読切小説
[TOP]
狩られるは狐か山犬か
「動くな」
「ひっ!」
メイリンはマミーの背中にぐいっと銃口を突きつけて鋭く言う。
銃口は突きつけたらすぐに間合いを取ってはなれた。
ずっと銃口を押し当てていたほうが精神的に重圧をかけるという面では効果的だが、間合いを読まれて反撃を喰らってしまう恐れもある。
相手の動きを止めるというのが目的であるならば、一瞬銃口を突きつけていつでも打てると言うことをアピールさえしておけば、それで充分なのだ。
相手が両手を挙げて跪いたところに拘束具を使って拘束し、目立たないところに転がす。
「じゃ、大人しくしていてねん♪」
それだけ言い残し、メイリンは石造りの遺跡に似合わないチャイナドレスを翻して疾走した。


この任務は潜入任務(スニーキング・ミッション)だ。
無駄な接触は避けなければならない。
また、相手は悪の組織と言うわけでもないので、殺すわけにもいかない。
メイリンは時には隙をついて駆け抜け、時には銃を突きつけて拘束し、時には段ボールの中に潜んで警備のマミー達をやり過ごした。
そしてついに遺跡の最深部に到達し、『ファラオの目』を見つけた。
「よし、これを持ち帰ってミッション・コンプリート♪」
メイリンが壁にはめ込まれて飾られているファラオの目に手を伸ばしたその時
「待て、女狐! それを持ち出すことはならぬ!」
凛とした声が後ろから響く。
振り向くとそこには遺跡の管理をする魔物の代表格、アヌビスが立っていた。
『くっ、とうとうバレたのね・・・しかもよりにもよって、アヌビスが相手・・・』
メイリンはくちびるを噛む。
どうしようか逡巡していたが、それより先にアヌビスが動いた。
「とりあえず、お縄につくがよい」
魔法を使ったのか、アヌビスがすっと伸ばした手の先から縄が飛び出てメイリンの手首に、身体に巻きついて行く。
「こんなもの・・・!」
色仕掛けで情報を盗み出すのがメイリンのメインミッションだが、捕まった時の対処くらいはお手の物だ。
縄抜けをし、身体に巻きついているロープを太ももに装備していたナイフで切る。
「ほう、拘束された方が楽だったのに・・・少々痛い目を見てもらう必要があるな」
「あ〜ら、それは私のセリフよ」
アヌビスが錫杖を取り出し、メイリンがハンドガンをかまえる。
「はぁ!」
アヌビスの錫杖から炎の玉が放たれる。
だがメイリンはそれを横に飛んでかわした。
「野球選手のボールの方が速いわよ!」
そう叫んでハンドガンの引き金を引く。
しかし弾はアヌビスの目の前で火花を散らして消えた。
「なんですって!?」
「ふん、はんどがんなどと言う現代のおもちゃなど、相手が構えた時にバリアを張ればいいだけのこと」
目をむくメイリンに対してアヌビスは鼻を鳴らす。
「くっ!」
あきらめずに引き金を今度は3回引いてみる。
だが、撃ち出された弾は3発ともアヌビスに当たる前にはじけ飛ぶ。
「無駄だと言っているだろう」
「・・・何回か攻撃したら壊れたりしないかなと思ったのよ」
「ふん、ぐれねーどらんちゃーとか言う物にも耐えたものだぞ、このバリアは」
得意顔で言うアヌビスにメイリンは冷静に分析した。
『つまり、手持ちの火器じゃどうしようもなさそうね。でもバリアを張っている最中に攻撃してこなかったところを見ると、攻防同時には使えないみたいね・・・』
今もハンドガンをかまえているメイリンに対して防御の構えを解く様子はなさそうだ。
相手が攻撃してきたところを狙って早撃ちをすれば倒せるのかもしれないが、あいにく戦闘が専門ではないメイリンは、早撃ちはできない。
『だとしたらどうしよう・・・バリアも魔力を使うはずだから、いつかは切れるわよね。持久戦に持ち込む?』
そう考えたがすぐにメイリンはその案を否定した。
持久戦で勝てる保証がない。
何より、今はまだ来ていないがマミーの増援が来た場合、こちらがあからさまに不利だ。
「考えるより先に手足を動かせ」
突然、マミーが突進してきた。
先ほどは避けられた火球だが、至近距離ではなたれると避け切れる自信がない。
間合いを取るべく、メイリンは後ろに跳び下がったが
「甘い!」
アヌビスの錫杖がメイリンではなく、メイリンの足元の床を指す。
シュッ!
突然縄が現れ、メイリンの脚に巻きついて拘束する。
足をとられたメイリンは尻もちをついた。
「くっ・・・!」
メイリンはナイフを取り出して足に絡みつく縄を切ろうとする。
このままだと確実に火球を喰らって消し炭だ・・・いや、もしかしたら間に合わないかもしれない。
だが、待てども灼熱の炎はメイリンを襲わなかった。
代わりにメイリンを襲ったのは・・・
「はっ!? ふわあぁあ! か、身体がぁ!」
ぞくりと体中を走る快感にメイリンは身体をかき抱いた。
だが自分の身体を抱きしめると、その部分からさらなる快感が回る。
「こ、これはぁ・・・!? まさかぁ!?」
「そう、マミーの呪いだ。魔物娘にかけてもマミー化はしないが、感度上昇の効果は十分に効く。どうだ、たまらんだろう?」
アヌビスの手がメイリンのむき出しの腕をツッと撫で上げる。
それだけでメイリンは甘い嬌声を上げた。
「とりあえずここで立ち話もなんだ。私の部屋でじっくりと語ってもらおうか・・・貴様のことを、その口と身体で・・・」



マミーらによってメイリンはアヌビスの部屋に運び込まれ、寝台に横にされた。
「さぁ、語ってもらおうか・・・貴様はどこの組織の者だ? 他に仲間は? 性癖は?」
「あの〜・・・最後のは、関係ないと思うのですが・・・」
アヌビスの矢継ぎ早の尋問にメイリンは冷静に突っ込むが、内心は焦っていた。
マミーの呪いのせいで身体の疼きが止まらない。
この状況でのどのような拷問をかけられるかはだいたい予想がついた。
アヌビスがメイリンのむき出しの太ももに顔を寄せる。
「さっきの質問に答えてもらおう。さぁ、吐け!」
「だ・・・誰が答えるものですか!」
いくら好色であったり、情報を盗み出すのが主なミッションであったりするメイリンとはいえ諜報員のはしくれ。
そう簡単に情報を漏らしたりはしない。
「くくく・・・れろり」
「あ、ひゃあああん!!」
アヌビスがメイリンの内側の太ももを舌でなめ上げただけでメイリンはびくりと体を震わせる。
アヌビスの舌攻めは太ももだけでは終わらない。
その舌はどんどん上に登って行き、内腿を、つけねを這う。
それだけだというのに、マミーの呪いの影響で身体中が敏感になっているメイリンはよがり狂った。
「言う気になったか? さぁ、吐くがいい」
「い、言えない・・・!」
「ほう、そうか・・・」
アヌビスは軽く笑い、既にぐっしょりと濡れて用を成していないショーツをずらし、メイリンの秘所を舐め上げた。
「んああああっ!」
シーツをつかんでメイリンはのけぞる。
その様子に満足げに笑いながらアヌビスはさらに舌での責めを続けていった。
しとどに蜜を吐き出す秘裂を舐め上げ、長い舌を差し入れて肉癖をかき回す。
卑猥な水音とメイリンの悲鳴に近い嬌声が部屋に響き続ける。
「だめ・・・だめぇ! おかしくなっちゃうぅ! イキたい! イカせてぇえ!」
身体を左右によじりながらメイリンは叫ぶ。
これだけ感じていながらメイリンはまだ絶頂に達していない。
それもそうだ。
アヌビスの舌はあえてメイリンのクリトリスを避けて愛撫しているからだ。
「楽になりたいか? さぁ、イキたいのなら答えろ。貴様はどこの所属で何が目的で性癖はなんだ?」
熱に浮かされたような声でメイリンが答える。
「私は・・・んぁ! 福来観光に属している産業スパイ・・・ファラオの、んぅ、目の使い道は私にも分からないわ・・・ひゃう! 性癖はぁ・・・お尻の穴にバイブを突っ込まれたままガンガン突かれるのも好きなのぉ♪」
ついにメイリンは堕ちた。
だが、それは完全ではない。
ファラオの目の使い道と性癖に関しては正直に答えている。
所属に関しても嘘は言っていない。
メイリンはたしかに「福来観光 営業・企画課 金田美鈴」として働いており、その美貌を生かして産業スパイとして動くこともある。
本当はもっと別の大きな組織に属しており、今回の任務はそこから受けているのだが、それに関しては伏せた。
さすがにそこまで漏らすのは諜報員失格だ。
「くくく・・・嘘は言っていないようだな。では、望み通りイかせてやるとしよう」
アヌビスは満足げにそう言い、れろりとクリトリスを舐め上げた。
メイリンの体に電撃が走る。
「はあぅうう!? イく・・・! イくううぅ・・・・!! あああああっ!」
散々焦らされていたメイリンの身体はその一舐めだけで絶頂に達した。
ぷしゃっ・・・!
メイリンの膣から潮が吹き出る。
それを顔に受けて驚いたアヌビスだったが、すぐに舌で舐めとり、そして侮蔑的にメイリンに言った。
「ふん、これしきで達してしまうとは・・・無様な狐だな。 ふふ・・・だいたい、狐が山犬である我らアヌビスに勝てると思うのが思いあがりという奴よ・・・」
「・・・んふ、んふふふふ」
アヌビスの言葉に突然、先程まで絶頂して弛緩していたはずのメイリンが妖しげに笑い出した。
顔を伏せているので表情ははっきりとは伺いしれないが、たしかに口角を上げて笑っている。
「どうした? ついに心まで壊れてしまったか?」
メイリンの異様な様子にアヌビスは戸惑う。
その戸惑っていた瞬間が命取りだった。
メイリンの顔が上がり、爛々と輝く金の瞳でアヌビスを睨んだ。
「ひゃう!? こ・・・これはぁ!?」
アヌビスが嬌声をあげながら崩れ落ちて身体をかき抱く。
そのアヌビスを押し倒し、見下ろしながらメイリンは叫んだ。
「追い込まれた狐はジャッカル(山犬)より凶暴なのよ!」
ぶわっ・・・
メイリンの腰から7本の尾が広がる。
メイリンは普段は4本の尾で過ごしていることが多く、他の尾は隠しているのだが、このように本気を出すと残る3本の尾を出すのだ。
メイリンの身体から魔力と淫気が放出される。
「よくも散々に私を嬲ってくれたわね。ここからは御仕置きタイムよ」
「あぁそんな・・・ふわあん!」
本気の妖狐の魔力に当てられ、アヌビスは悶える。
メイリンの魔力をもってしたら、大抵の魔物娘を発情させることが可能だ。
「にゅふふふふ、すっかり発情しているわね。乳首もこんなに立っちゃって。アソコも・・・あら? もう、こんなにぐちゃぐちゃになっているじゃない、とても遺跡の管理人とは思えない濡れっぷりね」
アヌビスの服を剥ぎ、メイリンはニヤニヤしながら言葉でアヌビスを攻める。
「ひあぁ!? やだっ、やだぁ! なんて私こんなに感じて・・・んっ、ああああ!」
「予想外なの? ふふふ、じゃあもっともっと気持ちよくしてあげる」
れろ〜っと、メイリンの舌が軟体生物のようにアヌビスの裸体を這う。
メイリンの舌は首筋から胸元、胸の谷間を経て、乳房の丘を這い登っていく。
そして頂点にたどり着き、舌先で乳首を転がした。
身体をわななかせてアヌビスは嬌声をあげる。
その様子にメイリンは軽く笑い、乳首を甘噛した。
「やっ、やああっ! いっ・・く・・・イくぅ!」
「え・・・?」
さすがのメイリンもそれだけで達するとは思っていなかったので驚いた。
だがアヌビスはメイリンに馬乗りにされたまま身体を痙攣させている。
本当に達しているようだった。
「何? これだけでイッちゃったの? 乳首を軽く噛まれただけでイッちゃうなんて、とんだ変態さんね」
「いやっ、いやあぁ! こんなの・・・こんなの、私の身体じゃない・・・!」
冷静沈着で厳格な種族の特性はどこへやら、アヌビスはパニックに陥った甲高くも甘い声で叫ぶ。
そんなアヌビスを笑って見下ろしながらメイリンは手を後ろにやり、秘裂を直接なで上げる。
そこはもう洪水のように濡れており、アヌビスの乱れ具合を示していた。
ずぶずぶのメイリンの指がアヌビスの膣に抵抗なく潜り込む。
「さて、あなたの弱点はどこかしら?」
アヌビスを上から見下ろし、注意深く観察しながら膣内で指をえぐるようにこね回す。
「あ、あっ・・・ああ、んあっ・・・はっ!? ふあああ!」
「なるほど、ここが弱いのね?」
「や、やめてぇ! そ、そこをこすられると・・・ん、くあああ!」
ある一点、アヌビスの嬌声が甲高くなった点を見つけ、メイリンはそこを重点的に攻め抜く。
指を上下に動かしてかき混ぜたり、蜜をかき出すように前後に動かしたり、指先だけを動かしてくすぐったり、ぐりぐりと指をえぐり込んだりする。
弱点をひたすら犯し抜かれ、アヌビスは悲鳴のような嬌声をあげた。
「ふふふ、すごい乱れようね。これでクリトリスを一緒にいじったらどうなるかしら?」
「えっ!?」
アヌビスの瞳にさっと恐怖の影がさす。
「や、やめてっ! おかしくなる・・・!」
あわててメイリンを押しのけようとしたが快感で力が入らなかった上、メイリンが的確に押さえ込んでいたため、びくともしなかった。
アヌビスの無駄な抵抗をあざ笑いながら、メイリンは宣告通り、膣内のアヌビスの弱点を指で犯しながら、別の指でクリトリスをすり上げる。
アヌビスの目がカッと見開かれた。
「ひぐっ!?  あっ、ああああああ!?」
ぷしゃっと音がした。
アヌビスの秘部から潮が吹いた音だった。
「あっ、あっ、ああああ・・・!」
身体をガクガクと痙攣させながら何度も潮を吹きながら絶頂を味わい続ける。
「あらあら、こんなに潮を吹いちゃって・・・私の手がべちょべちょよ?」
メイリンはそう言いながら潮で濡れた指をアヌビスの口内に突っ込んで蹂躙する。
とろけた顔でアヌビスは自分の体液を舐めとっていく。
『ここで私の指を噛みちぎるという手段もあるはずなのにしないということは・・・そこまでとろけているということね』
アヌビスに指を舐めさせながらメイリンは冷静に考える。
『とはいえ、ファラオの目を盗み出せるくらいの隙はまだ出来ていないわね。ここはアレで気絶してもらいますか♪』
結論を出したらもう迷わない。
魔力を集中させながらアヌビスに話しかける。
「なかなか気持ちよくなっているようね。でもこんなのは序の口よ。本当の快楽というものを味あわせてあげるわ・・・!」
「ふえ・・・?」
「ふふふ、尻尾というものは振るためだけにあるんじゃないのよ? こういう使い方もあるのよ。 それを見せてあげる・・・!」
魔力がたまった尾を揺らし、メイリンが叫ぶ。
「妖狐流淫奥義・チーウェイ(七尾)!」
メイリンの七本の尾が一斉にアヌビスの下肢に襲いかかった。
第一の尾と第二の尾がアヌビスの内股を撫でる。
第三の尾と第四の尾がアヌビスの尻の膨らみを撫で回す。
第五の尾がアヌスを優しくくすぐる。
第六の尾がクリトリスをこする。
第七の尾が膣に潜り込んで膣壁を抉る。
「あああっ!? あああああああ!?」
雷に打たれたかのようにアヌビスの身体が跳ね上がり、身体を痙攣させる。
絶頂に達しているのだ。
だがメイリンは七つの尾での攻めをやめない。
頭を左右に激しく振りアヌビスは叫ぶ。
「やだっ! やだぁ! やめて、やめてぇ! 死ぬっ! 死んじゃうぅうう!」
腰を浮かせてよじり、尾から逃げようとするが、腰を全て尾で包まれているため、逃げられない。
魔力のこもった極上の肌触りの狐の尾が絶頂に達しているアヌビスの身体の敏感な部分を嬲り続ける。
そしてとうとう
「らめっ、らめぇえ! きゃうううん!!」
最後に悲鳴を上げてアヌビスの体が硬直する。
そしてがくりと、ベッドの上に崩れ落ちて脱力した。
ときどき身体がぴくりと動いていることが、彼女が生きていることを示している。
絶頂に絶頂を重ね、感覚の閾値を振り切った身体は意識を手放していた。
「あ〜らら、気をやっちゃったかぁ・・・まぁ、狙ってやったんだけどね・・・」
にやにや笑いながらメイリンは、アヌビスをその状況に追いやるまで攻めた自分の尾を見た。
そして嘆息する。
彼女の自慢の尾はアヌビスの愛液と失禁した尿によって数本、べとべとに濡れていた。
「ま、帰ってシャワーを浴びればいいか。そういうわけで、ファラオの目はいただいていきま〜す」
その言葉を残してメイリンはアヌビスの部屋を去り、ファラオの目を持ち出して遺跡を脱出した。


Mission Clear
危険フェイズ:1
  殺害数  :0
  評価  :H


ボーナスイラスト

スパイ妖狐・メイリン
11/07/29 00:01更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
・・・はい、ごめんなさい。
「追い込まれた狐はジャッカルより凶暴だ!」
をやりたかっただけなんです(スライディング土下座)
メ○ル・ギ●・ソ◎ッドのセリフをなんてことに使っているんだ、私は・・・ww


さらに、メイリンの技が某『負ければ妖女に犯される』のゲームの技みたいになって、申し訳ありません・・・

さらにさらに、イラストのお目汚し、申し訳ありませんでした。

・・・誤ってばかりですが、後悔しておりません(おいおい)
では、今後ともよろしくお願いします。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33