読切小説
[TOP]
現代サバイバル!-いつもどおり-
朝、いつもどおりに目を覚ます。
いつもどおり下着を身に付け、いつもどおりハニートーストとハムエッグとコーヒーの朝食を済ませ、いつもどおりダークグレーのスーツに身を包み鎌に鞘をして、家を出る。
『いつもどおり、か・・・』
いつもどおり満員電車に揺られながら、今日も人に振り回されて大変な一日になるであろうと予測しながら、私「梅軒 みどり」は心の中で苦笑を漏らした。
一週間も折り返し地点、木曜日の朝だ。


始業の時点で早速問題が起きた。
一人、無断で来ていない人がいる。
アオオニの大丸 静香だ。
理知的で仕事もできる、この営業企画課の中では数少ない主力の一人なのだが、酒癖が悪いという欠点がある。
「はぁ・・・」
ため息をつき、各社員に今日すべきことなどを伝えて解散したあと、一人欠員がいることを課長に報告する。
案の定、ネチネチと文句を言われた。
人の上に立つ者の宿命とはいえ、自分のことじゃないのに自分のことのように責められるのはやはり慣れない・・・みぞおちのあたりが痛くなる。
私をそんな状態にさせている張本人は11時にようやく出勤してきた。
遅刻したから大慌てで来たのか、化粧はほとんどされていない。
しかし化粧をしていなくても肌にはツヤがある。
「・・・どうして遅刻したの?」
理由は訊かなくても分かっているが、訪ねた。
「本当に申し訳ありません。昨日、合コンで飲みすぎた上に男のコを連れて帰って・・・」
予想通り、アオオニらしい失態だ。
ため息をつき、二言三言注意して仕事に行かせた。
気が滅入るが、これはまだ序の口だ。
デスクの隅に置いてある飴玉を一つ口に頬張り、気を引き締め直して仕事を再開する。


時計が3時を回った。
部下からのあまり芳しくない報告にため息を付く。
そしてさらに一人報告書を提出していないことにまたため息をつく。
「またか・・・誰か、金田がどうしているか知らない?」
「あ、金田さんなら給湯室じゃないですか?」
私の質問に男性社員の一人が答える。
『またか・・・』
頭が痛い・・・眉間を軽く揉みながら私は立ち上がった。
果たして、妖狐の金田 美鈴は給湯室にいて、男とイチャついていた。
そっと背後に忍び寄り、金田の後頭部に軽く一撃を放つ。
「痛っ!? ちょっと係長〜っ、今いいところだったのに何するんですか〜!」
頭を押さえて涙目になりながら金田が文句を言う。
「・・・報告の時間よ」
「え、あ、すみませ〜ん。報告書は机にあるので、それを持っていってください〜。私はこのコと・・・ひゃう!」
なおも秘事を続けようとする金田をどつく。
「仕事、して・・・」
「う〜、分かりましたよぉ」
のろのろと金田が出ていく。
「あなたも、仕事に戻ったほうがいい・・・」
「は、はい!」
逃げるようにして金田に弄ばれていた男性社員が給湯室から出ていく。
雰囲気から新入社員だろう。
名札はチラッとしか見えなかったが、総務課所属であることは分かった。
『総務課から苦情が来なければいいけど・・・』
不安を押し流すように、給湯室の水をコップ一杯煽った。


6時・・・定時は5時だが、営業企画課はそれが守られることは少ない。
国が口先でなんと言おうと、サービス残業が当たり前なのが現場なのだ。
それでも最近は私の係の社員も士気が上がってきて、この時間になれば帰ることができる社員も増えてきた。
私もこの報告書をまとめてしまえば帰ることができる・・・
「梅軒ちゃ〜ん」
そのとき、課長の猫撫で声が聞こえた。
悪い予感しかしない。
ため息や舌打ちをするのを堪えて課長の方に向き直る。
「この書類のデータを確認して、優先順位をつけてソートをして、それをまとめた物を福来ホテル本社の方に送って欲しいんだけど〜」
課長の手にはA4で200枚ほどの書類・・・
「・・・いつまでですか?」
「明日の正午まで!」
ざっと書類に目を通すと、6時間はかかるだろう。
今日のうちに半分はやっておかないと終わりそうにない。
『つまり、今日は9時まで残業か・・・』
もう少しで帰れると思っていたところの残業のため、脱力感に襲われる。
加えて気になったことが・・・
「・・・一昨日受注されたものですが、なぜ今?」
「いや〜、俺も忙しかったからさ〜」
理由にならない。
課長自身も部下に同じ言い訳をされたら叱責するはずだ。
それをへらへらと私に平然と言ってのける。
『なぜ上司のここまでのミスを私が処理しなければならないの・・・』
どちらにしても、私に拒否権はない。
「分かりました。明日の正午までですね?」
「やってくれるの!? ありがと〜! いや〜、梅軒ちゃんマジ天使だわ〜! というわけでよろしく!」
軽い足取りで課長は去っていく。
その私の苦労や自分のミスをなんとも思っていなさそうな仕草に、私の中でついに何かが切れた。
もう我慢できない。
ハンドバッグから携帯を取り出して文章を打つ。
短く一文打って携帯を脇に追いやり、飴玉に手を伸ばす。
そして仕事に取り掛かろうとかがんだが、その前にもう一度視線を上げてみた。
ちょうどメールが来たのだろう。
私が先ほどメールを送った相手が携帯を開いていた。
その顔に笑顔が広がる。
すぐに私の携帯が震えた。
返事が来たようだ。
ディスプレイには「吉田 晋助」と、私の恋人の名前が表示される。
メールを開いてみると、ディスプレイに
『喜んで♪』
と文字が浮かんでいた。
私の気持ちが再び力を取り戻していく。
私が送った文章は
『今夜、私の家に来て』
だった。


「おかえりなさい、みどりさん♪」
夜の10時、なんとか課長に頼まれていた仕事を6割ほど仕上げて私は帰宅した。
アパートのドアを開けると、明るい声が私を出迎えてくれた。
先に家に上がっていた吉田だ。
声が耳をくすぐると同時に、いい匂いが私の鼻をくすぐる。
キッチンを覗いてみると、一つの深底フライパンにはクリームソースが入っていた。
今日のメニューはホウレン草とサーモンのクリームスパゲッティのようだ。
吉田曰く「俺がすぐに作れる贅沢料理」で、吉田と付き合いだして以来、私の好物になったメニュー。
吉田のその行動だけで、今日の大丸の件や金田の件、課長の件の気持ちが少しずつ洗い流されていく。
そして・・・
「お腹空きましたよね。パスタを和えたらすぐできるので、どうぞ待っていてください」
そう言ってにこにこする吉田の笑顔だけで、私はいい気分になれた。


ホウレン草とサーモンのクリームスパゲッティとジントニックの遅い夕食を終えた私はその場で横になった。
あぐらをかいた吉田の脚に頭をあずける。
吉田は嫌な顔ひとつせず私を受け止め、にこにこしながら私の頭を撫でた。
「今日もお疲れ様です。今日も大変でしたね?」
「大変だった。大丸はまた遅刻、金田はまた給湯室、課長は仕事を押し付けてきた」
吉田に今日あったことを愚痴としてこぼす。
他の女はもっと長く語るらしいが、マンティスの私にはこれだけで十分だ。
そして、吉田もそれだけで理解してくれるようだ。
「あ〜、いつものみどりさんの天敵三要素ですか・・・お疲れ様です」
「ん・・・」
身体を動かし、頬をもっと吉田に押し当てる。
環境の変化には強いマンティスだが、人間関係や人の都合に振り回されるなど自分の力ではどうすることもできないことには非常にストレスに感じ、弱い。
今日もいつもどおりの、いや、いつもよりちょっとひどい一日に私の心と体は削れていた。
しかし恋人が癒してくれる・・・これもいつもどおりのことだ。
だから頑張れる、だから現代でも生き残れる。
「ありがとう・・・」
「ん? 何て言いました?」
こいつ、もう一度聴きたくて聞き返しているな・・・
心の中で苦笑を漏らしながら、私は吉田の体温と撫でる感触を貪った。
明日は金曜日・・・明日も頑張ろう。

11/09/29 12:07更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
みなさん、お久しぶりです。
いろいろゴタゴタから戻っていました、沈黙の天使です。
ええ、いろいろありました、疲れました。
SSに感想を残すどころか、読む気力や体力すら削られましたし、心が折れかけたりもしました。
作中の梅軒さんみたいに、誰かに包まれて撫で撫でされたかったですよ、ちくしょう。
でもそんな相手いないですよちくしょー!!
そして妄想と願望を詰め込んだのがこのSSですよチクショー!!
梅軒さんも吉田もハゼロー!
ふぅ、少し興奮しすぎました、ごめんなさい。

これから少しずつSSを書いていき、皆様のSSも少しずつ読んでいくので、どうぞよろしくお願いします。

ここまで愚痴を聞いてくださったみなさまにすこしおまけSSを・・・
微エロだよ(^q^)

*********
「んっ、はぁ・・・んぅ・・・」
私の喉の奥から熱い吐息が漏れる。
『繁殖期はまだなのに・・・今日はそう言う気分じゃなかったのに・・・』
だが、吉田の手と体温が心地よくて、とりわけ時々手が触角や複眼に当たる感触に私の身体が吉田をさらに求めて火照っていく。
吉田は私の変化に気づかず、健気に私を撫で続けている。
私を発情させようとして撫でているわけではないから仕方がない。
それに吉田も今日は疲れているはずだし、明日も仕事だ。
私が求めると、魔物の私はよくても彼は明日に差し支えるだろう。
だから我慢しようとする。
だが我慢しようと思えば思うほど吉田を求める身体の疼きは強くなる。
下腹部に冷たさを感じた。
私の体液で下着まで濡れてしまったようだ。
『もう・・・我慢できない!』
そう自覚した次の瞬間には私は吉田を押し倒していた。
「えっ!? みどりさん?」
驚く吉田の前で高ぶった私はスカートを脱ぎ捨て、さらにブラウスに手をかけた。
ボタンを一つ一つ外していくなど面倒だ。
一気に引きちぎり、さらにパンストやショーツも脱ぐなんてことをせずに鎌で引き裂く。
「あ・・・」
またやってしまった。
とれたボタンを直すのは吉田なのに・・・パンストやショーツを新しく買うお金も馬鹿にならないのに・・・
繁殖期じゃないのに発情するといつもやってしまう。
しかし
『やってしまったものは仕方がない』
私は開き直った。
開き直ると、さらに大胆な行動に出ていた。
吉田の前に座り込み脚を広げる。
そして指ですっかり濡れた花弁を広げた。
「来て、吉田・・・今日あった嫌なこと全部忘れるくらい、私をめちゃくちゃに犯して・・・」
必要なことしか口にしないマンティスの自分でも驚くくらい淫らな言葉が私の口から漏れる。
吉田もそのことにちょっと驚いていたようだが、いつもどおり
「喜んで♪」
と返事をして私に覆いかぶさった。

*********

・・・・・・・
お前らやっぱり爆ぜろww

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33