読切小説
[TOP]
シスターちゃんに相談だ!
 ここはとある国の教会の懺悔室、俯き加減の男が入っていく。

「懺悔したいです」
「どうぞ、どんなお話でも聞きますよ」

「実は、オレオレ詐欺にあってしまってお金が無いんです」
「それはK察に行ってご相談ください」
「えっと、それだけですか?」
「はい」(ボソッ彼のことお願いしますね〜)
 男がしょんぼりとした表情で帰っていく。教会からでた瞬間、人間に化けた刑部狸が慰め、二人は幸せになったらしい。


「あ、次の番号札をお持ちの方〜」
 そして、また別の男が入っていった。今度の男はやつれ気味である。
「懺悔します」
「はい、どうぞ」

「実は妻が放してくれないんです。毎日毎日、その教会でこんなことをいうのはどうかと思うのですが、肉体的な意味でして、今日もなんとかここへ逃げ込みました」
「はい、ちょっとお待ちください」
「えーと、はい」
「あ、もしもし教団本部ですかー、あ、お疲れ様です。はい、また魔物娘の夫らしき方が……」

 ガチャガチャ!!

 男は逃げ出そうとした! しかし、ドアにはいつの間にか鍵がかかっていて逃げられない!!
「あ、無駄ですよ。今、担当の方が来ますので大人しく待っててくださいね」
「ダーリーーーーン!!」
「ハニー、助けてーー!!」

 ガシャーン

「ち、逃げられたか……あ、次の番号札をお持ちのお客様どうぞ〜」
 教会の見事なステンドグラスがぶっ壊されたが、特に気にすることもなく。シスターちゃんは懺悔相談を受け付ける。

 懺悔室へと男が入っていく。ハァハァと息が荒い。
「懺悔します」
「はい、どんなお話でも聞きますよ」

「丘の上に学園がありますよね?」
「ありますね」
 後ろにあるホワイトボードに“学園”と文字を書いていく。

「この間、たまたま通りかかったんですよ」

 キュッキュッキュッ!
 男たぶん童貞→息が荒い→丘の上の学園→まわりには特になにもない

「そしたら丁度。偶然にも下校時間だったんですね。ちっちゃな子ども、あ、と言っても女の子です。あのつるp」

 デデ〜ン♪
 どこからともなく音が流れる。

「アウト!」
「え?」

 ホワイトボードにはQ.E.D.(証明終了)
でっかく“ロリコン”と書いてあった。

「あ、もしもしバフォちゃん? わたしー、うん、そうそう、またお兄ちゃん候補が来ちゃってさー」


 ドゴーーーーン!!
 突如、吹っ飛ぶ教会の壁。

「サバトのアイドル、ファミリアちゃんだよーいえーい! ロリッ☆ あ、君がお兄ちゃん候補かなー、犯罪はだめだぞー!
NO! 人間
YES!! 魔物娘だよ!! 
もうっ、精子を無駄にしちゃダメダメ!! 魔物娘のロリッ娘ならたくさんいるから、ね! しかも妊娠し辛いから中だしし放題だーーー。わーい☆彡
 ふむ、ふむ、お兄ちゃんは学園の制服プレイがご希望なんだねっ。先生と生徒ね。おっけー、じゃ、さっそくシようかーっ☆」

「あ、ファミリアちゃん地下にそれ用の制服もあるし、ベッドも使っていいよー」
「ありがとー、ふふ、あたしが一番ノリのロリみたいだから、このお兄ちゃんはいただきっ、魔女には内緒ーくふふ」
 男がぐっとシスターちゃんにサムズアップして、何かをごとっと捧げる。
 ファミリアを肩車して、地下へとるんるん気分で歩いていく男。

 シスターちゃんの箱の前には大金が積まれていた。さっとそれをゲスい顔でシスター服へと突っ込む。さっき男が置いていったのはそれだった。


「はい、次の番号札をお持ちのお客様どうぞー」
 またやつれ気味の男が部屋へと入っていく。
「懺悔します」
「はい、どうされました」
「借金の返済で困っていて」
「それは別の担当ですね。相談無料の弁護士さんを紹介します。あ、紹介料はいただきますが、どうしますか?」
「では、それでお願いします」
「はい、まいどー、じゃなかった承りました。あ、金額はこちらです」

 男の借金が2倍に増えた。
 紹介された弁護士にこのことをチクったが、シスターちゃんとはもちろん裏で繋がっている。
 男は冷たい海で漁をするカニ漁船員として売られていった。その後、海で無事にセルキーと出会ったらしい。


「はい、次の方どうぞー」
「あ、セk、司祭様!」
「わたしが居ない間に何があったのですか、壁は壊れ、窓が無残にも割られているではありませんか!」
「ぐすっ。実はさっきまで、親魔物派と教団の勇者との激しい戦いがありまして。怖かったです〜。わ〜ん」
 司祭に抱き着くシスターちゃん。
「そ、そうかそうか。それは怖かっただろう」
 なでりなでり
「あん、司祭様ぁ♪」
「シ、シスターちゃん、こんな時に言うのもなんだけど、実は前から君のことが」
「あ、おまわりさーんコイツです♪」
 司祭の手はバッチリ、シスターちゃんの尻を撫でていたので現行犯だった。

「ふう、やっとあのセクハラ司祭を処理できました。ったく、あのいやらしい目、見ただけでやばい奴ってわかりました。何度、体を触られたことか……クソが!!」
 ドカッ!!


「はい、次の方どうぞ〜♪」
 今日も教会にはシスターちゃんの明るい声が響く。







おまけ
「では始めるぞ、シスターちゃん被害者の会」

 どこかの地下で身を寄せ合うように集まる男達。

「くそっ、あのガキに金をふんだくられた」
「俺なんてやっとシャバに戻ってこれたぜ」
「あいつ、教団どころか魔物娘とも繋がってるらしい」
「くそ、俺なんてファミリアちゃんといいことしたら、衣装代と部屋代請求されて散々だった。まさかホ別だったなんて聞いてないぜ!! おまけに教会の壁の修理代まで請求s あ、ファミリアたん? ごめん、お兄ちゃん今、大事なお仕事中なんだ。うん、あとでラ〇ン送るから♪ あ、あの宝石とバッグね。もちろん買ったよ。後でねーー」
「僕なんてベーリ〇グ海で地獄のカニ漁だよ! 借金は返済できたけど、セルキーちゃんと結婚してなかったらやばかった。早くぬくぬく毛皮で温まりたい」


「わたしは無実の罪で教団を追い出されました。ああ、神さま!」

「「「てめーは自業自得だろ!!」」」

 元司祭をフルボッコにして、アマゾネスの森に捨ててきたのは、置いといて。


 みんなため息をつく。

 
 どうにか、あのくそ生意気なシスターちゃんをぎゃふんと言わせたい。


 やっぱ、アレかな?
 だな?
 お主達も悪よのぉ……
 
 では、おのおの抜かりなく

 おーーー!!




作戦1
 可愛いショタっ子をお菓子で釣ってシスターちゃんの元に送り込む。
 油断したシスターちゃんを捕まえて、ひどいことする。



「あああ、ショタっ子がぁ……」
「むごい、むごすぎる」
「見てられない」
 すっかりシスターちゃんの虜になり、下僕と化した少年。
 ダークエルフやアマゾネスもびっくりの下僕化だった。詳細は文章では伝えきれない。

 すまん少年! 君の尊い犠牲は決して無駄にはしない。
 男たちの結束が強まった。


作戦2
 教団に匿名でこれまでのシスターちゃんの悪事の数々をチクる。


「あ、おまわりさーん、コイツです♪」



「絶望した! 腐っていると思ってたが、調査派遣されてくる神父や司祭がそろいもそろって、シスターちゃんにセクハラしてるじゃん!! みんな仲良く牢屋行きだよ!!!」
「教団にまともな奴は居ないのかよ!」
「くそが、腐っていても巨〇兵は一発ぶっぱなしたんだぜ? あーつかえねー。まじないわー」
「たしかにシスターちゃん、見かけは天使で巨乳で尻もデカいしな、心は真っ黒だけど……」



作戦3

「あれ」
「あー、あなたですかぁ、最近変だと思ったんですよねー。ぐへへ、可愛い男の子の提供には感謝してますが、あなたは知り過ぎちゃいましたねー」

「なっ、他の奴らは!?」
「みんな魔物娘さんの所に帰りましたよ。ちょろいもんですねー」

「く、くそっ! もう好きにしろ。俺は逃げない」

「いいんですよ、もう逃げなくても……」
 シスターちゃんが両手を広げて、天使の微笑をする。

「く、俺は騙されないぞ」
「さあ、抱きしめてあげます。怖かったのでしょう? 仲間にも裏切られてかわいそうに……。いいのですよ。もうゴールしちゃいましょ」
「か、体が……かってに」
「そうです。ほらこっちですよ。ママのお胸でいっぱい泣いて、そして懺悔してください」
 シスターちゃんが男を抱き寄せて、服をはだける。そこには母性の象徴でもあるたわわに実ったおっぱいが……。

「さあ、遠慮はいりません」
「ま、ママーーーー!!!」
 一瞬シスターちゃんがゲスい顔をするが、乳首をちゅうちゅう吸う男の頭をやさしく撫でる。

 その後、最初の少年と共に立派なシスターちゃんの下僕・奴隷・肉便器へと堕ちた男。

 もちろんシスターちゃんはそんな男にはすぐに飽きて、ヘルハウンドが居るといわれる火山に捨てられた。もちろん即刻ヘルハウンドに捕まって、今度は幸せに暮らしたそうな。
 男は言う、シスターちゃんに比べたらヘルハウンド様の方がずぅぅぅっと優しい……かわいいよぉぉぉ。それを伝えると無茶苦茶喜んだヘルハウンド様にたっぷり愛された。
 ああ、天使はほんとに居たんだ。


 ショタっ子は、成長して青年となった時、サバトへと売られた。色んな意味で汚された少年は、魔女達を始めとしたロリっ娘達の手や口や足や足や最後にもっかい足で癒されていった。
 やがて彼のトラウマは消えた。

「立派なドM足フェチロリコンになれて良かったね!! そういや踏まれるの好きだったっけ、おねーさん、踏みすぎちゃった。てへぺろww てかトラウマ消えてなくねwww ま、いっかwwww」

 わたし、マジ天使だわwww



「この写真は傑作ですね」
 写真にはアヘ顔でヘルハウンドに乗っかられてダブルピースした例の男。
 なにこのタイトル、僕の天使ちゃんとラブラブセックス中!!
 ぷぷ!! クソワロタwww

「あ、これアマゾネスの村からだわ」
 写真にはあのセクハラ司祭と神父達がそろいもそろってアマゾネス達に騎乗位されてアヘ顔晒してる。
 タイトルはどれどれ〜、みんなで仲良く狩りごっこの後
 からの〜魔物娘様にはかなわなかったよ。はあ教団? んなもん〇〇ってやんよwww

 あーあ、元教団の信者とは思えませんね。そろいもそろってグズっぷりがたまらないwwwwww



 この後も、むちゃくちゃ教会の地下室で笑った。
 ラブホ兼、調教部屋なので防音はバッチリだ。声が外に漏れることはない。


「さあっ、今日も懺悔室の開店をしましょうか!」
 つやつやした肌のシスターちゃんが懺悔室へと向かう。彼女の野望は始まったばかり。
 アヘ顔コレクション、通称“アヘコレ”の完成はまだまだ先だ。


「はい、次の方どうぞー♪」




 やっぱり人間の方が魔物娘よりもこわい。
※この話はフィクションです。
18/07/15 17:28更新 / ロボット4頭身

■作者メッセージ
ノリと勢いで書いたネタです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33