『人助け? いいえ、偶々そうなっただけです。』


「ふぃ〜…今日の仕事も粗方片付いたかね…」
ここはジパングの一角。
春の日和が生き物達を活発化させる時期のこと。
箱に詰めた薬や刀剣や果実などをたっぷりと詰め込んだ木箱をヨイショ、と背に担ぐモノが一人。
ただ広いだけで周りに民家どころか廃屋のようなものすらない街道の一角を歩き出すその影は決して人とは言えない異形のものであるが如何せん人がいないのだから誰一人としてそれを気にするものは無い。

「明日の下ごしらえでも…障子屋で和紙を売って…あぁ、和紙屋に良い樹皮を売りつけんと…」
ブツブツと独り言を話して俯きながらお天道様の下を堂々と歩くその様。
時折顔を上げれば実に誇らしげな表情である。

「むぅ…今日の内に仕入れを…ん?」
そんな真剣な顔つき(言い方をかえれば三白眼である。)の彼女の進行方向に一組の魔物娘の夫婦がいたのだが彼女は夫婦が気づくより早く気づいたようで…

「…商売の足しにするか」
獲物を見つけた獣の目でそれを見やるとムスッとした顔からニコッと人懐っこいものに変えただけで柔和な雰囲気になりそろそろとその夫婦へと近づいていく。

「こんにちは〜、何か入用はございませんか?」
「ん? あら、狸さん?」
「お、商売人か…何を扱っているんで?」
その笑顔にやられたのか夫婦は対して警戒もせずに彼女へと視線と興味を向けると販売物を探り始めた。

「一通りございますよ? …例えば稲荷寿司ですとか。」
「っ!(ピクン」
「へぇ〜? 中々日持ちしないはずだけど…」
彼女は確かに何でも売っている。
ただし食料に関しては買ったものではなく自分の食料であるが…

その彼女から出た魅惑の食料に頭の上の耳をピンと立たせて反応する夫婦の奥方はやはり稲荷か妖狐のようで。

「あとは…かの有名な妖狐【玉藻の前】が愛用していた化粧h」
「私は稲荷です! 妖狐と一緒にしないでいただけますか?」
「これは失礼。でしたら…」
内心「めんどくせぇ…」と悪態をつきながらもそつなく商売をこなしていく彼女。
どんな客の要望にもこたえるあたり、まさに商人と呼ぶにふさわしい。

「では毎度ありっ!」
「助かったよ。」
「…ねぇ狸さん?」
やがて幾つかの商品を購入した夫に対して彼女は上っ面だけの感謝を述べるとその彼女をジーッと見つめていた稲荷の若奥さんに声をかけられた。
彼女としてはこのまま別れて次の商売のための下準備をしようと考えたところであってその声は予想外である。

「は、はい? なんでしょうか?」
「あなた…夫さんいないのかしら?」
「…どういう意味で?」
最初こそ愛想笑いをしていたが稲荷からその言葉を聴いた瞬間…彼女は素に戻った。
和やかな雰囲気だった彼女は一変して刺々しい気を放ちつつ言葉を静かに返す。

稲荷の夫はその気に当てられて卒倒はしなくともヘナヘナと尻から地面に力なく座り込んでしまった。

「いえ、これはお節介かもしれないですが…これだけ商才がおありだと気苦労が絶えなさそうなので…心の支えを作ったほうがよろしいですよ?」
「ご忠告痛み入ります。…ですが私は生まれて親元を離れてこの方恋愛に興味はありませんので。きっとこれからも…」
「…そう…ですか。貴女に良き出会いがありますように」
その稲荷の言葉は彼女を気遣っての言葉だったようだが彼女が尻尾をブルッと一回震わせて稲荷へ一礼するも「大きなお世話です。」の意味をこめた返事をすると稲荷のほうは耳を曲げてシュンとしてしまう。

「…では失礼いたします」
ペコリと更に一礼して彼女はその夫婦を後にするのであった。

「…あ、先にアイツの店寄って行くか…掘り出しモノがあるかもしれんしな…」
ブツブツと再び呟き出した彼女は稲荷夫婦とさほど距離を置かずして冒頭のように俯いて歩を進めている。





「…流石、刑部狸(ぎょうぶだぬき)ですね。金銭を優先とは…願わくば彼女に素敵な出会いがあらんことを」





稲荷は遠くなっていく彼女に決して聞こえない位小さな呟きを春風に乗せてそっともらしたのであった……。

_/_/_/_/_/_/_/_/


「おぃ! おめぇさっさと働きに行けやっ!」
「や、やめてアンタ! 」
ここは彼女がいた場所から先にあるとある集落の一角。
その家では主人らしき男が昼間から酒を呑みもうすでに出来上がっているのか顔を真っ赤にしながら怒鳴り散らしている。
その男を止めるように何度も酒を取り上げようとするもその度に暴力を振られ今では青痣が体中に絶え間なく作られた女がまた男から酒瓶を取り払おうと躍起になっていた。

そして今その男に「おめぇ」と言われた彼は見る人が見れば随分とやせ細っておりお世辞にも発育が良いとはいえなかった…
そんな彼はほとんど言葉を発することなくその家の玄関のほうへ歩き出し定位置へと座る。
奥からは未だに怒鳴りあいと瓶の割れる音と…生々しい打撃音が聞こえてきたが彼はそれらにも興味を示さない。
この壊れた環境のせいか彼はあまり感情を表に出さないようになっていた。

そんな彼が今座るこの場所、そこはよく見渡せば様々な骨董品が置かれてある店内の唯一の精算場所。
そう、彼の家は代々骨董品を扱う店なのだが彼の父である先ほどの飲兵衛か品定めを誤ってしまい多大な損失をこの家に与えてしまったのだ。
ゆえに家は傾き満足いく教育も出来ずに彼は育った。

そんな閑古鳥が常に鳴く店にふらりと立ち寄る奇特な客が一名引き違い戸をゆっくりと開けてやってきて彼へ声をかけるものが…

「やぁ、もうかりまっか?」
「…ぼちぼち…でんな。」
「…ふむぅ、相変わらずの無愛想だな。というよりも顔が無表情だな。」
その声は甲高く視線を日が射す入り口に目を向けると彼からちょうど逆光になって姿が影ってしまっても良く分かる特徴的な丸い耳とフワフワとしている丸っこい尻尾が機嫌よく揺れていた。

そうさきほど稲荷夫婦に行商していた彼女である。

ガシャガシャと背中の商売道具達が音を立てて物静かな店内を喧しくするも彼は一向に気にする様子もなく彼女の為にいつの間にか椅子を持ち出していた。

「む? 悪いね。…どっこいしょ」
「…今日の朝市で見つけたモノ、みるかい? 葉秤(はばかり)?」
「うむ、宜しく頼む。香來(からい)」
ちょうど対面式の精算所の物置台に彼女は腕を絡ませて実を乗り出して実に楽しそうに彼へ新商品の催促をすると彼も満更ではない様で感情の起伏が乏しいにしては珍しく微笑んでいた。

「…これ。(ドン」
「おぉ…これは中々…花瓶か?」
「うん。500年前の窯元【狐狗狸(こくり)】の晩年の作品。紅土の陶器に黒の塗り薬を垂らして作られているんだけど…ほら、見方によっては黒単色に。花瓶の中を覗けば…ほらこの窯元独特の塗り口。」
「むぅ…私が教えた知識をこうも早く吸収されるとは…」
学がない、と先ほど説明したが彼にはそれを補うようにして骨董品、特に花瓶や皿などの陶器に対しての眼力は父をも凌ぐものがありこうして金銭にがめつい彼女のことを唸らせるほど。

そんな彼が常連である彼女のおかげで身に着けた知識も相まって密かにここら辺一帯でもっとも信頼できる鑑定眼の持ち主、といわれている。

「…はぁ…」
「…どうした? 香來?」
「…葉秤、実は…お金を貸してくれないか?」
彼女そんな彼から花瓶を受け取り嬉しそうにマジマジと見ていると彼は小さくため息をこぼす。
その溜息を自慢のまるっとした耳が聞き取ってしまい花瓶の鑑賞を止めて彼に視線を持っていく彼女は顔が真剣になっていた。

それもそのはず。
彼は感情をあまり表に出さないが為に今まで溜息なんて彼女の前では少なくとも漏らしたことは無かったのに漏らしということは「…これは何かある」と彼女の勘が告げたのだ。

「金? …どうしてまた?」
「…親父、どこかから借金してんだよ。この頃また呑む量も増えてきたし…お袋に対する暴力も増えたし…」
「…んで?」
彼女は俯いて光の無い瞳の彼を見続けて続きを促す。

「…俺のうちこのままじゃあ閉店どころか一家で首吊りなんだよ…」
「……。」
「だから…葉秤、頼む…お金を貸してくれないか!?」
泣きそうな目をした彼が彼女へ手を合わせて拝み始めても彼女の表情は変わらなかった。
やがてどれだけの時間が過ぎたのだろうか…

「…ふぅ、ガッカリだよ。」
「っ!?」
「次にくるまでには答えを出しておこう。…それまで潰れるんじゃないよ?」
「っ!! あ、ありがとうっ!」
あまりの嬉しさにガシッと彼女の両手を握る彼に彼女の反応は一拍ほど遅れて紅潮した顔に表れた。
…眼を見開いて尻尾がふれているあたり満更でもないようである。

「い、いいかい? 絶対に生き残っているんだよ!?」
「うん! 」
後ろ髪を引かれる思いで彼女はそのモフモフと柔らかそうな足をここに来るまでよりも早く進ませてとある場所へのツテを捜しに歩き出す。
相変わらずの仏頂面だが耳をピコピコと嬉しそうに動かし尻尾は激しいくらいに横に揺れ、緑黄色(りょくおうしょく)の眼が先ほどよりも爛々と輝いて彼女のやる気がありありと雰囲気で伝わってくる。

「…絶対に助けてやるよ…香來っ」

彼女はそう漏らすと日の傾き始めた街中を颯爽と走り始めた。
…背にある道具と共にある花瓶の木箱をカタカタ鳴らして。

_/_/_/_/_/_/_/_/

すっかり季節は夏に変わり肌を焼くようなジリジリとした日差しが降り注ぐも相変わらず彼の家は傾いていた。
…いや、寧ろ悪化している。
壁の彼方此方には差し押さえの札が貼られてしまっているのだが、商品である骨董だけは辛うじて免れていた。
そんな状態の店で彼はいつも通り椅子にすわり店番をする。
…差し押さえの札が貼られた椅子と物置台と算盤を携えて。

「…今日中か……(キュー)…腹減ったなぁ…」
そう、彼の呟きどおりこれらの品々は今日の夕方に回収業者がやってくるまでの所有物なのだ。
そんなことに気を回しつつ明日からの生活はどうしようか、と考えている彼。
金が無いということは碌に食事も出来ないということで…彼の、いや家族のお腹は丸一日なりっぱなしだ。


そんな時?


…ガラガラガラッ

「…あ、いらっしゃいまs」
「ハァハァ…待たせた…ね、香來。」
「えぁ、葉秤っ!」
呆けているときに偶々開いた扉の向こう側から実に三ヶ月ぶりに来店を果たす彼女が来た。
その彼女の背中には大量の小判と大量の【何かの果実】と【独特の色をした液体が詰まった瓶】があったのだが一体何に使うのだろうか?

「っと…よし香來、まずはお前のお袋さんに合わせてくれ」
「え? あ、うん…ちょっと待ってて?」
背中の荷物を降ろし息が荒かった彼女は数回深呼吸をするといきなり母親を呼んでくれといわれるも勝手知ったる間柄なので特に疑問に思うことも無く彼は彼女にいわれたとおり店の奥から母を呼んでくる。

「母上さん、…で……なんで……という…ですから…」
なにやら母と共に縮こまりながら話をほぼ一方的に進める彼女だが聞き手である母親も最初は自分が何故呼ばれたか分からず不安な表情をしていたが話を聞くうちに見る見る明るくなっていき終いには彼女に抱きついてお礼まで述べる始末。
そのまま彼女が持ってきた小判以外を抱えて奥の台所まで母親は早歩きで引っ込んでしまうのだった。

一体彼女は母親に何を説明したのだろうか?

「さて…【今度は】この店だが…」
「…【今度は】?」
「あ、いや、なんでもない。気にするな。…んで借用書はあるか?」
なんかはぐらかされて面白くない彼だったが自分の店がかかっているので文句は言わずに彼女に言われた通りズシンと着地音がするくらい束ねられた借用書の山を彼女に見せ付けた。

「うわぁ…どれどれ…ふむふむ…なんだ十分足りるじゃないか…」
「…」
その山の高さが想像以上だったのか彼女は椅子に座りながら感嘆というか呆れの声を上げるもすぐに書類に眼を通しだし前掛けに入れていた算盤を物凄い速さで叩き始めるとあっという間に計算が終わったのか安著の息を漏らした。
彼はその計算速度に度肝を抜かれていたが「おーい?」という彼女の呼びかけにハッと我に返り彼女へと向き直る。

「私が予想していたよりも遥かに少ない金額だったけど…何かあった?」
「あぁ、うん…親父今寝込んでいるんだ」
そう、彼の親父は自棄酒の呑みすぎで倒れてしまい床に臥せっており母親はそれに付きっ切りで看病をしている。

「そうか…それは好都合♪
「え?」
「いや何、気にするな。…ではちょっと出かけてくる。ちょっと待ってろよ香來」
そういうや否や下ろしてあった箱へ借用書の山を入れその箱を持ち上げ大量の小判をシヤンシャンと鳴り響かせて店から出て行ってしまった。

…そしてしばし待つこと数刻。

「やぁお待たせ。これでもう借金は無くなったよ。」
「ほ、本当!? ありがとうっ! 葉秤っ!」
帰ってきた彼女の箱の中は来た時の3割ほどしかない小判と【済】と押された借用書が入っておりそれの意味することはもう借金取りにおびえなくても良いということであった。
彼は嬉しさが有頂天になったのか彼女に抱きついてしまうのだが彼女は嫌がるそぶりどころかちょっと嬉しそうに微笑んでいる。














しかし、世の中そんなに甘くない。














「それじゃこのお店、私が【買った】から。」
「…え?」
彼女の口から彼にとって予想もしなかった言葉が出てきて彼は一切の動きがピタリと止まってしまった。
…彼女に抱きついた形のままで。

「ちゃんと母親からも【譲渡及び権利売買】は済ませたよ? いやぁ、自前の店を出すのが夢だったんだよねぇ」
「…。」
抜かりない商人に彼は己の未熟さを思い知った。
しかし次の彼女の言葉をきいて彼は目頭がとても熱くなったのを感じ自分はまだまだ彼女に及ばないと実感する。







『大丈夫、私が店主になったからには絶対に損はさせないよ。ただし働かざるもの食うべからず!…ちゃんと私が商売のイロハを叩き込んであげるから一緒に店をやっていこうじゃないか、香來?』


_/_/_/_/_/_/_/_/


ジパングがまだ近代化する前のこと。骨董屋から始まったとある店がありその店は様々な業種に手を出しものの見事にそれらを成功させていた。
その店、やがて企業を名乗るようになり発祥の地名から『霞ーかすみー』という社名に改変すると更に発展を遂げた。

各支店に刑部狸の支店長がおり、取締役のことを『母』とよび営業総部長のことを『父』とよぶそうな…

【完】

おまけ…

母親は葉秤から貰った実を一気にすべて平らげてそのまま瓶をラッパ飲みすると…母親の胸が大きく膨らみ且つ背中から翼が生え、頭から角が出て、知りも程よい丸みを帯びて尻尾が…

そう! 母親に与えたものは【虜の実(特濃・小粒)】と【虜の実濃縮還元10000%ジュース】でしたww

そして父親は…南無三wwww


どうもjackryです。
…なぜ仕事がある日に限って…っっ!!
畜生ッ! 狸ちゃんの足と尻尾もふもふしたいお!!(ハァハァ!

…失礼、あついケモラー魂が暴走をしてしまいましてw

いかがだったでしょうか?(´・ω・`)
感想お待ちしております。


12/02/12 15:08 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33