読切小説
[TOP]
学園の厄介な先輩
 やあ、今日もご機嫌麗しゅう。

帽子が似合う君が大好きなマッドハッター先輩のご登場だ。

今日も放課後独りで勉強かい?関心関心。

ゆくゆくは大学生となるべく頑張っているんだよね。

え?私もそろそろ就職なり大学なりを考えるべきだって?

いやいや、君に永遠主食・・・もとい就職するつもりなんだからそれはないねえ。

・・・ふざけてるつもりは無いさ、本気さ。

まるで私が毎日法螺を吹いている様な真似をしているとでも?


 君が頑張っているのは幼少の頃に許嫁がいてその人と結ばれる為にだったね。

しかし見たことも無い許嫁よりも毎日こうして愛を囁いてくれる先輩の方が良いのでは?

ああ、怒らないでくれ。

うん、ちょっと気になったこともあったからね。


 それよりもこの学園もすっかり魔物娘だらけになってしまったねえ。

あのギャルな子はダークエルフに、あのぽっちゃりしていた子はオークに。

どうしたんだい?顔が青くなったね、風邪かな?

風邪にはお酒が一番だ。

酒なら私が作ったキノコワインがある・・・がまだ試飲はしていないんだ。

初めては愛する人と呑みたいからね、そしてそれよりもだ。


 魔物娘になった子らは皆明け透きな姿になってしまったね。

そうあの黒ギャルのダークエルフの短すぎるスカートから見える布面積が少ない黒下着。

席が近くの君は見ていないフリをしてすかさず見ているだろう?

ああ、男子には堪らない挑発的な下着だね。


 そしてオークになった子の大きなお尻から見えるピンク色の下着。

席を移動する度に昼寝をしている彼女のショーツを見ているだろう?

ペンが止まったね?何も証拠があるわけではないよ?

だだの先輩の戯言さ、戯言。


 そう、例えば。

君は女性の穿いている下着、パンティ、ショーツにとても関心がある。

幼い頃から抑圧された性的なものがフェティシズムとして形作る事がある。

一般的な男子としては見てしまうのは当然なのだ、それは生物学として正しい。

特に胸の大きさを第一に見る事はとても正常だ、お陰でホルスタウルスはモテるのも当然だ。

しかし君は度を越してウオッチャーしている。

勿論証拠に残らぬよう機械などの媒体には何も無い?

いや、本当はあるのかもしれないねえ?

巧妙に隠している?


 おっと、そんなに怯えないでくれ。

誰にも言わないさ、勿論さ。

脅して君と結ばれるのも良いかもしれないが、言った通り相思相愛になりたいのだよ。

大丈夫さ、そして明日。

明日もう一度此処へ同じ時間に来てくれないかな?

来てくれるよね?

それじゃあまた明日。




 やあ、今日もいい天気だね。雨が降っているけれども。

今日も勉強だね、えらいえらい。

そんなに深刻な顔をしないでくれ、伝えたい事があるんだ、重要な。

ああ、勿論私は君が好きだよ、叫び歌いたいぐらいだが今日はそれじゃないんだ。

君には見た事も無い許嫁がいるハズだよね。

調べてみたんだ、なーに私の友人にはカラステングが居てね、ゴシップからアレの大きさまでスクープ出来る奴なんだよ。


 君の許嫁はね、心して聞いてくれたまえ。

魔物娘化して直ぐに幼少の頃から惚れていた独り身の叔父さんと結ばれたようなんだよ。

顔が今度は白くなったね?大丈夫かい?

ああ原因は私ではないし、勿論陽動した訳ではない。

妖怪の山の界隈としてはとても有名な話らしいんだよ、君は知らなかったようだけども。

誰も教えてくれなかった?そうだろうねえ。

お互いの家族から猛反対されてなんやかんやあったようだねえ。

ついにはハリウッド映画さながらの大逃亡をやってしまったようだね。

ちなみになんの魔物娘になったかと・・・いや、どうでもいいか。


 青くなったり白くなったり赤くなったり忙しいね君は。

みんなを見返してやる?そりゃいい事だ。

ぜひ私も協力するさ、まあそれは置いといてメインの話だ。


 君の前の席、机の上に座ってるのはなぜだと思うかね?

話をしている間も見ていただろう?

申し訳ないが布面積の少ない下着が無かったものでね。

昨日の夜に探したのだけど黒いパンティしか無かったのだよ。

ほら。

スカートから伸びる白い太ももを辿ると黒い下着が見える。

君が待ちに待った望んだ光景じゃないか、見ていないフリなんてしなくていいさ。

なんならもっと顔を近づけて見てもいい。

おや?帰るのかい?

明日もここに居てくれるよね?





 ああ、今日も居てくれるね。

私はとても嬉しいよ、なんたって私に性的興奮を覚えているんだろう?

昨日は何度出したのだい?とぼけても無駄さ、とぼけるのは私の仕事だからね。

今日も勉強だね、頭が下がるよ。

しかし、君は頭が下がるどころか上がる状態だね。

さあ。

今日は男子の憧れ青い縞パンを穿いてきたよ。

昨日と違ってコットンの穿き心地良いね、前にはリボンも付いている。

小さい頃に穿いていた物から少しヨレっているけどね、ちゃんと洗っているから大丈夫さ。

もう視線はちらちら見ているどころじゃなくなったね。

ほら、もっと見ても良いんだよ。

私と付き合えばもっともっと・・・

あら、帰るのか?もう股間が限界かい?

じゃあ、また明日。




 やあ、ゴキゲンゴキゲン。

パソコンやメモリーカードのデータは消した?

関心関心、でも全部知っているよ。

そうそう、そうやってもっと私の色だけに染まっていくがいいや。

色と言えば、今日は白い下着、白いショーツ、白いパンティーを穿いてきたよ。

さあ。

じっくりと。

やはり、シンプルザベスト。

スカートから覗く下着の色といえばやはり白だとサキュバスの友人から教えて貰ってね。

・・・え?白くない?

そんな筈は無い、んだが。

今日は顔が私の股間に近いね、えらく攻めてるが。

色が一部黄色・・・

ちょ、ちょっと待ってくれ!

もしかしてトイレに行った時のおしっこが拭き残っていて付いたとか!?

あ、コラ。

いや、クロッチの部分を嗅がないでくれ!

今更なんだって?

ちょっと鼻息が荒いぞ!

あ、そんな、嗅がないで、これだけどこれじゃないんだアー。



 ああ、凄く背徳的だ。

なんだろう、私も望んでは無いような内容になってしまったが。

ほのかに興奮してしまっている私がここにいる・・・

違う匂いがするだって?

君は知らないのかい?

今嗅いでいるもう少し下。

濡れているだろう?

君のせいさ、私が濡れてしまったのさ。

漏らした訳では無いのさ、知りたければ今から勉強さ。

さあたっぷりと嗅いでみてくれ。

青臭く、甘く、あるいは湿った匂いがするだろう?

別名ラブジュースとも言われているさ。

さあ次は味わってくれ。


・・・ンッ、躊躇無く行ったな。

やや苦みがあるだろう?

それは私が君に性的興奮をしている証拠さ。

膣液は本来酸性でンッ、アルカリ性アッ、になるアアッ、事で本来は酸味から苦いものへと変化ンンッ。

下着の上からとはいえ容赦なくしゃぶっているね、濡れていないところが無くなりそうだよ。


 さあ、十分堪能しただろう?

違うさそんな残念そうな顔をしなくても。

さあ、その下着の下へ・・・

脱いだその先に君の理想郷は存在する。


 さあ、じっくりと。

さてレッスンだ。

これが外陰部さ、こっちは陰核。

刺激するとンッ、愛液が溢れてフッ、膣口などから流れてアッ。

アッ、ンッ、舌がまんアッ、の中にンッ、入って、ンンッ。

あっ、ちょっと、ちょっと舐めるのを止めて。



ふー・・・

少しトビそうになったよ、続きをするよさ。

この花びらが小陰唇、これを開くと。

その奥が処女膜さ。

つまりどういうことか、もう判るよね・・・



 君も教室から布団のある清潔な個室へ行くとか律儀だね。

下着を穿いていないからスースーするよ。

ああ、濡れているから。君が舐めるから。

そうじゃなくても溢れてきている?

強引に手を引いて連れて行かれる時にとても興奮してね、もう辛抱堪らないよ。

もしかして私はMかもしれないね。

ああ、初めては正常位が良いな。

裸になり、向かい合ってキスをしながら・・・ってなんで私の腰を持っているんだい?

四つん這いにされてってこれでは後背位になってしま、ちょ、ちょっとまっアクッ!!

アッアッアッ。

早い、というか、太い、ハッアッ、アッ、そんな、こんな。

まるで、獣のようアッ、激アッ、アッアッアッアッ。

ンンッ、私、初めて、なのンッ、こんなの、アッ。

もっと、こう、ッア、じっくり、愛を、囁きながンッ、セ、ン。

アッ、ヒャッ、ンックウ!

来る、来る、来ちゃう!ア、アア、アアア。

イク、イッちゃう!あ、ダメ、そんなアアアア!




・・・ハアッ、ハアッ。

確かに誘ったのは私だけど。

こんなになるなんて思ってなかったよ。

フウ。

ましてやキスもフェラも胸も触ってもらって無いし。

しかもまだ制服着たままだ。

トンだ清純だと思ったら成獣だったとは思わなかったよ。

しかし君は私のもので、私は君のものだ。

浮気は許さないし、そんな思考すらさせないように今度はしてやるからな!

ああ、こら頭を撫でるな。

嬉しくなってしまうだろうが、まったく。



 さあ、今夜は私の家に行くぞ。

何故って?勉強の続きさ。

これから毎日私の下着の色を全部覚えてもらうまで通ってもらうからな。


さあ、クロッチの裏から後ろの穴まで全て味わってもらうぞ・・・
19/11/05 00:13更新 / ひいらぎさん@

■作者メッセージ
初めは純愛ものを書こうと思ったんだ。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33