連載小説
[TOP][目次]
修正前(微エロ)
 竜翼通り。
 ドラゴニア皇国の顔ともいえるこの大通りでは、観光客や旅の商人、地元の竜族などが行き交っていた。ある者は伴侶と共に食事を楽しみ、またある者は店先に並べられた装飾品を眺めている。通りの所々には赤いマントを羽織った騎士が控えており、辺りを見回っているようだ。

 ――そんないつもとなんら変わりのない日常は、一組の夫婦により壊されることとなる。

「こら、人前なんだから離れなさい」
「やぁん♡」

 大通りの真ん中で、一人のドラゴンゾンビが背後から男に抱き着いていた。だらしなく緩んだ体を摺り寄せながら、決して離すまいと両の腕で男をしっかり押さえつけている。男は抵抗しようとするものの、竜の力に抗うことはできないようだった。

「だめだって、ここじゃいくらなんでもまずいって」
「やぁだ♡ここがいいの♡」

 男は振りほどこうともがくものの、ドラゴンゾンビの体は離れることはなかった。逆に男が抵抗したことで彼女の嗜虐心に火がついたのか、ドラゴンゾンビはますます男の体へとその身をこすり付ける。
 周囲の人や魔物娘はその光景をじっと、或いは横目で窺っている。しかし、彼らの中には夫婦のいちゃつきを止めようとする者は誰もいなかった。

「うお……こんな通りの真ん中で……」
「ねえ、ちょっとあれ見てよ……♡」

 彼らの視線を受けてドラゴンゾンビの動きはますます激しくなる。彼女は男の耳元に口を近づけ、ふぅと息を吐いた。男の体が急な刺激に震えたのを見るとにんまりと口を歪める。

「ねぇ、気持ちいいでしょ♡」

 男の返事を待つことなくドラゴンゾンビは耳へとその口をのばす。そして大きく口を開けると

「は〜むっ♡」

 男の耳を包み込んだ。

「あむ、んむ♡……んっ、くちゅ、ちゅぱ……♡」

 耳を舐め、吸い、甘く食む。耳を愛撫するドラゴンゾンビの口からは、悩まし気な吐息と粘液が滴る音が漏れだしている。彼女は時折耳から口を離すと、桃色の吐息を吹きかけて男の反応を愉しむ。
 動いているのは口ばかりでなかった。
 ドラゴンゾンビは体を動かすと、己の胸を男の背に擦り付けるようにした。豊満なだらしない乳房がぐにぐにと形を変える。
 ドラゴンゾンビが胸での奉仕を繰り返すうちに、次第に彼女の肌に珠のような汗が浮かんできた。汗は肌を伝い、鱗を通ってポタポタと地面に落ちる。汗が通ったところはどこか妖しげな光沢を放ち、地に落ちたそれはすぐに霧へと姿を変えていった。

「……っと、えいっ♡」

 ドラゴンゾンビは男を抱いている腕を動かし、男の衣服を裂く。そして男の肌に赤黒い爪を立てると、ゆっくりと傷をつける。己の所有物であることを示すかのように、痕をつけるように線を引いた。

「くっ……うあぁっ」

 男が呻き声を上げる。男の肌に刻まれた赤い線は、まるで体の中に溶けるように消えてしまった。竜がつけている魔界銀製の爪は男から魔力と抵抗する心を奪い、代わりに快楽とそれを欲する思いを流し込むのだった。

「れろ……あみゅ、ちゅぷ……じゅるるるるっ♡」

 初めは抵抗していた男だったが、耳を貪られる度に、吐息を吹きかけられる度に、体を嬲られる度にその抵抗も弱まっていく。やがて観念したのか、ドラゴンゾンビのもたらす快楽にその身を委ね始めるのだった。

 そんな夫婦のやりとりを見守るかのように竜翼通りはいつの間にか静まり返っていた。喧噪はすっかり収まり、夫婦のやりとりの音だけが辺りに響き渡っていた。



 ――滴り落ちる汗と竜が吐き出す桃色の吐息で、辺りに妖しい霧が漂い始めた。



「おい!」

 二人のやりとりを見ていたドラゴンが大声を上げる。それは通りの真ん中で交わっている二人にではなく、目の前で共に食事を楽しんでいた自分の夫に向けてだった。

「お、お前はあれを見てだな、何とも思わないのか!?」

 首を傾げる夫に対し、ドラゴンは怒ったように声を張り上げる。

「き、気が利かないやつだな! 仕方ない、大人しくしていろ!」

 そう言うが早いか、ドラゴンはテーブルへと身を乗り出した。

「馬鹿者め……竜たる者、どんな時でも誇りを持たねばならぬのだ! それでだな……」
「それで?」

 夫が言葉端を繰り返してその先を促すと、ドラゴンは顔を真っ赤にして叫んだ。

「あいつのように自分から求めるなどというはしたないことはしないのだ!! だ、だから……」
「だから?」

 夫はドラゴンの意図が分かったのか意地悪く笑みを見せた。
 自分の主の態度に業を煮やしたのか、ドラゴンは俯いて体をふるふると震わせる。そして、

「お、お前が察してだな……その、えっと……」

 瞳を潤ませて、

「シて、くれないと、困る……」

 小さく呟いた。

 夫はそんなドラゴンの姿に気を良くしたのか、震える彼女の体を抱き寄せると互いの唇を重ね合わせるのだった。



 ――霧はゆっくりと色づきはじめ、辺りを桃色に染め上げていく。



「うわあああぁっ! た、助けてくれぇ!」
「駄目に決まってるだろ♡あんなもの見せられて黙っていられるかってんだ♡」

 通りの一角では、旅の商人と思われる青年がワームに体を巻き取られていた。固い鱗と柔らかな肌が彼を包み込む。

「さ、これでもう邪魔は入らないぞ……しっぽりと楽しむとしようか♡」
「そんな、いきなりこんなことをするなんて……」

 あくまで躊躇う青年を前にワームは苛立ちを隠すことができなかった。

「うるさいぞ♡これからお前は俺の夫になるんだ♡さぁ、こっちに来い、存分に可愛がってやるからな♡」

 そう言うとワームは悲鳴を上げる青年を連れて路地裏へと去っていった。そして数分もしないうちに甘い声と粘液の音が漏れ始める。

「や、やめ、待ってくれよ……うぁあ♡」
「やめるもんかよ♡やめて欲しかったら俺が満足するまで出してもらうからな♡」



 ――そして、霧は呪いのように辺りへと広がっていく。



「ほらっ、早く出してっ、出してぇ♡」
「ぐっ、も、もう限界……――!!」

 竜翼通りから離れた住宅街。屋根の上でワイバーンと男が交わっていた。翼をバタバタとはためかせ、搾り取るように腰を打ち付ける。
 ワイバーンの眼は淀んでおり、とても正気とは言える状態でない。それでいて男を責め立てる動きは正確な物だった。結合部から溢れ出る白濁の量はこれまでにした行為の数を明敏に示していた。

「止まん、ないぃ♡もっと、もっと、モット……」

 虚ろな眼で、しかし愛する人だけを瞳に映しながら彼女は行為にふけるのだった。



 理性を失っているのは彼女だけではなかった。

「どうしたんだ急に……おい、しっかりしろ!」
「分かりません……急にふらっとしてしまって……♡」

 目の前で倒れた龍を抱き起すもどうしたらいいか分からずに男は困惑していた。

「お願い、です。どうか、ここをさすっていただけませんか……♡」

 龍はそう言って体のある一点を指さした。臀部の下のその場所は、他の鱗が生えている場所となんら変わりないように見える。

「分かった、ここをさすればいいんだな」
「はい♡はやく、お願い、します♡」

 男は何の躊躇いもなく、吸い寄せられるように近づく。そして龍が妖しい笑みを浮かべていることにも気づかずにその場所を撫でさすると、

「――あ♡ あ゛あ゛ああああ〜〜〜〜〜〜ッ♡」

 獣のような声を上げた龍にのしかかられて、その体を蹂躙されるのだった。



 ――留まることのない淫欲は、呪いのように広がり続けていく。



「これは一体……」

 ドラゴニア竜騎士団の団長であるアルトイーリスが駆けつけた時には、すでに竜翼通りは凄惨な様子を呈していた。辺りには淫猥な霧が立ち込めていて、粘液の音や体同士がぶつかる音が絶え間なく聞こえてくる。まるで暗黒魔界のようなその光景を前に、彼女はただ立ち尽くすことしかできなかった。

「ふむ、どうやらドラゴンゾンビが発情したらしいな」
「デオノーラ様! ……いつからそこに?」

 突如物陰から現れた自らが仕える主に驚きながらも、すぐさまその場へと膝まづく。デオノーラと呼ばれた竜は視線をある一点へと向けた。

「あやつが吐いた『腐敗のブレス』のせいでな、他の竜も理性を溶かされてしまったようだ」

 視線の先には男と交わり合うドラゴンゾンビの姿があった。どれほど長い間行為にふけっていたのか、精の匂いが離れている二人のところまで漂ってきた。

「いきなり道端で腐敗のブレスを吐き出した時にはな、流石の私も驚いたぞ」

 そんなことを宣う主に対し、アルトイーリスは呆れたように白い目を向ける。

「あの、いつから見ていらしたんですか」
「最初からだ♪」
「でしたらこんな騒ぎになる前に止めて下さい……」

 あっさりと告げる主を前に、がっくりと肩を落とすアルトイーリス。そんな彼女に近づくと、デオノーラは囁いた。

「これは好機ではないか?」
「は?」

 疑問を浮かべるアルトイーリスにデオノーラは続ける。

「辺りはこうして淫欲に包まれているのだ……新たな夫婦も生まれることだろうな」

 その言葉を聞いてアルトイーリスは何かに気づいたようにハッとした表情になった。

「つまり、我々にもその……は、伴侶というものが……♡」

 デオノーラは頷いた。

「さあ、こうしてはおれぬ。我らと生涯を共にする者を探しに行かねばな♡」

 そう言い残し、竜の王は霧の中へと姿を消した。僅かに遅れて、騎士団長も後に続く。



 ――淫欲の宴は、いまだ終わる兆しをみせることはなかった。
18/02/18 16:08更新 / ナナシ@しばらくお休み?
戻る 次へ

■作者メッセージ
元は三題噺なので、エロと他の要素が混ざって微妙な感じかもしれません。
ぶっちゃけ今のところはそれでもいいのですが、もっと勉強する必要があると思いました。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33