『卒業式は蜜の味♪』

ーーーキーンコーンカーンコーン…

「はぁ…今年が終わっちゃったか…」
夕暮れ時の学校内の一室、生徒達の憩いの場でもあり有事の際に大いに役立ってくれた保健室という部屋の窓の片隅で沈み行く赤い太陽を肘を立てた手をあごに乗せて見続ける白衣の似合う美しい女性が一人。
近くの机には乱雑におかれた書類などの山の中に飲みかけのコーヒーがまだ湯気を立ててあり香しい香りからまだ淹れたてであるとわかる。

「…長かったなぁ…」
はぁ、と溜息を吐くその表情は憂いを帯びてはいるものの笑顔だ。
彼女は暫く何もしないで太陽を見続け、時折吹き込んでくる風に肩口までの銀髪を乱されつつも直さずただただ時間だけが過ぎていった。

ーーんっ…あふぅ…すぅすぅ…

「…?? 誰か寝ていたのかしら?」
しかしそんな憂鬱な彼女の背後、カーテンが引かれたベッド群の一つからシーツの衣擦れの音がすると上半身をピクリと動かして体全体を後ろへと向き直すと彼女の頭に乗っている赤いハイビスカスのような大きな花、それは彼女が動くたびにそよ風を受ける様に揺れ動く。
更に彼女は自身の下半身の殆どが入っている蕾の中から蔦を何本か出すとゆっくりと中の人を労わる様に静かにその僅かに聞こえた声の発生源であるカーテンを退き始める。
そのカーテンはそんなに長いレールを使っているわけではないのでその終わりはかなり早くやってきてしまい、中の人に否応無く赤々とした夕日の光が注がれることになり、案の定その人影はしかめっ面をしてベッドから眠そうに彼女へ視線を投げた。

「っんぅ…ま、眩しい…」
「こらこら、もう卒業式も終わったんだから…寝てないで家に帰りなさいな?」
はぁ、と彼女は溜息とともに腕を自慢の巨乳の前で組むとまた蔦を使ってその臥人の布団をゆっくりと剥いでいく。
すると出てきたのは背が幾分か小さい男の子であった。
…念のために言わせて貰うがここは高校である。
しかしその男の子は寝ている状態でも低いことが分かる位に低背であり、ざっと鯖読まないで160あるかないかだ。
なのでここでは『彼』と呼ばせていただこう。

「ン…はれ?」
「こら、しっかりしろ卒業生♪」
「あぅ…あ、華南(かなん)先生」
そんな彼が眠気眼を擦って深いまどろみの中から戻ったばかりの顔で太陽の方角を見ると短い銀髪を風に靡かせて彼を見つめる緑肌の蒼い瞳が2つ。
彼のことを「やっと起きたか…」と蔦を伸ばしてデコピンの要領で彼の額を払う動作でやさしめに叩いて彼の意識をまどろみの中から引き戻す彼女。
その顔には姉がヤンチャな弟を仕方なく、でも嬉しそうに宥めるような優しげな顔があった。

「はい、おそよう金城(きんじょう)君?」
「あぅあぅ…」
「もう…そんな顔しないの。はい、コーヒー」
ハッとした表情で時計を見た彼は自分が卒業式を終えて今までどうしていたかを思い出すと彼女へ申し訳なさそうに慌ててつつもなんとか謝罪の意を示したそうだった。
そんなテンパリ気味の彼にクスクスと失笑すると彼女は今まで飲んでいた自分のカップを蔦で器用に取り彼の前まで差し出すと彼もソレを手にそろそろと一口啜った。
…カップが他にもあるというのに。

だが。

「えとえと…卒業式が終わって…ちょっと気分が悪くなって保健室に来てそのまま…ぅぇ…に、に苦いです…」
「あら? そう? …じゃあ…」
今までの行動を更に口に出しながら現状を確認しつつ口にしたブラックコーヒーは彼には苦すぎたようである。
そんな彼のおこちゃま発言を聞いた彼女は最初キョトンとした表情だったが眉をハの字にして微笑むと「はい、どうぞ♪」と今まで手足代わりに使っていた蔦ではなくウツボカズラのような形をした黄色い蜜をたっぷり含んだ蔦を彼へ差し出す形で彼の前の空間に止める。
その意味を察した彼が顔をちょっと赤くしながらその蔦を卵を握るように優しく手元へ手繰り寄せるとそれを傾け始める…と、もちろん傾ければ中に入っている液が零れる訳だがそれは全てカップの中の黒い液体の中へ消えていく。
その最初の蜜が黒い湖面に波紋を作ると同時、途端に彼の鼻へ先ほどには無かった鼻の奥まで蕩けさせてしまいそうなほどに芳醇な甘い香りが漂い始めたではないか。

もうおわかりだと思うが彼の握っている蔦の大元、彼女の正体はアルラウネである。

「そんなに入れたら後が大変よ?」
「あ、甘党なもので大丈夫d…っ!?」
「あー…ほら、いわんこっちゃない」
彼が彼女の出来立ての蜜をカフェオレを作るときの牛乳の如く注ぎ込んだカップを見て彼女はちょっと困り顔をする。
しかし彼は彼女の優しい忠告を受けても止めなかったそのカップのコーヒーへ密の注入を止めて一口啜ると途端に背筋が自然と直立となり硬直してしまう。


アルラウネの蜜。適量であれば砂糖より甘い甘味として使えるが規定量以上使うとその効果はもう幾多の経験者が記してきたとおり強烈な媚薬にもなる。
彼は甘党だからとたっぷりと入れてしまったのでまさに今甘味ではなく媚薬としての効果に襲われたのだ。

「…仕方がないなぁ♪」
「わ、わわっ!?」
その彼の股間はもう既に臨戦態勢の息子がおっきしていて鼻息もかなり荒い。
そんな彼の様子をはぁ、と溜息一つ吐いた後、彼女は彼へ蔦を絡めて彼をベッドから無理やり引き離して腹に蔦を巻かれた彼は彼女の前で足をだらりと下げたまさに宙吊り状態にされると彼女は自分の手で彼のズボンのチャックとベルトを外して彼の下着を露にしたかと思ったら更にその下着までも払いのけて彼の分身を少しひんやりする外気へと曝け出した。

「う、うぇっ!? せ、先生っ!?」
「うふふ♪ こんなに苦しそう…まだ他の女の子のにおいがないけど童貞君かな? …鎮めてあげようか? 」
「…ぅ…お、お願いします…」
ここまでされて断ることなんて出来るはずもなく…
もうマックスまで起きた彼の一物は彼自身の臍どころか胸下近辺までありとてもではないが体に不釣りあいなモノである。
彼女は「まかせて♪」と言うや彼の痛いほどにそそり立ち脈打つそれに「あ〜ん♪」と大口を開けて苦もなく食らいつくとゆっくりと彼女は彼のその体に似合わない巨根を自分の喉へ恰も匂いを食道へこすりつけるようにして前後運動を開始する。

まだ性経験が皆無な彼にとってそれは余りにも強すぎる刺激だ。
しかもそれが男から精を搾り取ることに特化した肉体を持つ魔物娘ならなおさらである。

故に彼が直ぐに果ててしまうのも道理であり、仕方のないことだ。

「っぷぅ!? …んく、っん、っん…ぷぁ! ふふふ♪ 若い若いっ♪」
「ぁぅぁぅ…」
「大丈夫、まだまだ絞ってあげるから…アムッ…チュルッ…ゴクン…ゴクン…」
なんと扇情的なのだろう。
彼女は口の端に吸いきれなかった精液を付着させて彼に対して妖艶に微笑むとその精液を舌でぬちゃりと舐め取りまた彼の萎え知らずな一物に顔を埋めると再び動き始め且つ今度はバキュームまでかけ始める。
唯でさえ快楽が強いのになんという拷問なんだ、と彼は思うも一切口に出さずその途方もない一方通行な快楽に身を委ねてしまっても仕方のないことだろう。
だからまた二度目の爆発を彼女の食道で行うのも仕方がない。

そしてまた彼女は目を細めてこれまたおいしそうに吸うものだから彼の劣情をあおるのには十分すぎた。
やがて満足したのか彼女は透明な液だけ出てくる状態になった一物から顔を離すとちょっと困り顔になって彼へと視線を移す。

「うーん…萎えないわねぇ…」
「…っ! 失礼しますっ! ンクッンクッンクッンクッ!」
「きゃぁ♪ って、えぇ!? ちょ、ちょっと私の蜜そんなに飲んだらっ!?」
彼女が思案している中彼は偶々目の前にあった先ほどの蜜溜めの蔦を自由にされている両手のうちの片手でソレを掴みやや乱暴に手繰り寄せると中身を全て飲み干してしまった。
そんな彼の突飛な行動に数拍遅れて反応を示す彼女だったが彼の心配をし過ぎて彼を自分と同じ目線にまで持ってくると彼の意識を見ようと瞳を覗こうと顔をちょっと前に動かした瞬間。

「…せんせぃ!」
「ふぇっ!? んむっ!? んぅ!…んぅぅ♪」
なんと彼に顔を両手でがっちりホールドされてそのまま彼は彼女の顔をぐいっと引き寄せて彼女の瑞々しく光を反射する唇へ吸い付き閉じられたそこを舌をねじ込んでこじ開けた。
その彼の予想だにしない大胆な行動に彼女は当初驚愕の表情だったが彼の雄らしい多少強引なその行動と自分の蜜によって徐々に蕩けた表情へと変わっていくのに時間はかからない。

「っぱぁ! せんせ…華南さん! 僕は…僕は入学したての頃から貴方が好きでしたっ!!」
「…っっ♪ 金城…くん…♪」
キスを中断した彼から今度は熱烈な愛の告白。
嬉しい意味で予想のはるか斜め上を行く彼女は喜色に顔を染めると今度は…

「私も…私も貴方が入学したときから気になっていたのぉ♪」
なんと彼女も彼を思っていたようだ。
互いの意思が蜜によるものか、はたまたソレとは違うものかわからないがそのまま彼と彼女はどちらからともなく互いの気持ちを相手に植え付けようと何度も何度も体液をこれでもかと交換し唇を啜ったり啄ばんだり…言葉なんて不要と言わんばかりに互いを責め合い気持ちを高めあう二人。
暫くの攻防が続いた後、自然と顔を離す二人の間にはエンゲージリング宜しく銀色と金色の架け橋が互いをつないでいたがやがてその二本の橋は重力に逆らえずぷつりぷつりと切れて互いの下へと消えていった。

「…華南さん…」
「うん…きてっ♪」
彼女は自分の蔦で宙に浮かせていた彼を自分の足元にある蜜溜まりへ誘い下半身が露出した彼はその誘いを抵抗無く受け入れると静かだった教室に蛇口から零れた一滴の水のような音が響いた。

「…暖かい…」
「いっぱい感じて…私の体温を…い〜っぱぃ♪」
「あぁ…華南…華南っ!」
彼は彼女の甘い匂いの元である蜜がたっぷりと入った彼女の本体へ足をそこに至るまでに全裸に剥かれた膝上数センチまでどっぷりと漬かると早速彼女の蜜の効果か彼が目の前の愛しい人へ力いっぱい抱きついた。
しかし…

「ぁぅ…息しづらい…」
「あらら…」
しかし悲しいかな。
彼女の身長は本体といえども平均男性並みの高さがあり彼は彼女の顔ではなく豊満な二つのクッションへと顔を埋めてしまったのだ。

「もぅ…あ・ま・え・ん・ぼっ♪」
「…そんな事いう華南には…ハムッ!」
「わひゃぁ♪」
その身長差に少しだけ涙目になる彼に構わず母性が擽られた彼女は彼の届かなかった頭をこれでもかと胸に抱きしめて彼の頭上から頬擦りをしていると彼はそれが気に入らなかったようで彼女の拘束から首を振り続けて抜け出した先にあるそれにしゃぶりついたのである。
それは二つあるうちの一つであり女性の象徴の一端を担うには十分なそれを彼は一心不乱に唇で挟んでは離し、離しては噛みこんで舌でそのしこりをチロチロと刺激していく。
この彼からの刺激には彼女も予想外だったようで気の抜けきった声と艶めきがかった声が混ざった声を喉奥から漏らすと彼の頭の拘束を瞬間的に緩めてしまう。

その瞬間を彼は逃さなかったのは言うまでもない。

「アムアムッ…ぷぁっ! 華南のおっぱい…蜜があふれてくるや…♪」
「あ、い…言わな…い…で…んぁあ♪」
「…下の奥地も凄い事になってるよ?」
頂から湧き出る黄色の源泉を口に鱈腹含みながら彼女の秘部手をやり彼は人差し指で綺麗に閉じ合わさった渓谷を南から谷底を掬う様にして北上させるとにちゃっ、という粘度の高い水音をさせて彼の指に纏わりつく濃厚な彼女が。

「くひぃん♪ す、すっちゃだめぇぇ♪」
「えぇ〜僕おこちゃまだから何のことか分からないなぁ〜♪」
「あっひぃ♪ んくぅ♪ ひぃあぁあぅ♪」
ただなぞるだけだった彼の指の動きは次第にスピードを上げ始めていき今では手を固定して人差し指の第二間接を激しく動かすのみになった。
彼女の表情も彼の指につられて驚愕から惚気、果ては眉尻を下げて彼をより一層強く抱きしめ呼吸が辛いのか空けたままの口からは舌から唾液が無遠慮に彼の頭上に垂れ流されている。
だが彼はソレを全く気にしていないようだ。

「や、やぁあ♪ は、はじめ、てぁ♪ きんじょぅ、くんとぉ♪ い、イき、たい、のぉぉ♪」
「っ! …そ、そうですか…じゃあ…」
「あ、あぅ…や、やめな…ぁっ♪♪」
愛撫で喘ぐ彼女の切なる願望に彼は心臓を一気に鷲掴みにされたようで彼女への執拗な激しい愛撫を途端に止めてしまう。
火照りに火照った彼女は急に止められてしまい燻った快楽を与えていた彼に不満の目を向けると半歩分だけ彼女から離れた彼が自分の一物を彼女の蜜つぼから掬った蜜で数回上下に扱いているところだった。

つまり、それの意味する行為はただ一つしかない。

彼女に再び近づいた彼はいきり立つソレを彼女に突き立てようと試みるも如何せん身長差がありかなり手間取っているようである。
基本アルラウネは立位であるのでこういったときの身長差は困ったものだ。

「…金城くん…ちょっとだけ離れて?」
「…??」
「んしょっと…こ、これなら…どう?」
焦らされてからか母性が出たのか、要は待ちきれなかった彼女がとった行動は彼を一度離して彼女が彼へ大変肉付きの良い下の双丘を彼へと向けて自身の本体の花びらへ体を丸投げすると言う
ものだった。
傍から見れば彼女はまさに浅ましく彼に尻を突き上げて自分の秘所を惜しげもなく晒して服従の意味を籠めた体位である。

それをされて萎える男がいるだろうか?
…いや、居まいっ!

「…華南! 華南っっ!!」
「っぁぁ♪ き、きたぁぁ♪ ごくぶとぉきょうあくちんぽぉぉぉ♪」
「はっ! はっ! はっ!」
彼は既に洪水を起こしているその割れ目に狙いをつけると彼女の腰をがっちりと両手で鷲掴みにすると大きいサイズのオナホの如く手前に勢い良く打ち付ける。
さすれば聞こえるのはパァァンという甲高い打撃音であり、そして一瞬の静寂。

その数拍遅れの静寂を破るのは彼女の口から出る歓喜に満ち満ちた雌としての喜びの声に他ならない。
彼は彼女のその声を聞き更に興奮を煽られたせいで呼吸と愚息の出入りがリンクしているような錯覚を覚えるほどの速度で激しく彼女を攻め立て始めた。
彼女の結合部からは蜜や愛液とは違った液体が流れているのだが彼はそれに気付く様子はなく彼女のほうも彼の雄らしい荒々しい交わりにただただ表情を弛緩させるばかりである。

普段は怪我をした生徒や不良の休憩室よろしく使われ、時折保険医の華南の留守を狙ってラブホの一室と化す保健室。
ここは今一対の雌花と雄花による交配の真っ只中にあり部屋中に脳まで蕩けさせるに十分なほどの甘美で芳醇な蜜の香りと我が物に染めようとする雄の匂いが漂っていた。

冒頭で開け放ってある窓を閉める余裕がない二人は後背位から変形対面立位、そこから彼女が寝て正常位へと目まぐるしく体位を変え続けて彼はその都度大量の精を放ち続け彼女との結合部には白と黄色の白濁液がこれでもかと付いており今も尚彼女の穴からは白い液が下品なおならの様な音を立ててあふれている。
その状態のままでも彼は一向に気にすることなく腰を振り続けてはいるものの彼の目には既に光が無くいきも幾分荒くなっている。
しかし思い出して欲しい。
彼はこうなる前に何故保健室で休んでいたのかを。

…そう彼は『本来』体が弱いのである。
しかしそんな彼が何故未だに激しい運動が出来て且つ呼吸を多少荒くする程度で収まっているのだろうか?

その答えは…彼の変化は急に表れることとなった。

「ハァハァ…う…ぐぅぅっ!?」
「あぅ♪ んっ♪ あぁ、や、やっとぉ♪ やっとぉへんかしたぁ♪」
激しく突き合う彼だったが一瞬だけ心臓が高かなったかと思うと次第に肌がどんどん浅黒くなり、ジワジワと侵食するように変色している皮膚を見つめる彼の瞳も次第に水面に垂らした絵の具のように変わっていき数回瞬きをすればジパング人特有の茶色の瞳が火を思わせるような情熱的な赤へと変わった。
そして浅黒くなりきった皮膚の変化を見届けた瞬間と何度目か分からない絶頂を彼女の底なし沼へと注ぎ込んだのはほぼ同時である。
流石に連続で出しすぎて疲れたのかそのまま彼女の腕の中へ包み込まれるようにして彼は倒れてしまったが彼女はやんわりとソレをキャッチすると彼に優しい瞳で語りかけ始めた。

「ハァハァ…華南…これ…は?」
「ふふっ♪ これでもう体が動かなくなることは無いわ。だって今貴方はインキュバスになったんだもの…大抵の病気はもう治ったも同然ね♪」
「そう…なんだ…」
そしてまた彼女は抱きしめた彼をお気に入りの人形のように頬擦りしては彼の現状を事細かに教えてあげたのであった。

「…そして卒業おめでとう…」
「…ちがうよ華南」
人間を卒業したことか、童貞を脱したことか、はたまた学校のことか。
色々と意味が取れる卒業という言葉に何故か彼女は棘を持っているのだが彼はソレを柔らかい笑みで彼女の発言を否定すると…



『これで生徒と先生は卒業して…恋人としてスタートしたんだ…でしょ?』
『っ! …も、もぅ…お互いの初めての卒業式ってことでいいんじゃないかな?』



ーーー真っ赤になった彼女に蔦まで使われて尚更強く抱きしめられた彼らがいるその部屋の外は満月が明るく学校を照らし出していた…。

【完】

皆さん、第二ボタンは挙げたり貰ったりしましたか?
私はそんな浪漫はドブヘ捨ててきましたっ!!(キリリッ

どうもjackryですw
今回はある場所で公開したSSを手直しして投稿させていただきました。

いかがでしょうか?(´・ω・`)
感想お待ちしております。

12/03/22 23:57 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33