読切小説
[TOP]
不幸なハッカーが退治されるお話
俺の名は天堂悠一。

年齢は24、ちなみに彼女なし。
こ、高校の時は一応(数週間だけ)いたからセーフ。

ある会社に雇われたITエンジニア…というよりもネットワーク保護やウイルス対策を主に手がけるPC係のようなものだ。
仕事内容としては…Excelの使い方のわからないオッサンに値の挿入の仕方や線の引き方、保存や出力の仕方を教えたりだとか、社員(全員で約30人程度)の内にいる魔物娘の社員(4人)がエロ画像を見たりしたせいでウイルスに感染した際の対処に当たったり、HDDの中の1000枚を超えるエロ動画やエロ画像の削除なんかをしている。

まあ年収は…悪い方ではないだろう。
おまけにExcelの使い方を教える、なんて誰にでもできる仕事で勤められるのだから、俺は幸せだ。



そんなある日の話だった。





「親父が死んだ?」


掛かってきたのは叔父からの電話であった。

俺に母親はいない。

そして親父はろくでもない人間で、女の尻を追いかけては借金と酒にまみれているような、典型的なダメ人間なのだ。
たまに俺の家にまで金をたかりに来たりするのがうるさくて仕方なかった。

そんな親父が死んだとなると、万々歳と言うより他はない。


「ああ…悠一君……そういうわけで…君が圭一(親父)の遺産相続人となるんだ」

「遺産?借金の間違いじゃないですか?」


すると叔父は「ああ」と短く言って、急ぐように言葉を続けた。
なにか嫌な予感がする。


「………もちろん通常なら借金の相続は放棄も可能だ、だが……圭一は、危ない金融機関から金を融通してもらっていたらしい」

「え?」

「悠一君、君に9400万円の借金が発生したらしいんだ……圭一のせいでこんなことになって………本当にすまない…!」


何を言っているのか分からなかった。

晩年までほとんど絶縁状態だった親父の借金…9000万円弱が俺にのしかかる?

あり得ない。


「あり得ません!そんな横暴……!」

「そう、普通ならあり得ないんだ…でも圭一は普通じゃなかった…!」

「手続きは?まだ完了していないなら…!」

「いいや、金を貸していた機関から通知が来たんだ……相続手続きは完了した、そして故人と相続人のすべての財産を全て差し押さえた、と」

「……あ、あとでかけなおします!」


電話を切る。

廊下からオフィスへ走る。
大きな声でただ事ではなさそうに話していた俺の声は、オフィスにまで届いていたのだろう。
みんなの訝しげな視線を浴びる。

しかし今はそんなことに構っている場合ではない。
急いでカバンに荷物を詰め込んだ。

家に帰らなければ。


「社長…あの、私の父が今日亡くなったそうで……近しい肉親も私しかおらず、今日は早退をいただきたいのですが……」


社長は暗い顔をしていた。
その顔はあまりに暗く、俺が今日早退するという理由に起因するものでないのは明らかだった。


「天堂くん…悪いな、私も、社員も、この会社もまだ終わりたくはないんだ…」

「…え?」

「………餞別だ、何か美味しいものでも食べて元気を出してくれ」


社長は『退職金』と書かれたやや厚みのある封筒を差し出してきた。


「……待ってください、なにか…父の借金のことでこの会社が…?」

「話は終わりだ、気をつけて帰りたまえ」


社長は頭を下げて俺に出ていくように促した。
身体から血の気が引いていくのを感じる。
震える指先を伸ばして、取り落としそうになりながら封筒を受け取った。

今はとにかく家に戻ろう。
家があれば、住所があればまだ大丈夫。
この腕一本で食ってきたのだ。
すぐに仕事も見つかるさ。



そんな希望は、俺の家のある賃貸マンションの下で、俺の家財家具がトラックに次々と積み込まれる様によって打ち砕かれた。



「悠一君…聞こえているかい?」

「……聞いてくれているものとして話すよ、ショックで声も出せないのかもしれないが、ここでへこたれてはダメだ…私も今法的措置を取るために弁護士と掛け合っている」

「いいかい?それまで勝手な行動はしちゃいけない…私の家は東京から遠いし、やって来るのは難しいだろうが……くれぐれも、変なことはしてはいけないよ?送金も望むのなら…ああ、いや、住所が……」


電話を切った。
着信によって振動する携帯の電源を落とし、俺はあてもなく歩き出す。

変なこと…自殺、それしか残されていないような気がした。

ドラマでこんな状況の人を見て、なぜ必死に生きないのか分からなかった。

今ならよくわかる。





それから数日経って、しかし俺はまだ生きていた。

財布にあった2万9000円と、いつ止められるか分からないクレジットカード、そして商品券を金券ショップで換金して手に入れた数千円をあてに、ネットカフェに転がり込んだのである。

ネットカフェならばネットも使える。
借金取りの追手にも見つかりにくい。

俺はネットを使うと言っても就職など探していない。
住所もなしに探せるわけもない。

俺が始めたのはちっぽけな犯罪行為であった。




仮想通貨という名前を、誰でも一度は聞いたことがあるだろう。


通貨というのは、10円玉に10円分の価値があると信頼されることによって成り立つシステムである。

ならば具象のコインや紙幣がなくともデジタルの世界の通貨であれ、信用さえされれば、それを信用する者同士の共通の通貨として使用できるであろう。


そんな考えの元で使われているのが仮想通貨「モンガル」。


モンガルはモンスターガール株式会社が創り出し、同会社が流通を取り仕切る仮想通貨なのだ。

今や日本で最もメジャーな仮想通貨と言っても過言ではなく、一部のコンビニ、スーパー、デパート、通信販売での利用も可能になっている。




仮想通貨はデジタルなものだ。

つまりハッキングで盗み取ることができる。


俺の腕ならばブロックも破れるかもしれない、そんな軽い気持ちで始めたハッキングであったが…それが大成功してしまったのだ。


それから毎日、俺はランダムな時間にネットカフェのパソコンのIPを偽装し、複数のサイトを経由し、外国のサーバーを借りて、別の箇所にハックを仕掛けるように見せては仮想通貨を盗み取っていた。


ここ6日間で手持ちの現金は尽きたが、仮想通貨によってネットカフェの代金も支払い続けている。

1週間で稼いだ額は20万といったところか。
一日に30分足らずの簡単な仕事をするだけで2、3万も稼げるのだ。

…変なサイトのキャッチコピーみたいだが、本当のことだ。




そして今日もハッキングをする。

犯罪なのだろうし、悪いと思う心が無いわけではない。
が、こちらも命がかかっているのだ。


今日はいつもより長くアプローチして、より多く奪い取るつもりだ。


空いた時間で作った、ハックソフト、逆探知防止ソフト、そしてウイルスに見せかけて危機を煽るソフト、この3つを起動させる。

モニタに映る文字列


「よし…!目標金額はもらったな、このガードの甘さならあと5万もらってもバレないだろ…!」


増え続ける額の表示。
2万5000円
3万円
3万5000円
4万円

と、その時であった。


「…?何の音だ?」


ピーピーピーピーピーピー

なにか、見覚えのないウインドウが開いている。

そこにはこう表示されていた。


『カメラとマイクとスピーカーをオンにしました』


「………!?」


ハッキングの表示を見ると、俺の置いたブラフをことごとく突破して逆探知するべく、あちら側のハックプログラムの文字が走っていた。


「まずい…!電源!ケーブル…!」


今引っこ抜けばバレないかもしれない。
普段その辺にあるケーブルを探す。

イスの下に落ちている。

手を伸ばす。

その時、モニタの大きなウインドウに女の顔が映し出された。

角とも耳とも付かない物が頭に付いている、血色の悪い…というより、生きているとは思えないほど無機質無表情な女の顔であった。


「動かないでください。既に貴方の座標は把握してあります。」

「……アンタ、何者だ?」

「後でお話ししましょう。今そちらにお迎えが行っているはずです。」

「迎え?」

「はい、予定ですとあと2ふn」


と、女の顔を押しのけて別の女の顔がカメラに入ってきた。


「わお!イケメンじゃん!いっつもハッキングソフトの攻撃を無視してカメラ機能のハッキングをしてたのはこのお顔を見るためだったんだ!きゃーッ!ミトン部長ったら可愛すぎて草不可避ィィ!」


その女…(というより少女?)は血で染めたような紅い帽子を振り落とす程の勢いで頭を振りつつ興奮し(笑いこけ?)無表情な女の、少し赤くなった頬をつついている。

というより…カメラのハッキング?
そんなはずはない。

俺のブロックプログラムが破られることなんてあり得ない。

しかし、経緯はどうあれまったく悟られることなく、オフラインであったカメラ機能を勝手に起動させるほど、このコンピュータを掌握したのだ。


「お前ら…一体……!?」


その答えはモニタの二人からは返ってこなかった。
イスの後ろの扉が開く。


「支払いは済ませました、私、モンスターガール株式会社ハック対策部門実動課のアランと言います、さて、ご同行願いましょう」

「………釣られてたのは、俺の方だったってわけだ」





表に止まっていたのは、フロントガラスを除く全ての窓が曇りガラスになっているという、なんとも異様な車であった。

左右と後ろにカメラがついており、それで車間距離や後方を確認するのだと思われる。

車がゆっくりと進み出し、足を畳んで窮屈そうに運転席に座るクモ女…アランが口を開いた。


「我々モンスターガール株式会社ハック対策部門は、世界中からハッキングについて精通したプロフェッショナルの魔物娘を集めています」

「…ああ、アンタたちの口ぶりからすれば、俺の最初のアプローチから俺のIPや居場所を逆探知することはできたんだろ?」

「はい、しかし部長……先程最初にご挨拶をしたオートマトンのミトンが、貴方のハッキングの腕を気に入ったそうですので、しばらく泳がせていました」

「………アラン、さんだっけ?アンタの属する実動課ってのは?」

「我々モンスターガール株式会社は仮想通貨が有名です、ゆえにハッキングが後を絶たず、一つ一つ警察などに委ねていては時間も管理コストもかかります、ですので私たち実動課がハッキングした者を『楽園』へ連れて行きます」

「楽園?」

「東京ドーム20個分ほどの大きさの、太平洋のある場所に我々によって秘密裏に作られた人工島です、そこには100を超える種類の魔物娘200人強が暮らしており、やってくる男をヨダレを垂らして待っています」

「…それこそ犯罪だろ……」

「我々はどの国の領海にも入っていない場所に、たまたまできたゴミの塊の上にたまたま住み着いた魔物娘の元に気まぐれで船を出しているだけです」

「…」

「それに貴方には楽園は関係のないことです、良かったですね、楽園送りは免れることとなりそうです」


まったく感情のこもっていない一言だった。

程なくして、真っ白な壁に反射ガラスがはめ込まれた出来立てのビルの地下駐車場へとたどり着いた。

ガチャ、と数本の黒い手が扉をあけてくれた。


「どうぞ、お降りください」

「……どうも」


俺はまだ逃げることを諦めたわけではない。
魔物娘と言えどもパワーは男の俺に敵うはずはない。

地下駐車場の出入り口に向かって、俺は全速力で駆け出した。

ここで逃げ切ればまたどうとでもなる。
しかし、大人しく捕まれば『楽園』よりももっと酷い目に遭わされるに違いない。


「あと……少しッ!」


「はーいっ♪つかまえた〜♪」


あと出口まで数mのところで、車から伸びた紫色の触手が俺を地面に引き倒した。


「ダメじゃないですか〜♪しっかり抑えとかないとぉ、ね?ほら、こうやって」


ギチギチと数本の触手が俺の体を縛り上げる。

痛みは感じないが、力がまったく入らない。


「……すまない、私のミスだ」

「いいえ〜♪あ、私はぁ、マインドフレイアのイフっていいますぅ♪やってみたいことは男の人の精神を溶かしてあげることですぅ♪よろしくお願いしますぅ♪」


甘ったるい声でこちらに向かって声をかけてきた。


「それでは、私はこの方をミトンさんのところまで届けるから」

「えぇ〜っ、ちょっと遊んでもバレないんじゃないんですかぁ?」

「ダメだ、ミトンさんが怒ったら仮想通貨が立ち行かなくなるぞ」

「……ううーんっ…まぁ…いいですよぉ、そこまで言うならまた今度ぉ…またね♪坊やっ♪」


ふりふりと手を振るイフとかいうマインドフレイア。

縛られた状態でアランさんのクモの身体に乗せられて、俺は暗いビルの中へと入って行くのであった。





「ようこそ。私はモンスターガール株式会社ハック対策部門部長のミトンです。ここにいる数名の者…全員が私の部下です。」

「レッドキャップのレップ、またの名をモンスターガール株式会社のキーボード○ラッシャーでーす!結構イケメン!つまみ食いしてもいいかな?」

「鰻女郎のウロ、と申します……どうぞよろしく……」

「え、え、えと、か、影の薄いって、よ、よく言われる、い、一反木綿の、タメンってい、い、言います、よ、よ、よr」

「これで基本的には全員です。あとはパートも何人かはいますが、常勤の職員は我々3人のみとなります。」

「あ、あ、あの、また、私のこと、わ、忘れてないですか?」

「天堂悠一さん、貴方にはお話があります。こちらへ来てください。さて、娯楽は終わりです。全員仕事に戻りなさい。」

「ひ、ひ、ひどい……」

「おっけー、楽しんで!にひひ」

「ふふ、ほどほどにしてあげてくださいね?」


オートマトンのミトンさんに引きずられながら、なんだか異様な光景を見て、これからの恐ろしさを予期しているようで…寒気を覚えた。





「それでは天堂悠一さん。」

「はい」

「かしこまらなくて構いません。取って食おうというわけではありませんし。」

「は、はあ……」


ニコリともせずにこちらをじっと見て言うミトンさん。

無表情で、なおかつ薄暗い部屋でそんなことを言われても、余計にカチカチになるだけである。


「あなたのハッキングの腕はとても良いです。顔も良いです。日本でこれだけのハッキングの腕を持つ人間は見たことがありません。私にとってもドストライクです。また、これまでにハッキングの経験がない、というのも興味をそそられます。肉欲もそそられます。」

「……………は?」

「つきましては、あなたがここで働くことを許可します。この契約書にハンコを押してください。拒否権については…言うまでもないですね?あと、こちら婚姻届になります。必要事項は記入済みですのでハンコを押してください。拒否権について以下略。」

「あの、ちょっと」

「それと、あなたの借金の件は私がチャラにしておきました。その代わりこの会社でその分だけの働きをしていただきます。私に対しての夜のお仕事もガンバっていただきます。」

「もしもし」

「急ごしらえで申し訳ないのですが、一応あなた用のPCや机椅子雑貨を揃えました。心置きなく仕事をしてください。それと、排卵もちょうど良いです。心置きなく種付けしてください。」

「聴こえてm」

「何か質問はありますか?」

「あります!」


なんだか早口でまくし立てられた。

それに、なんだか雑な合成動画みたいな割り込ませ方で色んな不穏なワードが混ざっていた気がした。


「どうぞ、質問を。」

「えーと……ですね、ミトンさん?さっきから何の話ですか?俺がここで働く?」

「はい、正しくは私との結婚を前提条件として、です。」


ビッ、と指差した先にあったのは契約書。
たしかに『ミトンと結婚して四六時中愛を育むこと』と書いてある。


「………ツッコミどころ満載なんですけど、まあ…働かせてもらえるなら頑張りますよ」

「突っ込むところは口か秘部しかありませんが。肛門も使用したいのであれば洗浄しておきましたものを。それと借金も無くなりました。」

「……どうやって?だって……そんなこと…9000万も?」


すると、やはり表情筋も動かさずに言った。


「私が個人的に払いました。」

「そん、な……馬鹿な!9000万ですよ?なんで俺のためにそこまで!だ、だいたい話がうますぎます!借金も無くなる、働かせてくれる、犯罪行為もとがめない、おまけに…その、綺麗な嫁さんまで……」


なんだか言っているうちに恥ずかしくなって、口ごもってしまう。

ミトンさんの顔をちらりと見ると、なんとも人間らしい顔をしていた。

目には涙がたまり、顔は赤く紅潮し、嬉しさとも悔しさとも悲しさとも思えるように口を結び、わなわなと震わせている。


「楽しいですか?」

「へ?」

「私の心を弄んで、楽しいですかと聞いています。」


ドッ!と身体が倒される。


「認証登録を開始します。動かないでください。」

「何を……むぷッ!くッ…ぅむッ!」


ゆっくりと唇を顔に近づけてきて、まるで捕食するように俺の唇を咥え込んだ。

外見に反して熱い、熱すぎるほどの舌が唇を撫で、淫らな水音が薄暗い部屋の中に、くちゅくちゅ、にちゃにちゃ、と響く。


と、あろうことか舌は唇を割って口内へと侵入し、歯の感触を確かめるように撫で回していた。

頬の内側までもをぐりぐりと擦り、貪るような口使いで無作法に俺の口を蹂躙している。


たまらず、俺は話し合うために突き放そうと手を伸ばした。

が、ミトンさんの目が光り、手を押さえつけられる。


お仕置き、そう言わんばかりに舌は歯をも突破して、喉のあたりまでやってきた。

これ以上行けば吐き気を催すギリギリのポイントから俺の舌を絡め取り、吸い出さんばかりに強く引っ張った。


「ぷはッ…。認証完了。」

「けほッ!ごほっ……!い、息ができなかった…」

「……好きです。」

「…え?ちょっ!」


俺が息を吐くのに精一杯だと言うのに、下半身に当たる感触に興奮したのか俺のズボンとパンツを脱がせてきた。

不意打ちな上にものすごい力だ。
抵抗もできずに俺のモノが露わになった。


「………逃がしません。挿入……します…。」

「待てっ!お、俺も!ミトンさんの外見は好きだけど!そんなんじゃなくて、もっとお互いのことをよく知ってから…!」

「え……?」

「あ…」


突き放してしまったのだろうか。

ミトンさんは割れ目を俺の亀頭に触れさせたまま、信じられないような目で俺を見つめている。


「す、好き……ですか、そうです、か。」

「…あの、ミトンさん?」

「相思相愛……だったんです、ねっ…。ぅ〜〜ぁッ!」


ミトンさんの中に挿入されてしまった。

亀頭を包み込む熱い肉はそのヒダヒダでもって、俺を熱望していたかのようにしがみついてくる。

カリをぎゅるぎゅると擦ってくるような膣肉。


「ぁ…ぐッぅ!やば、いッ……なんだこの…中…!?」

「ひッ…うぅ……んッぁ!はっ…ぅ……」


さらに肉を分けて入っていく俺の陰茎。

貪欲に精を絞ろうと吸い付く膣肉は、ミトンさんの快楽に崩れた顔と相まって、とても背徳的な興奮を煽り立ててきた。


「…どうなっても、知りません、よっ!」

「え?きゃっ…!あっ…んっ!」


俺はミトンさんを押し倒して、吸盤のようにぴっちりとくっついた膣肉から陰茎をひっぺがした。


「ぁッ…!〜!はっ…うぅっ…待って、くだ、さいぃっ!」

「誘ってきたのは、ミトンの方だろっ!このっ!」


身体同士がぶつかってパンッ!パンッ!と音が鳴る。

健気に吸い付く中の肉、それを剥がすたびにミトンは大きな声で喘ぐのを押し殺しているようだった。

まるで、肉の手によって陰茎全体を包まれているかのような圧力と暖かさ。

そう長く耐えられる気はせず、ミトンの身体を抱き寄せた。


「ミトンっ!出すからなっ!イくッ!」

「あんッ、あぅッ…んふぅ!きゃんっ、だ、出して、くださいっ!全部、精液全部中に…い!」


子宮に直接注ぎ込むような、長い射精だった。

どぷ、どぷ、と言う音が出たあとも膣肉は陰茎を離すどころかさらに絞ってきていて、抜いたあとにぴっちりと閉じた割れ目から、入りきらなかった精液が流れ出していた。


「ぁ……ふ……ぅ。よ、よかった、です…あなた……。」

「…これからよろしく、ミトン」


俺からキスをしてみたら、なんだかオーバーヒートのせいで頭に熱がこもって意識を失ってしまったようだ。





数ヶ月後、俺はすっかりここに馴染んだ。


「ミトン、この件の処理なんだけど……」

「それはここを…こう、こうやったらもう一度リンクが出てくるから、そこからサーバを探知してください。」

「おう、ありがとう」

「いえ。」


耳元で少しだけささやく。


「今日も、仕事が終わったら寝かせないからな」

「…………。」

「あーッ!またミトンさん壊した!天堂が来てからミトンさん壊れるの何回めだと思ってんの!?」

「……インキュバス化早いのね、私も早く結婚しないと……!」

「あ、あーあ…ま、またお仕事遅れちゃいますね…」


ミトンさんを修理部屋に連れて行こうと抱え上げる。

すると、至近距離でオーバーヒートしたまま言った。


「愛しています。誰よりも。」


少しだけ微笑をたたえてそう言われて、その数秒後に本日二度目の、人が倒れる音がした。





「てなことがあったんですよ、叔父さん、そんなわけで弁護士さんの手助けはいらなくなりました!」


数秒の沈黙の後、低い声が聞こえた。


「リア充爆発しろ」
19/08/19 21:12更新 / あさやけ

■作者メッセージ
久しぶりです。相変わらず駄文です。

オートマトンさんってUSBポートに身体繋げられんのかな。

繋げられたらつよそうだな。

みたいなこと考えて書いてたら、そんなこと書く場所がなくなりました。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33