読切小説
[TOP]
だいしゅき! Gyu♥&Chu♥
「おーっす! ごめん、待った?」
「あまり待ってない……」
恋人たちの定番の待ち合わせスポット、靜海公園の時計塔に陽気な声が響き、それに対して陰気な声が答えた。
陽気な声は男の物、陰気な声は女の物だ。
「そもそも、約束の時間よりまだ10分早いじゃない……」
「いやぁ、女の子を待たせる訳にはいかないからね。 おっアキ、俺がプレゼントした服を着てくれているじゃん」
「浩介がプレゼントしてくれたものだから……」
恥ずかしそうにアキと呼ばれた女性が足を動かす。
だが、その動きは形容するとしたら『ワキワキ』と言ったもので、決して人が出来る動きではない。
それもそのはず、アキ―――木下 晶子は人ならざる存在だ。
ミニスカートから覗く下半身はまさに百足(ムカデ)……そう、彼女は大百足という魔物娘である。
「でも……この服って、胸が大きな人が着るものじゃないの? 小さい私が着ても……」
「いや、スマートに見えて、俺はすごく好きだぞ」
恋人の浩介の太陽のように眩しい笑顔からアキは顔を背ける。
「バカ……そんなに素直に言われたら恥ずかしいじゃない」
「ん? 何か言った? そんな暗い顔しない♪ 物憂げな顔も可愛いけど、にっこり笑った顔の方が好きだよ」
「……バカ」
浩介の言葉にますます晶子は顔を赤くして俯く。
だが次の瞬間には顔を上げ、浩介が好きという笑顔を浮かべていた。
「それじゃ、行こうか」
「うん」
二人は手を絡め合い、歩きだした。


二人とも大学の期末試験で忙しく、この2ヵ月近くはデートらしいデートができなかった(晶子が我慢できずに何回かエッチはしたのだが)
だがその試験も終わってようやく解放され、春休みになり、時間がたっぷりできた。
今日はその春休み第一日目で、時間はたっぷりある。
さっそく二人はデートをすることにした。
今日は近くにある靜海ポートランドという福来レジャーランドが管轄している遊園地に行く予定だ。
浩介の兄、晋介は福来グループの会社で働いているため、社員割引のチケットを持っていた。
これを使って二人は遊園地に入り、心行くまで弾けて遊ぶつもりだった。
しかし……
「あちゃー! まさか天気予報がこんなに大外れになるとはなぁ……!」
ごうごうと音を立てて雨が降る中、浩介が困った声を上げる。
もっとも彼の声は明るく能天気な響きがあるので、あまり困っていないように聞こえるのだが。
予定通り遊園地に行き、二人はそこそこ楽しんでいた。
特に二人が楽しめたのは、晶子が怖がって浩介に腕や百足の肢でしがみつく、ジェットコースターやお化け屋敷である。
浩介は彼女の仕草が嬉しかったし、可愛いと思った。
しがみつく晶子も、浩介の体温を感じることができて嬉しかった。
そんな感じで二人は楽しんでいたのだが、お昼を過ぎたあたりで突然豪雨が降りだした。
豪雨の影響でアトラクションのほとんどは機能停止してしまった。
「仕方がないから……ここを出よう? 濡れてしまう……」
「傘くらいなら売店とかで買えるさ」
「浩介が風邪をひくのが心配」
「なぁに、俺よりアキが……へっくし!」
カッコつけて明るく言おうとした浩介だったが、言葉の途中でくしゃみをしてしまう。
浩介のくしゃみで、晶子の中で次の予定が、目的地が決まった。
「魔物娘は頑強だから平気……行くよ」
「行くってどこへ?」
「温まれる場所に……」
「何、喫茶店? って、わわわ!?」
浩介が奇声を上げた。
晶子の百足の肢によって持ち上げられて抱きしめられたからである。
この状態では晶子の好きなようにされ、自分の意思とは無関係に運ばれてしまう。
お姫様抱っことは異なるが、男としては情けない状態に浩介はもがいた。
「自分で歩けるって! くしゃみしただけで、そこまで重病じゃないって!」
「行くよ……」
喚いてジタバタする浩介を無数の肢で拘束し、晶子は目的地に向かって歩きだした。



「……なるほどねぇ、確かに温まれる場所だね」
無理やり晶子に連れてこられた場所に入り、浩介は納得する。
晶子が浩介を連れてきた場所は近くのラブホテルだった。
コンビニで傘などを買ったりするより、風呂やシャワーに入った方が温まることが出来るだろう。
早速シャワーに入ろうと浩介はシャツを脱いだ。
「 アキ、一緒に……うおっ!?」
浩介の言葉が途切れる。
晶子が後ろから腕と肢を使って抱きしめていた。
「シャワーより、私の身体で温める……」
「あ……いや、その……」
いつの間にか上半身の服は脱いでしまったようだ。
浩介の剥き出しの背中に晶子の素肌が当たっている。
その感触と晶子の体温に浩介の心拍数は上がっていく。
だが、それだけではない。
「うくっ……」
かすかな痛みが背中や首筋に走り、浩介は呻く。
晶子の毒針が刺さっていた。
大百足が口や肢に持つ毒針は男に何もできなくなるほどの快感を与える猛毒を持つ。
その効果で、浩介の逸物はデニムパンツの下で瞬く間に大きくなっていった。
「濡れているし、苦しそう……」
晶子が肢を器用に使って浩介を脱がせた。
あっと言う間に浩介は全裸にされる。
浩介を後ろから抱きしめたまま、晶子は右手を浩介の下腹部に持っていった。
「浩介のここ……すごく大きく、熱くなっている……」
毒の影響で怒張している浩介の肉棒を晶子の手が包む。
そしてゆっくりといやらしく、それをしごきだした。
「うっ、く……アキ……」
毒針を刺されたところと、しごかれている性器からの快感に浩介は声を漏らす。
晶子の手の動きは彼女の気性らしくねっとりとスローモーであるが、浩介を喜ばせようとする熱意に溢れていた。
「浩介? 気持ちいい? 温かい?」
「ああ、風呂なんかよりずっといい……」
身体を弛緩させて晶子に委ねながら浩介は応える。
応えを聞いて晶子がにっこりと笑ったように、浩介は感じた。
晶子も興奮しているのか密着している肌が火照り、熱い吐息が浩介の耳に吹きかけられる。
手の動きも少し速くなった。
毒の影響もあって、浩介の身体はたちまち追い詰められていく。
「あっ、ヤバい……ストップ! 出るっ……」
「ダメ……そのまま、出して……」
浩介の白旗宣言を無視し、晶子は彼の肉棒をしごき続ける。
陰気な性格である大百足の晶子だが、やはり魔物娘。
獲物である恋人に対する狂暴性は他の魔物娘とそう変わらない。
「ほ、本当に……あっ、くっ……!」
晶子に後ろから抱きしめられたまま、浩介が身体を痙攣させ、射精する。
肉棒から放たれるその精液を晶子は掌で受け止めた。
「たくさん出た……ん、おいしい……♪」
精液にまみれた手を自分の口元に持っていき、ぴちゃぴちゃと音を立てて舐めすする。
その音と、自分の精液が舐められているという事に、浩介の肉棒は再び力を取り戻していく。
晶子も浩介が復活したのが分かると、嬉しそうに笑った。
「次は……私のおまんこに頂戴……代わりに一杯抱きしめて、一杯温めてあげる……」
そう言って晶子はベッドに浩介を仰向けに転がし、自分はその上から覆い被さろうとした。
だが……
「駄目だよ」
覆い被さって拘束するより先に、下から浩介の腕が伸び、逆に晶子を抱きしめて拘束した。
そしてそのままくちびるを奪う。
晶子の目が驚愕に見開かれた。
「んんんっ!?」
振り払おうとしてももう襲い。
浩介の舌がくちびるを割り、晶子の口内を蹂躙しはじめた。
通常の魔物娘や女性相手では特別に意味はない、やや強引なキス……
しかし、大百足相手にキスをすることは特別な効果がある。
「ん、んふぁあ!」
抱きしめられたまま、浩介の身体の上で晶子の身体が跳ねる。
大百足という種族は男性の唾液に弱いという弱点を持つ。
ホーネットなどと異なり、大百足は自分の毒で発情するということがない。
しかし、男の唾液を摂取してしまうと、毒が魔力的な変化を起こし、その毒によって自分自身が激しい快感に襲われることになるのだ。
その唾液の摂取だが、何も口だけとは限らない。
「だめ、だめぇ……」
「ウソ。本当はもっとして欲しいんでしょう?」
浩介は快感で力が入らない晶子を逆に押し倒して横から抑え込んだ。
そして上半身に走る模様に唾液まみれの舌を這わせる。
この模様は大百足の毒腺……つまり、毒が溜め込まれている部分だ。
そんなところに唾液を塗りたくられるとどうなるか。
「んあっ!? ふああああん!」
ビクビクと晶子の身体がわなないた。
唾液と反応した毒が晶子の全身に回っていく。
晶子は嬌声をあげながら、ぎゅっとベッドのシーツを握りしめる。
「はぅう……涎まみれで、あっ、舐められたら……気持ちよすぎるから、ダメって……んっ、言っているのにぃ……」
「でも好きなんでしょう?」
晶子の声を涼しげな声で受け流し、浩介は舌を這わせた。
ヌメーっとナメクジのように舌が這った跡には唾液が残り、その唾液が晶子の毒と反応し、晶子自身を快感地獄に突き落とす。
体幹部の毒腺は脇腹を通って、下腹部の中央に集まっている。
今はスカートと下着に隠されているが、その下は……
「いやっ……」
それらを取り除こうと浩介の手が動く。
羞恥心が沸き起こりって止めさせようと晶子が動くが、抵抗むなしくスカートと下着は取り去られた。
浩介を愛撫しているときから潤み、唾液と反応した毒液によって興奮した、淫液を滴らせている秘裂が露になる。
そして今、その秘裂に浩介の舌が伸びた。
「そ、そこは……はあああんっ! ダメ、ダメぇええ!」
晶子の背が反り返り、百足の下半身が快感から逃れようとするかのようにうねった。
拒絶の言葉を口にしているが、実際はもっとして欲しいことを浩介は知っている。
だからクンニリングスを止めない。
淫液をすすり、犬のように陰唇をべちゃべちゃと舐めまわして唾液を塗りたくり、舌を差し入れて膣内にも唾液を送り込む。
媚粘膜から吸収された唾液はその部分と、そして全身に快感をもたらした。
自分を蝕む毒の快感と、性器をなめられる快感に、晶子は涎を口から垂らしながら叫ぶ。
「や、やめてぇ! おかしくなるぅ!」
「分かった。じゃあ、イカせてあげる」
晶子の言葉に浩介は、今まで舌で掠める程度しか攻めていなかった部分を攻める。
すなわち、膣の上の方で紅く尖って震えているクリトリス……
そこをちゅっと吸い上げた。
もちろん、口の中に溜め込んでいた唾液に触れさせるのも忘れない。
「あああっ!? んっ、んんぅ、んっ……んふううううう!」
自分の人差し指を噛み、もう片手はシーツを握り締めながら晶子が絶頂に達する。
オーガズムと同時に晶子の秘裂からどぷりと愛液が溢れ、浩介の口元を汚した。
「あっ、あっ、んぅ……はぁー、はー……」
絶頂の余韻にうち震え、晶子は荒い呼吸をしている。
その晶子にのしかかり、達したばかりの秘裂に浩介は自分のいきり立った肉棒を近づけた。
「アキ……行くよ?」
「まっ、待って! 今は感じすぎ……くっ、ふあああん!」
抑制の声を無視し、浩介が自分の中に入ってくる。
晶子は身体をくねらせながらそれを受け止めた。
あまりの快感に反射的に百足の肢で浩介の身体を抱きしめる。
「ちょ……アキ。それをされると俺が動けないんだけど……」
「ん、んぅう……だって、だってぇ……」
絶頂を迎えたばかりの身体で分身を受け入れた影響で、まともな言葉が紡ぎ出せない。
浩介にしがみついたまま晶子はベソをかくような嬌声を上げる。
「でも……んぅ、これ、好き……浩介とギュッと抱き合えて……温かくて、気持ちよくて、好きぃ……」
腕を使ってさらに浩介を抱き寄せ、さらに百足の下半身の胴体を浩介の身体に巻きつけ、浩介の肌を最大限に貪る。
浩介も自分の身体に接している晶子のぬくもりを楽しんだ。
だが……
「なあ、アキ……」
「……何? 動きたいの? 私はもう少し……ひゃう!?」
突然、下腹部から湧き上がった快感に晶子は嬌声を上げる。
すぐに浩介が何を言いたいかを理解した。
今抱きしめた際、毒針を浩介に刺してしまったのだ。
唾液と反応した強力な毒液が浩介の体内に注がれ、その結果
「んふあああ! 大きく……なってるぅ! 浩介のおちんちんが私の中で、膨らんで……ひあああっ!」
結果が晶子の口から語られる。
ぶるぶると身体を震わせながら、晶子はぎゅっと浩介にしがみつく。
一方、毒液をさらに注がれた浩介は荒い息使いで晶子に囁いた。
「アキ……俺、もう我慢できない……」
自分でも耐えられない毒を注がれたのだ。
辛いくらいだろう。
晶子は軽く微笑んで、わずかに拘束を緩めた。
「いいよ……私も、もう我慢できない……一緒に、おかしくなろう?」
互いに腰を揺すって互いの性器を刺激しあう。
わずかに緩めても晶子が浩介にキツく巻き付きしがみついているままだったので、あまり大きく動くことができない。
だが、淫毒が体中に回っている二人にはそれだけでもめまいがするほどの強烈な刺激だった。
「は、はぁん! こうす、け……浩介ぇ! ああんっ! 気持ちいい、気持ちよすぎるのぉ!」
「俺も、くっ!」
同じ毒を共有し、同じ快感を味わい、同じ気持ちを感じる。
ベッドを小さくきしませながら、二人はそれを楽しんだ。
「もっと、もっとぉ!」
「もっと? じゃあ……」
首を動かし、浩介は晶子の口に自分の口を近づけた。
もっと動いて欲しいという意味だったのに、浩介の行動に晶子は驚く。
「やっ!? そうじゃなくて……んんっ! んふううう!」
二人のくちびるが重なり、唾液が絡み合う。
摂取された唾液はまた晶子の毒と反応し、その毒は晶子の身体に、浩介の身体に回る。
毒で身体が燃え上がったかのように二人は感じた。
「らめぇ、おかしくなるっ! おかしくなっちゃうぅうう! こわい、こわいのぉ!」
キスを中断し、晶子がしがみついて叫ぶ。
そんな晶子を浩介は優しく抱きしめ返して囁いた。
「俺もおかしくなりそうだ……もう、イキそうだ……アキ、一緒に……」
「うん、一緒に……一緒にぃ! ん、あむっ!」
自分からくちびると唾液をねだり、晶子が浩介にキスをする。
浩介もそのくちづけに答えた。
互いにキスをし、毒液に悶え、腰をゆすりながら絶頂の瞬間を待つ。
「んんっ! んふううううう!」
わずかに先に音を上げたのは晶子だった。
膣がうねり、浩介から精を搾り取ろうと蠢く。
反射的に浩介の腰に巻きつけていた胴体にさらに力を込めたため、浩介の腰がさらに進み、より結合が深くなった。
「んんんっ!」
それがとどめとなり、浩介が達する。
膨らみきった肉棒が爆発し、精液を晶子の子宮口に吐き出す。
くぐもった嬌声を互いの口に送り込み、身体を互いにキツく抱き合いながら二人は毒液が身体の中で爆発したかのような凄まじい快感を味わう。
そしてそれがようやく収まり始めた頃には、二人は気絶していた。


「ん、あんっ! 浩介、浩介ぇ!」
意識を取り戻すと晶子はすぐにまた浩介を求めた。
浩介もすぐに応え、晶子を求める。
無理もない、二人の身体には自分では処理しきれないほどの淫毒が回ってしまっているのだから。
この毒が抜けるにはどちらかが完全にダウンして半日近く眠りにつかなければならないだろう。
毒が抜けるまで互いは互いの身体を求めあった。
今は晶子が、あぐらを書いた浩介の身体に百足の半身を巻きつけ、腰を下ろしてゆすっている。
「浩介ぇ……好きぃ、だいしゅきぃ……ん、ちゅう……んんっ!?」
勢いでキスしてしまい、晶子の目が驚愕と後悔に染まる。
同じく勢いで応じ、唾液を擦り付けた浩介もしまったと言った表情に変わった。
だがすぐに二人とも開き直った。
まだ春休みは始まったばかり、時間はたっぷりある。
互いに抱き合い、くちづけをしながら、二人は互いの時間を楽しむのだった。
12/03/15 20:13更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
なんてこったい!
私としたことが大百足さんの魅力にやられてゴーストSS『彼女が望んだもの』そっちのけで、大百足SSを書いてしまった!
と言うわけで、いかがだったでしょうか?


ところで書きそこねてしまったのですが……
男主人公の浩介、苗字が分かったかたはいらっしゃるでしょうか?
本文中にもヒントがありますが、実は浩介は私の別の主人公の弟です。
と言うわけで、その人を見たおまけSS……
すみません、エロなしです。

*********

「あちゃー……まさか天気予報がこんなに大外れになるとはなぁ……アイツ、可哀想に」
突然、激しい雨が振り出した。
その様子を窓から覗きながら私の恋人が残念そうにつぶやく。
「……アイツって、誰?」
興味を引かれたので、仕事の手を休めて私は訊ねる。
自分の独り言を訊かれたのが恥ずかしかったのか、彼は少し照れくさそうに笑った。
「あ、みどりさ……係長。いや、俺の末の弟が今日、デートだって張り切っていましてね。せっかくなんで遊園地の割引券をやったんです」
たしか、彼女は大百足だったなと彼は付け加える。
「けど、この雨じゃ遊園地はストップするでしょうね……可哀想に」
「……止まったとしても大丈夫」
ぽつりと私はつぶやく。
えっと彼が驚いたような顔をしたが、私は手振りで仕事に戻れと言った。
「……」
雨に煙る外を見てみる。
おそらく、二人はもうこの雨空の下にはいない。
どこかホテルなどで淫らに絡み合っていることだろう。
それは魔物娘がもっとも喜ぶ行為……
『……どうぞ、楽しんで』
顔も知らぬ吉田の弟とその恋人にそっと心の中でつぶやき、私もこの後彼とまじわれるよう、仕事を再開した。


**********

………
吉田浩介も吉田晋介もモゲロw

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33