読切小説
[TOP]
やめて! セイレーンに複数人がかりで乱暴するつもりでしょう!
「完全に薬が効いているみたいだね、お姉さん」

「うう……子供の癖に……」

真夜中の親魔物領の町外れの倉庫で、奇妙な光景が繰り広げられていた。

全身から力が抜け落ちたセイレーンの娘の周りを、6,7人程度のローブを身に纏った男が取り囲んでいる。

奇妙なのはその男達の風貌で、全員が全く同じ容姿を持っており、しかも彼らはセイレーンの娘の腰辺りぐらいまでしか背が伸びていない、体つきも華奢な少年なのだ。




この親魔物領の港町では数週間前から、魔物娘が複数人の男性に乱暴されるという事件が連続して起きていた。被害にあった魔物娘は怪我や精神的な外傷も受けておらず、妙なことに被害後も日が暮れてから人気のない道を彷徨くような、不用心な行動を続けていた。

町に住むお節介焼きのセイレーンのルリはこの奇妙な事件の真相を掴むべく、敢えて夜の街を見廻りする、いわゆる囮捜査を始めた。

周囲に眼を光らせていると、一人の真っ黒なローブを身に付けた可愛らしい少年に助けを求められた。

「女の人が複数の男に迫られている」

やっと尻尾を掴んだと思ったルリは
少年に連れられて人気の無い放棄された倉庫の中に侵入した。

真っ暗な倉庫の暗闇からいきなり薬品のようなものを顔面に吹き掛けられ、後は冒頭の展開の通りである。


「私を動けなくしてどうするつもり?」

「やだなぁ、お姉さんだって察してるでしょ?」

その通りだった。少年はどう見ても分身薬を服用していた。精と魔力の分離症状を引き起こし、同じ姿の分身を作り出すこの薬は、感覚を混乱させ、理性や思考を鈍らせる効能がある。実際に少年の呼吸は荒く、頬には赤みが差しており、ルリ自身もこれから何をされるかは薄々感づいていた。

「大丈夫。乱暴な真似はしないから」

少年達の内の一人がそう言ってルリの背後に回ると、胸を覆う肌着を取り外して、小ぶりなおっぱいを揉み始めた。

「お姉さんのおっぱい、ちっちゃくて可愛いね」

「よ、余計なお世話よ!」

顔を真っ赤にして叫ぶルリにも構わず、少年達は彼女の肢体に群がり始めた。


ほの暗い倉庫の中に、身体中を小さな舌が這い回る、淫靡な水音が響く。

「(うう……///)」

ルリは恥ずかしいやらくすぐったいやら、気持ちいいやらで微かに身を捩るが、先程吹き掛けられた痺れ薬の効果で、少年達を振り払うこともできない。少なくとも彼女自身はそう考えていた。

「(一応痺れ薬は効いてるんだけど、完全に動けなくなるほどでもないから、本当に嫌だったら、逃げられるんだけどな……)」

少年達は首筋はおろか腋の下から、太股、鱗に覆われた足の裏、耳の穴、臍まで小さな可愛らしい舌でペロペロとなめ回している。

「お姉さんの髪、凄く良い匂い……」

「えっ、あっ、ありがとう……ひゃんっ、乳首はダメ!」

背後から胸を責めている少年は、恍惚の表情でルリの髪に顔を埋めながら、ツンと勃った乳首をつまみ上げる。

「腋の下は結構臭うよ。シャワーちゃんと浴びてる?」

「浴びてるわよこの変態!」

ルリは腋を舐める少年に対して湯だった様な顔で罵った。

耳を責めていた少年が立ち上がると、ローブの裾から年相応のサイズのぺニスを取り出して、ルリの目の前に差し出す。

「お姉さん、ペロペロして……」

母親に甘えるような声でおねだりする少年のぺニスは、過去に何度か女性と交わっているらしく、皮はしっかりと向けていた。だが、所詮は子供。先端は敏感そうな桃色で、サイズも一息で口の中に収められる程度のものだ。

「もう、このスケベ……」

ルリは文句を言いながらも少年のぺニスを口の中に迎え入れてあげた。

くちゅ、くちゅ、ちゅ……

少年のぺニスを口の中で可愛がっている間にも、ルリの体は少年達の舌で責め立てられている。ルリは体の芯が熱くなっていくのを感じながら、顔を前後に動かしていく。

「あっ、気持ちいい……こんなの、すぐに出ちゃう……」

少年の限界はすぐに訪れた。ぺニスを這い回る舌の感触に緩みきった少年の表情がふと苦しそうな物へと変わると、か細い喘ぎ声と共に、ルリの口の中に生暖かい液体が注ぎ込まれる。

「ふん、そんな敏感ちんちんで私を輪姦しようなんて十年早いわよ」

「なんだとー」

口の端から白濁液を垂らし、得意気に微笑むルリの姿にむっときたのか、少年の一人が手早くスカートの中に手を突っ込んで下着を脱がせると、そのまま彼女の秘部を舐め始めた。

「もうぬるぬるじゃん。お姉さん、ちんちん舐めて興奮しちゃったの?」

「ち、ちがーーふぁ……♥」

「お姉さん、僕のも舐めて……」

先程とは反対側から差し出された小振りのぺニスも仕方なくくわえてあげるルリ。空いている片方の翼で、先程口の中で果ててしまった少年のモノを包み込むと、少年は「ああっ」と女の子みたいな声を上げて、腰を突きだした。

「お、お姉さん! 足で、足でシて!」

「ぷはっ……あ、足ィ!?」

ルリは仰天して口の中からぺニスを吐き出した。確認のために言っておくが、セイレーンの足は人間のそれとは違う。猛禽類を彷彿とさせる鉤爪の付いた足である。

「子供の癖にどんだけマニアックな趣味してるのよ……!」

ルリは恐る恐る少年の勃起した可愛らしいサイズのぺニスを足で握りしめると、慎重に筋肉で揉み込んでいく。

「すごいよぉ……鱗が引っ掛かって気持ちいい……」

ぺニスを足でシゴかれる少年が涙目で呟く。その間にもルリの体には少年達の舌が這い回っていく。

「(うう……そろそろ、ヤバイ……こんなのでイッちゃう……!)」

自分よりも明らかに弱いであろう少年達に体の自由を奪われ、純粋な性欲の捌け口とされてしまう。ルリの肉体は本人も気づかない内に背徳的な快楽によって昇りつめていたのだ。

「お姉さん、出る……!」

口と翼で慰められていた子供のぺニスが、ほぼ同時に限界を迎え、ビュッと、ザーメンを吹き出した。遅れて筋肉質の足でシゴかれていたぺニスの先端から、ドロリと白濁が溢れ出す。

「(ダメ! 私も……イッちゃう!)」

ルリの体がビクンと痙攣したかと思うと、クリトリスに吸い付いていた少年の顔面に熱い飛沫がかかる。

「お姉さん、イッちゃったんだね。気持ち良かった?」

「〜〜!!」

少年の指摘にセイレーンの娘は顔を真っ赤にして目を逸らした。






「あっ、あんっ、かき混ぜないで……」

仰向けに弱い力で押さえつけられたルリは、狭い膣を少年の指でくちゅくちゅと責め立てられていた。

「お姉さんのアソコ、もう準備万端だね」

少年の一人がそういって指を引き抜くと、勃起しきったぺニスを膣口にあてがった。とはいっても、いかんせん子供相応の大きさのぺニスであるため、ルリ自身もかなり興奮していたこともあり、恐怖や嫌悪感は皆無だった。

「(ああ……私、こんな小さい男の子に犯されちゃう……///)」

「あっ、入っ……たぁ……」

少年のぺニスをルリのひだが甘くきゅっと締め上げる。魔物娘としての本能的な肉体反応だ。

「うわっ、出る、出る!」

「えっ、ちょっと、いくらなんでも早ーーあ……」

ピュッ、ピュッと可愛らしい射精がルリの胎内で起こった。少年が腰を引くと、先端が白く汚れた半勃ちのぺニスが姿を表し、膣口からは白い液体がトロンと溢れ落ちる。

「ちょっと! 中に出すなら出すってーーそれ以前に入れると同時に射精するとか、早漏過ぎよ!」

膣内に出されたことよりも、少年だけが勝手に気持ちよくなって果ててしまったことに対して不満をぶつけるルリ。

「大丈夫だよ、こっちは何人もいるんだから。お姉さんが満足するまで付き合うよ」

そう言って別の少年が立ち代わると、ルリの膣内に再び小さなぺニスが侵入する。

「うわぁ……このオマ○コ……本当に気持ち良いや……」

少年は暫くの間ぎこちない動き方で細い腰を振っていたが、2分も経たない内にビクンと体を震わせて、ルリの中に子種を注ぎ込んだ。

「さっきの痺れ薬の中に、避妊薬も入れといたから、妊娠の心配はしなくて良いよ」

三人目の少年はそう言うと、ルリの体を持ち上げて下から突き上げるような形で腰を降り始めた。しかし、この体勢は重力により、根本までズッポリくわえこまれるので、子供の体で、それも分身薬で何倍にも増幅された快感に耐えるのは難しい。案の定何回かのピストンで、少年は大きな喘ぎ声を上げて発射した。



「(うう……またイキそうになってきちゃった……)」

ルリは真っ赤な顔で、乳首を吸いながら腰を振る少年の頭を見下ろしながら考えていた。一回一回はすぐに終わっても、入れ代わり立ち代わり連続で膣内射精されると、その未体験のシチュエーションも相まって体がオルガズムに近づいていってしまうのだ。

「(もうっ! こうなったらやけくそよ!) 」

ルリは子供の様に(実際子供なのだが)小さなおっぱいに甘える少年の腰を足でガッチリ掴むと、そのまま無理矢理奥までぺニスを子宮口まで誘い込む。突然の衝撃に少年は目を白黒させて絶頂し、奥まで精液を注ぎ込まれたルリもまた、ビクビクと絶頂を迎えた。

「あはぁ……いっぱい出たね……♥」

柔らかい翼で頭を撫でられる少年は、あることに気がついた。

「(ヤバイ……! 分身薬の効果が……!)」

少年はルリの体に夢中になるあまり、分身薬の効果には制限時間があることを忘れていた。少年の分身達は、既に姿を消していたのだ。

「(すぐに逃げないと……分身薬の効果が切れたってことは、痺れ薬の方もーー!)」

慌ててぺニスをローブの裾の中にしまい、その場を立ち去ろうとする少年の背中に、ルリの翼がガッチリと組み付いた。

「うふふ……♪ 今度は私の方が責める番だよ♪」

「あわわ……」



ーーーーーーーーーー


「ん……ちゅっ、……んん……ちゅ〜ちゅぱっ」

ルリは少年の体を、逃げられないようにがっちりと抱き締めながら、その唇を貪っていた。子供から性的な主導権を奪うには十分すぎる程の威力を持つ、手加減無しのディープキス。同時にその健康的な太股で股間をグリグリと刺激されては、少年もされるがままになるしかない。


「ん〜〜ちゅぱっ♥ ふふっ、どうしたの? もしかしてファーストキスだった? 意外と純粋なんだね」

「ち、違うわ!」

「強がっても無駄よ♪ 精液搾り取っちゃうんだから♥」

ルリが少年の耳元で魔力を込めた歌を囁くと、少年の瞳がトロンと熱を帯び、抵抗する気力は微塵も残らず失われてしまう。厭らしい笑みを浮かべて少年を押し倒すと、そのまま一気に騎乗位でぺニスをくわえこんだ。

「ほらほらぁ! 気持ちよくなっちゃえ!」

今までのお返しだと言わんばかりに
少年の上で跳ね回るルリ。上下に激しく、左右にゆったりと強弱をつけ、時折腰を回転させるようにして少年の幼いぺニスを膣肉でもてあそんでいく。

「お姉さん……! ダメっ、おかしくなっちゃう……!」

ぺニスを貪られる少年は体をビクビクとひくつかせるが、力を取り戻した魔物娘の筋力に抵抗できる訳もなく、ただ一方的に犯されていく。


「ううっ、イクッ! 出ちゃう! ダメぇ……!」

「あはっ♪ 出ちゃう? 女の子に主導権握られて、ザーメンお漏らしちゃうんだ♪ 良いよ♥ イく時の顔 見ててあげる♥ ほらほら、観念して中出ししちゃえ♥ 」

「んんっ、出ます!」

少年はルリの腰のくびれに必死になってしがみつくと、そのまま彼女の体を持ち上げんばかりの勢いで大量に射精した。

「きゃうんっ♪ ……ふふ、吸い付くされちゃったね」


射精を促すために腰をキュッキュッと捻る度、少年は全身を震わせて涎を垂らす。そんな少年の蕩けた顔を、真っ赤な表情に肩で息をしながらも、勝ち誇った顔で見下ろすルリ。彼女の淫靡で美しい表情を見上げながら、少年の意識は闇の中に落ちていった。


ーーーーーーーーーーーーー

翌日、あっさりとルリに捕らえられた少年は町の牢屋で数日程頭を冷やすことが決まった。未成年で、襲われた女性達も被害届を出していないとはいえ、犯罪は犯罪である。

「へぇ、あの倉庫にこっそり装置を持ち込んで、薬学を勉強してたってわけ?」

ルリは牢屋の柵越しに少年に話し掛ける。

「そうだよ。それで分身薬っていうのを試しに作ってみたんだけど、本当に効果があるのか確かめている内に、自分でも歯止めが利かなくなって、つい何人も……」

「ふぅん。それはともかく、牢屋から出たら、貴方に是非とも会いたいっていう女の人達がいるんだけど」

「えっ、それって……」

「ふふっ、精々おちんちんに精液貯めておくことね。被害届を出さない代わりに、今度は貴方が彼女達に乱暴される番だから。勿論、私も参加するわよ♪」

「……」

「あらっ、もしかしてちんちん勃っちゃった? もうすっかりドMになっちゃったんだね♪」

「そ、そうじゃねーし!」

顔を赤らめて否定する少年に、ルリはパチリとウインクした。




その後、港町に魔物娘の妻を複数人めとった少年の魔法薬店が開業するのだが、それはまた別の話である。



ーーfin.
16/04/25 23:04更新 / SHARP

■作者メッセージ
どうも、「ショタ輪姦。でも、女性側に嫌悪感はなく、『全くもう』みたいな感じで相手をするんだけど、じわじわと気持ちよくなってく」というとん○るずの冠番組の某コーナー並みに細かいシチュエーションにはまってしまい、思わず一気にセイレーンで書き上げてしまったSHARPです。当然そんなシチュエーションのSSは無いだろうし、あったとしても探し出すことは不可能に近いので、自分で書くんだけれど、自分の書いた作品では抜けないというジレンマ……。ああ、誰か「ショタ輪姦まんざらックス」流行らせろ! いや、流行らせてください何でもしますから!(血涙)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33