ラヴ物語は突然に・・・

ここは大きな港町『カルタゴ』。近くに運河が流れていて『カルサス』とも(距離はあるが・・・)つながっている。名物は海の魔物達による新鮮な魚介と陸の野菜であるが、この親魔物領内では珍しい殆ど魔物しか居ない町としても有名である。

そんな街にふらりとあらわれた行商の青年ラヴィ・トラヴィは

「おおっ!! 本当に魔物娘しかいないように見える!!」
「おや? お兄さん観光かい?」
「いいえ、タダのミミフェチです。」
「会話がかみ合ってないぞ? 」
「おっと、失礼本音が・・・」

と、声のしたほうへ振り向くと・・・

「えらいストレートだね・・・ちょっとは慎んだほうがいいと思うが・・・」

いいえ慎みが無いのは貴女のむn・・・ゲフンゲフン・・・

そこにはいくつかの野菜と大きな牛乳ビンの入った大きなカゴを担いだホルスタウロスのお姉さんがいたのだ。・・・ほんとでかいな・・・

「おおい坊や。あまり見られて気分がいいモノじゃないんだけど?」
「あぁ・・・すいません・・・」
「んで? 観光かい? 」
「いえ、行商の仕入れで来ました。」
「そうかい。んじゃまずは商業中央商社(セントラル・ターミナル)にいくのがいいさね。」
「どうやって行けばいいですか? 」
「ん〜案内してやりたいけど・・・今売りに行く途中なんよ・・・ほら、そこに案内嬢がいるだろう? そこで聞くといいさね。」
「そうですか、ありがとうございます。」
「いえいえ、じゃあ行商がんばんな〜!!」

そういって手を振り(乳も振れてる・・・)ホルタウロスさんと別れて受付嬢(ハーピーでした。)に聞き、案内通りに行くと・・・

「で、でかい・・・」

そう。城ほどの大きさの建物があり、それが商業中央商社(セントラル・ターミナル。以下CTで略)である。
(「すぐわかるよ。」ってこのことかい・・・)

ひとまずデュラハンとマンティスが守る門をくぐり、事務所へ向う。

運搬係のケンタウロス、ナイトメア、ミノタウロス・・・
書類整理のコカトリス、インプ、フェアリー・・・
荷物の仕分け係のアヌビス、イナリ、エルフ・・・

・・・ほんとに人が数えるくらいしかいないのね・・・

「っと、考えていたら事務所についちゃった・・・さて」

ガチャリ・・・

「あっ、いらっしゃいませ〜本日はどのようなご用件でしょうか?」

すげぇ綺麗な人・・・と思ったらアルラウネでしたww

「はい、野菜の買い付けをしたいのですが・・・」
「買い付けですね? それですと・・・」

と、書類をカウンター越に渡された。・・・今、胸から出てきたキガス・・・

「1つ目は直に農家との契約、もう一つはこちらで集めた野菜などを買っていただく仲介の2種類がございます。それぞれ・・・」

要約すると・・・
1.直契約は間がない分純利益につながるが、不作になることもあるということ。
2.仲介で買うと安定した供給量を約束されるが仲介料金が掛かるということ。
3.いずれの場合も年契約になること。途中で契約破棄する場合はそれなりの金額をはらうこと。
4.税は掛からないが、『その商品の専売商人(ソレしか売らない商人)』にならない限りは年四回、必ず安否確認の為にここにくること。専売の場合は1回とのこと。

「・・・ということで説明を終わります。なにか質問はございますか? 」
「いえ、大丈夫です。」
「では続きまして方法ですが・・・いかがなさいますか?」
「では『直契約』でお願いします。」
「畏まりました。続いて・・・どの野菜ですか?」
「人参でお願いします。」
「では少々お待ちください。・・・・人参の出荷は3件ありますが、いかがしますか?」
「一番良いm・・・ゲフンゲフン・・・3件ともお願いします。
「分かりました。では紹介状をお作りしますので暫くソファに座ってお待ちください。」

〜〜青年待機中〜〜

「ラヴィ様、お待たせしました。コチラが紹介状です。」
「はい。・・・ん? 一件だけやけに収穫が少ないんですが?」
「はい? ・・・あぁ『ミリア』さんの畑ですね? コチラは去年始まったばかりでまだそんなに採れていないんですよ。」
「あぁ、そうなんですか・・・」
「味はとても良いのですけどね・・・」
「そうですか・・・分かりました。では契約がなされた場合は? 」
「紹介状に農家のサインをしてもらい、それをお持ちいただければ『本契約』の手続きをコチラで致しますので。」
「分かりました。どうもありがとうございました。」
「良い結果をお待ちしております。」

と、笑顔で送られたオレは早速その3件へ向った。

〜〜青年商談中〜〜

・・・くっ。なんてことだ。
1件目(ドリアード夫妻)は契約飽和で受けられず、2件目(マンドラゴラ夫妻)は今年で人参の栽培終了と!!
残るは『ミリア』なる人物( ? )の農家のみ・・・ぁぁ・・・夕日が傾いてきた・・・もうスグ夜だよ・・・


・・・あった。確かに他の2件から比べると規模は小さい。でもしっかり管理が行き届いた畑だ。瑞々しい葉っぱが生育のよさを物語っている。・・・ここならば・・・

畑の先の平屋の一軒家、そこに『ミリア』と表札があった。

「すいませ〜ん。夜分遅くに申し訳ない!! CTから紹介で来たラヴィと申します!! ミリアさん、いらっしゃいますか?」

トントンと入り口をノックし、中へ呼びかけた。

ギィ・・・

ドアが軋む軽い音共に開かれたその先には・・・

「はぁい、私がミリアですよぉ〜?」

ワーラビットの少女でした。
・・・グッときちゃったオレは変態か!?
図鑑だと立った耳なのに・・・ロップイヤーみたく垂れ下がったミミって!!
毛並みも白と茶色のまだらって!!
でもって頭の跳ねまくってる癖毛がまたなんとも!!(ハァハァ
しかも、図鑑の娘とくらべて・・・おっきい胸!!
どれくらいかって? ・・・・諸君ら( ? )の想像にお任せしよう。

っと!?

落ち着けマイサン!! どうどう・・・どうどう・・・

「あ、あのぉ〜大丈夫ですかぁ〜?」
「気にしないで、いつものことだから・・・ふぅ・・・」
・・・『あなたがどストライクだったので息子が臨戦態勢になりました』なんていえねぇ・・・
「えっと・・・とりあえず中でお茶でもいかがですか〜?」
「よろこn・・・すいません、では失礼致します。」
「どうぞ〜 」
・・・思わず『よろこんで!! むしろ婚姻届に判子を!!』 と言いそうになってしまったのは秘密だ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ミリアサイド・・・


いきなりたずねて来られた時は吃驚しましたけど、話してみるとやっぱり良い人でした。
一番驚いたのは「こんなにかわいいウサギさんが作っていたなんて」と言われた事でした。
・・・か、かわいい!? そ、そんなお世辞なんて・・・

「わ、わたし垂れミミですし・・・」
「そこがいい!!」
「毛並み斑だし・・・」
「寧ろチャームポイントだよね?」
「お、おしゃれしないし・・・」
「大丈夫。そのままで十分魅力的だから♪」
「つ、土いじりしている変な兎だし・・・」
「だからイイ!!」
「その・・・お、オッパイ・・・皆より大きいし・・・」
「キモイとか抜かしたヤツ教えてください。縛ってデビルバグの巣に投げ込んできますから!!」

はぅ/// ・・・なんかこの人かっこよすぎるよ//・・・良くみるとタイプだし・・・//

「で、では本題なんですが・・・」
「はい。」
「見ての通り、農家としてはまだ小規模だとは自分も思いますが、この小さな農家でも品質は何処にも負けないと思ってもいます。・・・こんなワタシでも宜しければ契約・・・いたしませんか ?」
「・・・はい、よろこんで。」(ニコッ

はぅぁぅ・・・// 笑顔がステキすぎるよ〜//

・・・この人になら・・・言ってもいいかな・・・

「あ、あのぅ・・・」
「はい? 何でしょうか? ミリアさん。」
「じ、実はですね・・・貴方を一目見て・・・その・・・ぁぅぁぅ//」
「・・・」
「す、好きになっちゃいましてぇ・・・そ、その・・・契約とか抜きで・・・お、お付き合いしていただけない・・・ですか//」
「・・・えっ//」
「はぅぁぅ・・・ご、ごめんなs」
「・・・僕も」
「へっ?」
「僕も一目見たときから好きでした。//」
「っ!?//」
「だからその・・・えっと・・・け、結婚前提でお付き合い・・・していただけませんか? //」

ワタシは嬉しさのあまり・・・泣いちゃいました・・・//

それからカレ・・・ラヴィはワタシと本契約を結び、商いも軌道にのってきた。時たまカレに手伝ってもらいながらも畑を少しづつ大きくしていき、今ではCTでも屈指の生産家になりました。

そして2年の月日が流れて・・・

「ミリア、この日をおおいに待たせたね。」
「ラヴィ? 」
この日はいつもみたくラヴィがウチにやってきて御飯を食べていつもみたいにつながると思っていました・・・でもなんだかラヴィが落ち着かない気が・・・

「ミリア、オレさ・・・契約破棄するよ。」
「えっ・・・何いっt」
「オレ、ずっとミリアのそばに居る為に商人を辞めてきたよ。」
「っ!?」
う、うそ・・・ワタシの・・・傍にいる為に・・・//
「そして今日が・・・ミリアとオレが付き合い始めてちょうど2年。ミリア・・・」

カレはポケットから何か取り出し・・・え・・・指輪・・・っ

「ミリア。結婚してくれ。//」
「・・・どれだけ・・・どれだけこの時を・・・待っていたと・・・思うんですかぁ・・・//」

もうその日は泣きに泣いて、ラヴィに受け止めてもらって・・・・・その・・・は、激しい夜でした・・・はぅぁぅ//


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

港町『カルタゴ』、名物は海の魔物達による新鮮な魚介と陸の野菜であるが、特に『ミリア夫妻』の作った人参は大陸屈指の質の高さである。興味があるなら一度農場に行ってみるといい。

今でも幸せそうな夫婦と、かわいい3人の娘達が貴方をまっているだろう・・・



The End・・・

どうですかww
最後アマアマにしてみましたが・・・いかがでしょうか?

11/04/19 13:59 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33