読切小説
[TOP]
提灯おばけの恩返し -心の灯火-
「うう、おっかあ・・・なんで死んでしまっただ・・・」
昔々、まだお侍さんがいてちょんまげをしていて腰に刀をさしていた頃・・・
ひとりの男が暗い夜道を歩いていた。
だが彼の心はこの夜道より暗い。
彼の名前は弥吉と言い、働き者の油屋の手代(主人や番台の手足となって働く、丁稚から昇進した者)だが、彼はちぃとばかりズレた男だった。
非常に物を大事にする男だが、その大事にする様はそれぞれに名前を付けて可愛がるほどであった。
「傘子や、今日も一日おらを雨から守ってくれてありがとうな」
「ああ、扇子や、とても涼しいだよ、ありがとう」
「なんてこった、包丁殿が刃こぼれしているだよ! 悪かっただ。今手入れするから待っているだよ」
こんな具合である。
そして、彼がもっとも大事にしておるのは提灯であった。
なんでも、彼が住んでいる街で行われた夏祭りの夜店で気に入ったものを、彼が丁稚で自分で貯めた小遣いで買ったから愛着があるのだそうだ。
その提灯を「灯子(ともこ)」と呼んで可愛がり、古くなって紙が日に焼けようが、ススだらけになろうが、きちんと直して使っていた。
そんな少し変わり者の弥吉だが、木の股から生まれた訳ではない。
ちゃんと母親がいる。
夫に逃げられてもめげずに弥吉を女手一つで育て、物を大事にするように教えた母親であった。
そしてその母を失う悲しみは大きい。
弥吉はふらふらと魂が抜けたように彼は明かりも持たず、夜道を歩いておった。
そんな弥吉の前にぬらりと怪しい影が一つ。
「な・・・何者だァ?」
「ち、みすぼらしい顔の町人か。たいした物は持っていまいが・・・まぁ、憂さ晴らし位にはなろう」
影がすらりと刀を抜き放つ。
辻斬りであった。
「ひ・・・ひえええ!」
「死ねっ!」
悲鳴を上げて逃げることも忘れていた。
目をきつく閉じ、固まっている弥吉に刃が降り下ろされる。
『おっかあ、おらはまだ死にたくなかったが、今そちらに逝くでな・・・』
だが待てども痛みはやってこない。
おそるおそる目を開けてみると、弥吉と辻斬りの間に何者かが割って入っており、辻斬りの刀を手で挟んで受け止めていた。
「くっ、女風情が刀に触るな! 刀が汚れる!」
「うちの大事な人には指一本触れさせません」
辻斬りが吠えるが、女は少しもひるまず、凛とした声で答えた。
「こしゃくなあ!」
辻斬りは蹴りつけて間合いを取ろうとしたが、それより先に女がなんと火を吐き出して辻斬りを攻撃した。
「ぎゃああああ!?」
顔を火傷し、髪がぶすぶすと焦げた辻斬りは刀を放り捨てて一目散に逃げ出した。
「大丈夫でした?」
「あ、ああ。助かっただよ。どこの誰かは分からないが・・・人並み外れたこともやっていたように見えただが、例を言うだよ」
「どこの誰か分からないって・・・お前さん、何を寝ぼけたことを・・・」
「へ?」
女の言葉に男はまじまじと彼女を見てみた。
目が黄金いろだが、整った顔立ちの綺麗な女である。
頭に奇妙な被り物をしており、その被り物からはひょろりと長い紐が背中に伸びている。
胸までしか丈のなく、袖が振袖のように大きい着物を着ていて、何か模様が入っていた。
腰は太ももまでしかない短い黒い穿き物を穿いている。
奇妙な格好だが、何より奇妙なのは腹と足であった。
腹には炎が燃えており、足もめらめらと燃えている。
『ははぁ、魔の者だか』
先ほど火を吹いた理由に弥吉は納得した。
だが、この女が何者なのかは未だに分からない。
「お前さん、辻斬りに襲われた拍子に恐ろしさのあまり何もかも忘れてしもうたかいな? 子どものころからあんなにうちを大事につこうてくれたのに・・・」
「子どものころから使っていた・・・?」
魔の女の言葉に引っかかるものがあった。
女が寂しげに口元を手で覆う。
その拍子に服に描かれていた模様が弥吉にハッキリと見えた。
「あ、あ・・・! その模様は・・・! いんや、だが・・・そんなはずが」
「おお? うちのこと、分かった?」
「・・・だが、このジパングに物の怪が出ることは珍しくないだが・・・ひょっとして、お前は灯子だか?」
「おお! 分かったか!」
女、灯子が喜ぶ。
なるほど、袖の模様は弥吉が愛用していた提灯の模様であったし、頭の被り物もよく見れば提灯の頭の物だ。
「人の使う道具に命が宿り動き出す物の怪に『付喪神』という者がおるそうだが、灯子がそうなって来るとは・・・」
「うふふ、嬉しかろ? さぁ、夜道は今のように危ないゆえ、早く帰ろう」
灯子は手を差し伸べたが弥吉は沈んだ顔でその手を取らなかった。
「まだ、帰りたくないだ・・・おらはおっかあが死んだばかりで一人ぼっちだから、そんな家に帰りたくないだ・・・」
「何をおっしゃい! うちがおるじゃないか」
灯子の言葉に弥吉ははっと顔を上げる。
「弥吉に大事にしてもらってやっと付喪神の提灯おばけになれただ。今までは大事にしてもろうて嬉しかったけど何も答えられんかった。だが今なら弥吉といろいろおしゃべりができろう?」
灯子はにっこりと笑ってもう一度手を差し伸べた。
「さぁ、帰ろう。暗い夜道はうちが照らすからに」
確かに腹の炎の影響か、灯子は明かりも何も持っていないのに、その周囲が明るい。
弥吉はうなずいてその手をとり、家へと向かった。


「さて、弥吉」
弥吉が住む長屋の家に帰ってくるなり布団の用意をしながら灯子が言う。
「かか様が死んで寂しかろう。うちが慰めるだに。さぁ・・・」
灯子が自分を誘っている。
女の経験がない弥吉は目を白黒させた。
「そ、そげな・・・嫁入り前の女子が操を大事にしないだなんて、いけないだ」
「でも弥吉がそれじゃ辛かろう。それに、女を知らぬ弥吉はいつも悶々として、一人手遊びをしておったろう」
自慰を指摘され、弥吉は真っ赤になる。
「そしてな・・・うちら魔の者は男の精が活動の元だ。精を貰わんと元気がなくなるだよ」
着物の肩口をはだけさせ、灯子は最後に言った。
「さぁ、うちを抱いて・・・今まで、大切に手入れをしてくれたように・・・」
「お、おお・・・」
今まで大事に大事にしてきた物が人の姿となって自分を求めている・・・
弥吉は震える手で灯子を抱きしめた。


「ん、ちゅっ・・・はふっ、や・・・弥吉ぃ」
「あむ・・・とも、こぉ・・・」
弥吉の粗末な長屋の家に今まで響いたことのない水音が響く。
弥吉と灯子が接吻している音だった。
二人ともまぐわいの経験などはないが、灯子はさすが魔の者か、初めてでも巧みであった。
弥吉の動きも拙いものであったが、灯子の動きに釣られるように徐々に巧みとなってくる。
しゅるしゅる・・・
部屋にさらに衣ずれの音が響く。
弥吉は下帯一丁に、灯子は生まれたままの姿になる。
明かりが付いていない部屋だが、灯子の身体自体が明かりとなっているので、その裸身ははっきりと弥吉によって見られていた。
「は・・・恥ずかしいけど、この火は消せないだ・・・」
布団に仰向けで横になり、薄い胸と股間を恥ずかしげに隠しながら灯子がつぶやく。
相手だけ恥ずかしがらせるわけにはいかないと、弥吉は下帯も解いた。
解いた下帯は衣と一緒に丁寧にたたんで脇に置く。
灯子の裸身を見て初々しい色をした肉棒は硬く大きくなってひくついていた。
「す・・・すごい。うちの裸を見てこんなになるとは・・・ふふふ、女冥利に尽きるだ」
そして灯子は股を開いて弥吉を誘った。
弥吉が見たことのない、女芯が広がっている。
そこは弥吉とのふれあいだけで興奮したのか、明かりの油のような液がとろとろと滴っており、布団を濡らしていた。
「さぁ、弥吉。うちは準備万端からに」
「あ、ああ・・・」
やや間の抜けた声で弥助は返事をし、灯子に覆いかぶさった。
そして身体を沈め、肉棒を女芯に潜りこませていく。
「お、おおお! あ・・・あつい! おらの物が、溶けてしまいそうだ・・・!」
灯子の女の中心はそれこそ提灯の芯の炎のように熱く、ぬるぬるとしていた。
初めて知る女陰の味に弥吉は圧される。
一方の灯子は顔をややしかめていた。
「灯子・・・どうしただ? 痛かっただか・・・?」
「ん・・・初物の膜が破られたからに、ちょっとだけ・・・」
「す・・・すまないだ」
申し訳なく言う弥吉の頬を灯子は慈しむように撫でる。
「いいだよ。この膜は今まで提灯の紙を直してくれたようにはもう直らないけど・・・けど、弥吉に初めての操を捧げられて嬉しいだ」
そして弥吉の背中に手を回してだき寄せ、耳元に囁いた。
「さぁ、うちの身体を使って気持ちよくなって」
その言葉に弥吉の身体が突き動かされた。
弥吉が腰を動かし出す。
その動きはやや拙いが、それでも灯子のことを大事に思っていることが分かるかのような突きであった。
「あっ、あっ! いい! 弥吉・・・弥吉いぃ!」
灯子の身体も、男の味が苦痛ではなく快感になっていた。
好色な魔物らしく、弥吉の下で自ら腰を浮かせて動かし、弥吉を貪る。
「や、弥吉。気持ち・・いいっ?」
「ああ、こんな気持ちいいのは初めてだっ! うわあぁっ! おらのモノがまた大きくなって・・・出るっ! 出ちまいそうだ!」
「いいよ! んあああっ! 出して! うちの子袋に・・・いっぱい!」
嬌声を上げながら灯子は脚を弥吉の腰に絡みつける。
それから間もなく弥吉の精が堰きを切って肉棒から放たれた。
今までどこにも収まらずに放たれていた精が灯子の女陰に注がれていく。
「ああっ! いい! 弥吉の精、濃くてとても熱くて・・・んああっ、うち、もっと燃えちゃう・・・!」
口の端から涎を垂らして口走りながら灯子は裸身をがくがくと震わせる。
彼女もまた、達していた。
「はぁ、はぁ・・・灯子・・・」
「弥吉ぃ・・・」
絶頂が過ぎた二人はまぐわいの余韻を楽しむように、またくちづけをした。


「明るい・・・」
あれからさらに何度も交わり、疲れはてて寝ようとした時、弥吉がつぶやいた。
これから眠るのに確かに部屋は灯子の部屋であかあかと照らされていた。
「か・・・堪忍な。この炎は消せなくて・・・」
「それもあるけど、それじゃないだ・・・」
「な、なに?」
首をかしげる灯子に弥吉は晴れやかな笑みを見せた。
「おらの心が明るいだ。おっかあが死んで真っ暗だったけど、明るいだ」
その言葉を聞いて灯子の顔が明るくなる。
「灯子・・・これからはただの明かりの灯火だけじゃなくて、おらの心の灯火にもなって欲しいだ」
「うちを大事に使ってくれた弥吉になら喜んで。これからもいっぱい大事にして、いっぱいうちを使ってな」
そして二人は布団の中で硬く抱き合った。


昔々、まだお侍さんがいてちょんまげをしていて腰に刀をさしていた頃・・・
ある男が街の長屋に住んでいた。
ちぃとばかりずれているが物を大事にする働き者だ。
しかし母親が死んだときのあまりの沈みように周囲は心配したが、翌日から彼は今まで以上に働き、みなを驚かせた。
その横には今まで彼の提灯として明かりをとっていて大事に使われ、今ではさらに彼の心の灯火となっていて大事にされている、提灯おばけのすがたがあったそうな・・・
11/08/07 20:19更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
提灯おばけが更新されたと聞いて速攻で書かせていただきました!
処女をゲットか!?

提灯おばけ、ふた通りのパターンが考えやすくていいですね!
大事にされなかったので復讐逆レイプと大事にされたほのぼの献身プレイ・・・
うう、美味しいやつだぜ♪
実はこの他にも「物を大事にしないガキ大将に御仕置き逆レイプ」の話も思いついたのですが、こちらの方が書きやすかったので、こちらを書きました。
初SSなので、ズレず、SSを見ただけで「あ、提灯おばけってこんな魔物娘なのか」ってことを分かっていただければ、私としては大満足です。
・・・もっとも、「大事にされなかった場合」を書いてないので魅力は半分、さらに補正がかかって半分以下になってしまうのですが・・・
何より口調が安定していないよ・・・orz

さて、これからの提灯おばけのSSを楽しみにしていると言ってこの作者メッセージをシメさせていただきます。
あ、シメる前に言うことあった!
弥吉、もげろ!www

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33