性なる夜を祝おう

私(わたくし)はエンジェル。
とても尊き主神様に遣わされた天の使いですわ。
私の仕事はいたって簡単。
世界の汚点である魔物を排除すること。
敬虔なる主神様のために祈る人々を祝福する事。
そして、魔物を排除する人々にご褒美をあげる事。
主神様のために働くことは、エンジェルにとって至上の幸福。
あぁ、今日も清々しい一日が始まりますわ。


私達エンジェルは主神様の教えに忠実な人々に幸せを分け与えるための能力がありますの。
その一つが、魔物を多く討伐した人間が誰で、どこにいるのかがわかると言うもの。
ほら、あの若者もどうやら数多くの魔物を討伐しているようですわね。
その善行に相応しい幸せを授けましょうか。

「今日は。若き人間よ」
私が彼の前に舞い降りると、彼は驚いて剣を引き抜き、身構えました。
どうやら、ハーピー種と間違えたのでしょう。
振り下ろされた剣を光の輪で受け止めると、彼は驚いて飛び去りましたの。
「私は魔物ではありませんわ」
私が笑うと、彼は戸惑っていらっしゃるご様子。
「数多くの魔物を討伐しているあなたに、幸せを授けに参りましたの」
私が自らの使命を告げると、彼は驚かれましたわ。
初めてエンジェルに出会う方は何時も、同じ反応を示されますのね。
「何がお望みですの?」
訊ねると、彼は私の目を真っ直ぐに見据えて、こう言いましたの。

「強い力を。もっと多くの魔物を。もっと強い魔物を、容易く葬れるように」

これが彼との最初の出会いであり。
私の使命の一端であり。
彼の栄光の始まり。
そう、信じて疑わなかったのですわ。


「あら、また沢山葬られましたのね?」
ある時はゴブリンの巣の入り口で、彼は返り血に塗れて私を待っていらっしゃいましたわ。
「力を。もっと強い力を」

ある時は、小さな村を滅ぼされていました。
無論、魔力の残り香から、魔物に占拠されていた事は私には分かっていましたわ。
「力を。もっと。もっと強い力を」

彼が余りにも熱心に魔物を狩り続けるので、やがて私は彼と同行する事にしましたの。
効率の事もありましたけれど。
一つだけ、湖に浮かぶ泡のような懸念が、浮かんでいましたの。
「貴方はどうして、笑われないのですか?」
彼は数多くの魔物を葬り、より強い魔物を、より多くの魔物を狩る事が出来るようになっているのに。
その顔は岩の様に固まっていらっしゃったのですわ。
私は疑問を口にしましたけれど。
彼は一度も答えてくれませんでしたわ。

私は争いごとは好まない、清純なエンジェルですの。
ですから、魔物討伐の時は彼を待つことにしていましたわ。
そして戻ってきた彼へのご褒美に、より強い力を授ける。
ですから、私は彼の戦いぶりを一度も見たことがなく。
如何に勇猛な戦い方をしていらっしゃるのだろうと、いつも想像して待っていましたわ。


ある日。
好奇心から、彼が討伐を終えた後、私の方から彼に会いに行きましたの。
村は酷い有様で、そこかしこに死体が転がっていましたわ。
多くが人間と、魔物に扮した人間の死体。
恐らくは魔物の魔力に当てられて変化してしまったのでしょう。
もっと多くの魔物を狩らなければいけないのでしょうが。
「悲しい、ですわね」
数多くの命が失われている。
その事実は重く、そして、地面を塗らす大量の血は、この村の嘆きの様に思えましたの。

最後の悲鳴が聞こえた時、体が怖気で震えましたわ。
若い娘の悲鳴。
エンジェルである私は人の声に含まれる感情を熟知しています。
彼女の声には、悲痛と、嘆きと、怒りと、そして。
謝罪が篭っていましたの。
もっと細かな感情を含めればキリがないほど、複雑で、負の方向性が強い感情。
地上は、一刻も早く浄化されなければいけない。
そう思い彼の下へ飛んでいきましたわ。

彼は、やはり何時もの通り、返り血に塗れていましたわ。
彼の足元には若い男性の死体と、やはり魔物化している人間の死体。
「よく頑張りましたわ。さぁ、ご褒美を差し上げますわ」
私は辺りに広がる魔物の魔力を消し去り、彼にさらなる力を差し上げ。
倒れている二人を見下ろしましたわ。
「仲睦まじい姿ですわね。魔物に成り果てなければ、魔物に襲われなければ、このような結末にはならなかったでしょう。本当に、悲しいですわ」
二人は死後もお互いの愛を確かめるように、寄り添って倒れていましたの。
私は間に犯されてもなお愛を貫く二人に、死後の祝福あらんことをと、主神様にお願いいたしましたわ。

「さぁ、次に参りましょう。このような被害が少しでも減るよう、一刻も早く魔物を討伐しないといけませんわ」
彼の体の汚れを取ろうと手を差し伸べた所で、ふと彼がじぃと私を見ている事に気づきましたの。
「何かありまして?」
彼は黙ったまま私を見た後、頭を振って歩き出しましたの。

その後、魔物に汚染されたがゆえに命を落とす事になってしまった、数多くの人々の冥福を祈る日々が続きましたの。
ハーピー種に似た少女と若い少年の死体。
ゴブリンに似た少女たちの折り重なる死体、死体。
時には魔物に汚染されたエルフまでおりましたの。
今代の魔王は、今までになく悪辣な魔王なのでしょう。
私に魔王を討つ権限がないことを、悔やむ日々でもありましたわ。

いつのまにか。
私は、主神様にお願いをする事が増えましたの。
魔物に汚染された人々が死後、幸せに過ごせますように。
平和を願う人々が、その生活を脅かされないように。
心で願い。
声に出して祈り。
私達神族の祈りは主神様に必ず届く。
彼にそう説きながら、何度も何度も祈りましたわ。

彼が、どのような思いを抱いて、私を見ているのか。
敬虔な神の使徒たる私の姿に感銘を抱いているのだと、信じて疑いませんでしたわ。




彼が、ドラゴンさえ打ち倒せるほど強くなった頃。
ある汚染された村の討伐の跡地に、いつもの様に祈りを捧げて回っていると。
呻き声が聞こえましたの。
幼い、幼い娘の呻き声。
私は慌てて声の聞こえた方へ飛びましたわ。
辿り付いて、助けようと手を伸ばし、その手を止めてしまいましたの。
彼女は、魔物に汚染されていましたの。
その頭に角が生えている姿。
ゴブリン属の少女でしたわ。

少女は、もう目も見えていないのでしょう。
けれどその強靭な生命力は、近くに自分以外の誰かがいることを感じ取られましたの。
助けを、求めていましたわ。
魔物の魔力を体から立ち昇らせる少女は。
天の使いである私に。
助けを求めていましたの。

迷ってはいけない。
そう思っても、手が震えてしまいましたわ。
死後の祝福の祈りさえすれば、彼女は幸せに暮らせる。
そう分かっていても。
今ここにいる彼女を殺す事が、どうしても出来なかったのですわ。
彼女の呻きは嘆きに変わり。
そして、途絶えましたの。
たった一振りの剣によって。

彼は私に告げましたわ。
これで全部だと。
そして、いつもと同じ言葉を。
石の様に固い口から漏らしましたの。

「強い力を。もっと多くの魔物を。もっと強い魔物を、容易く葬れるように」

私は戸惑いましたわ。
「この少女は、人間なのでしょう? 魔物に汚染されているだけで」
彼は、私を見た後。
ゆっくりと首を横に振りましたの。
違う。
これこそが魔物。
魔物に汚染された人間はいない。
いるのは、人の形を模した魔物だけだ。

私は、思考が纏まらず、彼の目を見ましたわ。
彼は、何も見ては居なかった。
雪山の永久凍土よりも凍りついた瞳。
彼は続けます。

「強い力を。もっと多くの魔物を。もっと強い魔物を、容易く葬れるように」

私は何も考えられず、何時も通り彼の汚れを光で落とし、新たな力を彼に与えましたの。
足元には涙で頬をぬらした幼い少女。
そのすぐ傍には、姉妹か、あるいは母親なのか、少女に良く似た娘の死体。
たった今死んだ娘をかばうように、覆いかぶさっていましたわ。
けれど、この娘たちは救われる事はないのでしょう。
なぜならば。

主神様は、魔物には祝福を与えないからですわ。




私は、彼と共に数多くの魔物を討伐して行くようになりましたわ。
仲睦まじい夫婦を切り裂き。
笑顔の絶えない親子を光で焼き尽くし。
平和に過ごす魔物の村を滅ぼしましたわ。
私の祈りは、既に途絶えましたわ。
だって、意味がないのですから。

多くの魔物を討伐し、聞き飽きた彼のお願いに対し、与え飽きたご褒美を授ける。
ある日の事。
魔物の若い夫婦が尋ねてきましたわ。
どうして静かに暮らしてはいけないのかと。
彼は言いましたわ。
魔物だからだ。
私は言いましたわ。
魔物だからですわ。
そして彼は若い男性の魔物を切り捨て。
私はおなかの大きな若い女性の魔物を焼き殺しましたわ。

だって。
主神様は魔物と人の夫婦を、認めないからですわ。




沢山殺して。
沢山滅ぼして。
魔界からやってきた騎士団を返り討ちにして。
ドラゴンの集落を襲撃したこともありましたわ。
無論、他の魔物の集落など撫で斬りで十分。
「ふふ、ふふふ」
エンジェルと言えど、私は神族。
たかだか魔物風情が叶うはずがありませんの。
「ふふ、ふふふふ」
今日はドコへ行きましょうか。
あの山奥なんて如何かしら?
きっと、魔物の若い夫婦が人目を忍んで暮らしているでしょう。
「ふふ、あはは」
ほら予想通り。
さあ、死になさい。
魔物は生きていてはいけないのですわ。
貴方達は。
幸せになっては、いけないのですわ。
「あはは、あははははは、あはははははははは」



だって。
主神様が、そう仰るのですから。




「ふ、ふふふ、くすくす、あははは」
私は煤に変わり果てた魔物を見下ろし、笑っていましたわ。
だって、おかしいじゃありませんの。
「こんなにも幸せそうに暮らしている夫婦を。こんなにもあっさりと殺してしまうのですのよ?」
それを私が行っているのですわよ。
あまりにも。
滑稽すぎません?
「ふ、ふふふふ」







「ふざけるんじゃ、ないですわよ!!!」
私は、これまで出したことのないほどの音量で叫び。
今まで溜め込んだ憤りを光に変えて地面に叩きつけましたわ。
光は大地を砕き、周辺に衝撃波を生み出し、辺りを吹き飛ばしましたわ。
けれど、どうでもいいのですわ。
その程度のこと。
「私は、幸せに過ごす物を不幸のどん底に落とすために、エンジェルをやっているのではありませんわ!!」
あふれ出した感情は涙腺を刺激し、目から涙が溢れ出てきましたわ。
「なぜですの!? なぜ、人を滅ぼそうとしない、人を殺そうとしない、人を食い殺そうとしない魔物を、殺さなければならないのですの!!」
人間がそうであるように、私たちエンジェルもまた、涙を零せば声が震える。
そんな些細な事さえ、私が殺してきた魔物との共通点があり、なおのこと私は我慢し切れなかったのですわ。
「それが主神様の意志ですの!? 魔物の現状などどうでもよく、ただ主神様の教えに従わないモノを滅ぼせと仰せですの!?」

そして、今まで見過ごしてきた事。
抱いた疑念を抱いていない振りをし続けたこと。
それら、禁忌に当たる言葉さえ、今の私にとっては。
ただの言葉に過ぎませんでしたわ。
「主神様!! 私は、私は、」
けれど、決定的な言葉であること知っていましたので。

大きく息を吸い、盛大に言って見せましたわ。


「私は、神の使命など、捨てますわ!!!!」


そして、私の意識は。
闇に落ちましたわ。













その後。
私と彼がどうなったか。

闇に落ちた私は、囁く声に耳を傾けましたわ。
その声は私も知っている、禁忌に触れた神様の声でしたわ。
その神様の話は、今まで私が見てきた事の真実と、主神様の嘘のお話でしたわ。
そして、私がどうあるべきかも、教えていただきましたの。

手始めに彼を押し倒し、今まで凝り固まっていた彼の感情を溶かしつくすように。
何度も何度もキスをして。
何度も何度もおちんちんを咥え。
何度も何度も彼の精液をこの身に受けて。
何度も何度も彼に跨って快楽を貪り。
何度も何度も彼に押し倒されて快楽の道具にされて。
少しずつ、彼の心を蕩けさせていきましたわ。

頃合いを見て、彼との交わりをやめた翌日。
彼はぽつりぽつりと私に語ってくれましたわ。
彼には恋人が居たと言う事。
恋人が魔物になってしまったと言う事。
神の罰を恐れて教団にそれを伝えた事。
目の前で助けを求める恋人に、背を向けて走り去った事。

私は彼を許すと告げ。
また、彼の上に跨りましたわ。





彼は今、堕落の神様がいらっしゃる万魔殿で堕落と快楽の日々を過ごしておいででしょう。
けれども、私は堕落の神様から使命を与えられた身。
この黒く染まったいやらしい体は、その教えを広めるためにありますの。
さぁ、今日も沢山祈って、沢山の人々にご褒美を与えましょう。


「さぁ。今宵も性なる夜の始まりですわ! 皆々様、人も魔物も、死者さえも関係ありません。存分に、淫らに、楽しむのですわ!」
私は黒く染まった魔力の光を辺りに押し広げ、いつものように祭りの開始を告げますわ。

「さぁ、救いましょう。生の苦しみを性の楽しみへ、死の悲しみを絶頂の喜びへ変える為に」

13/12/25 01:02 るーじ

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33