声をあげられなかった。
痴漢される女性の気持ちが分かった気がする。
「ふふふ……おちんちんが私の手の中で大きくなったわよ? イキそうなの?」
僕が何も言わないことをいいことに、菅谷さんはどんどん僕の肉棒をしごいてきた。
菅谷さんの言うとおり、僕はもう射精してしまいそうだった。
こんなところで射精してしまうだなんて恥ずかしい、でも射精してしまいたい……
そんな気持ちが僕の中でぐるぐると回る。
しかし身体は、そして菅谷さんの手はあっさりと後者の欲を支持した。
僕の身体がぶるりと震える。
「あっ、あっ、ああぁ!」
下腹部から快感が弾け、その勢いに押されて精液が尿道を通り抜け、ぐんぐんと外界へと飛び出そうとする。
我慢しようにもそんな事は不可能だ。
満員電車の中、何も抵抗できないまま、僕は射精してしまった。
瞬間、菅谷さんの手の感触がペニスから消える。
どうやら僕の精液を手で受け止めているみたいだ。
「うふふ……たくさん出したわね」
僕の射精が終わったところで菅谷さんは僕の目の前に、白濁液で汚れた獣の手を見せつける。
彼女の言うとおり、出した精液は相当の量だった。
「ん、あむっ……んちゅう、じゅるり」
精液にまみれた手を自分の口元に持っていき菅谷さんはそれを、音を立てて舐めまわす。
音を立てると言っても、僕だけに聞こえるような大きさだ。
それがかえって卑猥に感じる。
「濃いけど、溜め込んでいた感じではないわね……でも女の臭いがしない。昨日、オナニーでもしていた?」
「なっ!?」
図星だ。
昨日、まだ名前はわからなかったのだが、僕は菅谷さんのことを考えていて自分を慰めていた。
僕の反応で図星なことがバレてしまったようだ。
菅谷さんがくすくす笑う。
「それにしても……若いからまだおちんちん元気ね。もう一回くらい出せそうかなぁ?」
射精したばかりの敏感なペニスに再び菅谷さんの手が這わされる。
肉棒と肉球は僕の精液と菅谷さんの唾液でぬるぬるのどろどろだった。
そのため、くちゅくちゅと粘液質な音が立ち、手コキの感触もさっきとはまた一味異なる。
「あっ、ふわあああ……」
僕は身体を震わせて身を菅谷さんにあずけてしまう。
もともと満員電車で密着していた二人の身体だったけど、もう完全に僕は菅谷さんにくっついていた。
「うふふ……気持ちいい?」
僕に寄りかかられてもよろけもせず、不満も言わず、僕のペニスをにゅこにゅこと扱きながら菅谷さんは僕に囁く。
「私もね、すっごく興奮しているの。もう私のアソコはぐちょ濡れよ♪」
はぁはぁと熱い息を吐きかけながら、菅谷さんは自分の状況を告白する。
菅谷さんも興奮しているという事実に、僕の心と身体はさらに昂ってしまった。
さっき出したばかりなのに、また射精感がこみ上げてくる。
「ぴくぴく震えているわね。またイきそうなの?」
「は、はいぃ……」
羞恥心と快楽で頭が滅茶苦茶に近い状態になっている僕はバカ正直に答えてしまう。
そんな僕に菅谷さんは、素直でよろしいと良い、とどめを刺そうと手コキの仕方を少し変えた。
自分の手と僕のペニスがぬるぬるなのを生かし、肉球で亀頭を撫でるのが追加される。
射精して間もなくて敏感になっている性器をそんな風に愛撫され、耐えられるはずがなかった。
「ま、また……、っ……!」
身体をびくんと震わせながら、僕はまた射精してしまった。
放たれた精液は亀頭に接している菅谷さんの手に再び注がれる。
「うあぁ……はぁ、はぁ……」
僕は菅谷さんに身体を預けたまま、ぐったりと脱力した。
そのとき
「狸ヶ崎〜、狸ヶ崎〜」
車内アナウンスと共に電車の扉が開く。
降りる人はほとんどいない。
みんな終点の宵の宮駅まで基本的に降りないのだ。
すぐにどどどっと人が乗り込んでくる。
「あ、あ、あああ……」
本当なら今、強引に降りて逆痴漢をしてくる菅谷さんから逃げれば良かった。
それなのに僕はそれができなかった。
2度の射精でボーっとしていたのと、精液まみれのペニスをむき出しにしたまま下車する勇気がなかったのが原因だ。
むぎゅ……
乗ってきた人が押してくるので、身体が圧迫される。
『ま、まずい……』
このままだと僕のペニスが誰かの服に接触してしまい、精液を付けてしまう。
それだけでも嫌だが、下手したら僕のペニスが潰されてしまう。
だが、身体はぎゅうぎゅうと圧迫されていたが、ペニスにだけは圧力がかからなかった。
なぜなら……
「ふふふ……」
いつの間にか菅谷さんが僕の前に回っている。
スーツのタイトスカートをめいっぱいめくり、黒のパンストに包まれた下着まで露わにしていた。
そして僕のペニスは菅谷さんのちょうど股の間にある……
ペニスに圧力がかからないのはこれが理由だった。
「気持ち良かったでしょう? 私の肉球手コキ……でも、もっと気持ち良いことをしてあげる」
言いながら菅谷さんは自分の下腹部に手を伸ばす。
そして爪でビリっとパンストを引き裂き、さらにショーツをずらした。
露になった秘花から蜜が垂れ、たらりと僕の亀頭にかかる。
「そ、そんなっ!? 駄目だよ、やめてよ菅谷さ……」
「行くわよ〜……」
僕の懇願も虚しく菅谷さんは身体を下ろし、ぬちゅ、ぬぷっ、と僕のモノをアソコに挿れていった。
菅谷さんの中はキツくて熱くて、そしてぬるぬるしている。
まるでいくつもの舌に舐め回されているかのようだ。
僕の肉棒がゆっくりと進んでいくたびに、敏感な亀頭が菅谷さんの肉襞に擦れて快感が背筋を駆け巡る。
「や、やめ……ああっ!」
僕は声を上げる。
「んあっ、どうしたの? おちんちんピクピクしているわよ? あっ、もしかして、もうイキそうになっている?」
情けないことに、菅谷さんの言っている通りだ。
ペニスはまだ半分も入っていないのに、僕はもう射精しそうになっていた。
しかし、このまま射精してしまうと僕は菅谷さんの膣内に出してしまうことになる。
それいろいろ問題があるので、避けなければならない。
これ以上菅谷さんが入れられないように、僕は手で菅谷さんの上体を押し退けようとした。
だけど快感で腕には力が入らない。
菅谷さんはどんどん腰を下ろして僕を飲み込んでいく。
「はふっ、いいわよ、すぐに、何回も出しちゃっても。遠慮なく私に中出ししなさい」
「あ、あ、あああっ!」
菅谷さんの言葉に、無意識のうちに油断してしまったのだろうか。
もうちょっとで僕のモノが全部入ると言うところで、僕は暴発してしまった。
「ん……んぅ、出てる……あなたの精液、どくんどくんって……」
うっとりとした顔で菅谷さんは囁く。
その間も腰を沈めるのは止めない。
ついに僕の肉棒は菅谷さんに完全に埋まってしまった。
先っぽが何かコリコリとした硬いものに当たる。
「あはぁ……入っちゃった♪ 奥っ、奥に当たってるぅ……私の子宮口にぃ……」
根元まで僕の性器を飲み込んだ菅谷さんはとろけた声で囁く。
そして僕を見下ろしながら訊ねた。
「どう? 私の中は……?」
「う、く……」
僕は答えられない。
さっき射精したばかりだというのに、挿れられただけで僕はまたイきそうになっていた。
いや、射精直後だからこそ、敏感すぎて気持ちよすぎる。
菅谷さんは腰を動かしていないけど、それだけでも気持ちいい。
加えて電車の予測できない揺れで肉棒と肉壁が擦れ、二人に刺激をもたらした。
「ん、あんっ、ふふふ……」
刺激に喘ぎつつも菅谷さんは妖しげに笑い、括約筋に力を込める。
膣壁が収縮し、むぎゅむぎゅと僕のペニスを揉みしだく。
「や、やめて菅谷さんっ! 僕もう出ないよっ!」
「ほらほらほぅら。まだまだ出していいわよ?」
僕が懇願しても菅谷さんは膣での締め付けをやめない。
その刺激に射精欲がまた堪えられなくなってきた。
「だめ、だめだって……あ、うあああっ!」
またイッてしまった。
これで4回目だ。
さすがにもうそんなに出ない。
尿道を精液が駆け上がる感じはなく、ペニスがびくびくと菅谷さんの中で震えるだけだった。
菅谷さんもそれに気付いたようだ。
「う〜ん、さすがにそろそろ打ち止めかしらね? でも私はまだイッてないし……」
困ったように眉を寄せていた菅谷さんだったが、何かいい案を思いついたらしく、その顔を輝かせた。
「よし、思いっきり腰を動かしちゃうわよ〜!」
「や、やめ……!」
今、腰を動かされたら……挿れただけでも気持ちよかったのに、この肉襞で肉棒をぐちゅぐちゅとしごき抜かれたら、精液は出なくてもまたイッてしまいそうだ。
襲いかかる快感に備え、僕は身体を固くした。
だが……
「おおっと、それはさすがに……」
「勘弁してもらおうか」
突然、菅谷さんの両肩に後ろから手が置かれた。
片方の手は赤色の鱗に包まれていて、もう一方の手は緑色の鱗に包まれている。
菅谷さんの後ろにサラマンダーとリザードマンが立っていた。
「いやぁ、なかなか面白い物を見せてもらったけどな……」
「さすがにハメて腰を動かされたら迷惑だ」
「あ、あ、あああ……」
突然邪魔が入ったのでパニックに陥ったのか、菅谷さんは顔を真っ赤にして口をパクパクさせている。
一方、僕も顔を赤くしていた。
このサラマンダーとリザードマンは僕が菅谷さんに弄られていたのをずっと見ていたに違いない。
しかも楽しんで。
他の人も見ていたのだろう。
二人に止めてもらって助かったという思いと同時に、見られていたという事実に僕は羞恥心で気が狂いそうだった。
「狛犬塚〜、狛犬塚です」
ちょうどそのとき、電車は次の駅に着いた。
菅谷さんと僕はサラマンダーとリザードマンに引き立てられ、駅員に引き渡された。



「こ、ここは……!?」
アオオニの駅員とカラステングの駅員に連れてこられた部屋を見て僕は驚いた。
てっきり駅員室とかのようなところで事情聴取をされたり、警察が来るのを待ったりするものだと思っていたのに、連れてこられた部屋はセミダブルベッドが置かれた狭い部屋だ。
ベッドの頭側にあるスタンドにはティッシュと何か怪しげなドリンク剤のような物が置かれている。
「ベッドルームですよ。痴漢・逆痴漢までは当社は黙認しておりますが……」
戸惑う僕に、さらりとアオオニの駅員は答え、説明する。
アオオニの説明をカラステングの駅員が繋いだ。
「本番は他のお客様のご迷惑となりますので、ご遠慮していただいております。どうしても我慢できなくなったお客様は、主要駅に設置しているこのベッドルームで交わっていただくのです」
「つ、つまり……!?」
嫌な予感に悪寒がし、僕は背筋を震わせる。
ほぼ同時に菅谷さんが僕をベッドに押し倒した。
ハッハとまさしく犬のように舌を出して荒い息をし、尻尾をちぎれんばかりに振っている。
「え、あ、ちょっと! 駅員さん助け……」
「ではどうぞごゆっくり」
「素敵なセックスを……」
僕の助けの声も虚しく、二人の駅員は頭を下げて部屋を出ていってしまった。
後に残ったのは僕と、発情しきっている菅谷さんだけ……
「もう遠慮しなくていいわね! 逆痴漢のドキドキはないけど思いっきりエッチしていいわよね!」
電車内では生殺し状態だった上、ハプニングもあってアヌビスの菅谷さんは滅茶苦茶に発情してしまっている。
そして今、おあずけ状態から解放された菅谷さんは完全に本気モードだった。
「それじゃ、思いっきり腰を振っちゃうわよ〜!」
「や、やめて……あっ〜〜〜!!」
言い終わるや否や菅谷さんは僕の肉棒を肉壷に納め、そして狂ったように腰を振り出した。








こうして僕は憧れだった菅谷さんに電車の中で逆痴漢されて何度も搾られ、駅員さんが用意した部屋でも何度も中出しさせられました。
そんな凄いことから始まった僕たちですが、今は付き合っていて幸せです。
12/05/08 19:46更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
jackry様著『こ・く・り+1♪』にて主人公の式邊 敦くんは
『モフっ娘☆天国 vol.3 今日の気分は妖狐さん』
『ミミかぷっ! 私の耳はふわふわよ♪ 〜刑部狸編〜』
『幼女嗜好。 vol.6 狐火ちゃんと遊ぼう!』
そして
『ドキッ! 逆痴漢列車の罠! 〜やめてアヌビスお姉さん、僕もうでないよっ〜』
をオカズにしていました。
それを見てjackry様に
「この4つのお話も書いてくれるんですよね?(ニコッ」
と振ったら
「あん? それはお前らが書けや。拒否できるとか本気で思ってんのか、おら。拒否したら知り合い(魔物娘)に襲わせるぞ?」
と返り討ち的な恐喝にあい、書かされたという事実を嘘と脚色250%でお送りしました☆
あらすじにも出た式邊 敦が出て、このSSがオカズになった(?)エピソードもある、jackry様著『こ・く・り+1♪』もよろしくお願いします。
また、同じように恐喝された中文字様の『モフっ娘☆天国 vol.3 今日の気分は妖狐さん』もよろしくお願いします。
それにしても、上の4つから選んで書けと言われて、迷わずに逆痴漢物を選んだ私って一体……(汗)
そんな私が書いた今回のSSでしたが、いかがだったでしょうか?
楽しんでいただければ幸いです。


そうそう、最後に一言……
これはあくまでファンタジー、SS。
リアルで痴漢・逆痴漢はダメ、絶対!!
……でも痴漢冤罪も同じくらい、あるいはそれ以上許されざる事だと主張したいです……

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33