『また逢いましょう・・・』



「……」
誰も居ない暗い部屋。
いや、居ないと思われた部屋でガサッと動く影一つ。
無言で綺麗に整理整頓された部屋の絨毯に横になり顔を涙でグシャグシャにした一人の男が真っ赤に充血した目で日が傾き、夜の闇というカーテンを引いていく空を濁った瞳で見つめている。

ただただ見つめている。

その男の身なりは黒の喪服であり近くのテーブルには飾りガラスの割れた写真立てが立っていてさらに近くの床の上には無造作に鎧が放り投げてある。

___あの時の二人輝いていた。

「…エルザ…」
まるで死人のようになっている男がやっと言葉を発したかと思えばそれは女性の名前であった。

エルザ。

偶然にも写真立てに写る幸せそうに微笑む女性の上に『エルザ&トミー』とサインがあるのを見る限りこの写真の女性がそうなのだろう。

___この恋は永遠と思っていた。

「…どうして…僕を残して逝ってしまったんだよ…」
枯れたはずの瞳から再び一筋の涙が…





___僕の隣に君はもう居ない…っ! 君は隣には…もう…っっ!!





「……ぅ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ーー!! 」
男はまるで発狂したかのように顔を両手で覆いまるで獣の様な雄叫びと共に再びその目を悲しみ一色に染めて大粒の涙を流し床の上を暴れ回る。

やがてその情緒不安定な男は暴れたことの疲れと精神的な疲労が祟って深い深い眠りへとついてしまう。
夜の星々と共に……



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


___今まで見た事ない泣き顔を見て僕は君の手を握ってた。


『ふ、ぅぅ…ト、トミーぃ…ゴメン、なざ、い゛…も゛ぅ゛…』
『エルザっ! しっかりしろっ! 手を握っててやるから、な?!』
(…これは? あぁ、また僕は彼女の死に際を見なければいけないのか…っ!)

夢の中でさえ彼は悲しみから逃れられないようだ。

ベッドに横たわる女性はエルザに違いないがその顔は見るも無残なほど痩せこけていて白い肌は文字通り病的な真っ白であり、時折咳き込むとその口に当てた手には夥しい血がベットリと付き、その綺麗なアメジストのような綺麗な紫の瞳は濁りきっていて果たして正常な視力を保っているか怪しい程である。
そんな状態の彼女ではあったが彼の声がするほうへ顔ごと向けて無理な笑顔をする、それはそれは見ていて痛ましい程に健気に。
しかし彼はそんな事などお構い無しに彼女の手を握り少しでも安心させようとする。
その彼の優しさのせいか。
彼女は無理強いして作った笑顔が一気に崩れて彼の手に泣きすがるように顔を擦り付ける。


___この手を離せばもう逢えない。君と笑顔で別れたいから言う…


『ヒグッ…ま゛だ…トミーど……い゛っばい゛、話じたがっだ、けど…もうお迎え゛が…』
『エルザ?! ぐっ、力でゴメンよっ…もっと早く病気に気付いてやれれば…っっ!』
『グズッ…ズズッ……うぅん、い、今まで有難う、トミー。願わく、ば…来世で…も…』
呼吸がし辛いのか彼女は悲しみの涙を出し切ると汗や涙でグシャグシャになった顔をゆっくりと上げてトミーへもうほとんど見えなくなった紫の瞳を向けて【最後に】こういったのだ。


___……マタ、アイマショウ?……

ベッドの上で今まで握っていた温もりのあった彼女の手がスルリと彼の手から滑り落ちて変わりに彼女の上半身が彼へと凭れ掛かる。
幾分軽くなった彼女をしっかりと抱きかかえて彼は涙を堪えていた顔を一気に破顔して大声を上げて泣いた。
泣きながらも彼は…

___マタ、アイマショウ。……

と、より一層彼女を強く抱き濁音だらけの声であったがしっかりと彼女のもう聞こえなくなった耳へとその言葉を届けた…



次の瞬間。



病室の一室だったであろう場面が霞みかかったようにぼやけていき、やがてその霞が晴れて周りの景色がはっきりしてくる。
次に出てきた場面はどうやら現実世界で彼の今横たわる家の玄関のようだ。
朝の眩しい光と共に彼は白銀に輝く鎧を纏い、甲斐甲斐しく剣を小脇に抱える彼女から剣を預かる。

___君の前では強く優しく頼られたかった。正しく。負けず嫌いで強がる芝居もして最後の最後も素直になれなかった。あなたの言葉に涙し、あなたの言葉で励まされた。

『ではいってくる。エルザ、留守を頼む。』
『まかせて。トミーの居ない間は元騎士のわたしが守るわ♪』
(やめろ、お願いだ…もうこれ以上彼女の夢を見せないでくれっ!)

むふん、と鼻息がありありと感じ取れそうなほどの仁王立ちで送り出す彼女へ彼はそっけない態度をとるもその顔は笑顔でいっぱいだった。
しかし、先程の死に際と比べると今の彼女の血色の良さは天と地ほどの差がある。
…どうやら彼女の死因は急性の病気だったようだ。

___でもね? 言葉の魔法はもうすぐただのいい思い出となって消え去ってしまうよ?

『いっ…らっし…い。ト…ィ…♪』
『あぁ、いってくるよ。』
(これ以上彼女のことを見せられたら…僕は…っっ)
彼が拒絶しているからか?
彼女の台詞が段々と途切れ途切れになっていく。

その途切れ途切れの記憶の中、また場面が霞みかがって変わっていく。

そしてまた霞が晴れて…今度はどこかの山中か?
木々が青々と生い茂る中、複数人のラフな格好をした見るからに汚らしい男がこれまた服数人いる白銀の鎧をつけた集団と刃を交えている。
どうやら盗賊の駆逐戦のようだが、薄暗がりの森のせいか騎士の一人が足を滑らせて背から倒れてしまいその瞬間を待っていたかのように先程まで対峙していた盗賊が逆手に剣を構えて飛び掛ってきた。

___そして傷つけた事は謝らない。でもありがとう、これ以上は言えない。

殺られるっ、と思った瞬間。

『やぁっ!』
『ぐげぇっ!?』
『っ!』
その盗賊の横からロングソードの刀身がかの盗賊の首めがけ突き立てられて哀れ、盗賊はその刀身の存在に気付く事無く首を刀身が貫通したことで絶命したのだった。

『大丈夫かい?』
『え、えぇ。ありがt…っ! あぶないっ!!』
手を差し伸べる助けた側が若かりし頃の彼であり、助けられた方がこれまた若かりし頃の彼女であった。
彼女が手を握って起き上がろうとした時、彼の肩の向こう側で矢を番える盗賊を偶然見つけてしまい彼を思い切り突き飛ばすと彼に届くはずだった矢が代わりに彼女の鎧と鎧の間から肩へと運悪く刺さってしまい彼女はうめき声を上げて倒れこんでしまう。
すぐさま彼は矢を放った盗賊に元盗賊であった死体の剣を引っ手繰るとその者へ思い切り投げつけると剣は円を描きながら盗賊の喉下へ刺さりあえなくその盗賊は絶命し倒れ伏した。

『…ありがとう。』
『うっ、ぐぅぅ、ど、どういたしまして♪』

___人生の目的なんてなかった僕がたどり着いたのは…あなたの優しさでした。

『っ…さ、さぁ立って。傷は?』
肩を押さえながら笑顔で答える彼女に対して一瞬でホの字になった彼は照れ隠しに顔を少しだけそらして彼女の傷ついていないほうの手へ自身の手を差し出して彼女を助け起こしたのだった。

___君はそんなに強くなかったね? 悲しみを我慢してるの?

盗賊駆逐が粗方終わって彼女に肩を貸しながら山を降りる彼は彼女に興味を持ったので色々聞いてみることにした。

『所属は? 部隊へはどれくらい居るのかい? 実戦経験は?』
『う、そ、そんなに一気に質問しないでよぉ!』
あまりにも捲くし立てて話しかけたために彼女がパンクしてしまったようだ。

ただその日を境に彼女とは親しくなり幾度も稽古として二人で模擬刀を使って打ち合うも
彼女は決して彼から一本を取れないでいたので彼は思い切って「自分に勝ったら何でも言うことを一つ聞いてあげる。」と飴をあげたつもりだったがかかった魚は大きかった。
なんと彼女は辛勝ながら彼から一本とったのだ。

『よしっ ! 約束どおりに…』
この後彼女の出した条件は【自分と恋人になれ!】。
彼は呆れながらも頷いて応えると彼女はまさに飛び上がって全身で歓喜を表現していた。

ただ、その数日後に彼女は浮かれていた為か任務中に利き腕で合あった腕を二度と使えなくなってしまった。
外見は普通なのに腱が断絶してしまって片腕の一切の動作が不可能になってしまった彼女はあえなく騎士団を脱退し悲しみに暮れていた。
彼はそんな彼女を励ましにいくもどこか無理をしている笑顔で返されてしまう。
彼にとってそれがもっとも辛かった。
その後も励まし続けた彼にとうとう彼女は我慢の堰が決壊して彼に縋り付き大泣きしてしまう。
そんな彼女に彼は優しく抱きとめて彼女の不安を徐々に取り除く。


…だが再び場面に霞がかってきて…彼は急激な浮遊感に襲われた。




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


「…また同じ夢…もう勘弁してくれ…っっ」
彼はあまりの悲しみによる負荷で精神が非常に不安定になっていた。

___…泣いてもいいよね? 僕は泣くよ。だから…今日だけはただの人になることを許してください。主神様。

あまりにも唐突にやってきた別れに未だ心の整理がつかない彼は彼女の死後から滞りなく行われた葬儀が昨日終わったばかりだったがその間の記憶が彼には全く無かった。

「エルザ…エルザ…エルザァ…」
うわ言の様に何度も今はもう居ない愛しきエルザの名を呟きながら彼は体を小さく丸めて言い知れない恐怖に身を震わせる

そして幾度となく泣いたはずの目からまた再び涙と共に嗚咽を流す。

彼を照らすは満月。
…だが不思議なことに虫も鳴いていない恐ろしいほど静かな夜だった。

まるで何かが起こる前触れのように……。

___気持ちは割り切れないよ。簡単には。反対にその思いを大事にすればいい。整理ができるまで…会えなくても…側にいなくても…思うだけ。忘れないことだけ…

泣き続ける彼だったがここに来てやっと彼の中の騎士道精神が仕事を始めたようだ。

「…いつまでも…泣いているわけにはいかない…な…」
泣き止んで呼吸を落ち着かせてふと上を見ると月がとても綺麗に輝いていた。

『ほら見てトミー! 綺麗な満月よ!』
『はは、どうしたんだい? そんなに興奮して?』
『うふふ♪ 昔から私って月が好きなのよ。だって大要見たく明るすぎずに皆を照らすじゃない? それが好きで…♪』

「…はは、懐かしい。今日は君の好きな満月だよ、エルザ。」
未だに濁ってはいるもののその瞳はしっかりと空に浮かぶ満月を見つめ鼻で笑うと自然と口元が微笑んだ。

「エルザ。僕は君を忘れない。僕の…トミーとしての伴侶は君だけだ。」
誰とも知れない呟きであるがその声は先程の情緒不安定な男だったのか、と聞き違うほどの芯が通ったよく響く声でありその声にどれほどの感情が乗っかっているのだろうか。

___あなたとすごした大切な日々。この僕の荒れた心を優しく包んでくれたね。

「君が片腕を無くした日、僕はまるで自分のように悲しんだんだ。以外かい? でも事実だ。…ましてや好きでも無い相手の交際を『はい』というわけ無いだろう?
それからの君の落胆振りはあまりにも酷かった。僕は何度も君のうちに通ったけれど気味は無理して追い返すものだから僕は我慢できなくなって強引に抱きついて怒鳴ってしまったよね。
いまでは懐かしい思い出だ…ふふっ。」
寝そべった状態から重い腰をゆっくりと上げ乱れに乱れた喪服の上着を脱ぎ去り彼は近くにあったダブルソファへと腰を落とす。

「はぁ…このソファも君の趣味だったね。
態々ワーシープの毛が使われたものがいい、と駄々をこねて…あのときは大変だったんだよ? 反魔物領のここに無理して寝具を運んでもらったんたせから。
…でも明日からこのソファは独り占めか。」
皮肉めいたことを淡々と述べる。

___でも……明日からはもう逢えない。だから君へ僕はこう言うよ?

「…もし、もし生まれ変れるなら…」
ソファへ体を預けて天井を仰ぎ見る彼は天井に設けた明り取りの窓から覗く満月を見つめ優しい笑顔で更に言葉を紡ぐ。

___『エルザ。僕が生まれ変わっても、必ずマタアイマsy』


ガタン・・・


「っ! 誰だっ!」
感傷に耽っていると急に後ろの扉から物音が聞こえそれに敏感に反応した彼がすぐさま行動に移す。
ソファから飛び降りざまに方向転換をし走り出すと床へ放り投げてある鎧郡の中から走りつつ剣を手にし、抜き身にして一気に壁に張り付く。

この間、僅か数秒。

壁に静かに耳を当てると壁の向こうからガシャガシャと何か金属同士がぶつかり合うような音がする。
同じ音が同じ場所からしか聞こえず、気配も僅かだが一人文しかないところを鑑みて彼は敵は1人と断定し徐々に壁を伝い音の発生源に近い扉へと近づいていく。

「(…泥棒か? 強盗か? いずれにしても僕と彼女の思い出が詰まったこの家を荒らすことは許さんっ!)」
先にも述べたが一応落ち着きはしているものの彼は今情緒不安定であり、彼の思考を読み取り推測するに酷い興奮状態のようである。
彼は握る剣を更に強く握りいつでも切れるように段々構えつつ移動しそして問題のドアまで来ると取っ手に静かに手を添えてゆっくりと音も立てずにノブを回す。

そして。


「何人たりともこの家を侵すものは許さんっ!!」
「…!!」

ザァンッ!!

彼は扉を勢い良く開け放ち月明かりの中見えた人影に問答無用で一閃を浴びせる。
ゴロン、と重々しい何かが転がる音が聞こえ次にくるであろう大量の血しぶきを防ぐ為に目を剣をもっていない腕で覆う。

だが何時までたってもあの勢い良く吹き出る生命の赤が発する音が聞こえない。

「…?」
「い、いたぃ〜…」
「…っっ!!!」
ふと腕を取り払うと目の前に立っていた胴体はまるで腰が抜けた人間の如く尻餅をついてしゃがんでしまっていたが彼は2重の意味で驚いた。

斬ったはずの首からは血が一滴も出ておらず代わりになにかフワフワした何かと表現しづらいものが出たり入ったりしていた。その胴体のすぐ下からは先程斬ったはずの首が憎憎しげに瞳に涙を溜めて彼を下側から見上げていた。

魔物…しかもデュラハン。

だが彼の一番の驚きは…


















「…エル…ザ…?」
「え、えへへ…来世まで待てなかった♪」
















なによりその顔が昨日から土の中で深い眠りについているはずのエルザの顔だったことだ。

「ほ、本当に…エルザなのか?」
「むぅ?! 何っ? 信じられないの? トミーは昔より疑り深くなったんじゃない?」
彼はその台詞を聞いて彼は確信した。

間違いない。エルザだと。

それが分かった瞬間、彼は握っていた剣を後方へ放り投げて目の前で床に転がっている彼女の首を持ち上げてぎゅぅっと抱き込んだ。

「えっ? えっ?? ちょ、ちょっとトミー?! 」
「…ヒグッ…お、お゛がえ゛り゛っっ、エ゛ル゛ザぁっっ!」
「トミー…うん、ただいまっ♪ トミーっ♪」
また涙を流す泣き虫な彼ではあるがその涙の質は先程とは真逆の温かみのある涙でありその顔はほころんでおり、抱き上げられて慌てていた首もその様をみて次第にニコッと笑顔に変わり彼に対して首ごと体を動くようになった両腕で抱きかかえた。

___悲しい別れがあるから楽しい時笑えるよね? だから僕は逃げ出さず現実を受け止めた。

「でもトミー、私魔物に…」
「関係な゛ぃ゛! 」
暫く暖かな空気の中彼に抱きついていたがゆっくりと彼から離れる彼女はその顔に不安の色を溜めて彼と少し距離を置くと首を本来の位置に戻しつつ彼に尋ねる。

「く、首とれちゃぅよ?」
「毎回うげどめでや゛るょ゛…」
「ほら? 」と何度も首の着脱をするその動作にあわせてふわふわと揺れる金だったはずの彼女の髪がすっかり色素が抜け落ちた銀に代わっていることに月明かりで初めて気付くが彼にとってそれは些細なことであった。

「う、で、でもここ反魔領…」
「親魔領にい゛、いごぅ! 」
「ぅ、トミー…どみ゛ぃ゛!」
そして一番の悩みどころである彼女の明日であったが彼は彼女が二の句を告げる前に涙ながらに亡命を表明する。
その決断の早さに目を丸くして驚いていた彼女だったが今度は不安が消えた為か、はたまた彼が自分をそこまで思ってくれていたことにか分からないが次第に彼女も涙目になり始め彼と彼女は互いに泣いた状態で再び抱き合う。

また暫し泣きあう二人であったが空に視線を移すと満月がもう地平線に近くなり空も黒一色から段々と紫色へと様変わりしているほどの時間が経っていることに気付き二人は急ぎ旅支度をするも二人とも質素倹約を心がけていた為かさほど時間もかからず支度が終わり今は二人して玄関の外に立っていた。

彼は懐からその家の鍵を取り出すとその鍵を玄関のドアノブに引っ掛けて彼らは今まで生活を守ってくれた家へ恐らく最後になるであろう感謝の祈りをささげ、二人は反転し急ぎ足で親魔領へ向けて歩き出す。

「ねぇトミー? 鎧はわかるけど…いつも使っていた剣を置いていくことは無かったんじゃない?」
「いいんだ。これがあるから。…それにさっき君を誤って斬った剣は持っていきたくないしね。」
何処から見ても旅人にしか見えない二人だったが彼の腰に刺さっているはずのロングソードはそこに無く、代わりに彼が腰に佩くのは護身用として売られている一般的な剣の中でも比較的に長めの剣であり、その剣にはどこにも装飾が無くこれにより出所や所属を疑われることは無いだろう。

二人はただただ只管街道を歩きやがて見える関所近くまで来ると彼らは関所の人間にばれないように山の中へと分け入っていった。
彼女曰く、何でも親魔の密通者が居るということらしい。

「実はその人に今の姿にしてもらったんだけどね。」
「…おい、まさか…」
彼女のその何気ない一言で彼は長く勤めていた経験と知識で彼女を蘇らせた種族がなんとなく分かったようだ。
そしてその件の人物は森の中のちょっと開けた場所にて切り株に腰を据えて足を組み退屈そうに自分の尻尾を突きながら猛片方の手で頬杖ついて待っていた。

「お待たせいたしましたリリム様。」
「あら? 早かったじゃない? セックスはしなかったのかしら??」
「…ぅぅ…」
彼は大いに驚いて口をあけてしまっていることに気付かない。
目の前にいる決してこの領内に居てはならない魔物の最上位といってもいい種族が目の前にいるから。
白髪白翼白尾に黒く大きい捻じれた角、女性を体現したかのような肉付きのよい豊満な体を持ち白を基調としたリリムにしては露出が少ない服を着て。
リリムに茶化された彼女は真っ赤になって俯いてしまったが彼は彼女の心配をする前にその目の前のリリムに対して質問をした。

いたって簡単な質問を。

「リリム、エルザを生き返らせてくれて礼を言う。ただ…どうしてエルザを蘇らせてくれたんだ?」
「ん? そんなの簡単よ?」
というとリリムは二人を順に指差して…


『貴方達二人とも悲しみに染まりきっていたから。』


「・・・」
「・・・」
二人は無言になる。
互いを思い合いながら離れ離れになったことに心の底から嬉しさを感じて二人は共に笑顔になるのだった。

「あとは気まぐれね♪…お節介だったかしら?」
リリムはニッコリと微笑むともう答えなど分かりきっているのにあえて二人の口から言わせようとし嬉しそうに尻尾を揺ら揺らと揺らして返事を待っていた。

二人は一度向き合うと共に微笑を満面の笑みへと変えて幸せを滲ませたような声色でリリムへと…

「いいや、寧ろ感謝する。」
「有難うございました。」
「そう…よかった♪」
これまたリリムの顔も満面の笑みになる。
だがすぐに表情をいつもの微笑みに変えてしまい、二人に対してスッと腕を目の前に出して人差し指で宙に円を描くと丁度二人の足元に魔法陣が瞬時に形成されてそれが東から昇ってきた森の木々を抜けて3人を照らし出す強い太陽の光に負けないくらいの輝きを放ちグルグルとゆっくりと回っていた。

「それでは2名様、親魔領か魔界のどちらがよろしいですか?」
リリムは立ち上がってまるで執事のように腰を折り姿勢を正して挨拶をする動作を冗談めいてする。

『・・・魔界で。』
「畏まりました。魔界へ2名様ご案な〜い♪」
その問いかけに二人は数瞬視線を交わしただけでドンピシャリのタイミングでリリムに対して返答する。
リリムはその応えに再び礼儀正しく腰を折るとスッと右手を上げて指を鳴らす。

パチンッ!

すると今まで以上に魔法陣が光出し二人を包み込む。
二人はあまりの眩しさに目を一度覆うもすぐになれて目を開けるとリリムが目の前でニコニコと微笑んで手を振っていたのだった。

「…ねぇトミー? ここで聞くのも何か違う気がするけど・・・」
「エルザ、実は僕も聞きたいことがあったんだ・・・」

「それはね?」
「それはな?」

___『…もちろん。君に(貴方に)出会えてよかった』


ピカッ!


魔法陣が最も強く光を発した瞬間。
3人居たはずの影法師はたった一つになり、その飛ばした本人の影も次第に足の方から溶けるように影が消えていく。


「うふふ♪ 二人ともお幸せに・・・ね♪」


そしてその空間から誰も居なくなった……


【完】

さて答えですが・・・
シーモ 『マタアイマショウ』でしたぁ〜!w
もうタイトルのまんまですねww

一部歌詞は省略しています。
だって全体の話が通らなくなってつながりがおもいつかn(ry

いかがだったでしょうか?(´・ω・`)

11/11/22 10:02 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33