読切小説
[TOP]
学園生活のめんどくさい先輩
 やあ、今日もゴキゲンー!!サテュロス先輩だよ〜。

なんだよその目は・・・見るならもっとエロいものを見てる目で見ろよ!

君より年上なんだ、ちょっとは敬ってくれても良いんだよ?


 ふむ・・・留年して同学年になった私を敬う事は出来ないだとー!?

コラー、失礼だなー!事実だけど失礼なやつだー!!


 ちょっと、テスト前日の晩に秘蔵のお酒をさー。

(※未成年者は呑んじゃダメよ、ショゴスさんとの約束だ!プロテスだ!)

ほんのちゅびーっと呑んだだけなんだよなー、たった5瓶だよ!?


 なんだよそのアホを見るような目つきは、だからもっとこうエロい目で見ろっての!

しかもずーっと勉強勉強ばっかりしてー、ちょっとは先輩さんを構えってんだよー!


 構わないとなー!構わないとなー!

笛を吹いちゃうぞー!?せーの(ボエ〜)


 はっはっは!これで君は私にメロメロメロンパンナちゃんだって聴いてないし!

アレ?どこいくの?帰る?って・・・えー、もうこんな時間ー!?バイトの時間がああーーーー!遅刻うううー!!



 今日はゴキゲンー!バイト遅れて怒られ先輩だぞー!

ふっふっふ、今日はバイト無いからなー。辞めさせられましたーなんてオチは無いんだぞー!

そして!今日は君に良い話と悪い話を持ってきたぞ!心して聞くがよい!

どっちから聞きたい?どっちかなー、アハー!

どっちも聞きたくない?そんなこと言わないでさー、聞いてよー。


 じゃあ悪い話というか残念な話からイクゾー!

君が密かに憧れていたマッドハッター先輩(元同級生)に恋人が出来ました!!

(元)同級生としてこれはめでたい!けど君にとっては真っ白になるほどだったか・・・

ほらペン落としてるし。

あ、石化が溶けた。相手さん?ああ、あのいつも学年TOPの人だね。

いやー、凄い人をゲットしたもんだねー。


 ほ、ほらー、そんなに落ち込まないで(アセアセ

そうだ、良い話の方も言っちゃいましょう!

失恋の墜落直下な君に朗報だ!

なんと私が君の彼女になります!

さぁ喜び勇んでワルツを踊ろうじゃないかっかっか!

 
 うわー、凄デカため息。

そりゃ勉強出来ないし、酒癖がちょっぴり悪いし、しっぽの寝ぐせが酷いけどさ!

こんなかわいいかわいい先輩だよ?どーだいどーだい、今ならご休憩的な所へレッツごーしてもいいのよ・・・?(ポッ


 これまた凄デカため息!

え?なんで?ダメ?私!?割とショックー!

結構胸あるし、足もしっぽももっふもふだよ!?寝ぐせあるけど!

バイトしてるから少しぐらい奢れるし!

毎朝毎晩あまーい言葉で酔わせる自信もあるし!!

え?悪酔いしそう?


・・・ぶええええーーん!おぼえてろーー!



 今日は雨!失恋の留年サテュロスちゃんだよー!

お陰でお酒呑んでも美味しくないから昨日は一滴も呑んでない。

そもそも今日バイトだし・・・

というかノートじゃなくて私を見てよ・・・ねぇ・・・


 って勉強の邪魔だよね?ごめんね−、早いけどバイト行ってくるねー。

うん?

なんで頑張って勉強してるか考えた事があるかだって?

そりゃ、良い大学とか就職するため?

アホな先輩を養うため?

アホって誰?

・・・・・

・・・

私!?

ワタシノタメデスカ!えええええ

なんで?そんな喜ぶ事言っても1万円とワインしか出せないよ!?

じゃ、じゃあ私たち相思相愛ああそうかいでいいの?

うっきうきでバイト行ってくるね!わほおおおい!



 雨だけど晴れ模様の彼女のサテュロスちゃんだよー!

今日はバイトない!

デートしようデート!って勉強だよね〜君は。

え?いいの?

やったー!行こう!行こう!すぐ行こう!



 ちゃうねん、決してやましい事は

\ラブホテルー/

映画は見放題だし、ご飯も食べれるし、カラオケも出来るし!

ほ、ほら!早く入ろう!!出入口にいる方が恥ずかしいよー!

お金は先輩に任せて任せてー!ってどうやってお金払うんだろ…やり方わかんない…まぁいいや!



 と言うことで記念すべき初デート!

いえーいどんどんパフパフー!

なのでノンアルコールワインのお酒〜

私が作ったんだよー、呑んで呑んでー!

どう?美味しい?

良かったー!



 ちょっと暑いね、服脱いじゃおう。

ほら、しっぽだよー触ってみる?もふもふだよー。

(もふっ)

あひっ!

(もふもふもふ)

あひっ!ひっ!

(もふもふもふもふもふもふもふもふもふ)

ひっあっあっあっひいっいっいっ!



…あー(グスッ

イッちゃった、もう君のせいだよ…

下着とベッドが汚れちゃった吹くもの吹くもの…アッ

ナンデ?押し倒してるの?

あと下着脱がして…えっ?!

そして私のおまたにヒッ!

そんな!舐めちゃ!あっ!汚いよ!中に舌が!舌が!

あっ!出る!イッて出ちゃうから!

離れて!イッちゃっう!イッ…ああっ!


えぇ…まだ舐めるの?

くそぅ!不公平だ!君のも頬張ってやる!



 あの…そろそろ30分ぐらいになるし…

ちょっとおトイレ行かせて…小さい方…



 ふーってなんで君もついてきてるのかな?

おトイレするところが見たい?面白いものではないよ…?

(ジョロジョロジョロジョロ)

割と恥ずかしいんだけど…

ってまた舐めるの?しかもここで?せめて拭かせてって容赦ないー!



 おかしいなぁ、ノンアルコールな筈なのになんでこんなに酔ってるような

\アルコール度数18%/

え?

\18%/

え?

\18!/



間違えた、ヒャア

キスするならせめて口ゆすいでー!



 そりゃ最終的にこうなるのは望んでたけど事故というかなんというか…

でも君のビッグボーイがもはや許してくれないよね。

あ、あの…優しくしてアヒイ!ちょっと痛い!


(10分後)
今で何回お互いイッたと思う?三回だよ三回!!

(一時間後)
アヒイ!イッ!アヒイ!イッ!

(二時間後)
…口から…君の精液が…出てきそうヒャア!

(三時間後)
 …!…!…!!…!!…!!

(五時間後)
ハヒー…ハヒー…もう外…深夜になってるじゃん…



 あぁー、腰とおまんまんが痛い…

でも夜の外の空気おいしい…

ごめんって?確かにちょっとやりすぎだよぉ…

でもこれですっと私とつがいだからね!わかった!?

うん、良い返事!

え?今日はいてた下着貸して?明日返すから?

………!

あほーーー!!
20/06/15 01:11更新 / ひいらぎさん@

■作者メッセージ
お酒呑みたい

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33