読切小説
[TOP]
Like a tool
とある書店で提灯娘の女性は首を傾げながら女性誌のページをめくっていた。
彼女の名前は石田 燈(イシダ アカリ)。
元はとある居酒屋の赤提灯だったが、そこの若大将の石田 衛に大事にされているうちに付喪神となり、彼と結婚して今に至る。
毎晩のように二人は交わりあい、燈は衛の優しい攻めに何度も絶頂を味あわされたが、まだ別の願望があった。

もっと道具のように犯して欲しい

『とは言ってもなぁ・・・』
燈は、今度はため息をつく。
見ている女性誌はダークエルフやオークが編集に参加しているSM雑誌なのだが、どれも燈には過激すぎた。
『肉便器のようには使われたくないし、痛いのは嫌だし・・・というより、乱暴に扱って欲しくないの。うん、愛情からやっているのは分かるんだけどさぁ・・・』
女心というものは難しいものである。
『男性雑誌に何かないかな』
ダメ元で燈は成人向け男性雑誌に手を伸ばす。
そしてパラパラとページをめくって目を通していたが、あるページで動きが止まり、目が見開かれた。
「こ、これだー!!!」
「本屋では静かにしてください」
書店でアルバイトをしている文章型リャナンシーが注意する。
「あ、すみませ・・・こ、これだー!!」
リャナンシーを見てなぜか燈はまた声を上げる。
「ちょ、言っているそばから・・・!」
「あ、ああ、ごめんなさい、つい興奮して・・・この雑誌、買います。釣りはいらないから」
雑誌と彼女を見たことによって浮かんだ案のお礼として、600円の雑誌に1000円出して、燈は軽い足取りで書店を出た。


居酒屋の人間の活動は普通の人とは違う。
朝の5時まで働き、その日の売上などを計算し、明日(日付は同じだけど)の仕込みをして、ようやくプライベートの時間だ。
もちろん、その時間には夫婦の時間も含まれる。
衛と燈は朝に交わるのだ。
『今日はなんか燈、いつも以上に明るかったな・・・何かあるのかな?』
シャワーを浴びた衛は寝室のドアを開けた。
「ま・も・る♪」
「なっ!? これは一体なんだ!?」
部屋に入り、媚びた声をかける燈の姿を見て衛は驚愕の声をあげた。
全裸の彼女の身長は20cmほどしかなかったのだ。
「え、え〜っと、これはどうしたことで?」
「あのね、衛。私は衛との性生活には満足しているんだ。うん、でも・・・」
言いづらそうに言葉を切った燈だが、一息に言った。
「もっと道具のように使っても欲しいの」
戸惑う衛に対して燈は告白する。
「それでね、今日書店に行ったらこんなのを見つけて・・・」
小さくなって手で持つことができないので、既に開かれている雑誌を燈は指し示す。
衛が手にとってみると、それはオナホールの広告のページだった。
「でね、でね。リャナンシーとかフェアリーって、エッチする時はオナホ妖精になるじゃん? そんなことができないかなと思って、ピクシーに協力してもらって、一時的に小さくなったの♪」
「燈・・・」
衛は思わずごくりと喉を鳴らす。
燈の膣内はきつく締め付ける上、提灯のごとく蛇腹の襞が肉棒のカリに引っかかって快感をもたらす。
それが小さくなることでさらにきつい締め付けとなり、自分の手の速度で扱くことができるとは・・・
「ね、衛」
ベッドの上にちょこんと座りながら燈は足を広げ、くちゅりと秘裂を広げた。
「私の身体を使って気持ちよくなって・・・♪」
「あ、ああ・・・でも、その前に・・・」
服を全て脱ぎ捨て、衛は燈の身体を手にとったがすぐにその淫穴に自分の剛直をねじ込まなかった。
「ちゃんと下ごしらえもしないとな」
その小さな小さなくちびるにキスを一つし、そして指を胸に這わせてぷるぷると刺激を送る。
「あ、あんっ! なんかいつもと違って気持ちいいよう」
「そうかそうか、ならこれならどうだ?」
燈の身体に再び衛の口が近づく。
そして・・・
「ひゃあああっ!?」
燈が声を上げる。
衛の舌が燈の裸身を這っていた。
だたの舌での愛撫だが、普段と大きく異なる。
燈の身体が小さくなっているため、一気に多くの面積を舌で愛撫されているのだ。
腹、両胸、乳首と一度に舌で愛撫される・・・人外娘の提灯おばけの彼女にとっても、これは人外の攻めだった。
「や、やああっ!? これ、これすごいよぅ! おかしくなっちゃう!」
「もう? まだここを舐めてないじゃないか」
「えっ?」
衛の言葉にかすかな恐怖を伴った期待が燈の脳裏をよぎった。
予感のとおり、衛の舌先が燈の脚の間を割って入る。
そしてべちゃりと燈の股間にその軟体物質が貼り付いた。
膣口に、クリトリスに、尻に、アナルに、内股に、ぬるぬるしていながらざらついてもいる軟体物質が密着する。
「あ、あ、ふああ・・・」
それだけで燈は恍惚とした表情を浮かべた。
だが、貼り付くだけで終わるはずがない。
舌が蠢いて燈の秘裂を苛烈に攻め立て始めた。
唾液が燈の股間に塗りたくられ、味蕾がずるずるとクリトリスや秘裂をこすり上げる。
「や、やめてぇ! そんなの、狂っちゃうよぉ!」
がくがくと裸身をわななかせ、脚をばたつかせて燈は快楽から逃れるかのように暴れる。
「あ、こあ、あはへふは!(あ、こら、暴れるな!)」
舌を伸ばしたまま衛が言う。
その舌の動きと吐息が余計に刺激となってしまった。
「や、も、もう・・・だめえええっ!!」
カッと白目を剥き、燈が絶頂する。
びくんびくんと裸身を痙攣させ、それに合わせて搾られているかのように秘裂から愛液が吹き出し、衛の舌に注がれた。


「あ、はぅん・・・ううぅ、衛を気持ちよくしてあげるはずなのに、気持ちよくされちゃった・・・」
「まぁまぁ、下ごしらえってやっぱり大事だからさ」
そういう衛の逸物は燈の乱れ様を見て先程よりさらに怒張して爆発しそうになりながらヒクついていた。
燈も今の攻めで全身が快楽で弛緩している。
「でも、大丈夫なのか? 今のお前の身体にこんなのが入るのか?」
「多分大丈夫だよ、魔物娘の身体ってそんなにやわじゃないわよ」
衛の手の中で燈は胸を反らせる。
「・・・信じたよ」
衛の手が動き、燈の秘裂が亀頭に押し当てられる。
「ん・・・来て」
燈は大きく脚を開いて、肉棒にまたがるような形で衛を待っている。
心を決め、衛は燈の身体をおろし、おそるおそる肉棒をその淫穴にねじ込ませた。
「あっ!? あああっ! す、すごい! 衛が、入って・・・くるぅ!」
「くっ、キツイ・・・熱くてぬるぬるしていて・・・気持ち、よすぎる・・・!」
二人の嬌声が絡まり合う。
燈の身体は腹を膨らませてまで衛の剛直を銜えこみ、媚肉はきつく締め付けながらぐじゅぐじゅと銜えているものをしゃぶっていた。
「ね、衛。 私の身体でおちんちんしごいて・・・私の身体で、気持ちよくなって・・・!
「ああ・・・!」
言われて衛はゆっくりと燈の身体を握ったまま上下させた。
「な、なにこれっ!? すごいいっ! 衛のカリが私のおまんこに擦れて・・・ふぅん!! いつもより擦れているのが分かるのぉ!」
彼女の言葉のとおり、いつも以上に二人の局部は密着しており、擦れあっていた。
膣壁から分泌される蜜がすくわれ、カリ首にたまってだらだらと流れ落ち、肉棒の幹を濡らしていく。
「も、もっと・・・」
「もっと? これ以上激しく・・・大丈夫?」
「大丈夫! 大丈夫だからもっと激しくしてぇ!!」
快楽を求めている証拠とばかりに燈は叫びながら衛の手の中で腰をクイクイと動かす。
燈の言葉を受けて衛は手の上下運動を激しくした。
衛の手の動きに合わせて燈の媚肉が肉棒をしごき上げる。
手の動きは腰の動きより速く、そのぶん与えられる快楽は男も魔物娘も大きい。
さらに快感は媚肉と肉棒の摩擦だけではない。
動きが激しくなったことで亀頭と子宮口がぶつかり合う快感が加わっていた。
「ひぐっ! すご・・・すごい! いつもよりずんずん貫かれているのぉ!」
燈の眼はぐりんと半分ほど上を向いており、舌も突き出されていた。
一方の衛も余裕がない。
「す、すごい・・・小さくなった燈の身体、すごいよ・・・」
どうかしてしまったかのようにすごい、すごいと繰り返しながら燈を握った手を上下に動かす。
ぐちゅ、ぬちゅっ、ぐぽっと肉棒と媚肉によって卑猥な音が部屋に響く。
「うあっ、ふあああん! 衛のおちんちん、また大きくなったァ!」
身体が小さくなったことでより敏感になったのか、燈が衛の性器の変化を感じ取る。
「でる、出るんだね、衛!?」
「出る、出ちゃうよ燈! あ、ああっ!」
そう言っている間にも衛の手は止まらない。
「ダメッ、わだしも、もう・・・だめっ、 いぐ、いぐぅ・・・!」
その刺激で燈が絶頂に達した。
膣内が蠢き、衛の肉棒をしゃぶりつくす。
身体は小さくなってもその男から精を搾りとる機能は変わっていない。
「うわあああっ!?」
限界だった衛が腰を突き上げて絶頂する。
手に燈を握ったままでの射精だったため、より亀頭と子宮口が密着する。
どぷっ、びゅくっ・・・
白濁液が燈の膣奥に叩きつけられた。
「で、出てる!中に、出てる! おちんちんがなかでびくびくして・・・ふあああん!」
射精の最中の肉棒の震えだけで燈はまた絶頂に追いやられる。
その間、衛はまだ精液を吐き出し続けていた。
小さくなった身体は腹を膨らませながらもそれを受け入れる。
その感触ですら燈の体は快感と受け止めた。
「あ・・・あへ、うへへ・・・」
淫らな笑みを燈は浮かべ、そして気を失った。


「すごくよかった」
失神から目を覚ました燈は最初にそう言った。
「ああ、俺もすごく気持ちよかった」
衛も頷く。
「くせになってしまいそうだ」
「私も♪ でも終始、衛にリードされるのはちょっと、もったいない気もするなぁ・・・」
「それもそうだな・・・」
だが、気持ちよかったものは気持ちよかった。
その快楽を思い出し、そして白濁液まみれの燈の姿を見て衛は再び勃起する。
「あっ! 衛、また大きくなっている〜。 なに、またシたいの?」
「うぇ!? あ、ああ・・・」
「じゃあ、もう一回・・・の前に、この身体全部を使ってシコシコしちゃうね♪」
再び、普通の体ではできないような淫靡な交わりが始まった。


こうしてオナホ化エロにハマってしまった二人だったが、小さくしてくれと余りにも頻繁にピクシーに頼んだので
「私の負担も考えろーっ!」
と怒られたのだとか・・・
11/10/12 20:36更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
提灯オバケのことを考えていたら・・・
道具のようにと言ったらついついなんかハードSMっぽく肉便器とか連想しかねないけど・・・
男が気持ちよくなれる道具と言えばオナホールでしょう。
そしてオナホールと言えば小さい身体の魔物娘・・・むむっ!?
ピクシーアピールチャンスがキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
と言うわけで、いいですか、皆さん?
自他の体の大きさを変えられるのは(明記されている限り)ピクシーだけなんですよ?
そんなわけで、ピクシーの性質をアピールしたSSでした。
くくく、提灯おばけは出汁に過ぎぬ・・・おや、こんな時間に誰か来たよだ・・・

作者メッセージはここで途切れている
後に残っているのはまっ黒こげの人型の物体のみ・・・

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33